CoCoSiA(ココシア)

幸せな人生を送るための19個の方法と考え方!自分や周りの人を愛すること


「幸せになりたい」とは誰もが思う願望ですが、果たして「幸せ」とは何なのでしょうか?

何をすれば幸せになれるのでしょうか?

ここでは幸せな人生を送るための方法と考え方をご紹介します。

形の無い「幸せ」という感情を手に入れるためには、日々の生活の中で見落としがちな様々な事柄を拾い集めていく必要があるのです。

人によって幸せは違う

そもそも、幸せの定義とは10人居れば10個あると言っても良いでしょう。

お金持ちになる事が幸せだという人が居れば、愛する人と居れる事が幸せだという人も居ますよね。

中には、どう見ても大変な苦労をして生きている人でも本人からすれば自分は幸せだ、というパターンまであるのです。

幸せにこれと言った定義はなく、人の数だけ幸せの形があるのです。

幸せとは心の満足度

幸せに定義が無いとすれば、人はどんな時に幸せを感じるのでしょうか?それは、その時々でも変わってくるものです。

主に、自分に不足しているものが満たされた時に心の満足度が上がりその満足感と幸福感を幸せと感じる人が多いのではないでしょうか?

お金の無い生活に不満を感じている人なら裕福な生活をできれば満足するでしょう。

愛情に飢えた人なら、自分の愛する人と一緒に居る事で幸せを感じると言えます。

ただし、一つが満たされればまた新たな不満が出て来るものです。

よって幸せは心の満足度が高い事、心の持ちようと言えるのではないでしょうか。

幸せな人生を送るための19個の方法と考え方!

幸せは、何も物理的なものばかりではありません。

寧ろ心の問題である事の方が大きいと言えますね。

些細な事さえも幸せと思える心を持っていれば、いつだって幸せを感じながら生きていけるという事です。

そんな幸せな人生を送る為の19個の方法と考え方をご紹介していきます。

1.常に笑顔でいる

常に笑顔でいる事で幸せを引き寄せる事ができると言われています。

常に笑顔で居るというのは言葉にする程簡単な事ではありません。

人間ですから、イライラする時もあれば落ち込む時もあるでしょう。

自分のマイナスな感情を押し付ける事なく周りに配慮する事で常に笑顔で居られるのです。

そんな配慮のできる人に対して周りが親切にしてあげよう、何かあれば手助けをしようと思うのはある意味当たり前の事かもしれません。

笑顔が幸せを引き寄せると共に、人を思い遣り思って貰える事が幸せを感じるポイントなのかもしれません。

ほほ笑みだけでなく口を開けて笑うことが大切

笑顔にも様々な種類があります。

でも、出来るならば微笑みだけでなく口を開けて笑う事が大切だと言われています。

笑顔になる時には、人間に幸福感を感じさせるセロトニンというホルモン物質が分泌されます。

これは別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

このセロトニンをしっかりと分泌させる為に、口を開けて笑う事が大切なのです。

笑顔で周りを幸せにしつつ、自分自身も幸せを感じやすい状態に出来るというのは素晴らしい事ですよね。

2.楽しいことを思い浮かべる

楽しい事を思い浮かべているのも、心の満足度を上げるうえで重要です。

常に、心の満足度を下げないようにする事で、些細な出来事を幸せだと感じられるようになるのです。

その為、少し気持ちが落ち込んだ時には「来週は楽しみにしていた飲み会があるから頑張ろう!」など落ち込む事やしんどい状態でも、楽しい事を思い浮かべてモチベーションをキープする事で、心の満足度を下げないように心がけましょう。

ポジティブに物事を考えれるようになる

気持ちの持ちようというのは習慣や訓練で変わるものです。

どんな時でも楽しいことを思い浮かべていると、普段からポジティブに物事を考えられるようになります。

そんなポジティブな意識を高めておく事で、どんな逆境においても絶望する事なく目の前の問題に対して前向きに対応していく事ができるのです。

絶望しないという事は不幸にならないという事、それはある意味で幸せな事なのかもしれません。

3.自分を好きになる


自分自身を嫌いになるという事は最も不幸で無意味な事であると言えます。

どんなに大きなコンプレックスがあったとしても、自分以外の他人として生きて行く事は出来ないのです。

それに比べて、自分自身を好きでいられる人は総じて心の満足度が高いと言えるでしょう。

自分自身のコンプレックスすらも全て受け入れて生きていく事で、笑顔になれたりポジティブになれるものです。