日常生活の中で当然だと思っていることに関して注意を持ってみたことはございますでしょうか?

おそらく、ほとんどの方は、当然と思うことに関してはそんなに重要に見ていることはないと思います。

なぜなら、当然だからです。

しかし、東日本大震災などを経験して、日常的なことが当然だと思えなくなってしまった人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そう、実は普段から当然だと思うことは、あなたが当然だと思っているだけであって、もしかしたら人によっては当然でない可能性もあるのです。

当たり前の幸せとは言いますが、実は結構見逃してしまっている可能性は非常に高いのです。

例えばですが、盲の人と比べたします。

この場合、目が見えていることに関して非常にありがたいと感じることができるはずです。

ただ、なかなかそのように当たり前の幸せに気づけないのはなぜでしょうか。

それは、多数派に属しているからです。

多数派にいるから、それが当たり前だと思い、何も感じられなくなるのです。

そこで今回こちらの記事では、当たり前の幸せに気づく方法などをお教えしますので、今一度、ご自身の日常生活を振り返ってみましょう。

当たり前の幸せに気付くことはどんな時ですか?

なかなか気づかないでしょうが、当たり前の幸せに気づくことってどんな時でしょうか?おそらく、それまで当たり前だと思っていたことが、当たり前でなくなった時だと思います。

それでは、そのような時はどのような時でしょうか?と、聞かれるとなかなか答えられないような感じがします。

要は、当然という壁があなたの思考をストップさせているのです。

当然と思えば、その時点でその先を考えなくなってしまうのです。

つまり、意外と当たり前の幸せに気づくことって難しいのです。

当たり前と思うと何も違和感を感じないのです。

特に健常者が多いこの国では、歩けたり、話すができたり、耳が聞こえたり、目が見えたりなどの部分に関しては、当然としか思っていないのです。

盲の人や難聴の人、車いす生活の人たちと比べたら、実は大変ありがたい枠の中に生きているのです。

より、深く考えると、眠りについてから朝起きるまでに、無事に目を覚ますことができることも大変ありがたいのです。

眠ってそのまま息を引き取ることも十分にあり得るのですから…。

そう考えると世の中には当たり前の幸せにあふれていると言えます。

普段の生活でふと気付くことがある


おそらくほとんどの方は日常生活の中でふとした時に、当たり前の幸せに気づくことがあると思います。

不意を突かれた感じに気づくこともあるので、その時の様子はまざまざと思い出されると思います。

しかし、なぜ、そんな感じに気づくのかわかりますでしょうか?おそらく、わからないと言う方がほとんどだと思います。

それはなぜかと言いますと、当たり前だと思っているからです。

当たり前だと思っているとその先へは視野が行かないのです。

つまり、当然という言葉の壁はとんでもなく厚いものなのです。

そのために、どうしたらいいのかと言いますと、普段のご自身の生活ではありえないことに接すると、当たり前の壁もゆるくなりますよ。

要は当たり前などは、これまでのあなたの生きてきた経験からしかできていないものなのです。

つまり、この時点で人によって当たり前というものをとらえる視点に違いがあることがわかりますよね。

このように、普段から当たり前と思っていることは、実はあなたが経験してきたことや見てきたことの塊でしかないのです。

よく、友人や知人とでそんなの当然と言って争いになってことはありませんか?あるという方が多いと思います。

なぜなら、人によって当然のとらえ方が違うからです。

当たり前だけど感謝の気持ちが必要になる

当たり前だけど、されると嬉しいことってありますよね。

もしくは、こちらが当たり前だと思ってしたことで相手がものすごく感謝してくることもありますよね。

このように、当たり前ことで感謝の気持ちを持てることはよくあることなのです。

最近は、そんなの当然と言いながら何もしない人もいらっしゃいますが、当然であるのならばすぐにすべきなのです。

当たり前のことに感謝できなくなると、当たり前のことの価値を下げていると言っても過言ではありません。

それだけ感謝をする機会を失っているからです。

当たり前と思うのであれば、感謝の気持ちを持ってしっかり行動すべきなのです。

どこか当たり前という言葉を、相手を侮辱したりするために使用されている人は多いのですが、それは良くありません。

当たり前のことに感謝できないことはある意味、人間としての本質を失っている危険性が高いのです。

当たり前にこそ感謝などの気持ちを載せないといけないのです。

まずは当たり前という言葉に惑わされないのと、当たり前のことはしっかり行うようにしましょう。

食事の「いただきます」も感謝の言葉の1つ

食事をするときに「いただきます」という言葉を言う人は多くいらっしゃると思います。

しかし、なぜ「いただきます」と言うのかご存知の方はいらっしゃるでしょうか。

おそらく少人数の方しか知らないと思います。

この作法は仏教から来ているともいわれていますし、もしくは八百万神から来ているともいわれています。

内容は、動物や植物の命を頂くので、感謝の気持ちを持って「いただきます」と言っているのです。

つまり、普段何気なく食事をしていますが、その度に多くの命を頂いているのです。

私たち人間が生きられるのも、多くの命の犠牲があってのことなのです。

命をささげてくれるものに対して、感謝の気持ちを持たずに食事をするなんて、よくよく考えると失礼気回りないことなのです。

最近は「いただきます」も「ごちそうさま」も言えない人はいますが、ある意味、よろしくないですね。

食事をする際は、あなたの食欲を満たすために、多くの命が身を差し出していることに関して気づくべきなのです。

そうすれば「いただきます」を言えないことに関して恥ずかしい気持ちになりますよ。

ぜひ、当たり前だからと言って軽視せずにしっかり感謝の気持ちを持って「いただきます」というようにしましょう。

「ありがとうございました」と外で言うことも多いですよね

普段何気なく口にしている感謝の言葉である「ありがとうございました」ですが、あなたは家にいるときと外にいるとき、どちらで多く使用されますでしょうか?

おそらく、そう聞かれるとわからないと思ってしまう方は多いのではないでしょうか?

なぜなら、当たり前のように使用されているので、どちらで多く使用されているのかなど気にしたことがないからです。

しかし、この「ありがとうございました」という言葉ほど、素晴らしい言葉はございません。

言っているだけで、幸運が舞い込むともいわれています。

しかし、なぜか軽視しすぎなのです。

感謝の気持ちを伝える言葉ではありますが、もともとの成り立つから考えますと、まず、漢字に治すと「有難う」と書きます。

これは有ることが難しいと言う意味なのです。

つまり、難しいことが起きたことに関して感謝をしていたのです。

つまり、軽々しく使っていいものではないのです。

正しい使い方としては、日々生きていられることに関して、見守ってくれている神に関して感謝の気持ちを表すために使う言葉なのです。

その言葉を言われると神様は喜ぶらしいので、幸運が振ってくると言われています。

なんだか宗教っぽい話になりましたが、そんな話になるぐらい「ありがとうございました」と言う言葉は素晴らしいのです。

幸せに気付かないときとは?


当たり前の幸せに気づけない人は実は、普段から幸せに気づけなくなってしまっている恐れがあります。

それはなぜかと言いますと、普段から時分に幸せなんてと思い込んでしまっている可能性があるのです。

その場合、普通の幸せにも気づけないのです。

要は、ネガティブ思考に陥っているから見るものすべてがマイナスに見えてしまうのです。

そのために本当の幸せさえも気づけないでいるので生きていて楽しいと思えないのです。

では、なせ幸せに気づけないほど、ネガティブに陥っているのかと言いますと、それにはいろいろな理由がございます。

まずもって、周囲に同じように幸せとは縁の遠い存在と一緒にいる時間は長くないでしょうか?そう、つまり、周囲から影響を受けてしまっている危険性は高いのです。

ただ、それがあなたが原因でそのような環境下にいるのです。

必ずしも周囲に原因があるとは言えないのです。

では、どのようなことが原因でそうなってしまっているのか、ここからはその部分に関していくつかの項目を用いて説明していきます。

幸せを感じることができない人は、じっくり読んでご自身を思い返してみましょう。

日々の生活が忙しいとき

常に忙しい、忙しいと口にしている人を見たことはございますでしょうか?もしくは、あなた自身がそのような人間になっていませんか?そうです。

このような人は、忙しいいいわけにして自分の時間を確保しようとしないのです。

なぜ、そうなのかと言いますと、ある意味、この忙しいと言う理由は、理由付けにちょうどいい要素を持っているのです。

なぜなら、忙しいは人それぞれでとらえ方が違うのです。

つまり、忙しいと思い込んでしまっているとどんなに楽なことでも、忙しいように思えてしまうのです。

それゆえに、幸せも感じることができないのです。

もしくは、忙しくしている自分がかっこいいと思い込んでしまっている危険性もあるのです。

まあ、ほとんど忙しいと口に出している人ほど、暇な時間が多い人が多いです。

要は忙しいを理由にいろいろと断っているだけです。

ストレスが溜まっているとき

仕事や時間に追われてストレスをため込んでしまう人は多くいらっしゃいます。

特に今の日本人のほとんどは、仕事に追われすぎています。

しかし、そこに違和感を感じないのです。

なぜなら、日本は労働者生産国だから仕事に追われることに関してもかっこいいと思ってしまう癖があるのです。

なんだか変ですね。

仕事に追われてもかっこいいなんてことはありません。

しかし、一昔前に、残業をいっぱいしている人がかっこいいというような感じの変な見方もあったほどなので、まだまだ日本は仕事に追われる環境から抜け出せないのかもしれませんね。

そのためにこれからもストレスをため続けてしまう人も多くいらっしゃるのです。

ストレスをためると楽しいと思えることがないので、幸せに気づくこともできないのです。

何が起きてもネガティブに思えてしまうのです。

孤独を感じるとき

集団への帰属意識が強すぎる日本人にとっては、孤独を感じる時は何をしていても楽しいと思えないのです。

なぜなら、一人でいることがかっこ悪いと思い込んでしまう傾向が強いのです。

一匹狼という感じのドラマを見てかっこいいと思える人は多いのですが、いざご自身が損立場になってしまうと孤独感に襲われて、寂しい気持ちに占領されてしまって幸せを感じることが難しくなってしまうようです。

この傾向が強いのは日本人で、世界でも稀に見る集団への意識が高い国と言った感じに見られてしまっています。

一人でいても楽しいことはいっぱいありますよ。

そのことに気づいていないのです。

孤独と言うと聞こえは悪いのですが、一人ぼっちというわけではありません。

一人でも楽しいと思えることを探せばこの問題は解決できますので、一人と言うことに関してネガティブに感じるのは辞めましょう。

楽しみがないと感じているとき

生きていて楽しいと思えることがない人は、ある意味、当たり前の幸せだけでなく、本当の幸せにも気づくことができません。

まあ、幸せというものは人によって違いがありますが、ある人にとっては小さいことでも、別の人にとっては大きいことなのかもしれません。

故に、どんな小さなことからでも、幸せを探さないといけないのです。

特になんでもいいので、楽しいと思えることを見つけないと幸せを見つけることは難しいかもしれませんよ。

なぜなら、楽しいと思えるから幸せなのであって、楽しくないことで幸せなど感じることは難しいのです。

最近は、時間や仕事に追われすぎて楽しいと言う時間を手にすることができない人が多くいらっしゃいますが、そんなことはございません。

それはあなたがそう思っているだけです。

あなたがそう思わなければそんなことはないのです。

つまり、楽しいと思えるようになれば、楽しみを見つけることができますよ。

故に、まずはあなたがどう考えるかです。

楽しいことはないと考えるのは辞めましょう。

当たり前の幸せに気付く8個のこと

それではここからは、みなさんがお待ちかねにしていました。

当たり前の幸せに気づく方法などをお教えします。

普段は当たり前と思っていることでも、幸せに感じることができれば、その1つ1つに対して「ありがとう」という感じに感謝の気持ちを持つことができますよ。

故に、当たり前の幸せに気づくと言うことは、日々の出来事に感謝することができると言うことでもあります。

それってある意味、すごいことですよね。

そう考えると、普段は当たり前と思って軽視していることがなんだかもったいないと思えてきますよね。

ほとんどの人はこの当たり前という言葉によってそんなに重要視しなくなってしまっているのです。

なぜなら、ほとんどの人は、そんなの当たり前ですとか言って、話をそらしたりそこから先へは進ませようとしないのです。

しかし、当たり前こそ、チャンスなのです。

みんなが軽視しているからそこから重要なことを見つけることができれば、大きく発展する可能性がありますよ。

かつてニュートンだけがリンゴが木から落ちるということに関して感激して万有引力の法則を見つけました。

このように当たり前と言って軽視していると価値のある幸せから逃げているのと一緒ですよ。

ぜひ、当たり前の幸せに気づくようにしましょう。

1.歳を取っているとき

年齢を重ねるにつれて、日々の出来事に関して感謝の気持ちを持つことができるようになります。

なぜかと言いますと、ご自身が年齢を重ねることに関して、自分だけの力で成り立っているというわけではないのです。

いろいろな人や物事に支えられて生きているのです。

それがわかるとどんな小さなことにも感謝をすることができますよ。

そうあなたの人生ではありますが、あなた以外の多くの人や物に支えられて生きているのです。

まずはそれに気づくようにしましょう。

ここまで歳を取ったのも日々の生活のおかげと感じるとき

日々の生活からご自身が年齢を重ねることができたことを見つけると、あらゆるものに感謝をすることができて、当たり前の幸せに気づくこともできますよ。

特に、今若い人たちからすれば雨が降るとがっかりしたりする人は多いでしょうが、しかし、雨が降らないと我々ののどを潤す水分を取ることができないのです。

雨が降ってくれるおかげで我々は生きることができているのです。

そこまで考えれば、天候にも左右されなくなって毎日が幸せになれますよね。

2.ご飯を食べているとき

おそらくほとんどの人は、1日3食しっかりご飯を食べることができることを当たり前のように感じている人は多いと思います。

しかし、東日本大震災などを経験してわかったと思いますが、1日3食しっかり食べられることでさえも、当たり前ではないのです。

1日3食しっかり食べることができることにまずは感謝しないといけないのと、それを幸せと思わないといけないのです。

また、食べると言うことは、動物や植物の命を頂いているのと同じなのです。

故においしさをかみしめるだけでなく、命を頂いていると言う重みもしっかりかみしめないといけないのです。

毎日食べているのは稼ぎもあるから

ご飯を食べることができるのは、当然稼いでいるからです。

お金を稼ぐことができなくなってしまったら、当然、ご飯を食べることもできません。

つまり、あなたが今日もご飯を食べていられるのは、日々あなたかもしくはあなたに係っている誰かが稼いでいるからです。

そう考えると、仕事を与えて頂いていることなどに関しても感謝をしないといけないですね。

そうなんです。

食事ができることは当たり前のことではないのです。

日々ご飯を食べることに幸せを感じつつ感謝もしましょう。

そうすることで、仕事を与えてくれている人、稼いでいる人、命をささげてくれている動物や植物などあらゆるものに関して感謝ができ、幸せを感じることができますよ。

普通の生活を送れているから

日々、何のアクシデントもなく普通に生きられていることが実はとてつもなく幸せなことだと思い込んでいる人は少ないと思います。

なぜなら、普通だからです。

普通だと幸せを感じることができないのです。

よくよく考えてください。

地震や台風などの自然災害はいつ起きるかわからないし、どのくらいの規模の強さなのかもわからないのです。

つまり、今日も1日普通の生活ができていることがどれだけ価値の高いことなのか、お分かりになりますよね。

1日1日無事に生きられたことが幸せなのです。

3.家族がいるとき

家族と聞くと、いつでも一緒にいられる。

いつでも帰ることができる。

そのような存在になっていると思いますが、実はこれが当たり前のように感じていますが、世の中には家族を持っていない人も結構多くいらっしゃいますよ。

そう、家族という存在があるだけであなたは、かなり大きな幸せをつかんでいるのと同じなのです。

そう考えると、今ある家族に関して感謝を持つのと、幸せを感じないでいるのはもったいないです。

ぜひ、家族は大切にしましょう。

家族との生活が当たり前だけど幸せと感じるとき

家族と一緒に生活ができることを幸せと感じるのはなかなか難しいと思います。

なぜかと言いますと、生まれた時からそれが普通だったので、当たり前のものであり、なくなると言うことが考えられないからです。

しかし、世界には家族と一緒に過ごすことさえも難しい国などもあるのです。

つまり、今の日本で家族一緒に生活することができることが幸せなことなのです。

家族を持っていると言うことの幸せは、大きな価値のある幸せだと言うことを認識しましょう。

安らぐ気持ち

家族がいることで、安らぐ気持ちをゲットすることができますよね。

しかし、このような気持ちも当たり前ですが、大変貴重な幸せなのです。

家族がいることで安らぎをゲットすることができますが、逆に考えると、家族がいないと安らぎを感じることはできないのです。

何度も言いますが、家族を持っていない人は少なからずいらっしゃいます。

そう考えると、安らぎを感じることができない人もいらっしゃると言うことなのです。

ぜひ、この幸せを噛み締めましょう。

支えとなってくれる人がいるとき

家族と言うものはあなたを支えてくれる存在であるのは間違いないと思います。

その支えがあるから、どんなにネガティブなことが起きても、立ち直ることができるのです。

しかし、それは家族という存在があるから成り立つのであって、家族と言う存在がない人にとってはそのような幸せを感じることができないのです。

つまり、今あなたが家族に支えられていると言うことは大きな幸せなのです。

ぜひ、家族を軽々しく見るのではなく、価値のあるものと言う感じに見るようにしましょう。

4.散歩できるとき

最近、テレビ番組でも増えていますが、散歩が日常的になってきてはいますが、実はこの散歩ができると言うことには、多く幸せが隠れているのをご存知でしょうか?そう聞かれるとなかなか答えることができない人が多いのです。

なぜかと言いますと、散歩ができることを当たり前だと思ってしまっているからです。

しかし、その当たり前の中に多くの幸せがあるのです。

ここからは散歩ができることに関する幸せをお教えします。

ぜひ、じっくり読んでくださいませ!

休日を満喫できている

散歩ができると言うことは、休日を満喫できていると言うことです。

要は少なくとも散歩ができていると言うことは、それだけの時間を手にしていると言うことです。

ここの部分に気づいている人は意外と少ないですよ。

働いている人にとって、休日を満喫することは大変重要なことなのです。

故に空いている時間に散歩ができているということは、しっかりリフレッシュできていると言うことです。

自分を大切にしているので、しっかり幸せを感じるようにしましょう。

のんびりと過ごしているとき

何気なく休みの日などにのんびり過ごしている人も多いと思います。

まあ、時間を無駄に使っていると言うような感じに見られてしまうかもしれませんが、そんなことはございません。

ぐーたらで構いません。

このようにのんびり過ごすことができると言うことでさえも幸せなことなのです。

要は、そのように過ごせる時間があるのです。

仕事などに追われてのんびり過ごすことができない人も結構多くいらっしゃるのです。

ぜひ、のんびりした時間にも感謝を持つようにしましょう。

5.寝ることができる

睡眠は人間の3大欲求の1つです。

つまり、睡眠をしっかりとれていると言うことがどれだけ幸せなことなのかおわかりになりますでしょうか?そうかなり価値の高い幸せを経験していると言えますよ。

最近はぐっすり寝ることができないという感じに困っている方も多くいらっしゃるほどなのです。

まあ、まずは寝る時間を頂けていることに感謝を持つべきです。

また、睡眠をとることで得られることがわかれば、さらに睡眠をしたくなりますよ。

まずは、睡眠について理解しましょう。

睡眠ができるというのはとても良いこと

睡眠ができることはとても幸せなことです。

なぜなら、睡眠の時間が深ければ深いほど、体の回復が早いのです。

なぜなら、寝ている時に細胞が生まれ変わっているのです。

よく寝る子は育つと言いますが、この言葉は本当です。

しっかり寝ることで体はリフレッシュされるのです。

よく朝起きて、疲れが取れていないのは、しっかり睡眠がとれていないからです。

睡眠がとれることはあなたが生きていくうえで大きな幸せになっているのです。

ぜひ、しっかり睡眠をとりましょう。

6.恋人といるとき

ご自身にとってキュンとする存在がいることは大きな幸せですよね。

恋人がいる人にとってはいることが普通だと思っていらっしゃるでしょうが、中には恋人ができないでいる人もいらっしゃるのです。

つまり、恋人がいることだけでも大きな幸せなのです。

当たり前だと思わない方がいいですよ。

好きな人と過ごせる時間

恋人がいる人にとって一緒に過ごすことができることは、大きな幸せでもありますよね。

しかし、恋人がいない人にとっては、それができないのです。

つまり、恋人がいるだけでも幸せなのですが、さらに一緒にいることができるのはさらに大きな幸せなのです。

この幸せにしっかりと感謝するようにしましょう。

7.朝を迎えるとき

夜睡眠について良く朝にしっかり起きることができること、一見すると当たり前のような感じがしますが、そんなことはございません。

睡眠についたまま息を引き取ることも少なくありません。

朝起きた時にまずは感謝することが大切ですね。

朝起きることができるのはまだまだあなたの人生が続いていると言うことなのです。

1日の始まりを迎えれるのも当たり前の幸せ

朝起きることができるとその日、1日の人生のドラマが始まっているのです。

ただ、その1日のうちにどのようなことが起きるのかはわかっていません。

つまり、もしかしたら朝起きて1時間後に…なんていうこともあるかもしれないのです。

つまり、毎日、朝起きれることはあなたのドラマがまだ終わっていないと言うことです。

8.友達と笑い合っている時間

ほぼ毎日なのかもしれませんが、友達と笑いあうことが多いと思います。

しかし、このお互いに笑顔を向け合うことができると言うのは素晴らしいことなのです。

中には友人が近くにいなくてさみしい思いをされている方もいらっしゃるのです。

この幸せを当たり前と思ってはいけませんよ。

なんでも言い合える友人がいる幸せ

友人と聞くといるのが当たり前と思ってしまう人は多いでしょうが、それがいつまでも続くとは限りません。

つまり、何でも言い合うことができる友人がいることはとても大切な幸せなのです。

当たり前とは思わず大変貴重なことだと思って接しましょう。

当たり前の幸せと気付くことは多いのでは?

いかがでしたでしょうか?当たり前の幸せって結構多く存在しますよね。

それに気づくことができれば生きていることに関してもより深く考えることができますよ。

ぜひ、あなたの人生をよりよくするためにも、当たり前の幸せに気づきましょう。

意外と気づくことは多いと思いますよ。