ロールキャベツ系男子って聞いたことありますか?肉食系男子、草食系男子に続く、第三のパターンとして話題になっています。

ちょっと気になる彼…実はロールキャベツ系男子なのかも!?

どんな特徴があってどういう恋愛パターンなのかを、研究してみました。

これであなたもロールキャベツ系男子を攻略できちゃうかも!

ロールキャベツ男子とは?

少し前は、カッコいいのに恋愛に興味が無い「草食系男子」が増えた!なんて世間では騒がれていました。

しかし、それを超える勢いで、現在はロールキャベツ系男子が大流行。

気になるロールキャベツ系男子を徹底解剖してみましょう。

世間的な意味


ロールキャベツ系男子とは、一見草食系、しかし中身は肉食系というギャップがあるタイプを言います。

キャベツでひき肉を巻いてある、ロールキャベツから来ているのですね。

ちなみに、その真逆で、外見は肉食系なのに中身が草食系の彼は「アスパラベーコン系男子」って言うそうですよ。

ロールキャベツ男子に共通する15個の特徴

外見も中身も程よい


地味ではなく、かといって派手でもない。

そんな「ちょうど良さ」がロールキャベツ男子の特徴のひとつ。

こういうタイプは、人当たりがよく、同性にもすかれますよね。

見た目の特徴は、清潔感と誠実さ。

服装は、奇抜なものではなく、キレイ目カジュアルで高感度が高いです。

ちなみに、洋服の金額も、高くも無く安くも無い…程よい価格帯のファッションブランドを好むようです。

顔も、誰もが振り向くイケメンというわけではないのに、優しさと穏やかさがあり、すっきり和風な雰囲気。

老若男女から受けのよい、程よい容姿なのです。

塩顔と呼ばれることも多いですね。

喋り方や行動も、なよなよしてはいないけど、優しさとお茶目さがあります。

優柔不断なところと、行動力のある男の子っぽいところが同居している、バランス型といっていいでしょう。

恋愛に関してはロマンチック

恋愛に対しては、ちょっとロマンチックなのもロールキャベツ系男子の特徴です。

もともと男性はロマンチックなものなのですが、「草食」な外見通り、女性を紳士的に、大事にしてくれます。

星を見たり、夜景を見たり、ドラマチックでロマンチックなデートを好みます。

かと思うと、中身の「肉食」部分が出てきて、強引なところもチラリ。

見た目にだまされて、友達だと安心していたら、「お前が好きだ!」と告白され、嵐のように心を奪われます。

まるでジェットコースターのような上がり下がりに、女の子は翻弄されてしまいます。

サプライズも好きで、いつもドキドキさせてくれます。

まるで少女マンガですよね。

恋愛ではロマンチスト、しかし彼女の前以外ではけっこう現実的。

仕事も出来るし、弁も立ちます。

女性はこんなロールキャベツ系男子のギャップにとても弱いのです。

キャベツの量を増やそうとする

ロールキャベツ系男子の、見た目は「キャベツ」部分。

最初は、みんな外見から入るので、「この人は草食なのかな」といった意識で周りは接します。

男性もそれを意識していて、草食系として見られているほうが楽で、お得であることを知っているのです。

草食っぽくふるまえば、女性からは信頼されるし、本音で接してもらえます。

「この人は、なんかギラギラした下心がなくて話しやすいな」と思われて、多くの女友達ができます。

仕事や人間関係でも、草食系のほうがコミュニケーションしやすいと、人気があります。

それを無意識的に、あるいは意識的に知っているロールキャベツ系男子は、あえて中身の肉部分を隠し、草食部分を押し出します。

本来の男らしい行動はなるべく押さえ、控えめで優しい自分を自然と演出するのです。

キャベツが増えれば増えるほど、草食っぽさが増し、女性からすると「安全なひとだ」という意識が増えます。

そうして完全に気を許したとたん、奥底に隠された男の子っぽさが現れます。

ロールキャベツ系男子は、天性の人たらしともいえますね。

無口だけど発言ははっきりしている

あまり多弁ではないのもロールキャベツ系男子のポイント。

どちらからといえば、上手な聞き役で、人の話を丁寧に熱心に聞いてくれます。

そのため、いろいろな人から相談されたりします。

自分からは多くを語りませんが、大事なところでは発言します。

たとえば、会議ではポイントとなる議題をキッチリ考えた上で提案しますし、友達との会話では的確に笑いを取ったりします。

正義感もあるので、間違った考えには、きちんとNOもいえるタイプです。

人当たりはいいので、何でも「いや」とは言わないのですが、周りの空気を壊さない程度に、しっかり自分の意見は通すタイプといえるでしょう。

質素で内容を重視する

本来は男っぽいタイプなのですが、自分を通しすぎず、内容をしっかり見て選ぶのがロールキャベツ系男子。

例えば服装なども、それほど流行には左右されません。

自分が好きで、周りからも「変」と思われないようなキレイ目のものを見極めます。

ケチなわけではありませんが、金銭感覚もしっかりしているので、損をしないような観察眼を持つのです。

趣味も、映画鑑賞や読書など、お金を使わず自分を高めるものを好みます。

意外とアニメ好きの男の子も多いようですよ。

見た目ではなく中身を重視する癖がついているので、人を見る目も確か。

外見だけ可愛い女の子よりも、フィーリングが合う女の子を好むようです。

どちらかといえば、おとなしく、芯がしっかりした人を選ぶのもロールキャベツ系。

いわゆるギャルっぽいタイプより、お姉さん系を好むようです。

考えは意外とポジティブ

考え方が、前向きなのがロールキャベツ系男子。

見た目の穏やかさとは裏腹に、中身は熱い闘志に燃えているので、あまり後ろを振り向かないのです。

ですから彼に相談すると、いつの間にか励まされています。

また、恋愛方面でもわりとポジティブ。

ケンカをしてもあまり引きずらず、さっぱりとしています。

無駄なことが嫌いで上昇志向が強いため、ネガティブな発言はあまり好まないようですね。

うじうじ、なよなよした感じとは真逆の男らしい性格ともいえます。

草食というと、どちらかといえば後ろ向きで根暗な印象ですが、ロールキャベツは前向きで根が明るい。

外見からは区別がつかないものですが、意外とこういう違いから見分けることが出来るようです。

マイペースなところしか見せない

協調性はあるのですが、どこかマイペースなところもあるのがロールキャベツ系男子。

独自のこだわりが合ったり、インドア派だったりします。

誘ったら断りはしませんが、あまり自分の趣味に口出しされるとイラッとすることもあるようです。

休日は、自分だけの時間を欲しがったりします。

のんびりとしたところがあるので、時間にルーズなことも。

しかし、そこで嫌われないのがロールキャベツ男子のすごいところ。

柔らかい笑顔と丁寧な謝罪で「まあ、しょうがないか」という気持ちになってしまうのです。

いつの間にか彼のペースに合わせてしまって、彼の趣味を好きになったり、彼のライフスタイルに馴染んでしまったりすることも。

軟そうな外見なのに、意外と頑固な部分があり、自分のペースを崩さないで相手を上手にコントロールする。

これは、人間関係を上手にわたるにあたって、かなり高度なテクニックです。

中身の「肉」は隠そうとする

ロールキャベツ系男子は、自分のなかに「オス」っぽい部分があることをきちんと自覚しています。

しかし、草食っぽい見た目で得をしていることも理解しているのです。

それゆえに、中身の肉食部分はあまり見せようとしません。

本来は、ガツガツ自分から口説いたり、好きなものには積極的になるタイプですが、少しクールな自分を演出します。

そうすることで、さらにミステリアスな雰囲気が出来上がるのです。

家族や、甘えられる存在にだけ、本来の「オラオラ」部分を見せることが出来る。

そんな彼だからこそ、チラッと見せられた肉食の部分にときめいてしまう女性が後を絶たないのです。

時に毒舌な部分もある

実は毒舌なロールキャベツ男子。

観察眼が鋭く、自分をしっかり持っているので、チラリと出てくる言葉が毒に聞こえることもあるのです。

とはいえ、誰かを積極的に傷つけようとするわけではありません。

言葉数は多くないのですが、みんなが不満に思っていることを、的確にずばりと指摘してくれるのです。

毒舌過ぎると周りは引いてしまいますが、ロールキャベツ系男子の毒舌は、一種のユーモアとして周りから好意的に受け入れられることも多いようです。

恋愛はイニシアティブを握ろうとする

恋愛においては、がっつり肉食なところもロールキャベツ男子の魅力です。