あなたは今「幸せ」って思いますか?
それとも、人生は辛いことばかり・・・って感じていますか?
わたしたちはみんな、幸せになりたいと思っています。

でも、昔の人が言っていたように人生にはいい時も悪い時もあって、毎日がいつでもハッピーというわけにはいかない、というのが現実です。

ただ、自分の境遇や状況だけがあなたの幸せを左右しているわけでもありません。

同じ境遇や状況を経験していても、幸せをより多く感じれる人と、より辛いという気持ちが多くなる人の差はあるのです。

それには多くの場合、考え方が影響しているようです。

考え方次第で、幸せ度が増したり、減ったりする、ということです。

でも、それってうれしいことではないでしょうか?
だって、境遇や状況は変えられないことが多いけど、考え方って自分でどうにか変えることができる分野です。

さらに、毎日のちょっとした心がけが幸せをアップしてくれることもあります。

では、幸せになるために、今やれるどんなことがあるでしょうか?
そして、どんな考え方が幸せの秘訣となるのでしょうか??
今回は、毎日にちょっと「幸せ」をプラスできる、そんな秘密を13個ご紹介しますよ♪

幸せとは?

皆さんは、どんな時に「幸せだな~」と感じますか?
愛する家族と笑っている時ですか?
好きな人と一緒にいられる時ですか?
お金を手に入れた時ですか?
それとも、自分がずっとほしかった物がやっと買えたときですか?
人それぞれ、「幸せだ」と感じる瞬間というのは違うのかもしれません。

でも、共通して言えることは、人間はみんな幸せになりたい、と思っていますし、そのために毎日を頑張って生きているということです。

でも、幸せっていったい何なのだろう・・・と感じることもあるのではないでしょうか。

これをすれば幸せになれる、とか、これを手に入れれば幸せになれる、と思って奮闘し、やっと手に入れたとしても、その喜びが一瞬で終わってしまったり、幸せ感が長続きしないということもあるからです。

さらに、お金や物質を有り余るほど持っていても、いつもイライラしていたり、何かに追われるような生活をしていたり、疲れ切ったりしていて、幸せではない人もいるのが事実です
ですから、幸せとは必ずしも何を持っているか、ということだけで左右されるわけではないのです。

幸せという言葉を定義するのは難しいように感じますが、心が満足していて満たされている状態を幸せと呼ぶ人は多いようです。

モノがあふれているということではなく、心が満足している状態です。

それで、心が満足している状態に必要なことがモノであったり、安定であったり、もっと必要なこととして愛だったり、平和であたたかな人間関係だったりするわけです。

そして、心が満足できずに、不満や心配や過度のストレスに心が圧倒された状態になると人は「辛い」を感じ、不幸な人生を送っていると感じるのです。

幸せになるために絶対やるべき13個のこと


では、幸せになり、幸せを感じるために何ができるのでしょうか?
つまり、自分の心を満たした状態にし、満足感をアップさせるために、今何をして、どんな考え方や態度を持つことが、毎日を前向きに過ごすことにつながるのでしょうか??
その秘訣を13個、考えてゆきましょう♪

1.過去を振り返らないようにしよう

わたしたちは、過去の選択によって今があります。

過去にどんな決定をし、どんな道を歩んできたかということが今に影響しているわけです。

みなさんは、過去のことを考えるとき、「自分の選択は正しかった」と感じますか?
それとも、「どうして自分はあの時、あのように行動してしまったのだろうか?」と後悔することが多いですか?
後悔することが多い人は、過去のことを思い出しては自分を責めたり、そして周りを責めたりすることが多いかもしれません。

自分の失敗がずっと自分を臆病にしたり、自分はダメだという気持ちにさせていることもあります。

時に、自分ではどうしようもなかった状況で、不幸な経験をしてきたという人もいるでしょう。

家庭環境や友達、恋人との関係で深い傷を負わされた、という人もいます。

それは、自分が悪いわけではなく、周りの人の言葉や行動が、あなたに大きな影響を与え、今も苦しんでいたり、それが原因で何かのトラウマを抱えているということもあるかもしれません。

そのような人は、自分の過去が今の自分を縛り付け、思うような今を生きていけない責任を周りの人に押し付けたくなることもあるでしょう。

そのように感じるのは当然ですが、でも、過去のことでずっと苦しんでいたり、誰かを憎んでいたりすることで自分の今の幸せを奪ってしまっているのかもしれません。

大切なのは今

私たちは過去を変えることはできません。

それで、過去は過去、今は今と割り切る必要があります。

過去を自分の記憶から消し去ることはできないかもしれませんが、そればかりを見て生きるのではなく、これからの自分、つまり未来を見て今を生きるほうがずっと前に進みやすくなります。

例えば、みなさんは運転をするときに、バックミラーをどのくらい見ますか?
運転中ずっと見ている人はいますか?
そんな人はいませんよね。

バックミラーをずっと見ているなら、前に進むのはとても危険です。

前に発進したいなら、ちゃんと前を見ている必要があります。

バックミラーは時々安全確認として見る程度で大丈夫です。

同じように、私たちは”今”を生きています。

それで、”今”という現実を前に進ませるためには、未来を見る必要があります。

過去のことは、自分や周りを責めるためではなくて、そこから必要な教訓を学ぶためだけに振り替えるだけで十分なのではないでしょうか?
大切なのは今であることを覚えておきましょう。

今の生活の中にあるできていること、感謝できること、そして幸せと思えることに目を向け、自分の未来の可能性に焦点を当てましょう。

過去は変えられないけど、今と将来は、自分で作ることができるのです。

2.笑顔でいよう


笑っている人を見ていると、なんだか幸せな気持ちになれると思いませんか?
微笑みかけられると、こちらも自然と微笑んでしまう、ということもあります。

赤ちゃんや子どもたちの無邪気な笑顔を見て、ホッとしたり、癒されたりすることもありますよね。

「笑う門には福来る」ということわざがありますが、これって事実であることが脳科学的にも証明されたようです。

脳科学によって発見されたことによると、笑顔に似た表情を作るとドーパミンが活性化するようです。

このドーパミンとは、脳の「快楽」に関係している神経伝達物質で「幸福物質」とも呼ばれています。

つまり、笑顔でいれば脳には「幸福物質」ができるので、楽しくなったり、気持ちが前向きになったりするのです。

昔お母さんやおばあちゃんから、「辛い時こそ笑いなさい」と教えられた人がいるかもしれませんが、それは実際に脳内に、ストレスを緩和し幸せを感じさせる物質を作っていたということで、真実で実際的なアドバイスだった、ということですね。

心身が落ち着いているとき、リラックスしているときに出る「a波」という脳波は、笑顔になると発生するらしいです。

それも心が笑っていなくても表情が笑顔であれば出るということなので、無理にでもにっこりと笑うといいんですね。

楽しい時だけ笑う、というのではなく、笑顔でいるから楽しくなれる、という仕組みがあるというのは驚きです。

ですから、常に笑顔を絶やさない人は幸せ感が大きくなるということなのです。

作った笑顔でなく心から笑顔になれる事で笑顔を作る

ただ、笑顔を作るということには抵抗がある人もいることでしょう。

つらい時にどうやって笑えばいいの?って思うかもしれませんし、作った笑顔は気持ち悪いから嫌いと思う人もいます。

確かに、顔の筋肉だけ引きつらせて笑ったように見せかける、というのはちょっと人から見たら怖いですね。

だから、顔を作る、というよりも、心を笑わせるということができれば最高です。

それで、自分が心から笑顔になれるようなことを見つけましょう。

動物が好きな人はストレスを感じた時に、動物のかわいいしぐさを見ると自然に笑顔になれる、ことがあります。

お笑いを見て、笑っていると心がすっきりするという人も多いでしょう。

辛いときこそ、笑えるものを自分の目に見せたり、うれしかった時の出来事や、誰かからの言葉などを思い出すようにしましょう。

そのように、心を笑顔にさせるための何かを見つける癖をつけると、つらい時にも笑えます。

アメリカの研究チームによると、大きく笑う人はそうではない人よりも7歳も長生きできるそうです。

思いっきり、満面の笑みを浮かべる人、歯を見せて笑う人は長生きできるそうです。

3.お金の使い方を変える

お金は人生の中で本当に大事ですよね。

お金がなければストレスは溜まります。

でも、だからと言ってお金をたくさん持っているだけで幸せになれるわけでもないようです。

ある研究によると、一定の必要質を持っている人と、それ以上の物質を持っている人とでは幸福感にあまり差はありませんでした。

つまり、物が多ければ幸せ、物が少ない人が不幸せというわけでもなさそうです。

欲しいもの、必要な物が買えない、毎日の生活がギリギリでいつも不安定、といった状況は確かに苦しいし、不安やストレスを感じさせますので、お金を持っているということはある程度の安心感や達成感を感じさせてくれますが、それ以上に幸福感を増してくれるということではないのです。

逆に、お金を貯めることだけが目標の人は、貯金が減ったことで不幸せに感じることもあるくらい、お金がストレスの原因になりやすいとも言えます。

お買い物をしても、物をいくら買っても、その時はうれしいけどあっという間にその喜びは消えてしまうという経験をしている方も多いのではないのでしょうか。

物ではなく何かを「体験」する使い方

それで、お金の使い方をちょっと変えると、もっと充実感や満足感をアップさせることができるかもしれません。

例えば、お金を貯金するだけとか、物を買うということだけに使うだけでなく、なにか「体験する」という方向に使うってみるのはどうでしょうか。

例えば、自分の遊びのために思いっきり使えるお金をとりわけ、定期的にお金を使って自分の好きなことを体験するのです。

遊びがなければ人生は楽しくありませんよね?
楽しい人生を送るためにお金を稼いでいるのですから、自分の遊びのためのお金をケチっては働く喜びを失ってしまいます。

そして、自分の成長に役立つ体験のためにもお金を惜しまずに使うこともできます。

自分が成長することで、達成感や満足感を得るためにお金を使うのです。

さらに、他の人のために自分の資産を使うことも幸福の秘訣です。

周りを幸せにできることが、自分の満足度、充実感のアップにもつながるし、誰かの役に立つという経験が自分の自身や幸福感につながります。

4.しっかりと「感謝」をしよう

「感謝の心を大切に」なんて、よく言われますが、あなたはいつも感謝の気持ちを持っているほうですか?
毎日が忙しく過ぎていくと、感謝って忘れがちになります。

自分のことで精いっぱいになると、自分がしていることには注目できても、他人が自分にしてくれていることには鈍感になったりもします。

そして、周りの人が自分のためにしてくれたことに対して、それが”当たり前”というように見てしまうこともあります。

だから、「感謝する」ということって、ちょっと意識していないと忘れがちになることなのです。

感謝の気持ちをしっかり感じると物事の捉え方も変わってくる

でも、感謝の気持ちがなくなると、人生に不満や不平が多くなるようです。

人間って基本、他の人が自分に対してしてくれたことよりも、自分が他人にしてあげたことのほうが覚えているし、自分が他人にした悪いことはすぐに忘れるくせに、他人が自分に対してした悪いことはいつまでも覚えているような傾向にあります。

でも、そのように他人がしてくれた良いことを簡単にスルーして、自分がしていることばかりに目が行くようになると「私がこんなに○○しているのに、なんであの人は○○してくれないんだ!」と不平を言うようになります。

もしここで、感謝の気持ちを持っているとしたらどうでしょうか?
「自分も○○しているけど、あの人も○○してくれているんだよな~」と考えることができます。

そのように考えるほうが、不平や不満が落ち着くと思いませんか?
感謝の気持ちをしっかりと感じていると、より積極的なことに目が向くようになります。

なので、同じことでも感じ方が変わり、物事を積極的に考え捉えることができるようになるのです。

「感謝の気持ちを持つ」ということは、自分の現状や物事に対して、プラス面をより見るために役立つということですね!

5.他人と比較しないようにしよう

みんな、小さい時から周りにいる人と自分を比べて生きています。

人と自分を比べるからこそ、自分の長所や得意なことがわかるものです。

でも、この競争社会の中で人と自分を比べることで、自分の今持っている幸せなことや感謝できる点を見落としてしまっている、ということはないでしょうか?

自分の劣っているところばかり浮き彫りになってしまう

人と比較する時ってどうしても、他人が持っていて、自分にはないものに目が行きがちです。

あの人は自分よりもっとすごい、と思うと、自分がダメな人間に思えてきたりするかもしれません。

本当は、その人が持っていないものをあなたが持っていることもあるのに、それでも自分の劣っているところばかりに注目してしまい、気持ちがふさぎ込んでしまうのです。

人は長所も短所も違って当たり前だし、境遇も違います。

だから、人をうらやんでばかりの人生は今の自分を惨めにするだけです。

今自分が持っている良いものの価値さえ、気づけなくしてしまう場合があります。

それで人は人、自分は自分と割り切り、今の自分の中で喜べるポイントや、今の自分ができることに目を向け、人と自分を比べながら劣っているところばかりに注目して生きるのはやめましょう。

6.睡眠をしっかりとろう

幸せな人は、心が健康です。

精神的に追い詰められていたり、ストレスが溜まっていると「幸せ」とは感じられなくなります。

精神的な健康のために欠かせないのが、睡眠です。

実は日本人の生活に対する幸福度は世界で、ワースト10に入るそうです。

残念ですね・・・。

そして、興味深いのがそれと比例しているのが睡眠時間。

日本人の平均睡眠時間は7時間50分と言われています。

個人的には結構寝ているな~と思ったのですが、じつはこれは世界でワースト2位なんですって!
そして、最近では睡眠の質がよくない人も増えているらしく、そのような人は身体的健康だけでなく、精神的な健康も損なっているようです。

ネガティブ思考からの解放

うつ病と睡眠の関係はよく言われることですが、ある実験では健康な人たちでも、週に数日だけ睡眠が足りていない状態では、精神状態が鬱っぽくなることがわかりました。

つまり、イライラしたり不安を感じたり、悲しくなったり、批判的になったりするのです。

逆にしっかりと睡眠がとれている人はなんだか心に余裕もあり、ルンルンとしているのです。

ですので、質の良いしっかりとした睡眠をとるということは、私たちの心に大きな影響を与え、ストレスを緩和し、より積極的で前向きな気持ちを持つことに不可欠な要素だったのです。

忙しくても、ちゃんと心も体も休めて、一日の疲れをリセットするような睡眠をとることが、ネガティブ思考つまり不幸を感じる悪循環から解放してくれるわけなんですね。

7.少しでもいいから運動をしよう

忙しいと、どうしても運動不足になりがちになりませんか?
仕事で体を動かす人はいいのですが、デスクワークの人にとって、運動をすることは社会人になってからめっきり少なくなった、という人は多いと思います。

でも、運動をすることによって幸福感がアップするって知っていましたか?
運動は、体の健康のため以上に、心の健康のために大切なことだったんです。

運動はストレス解消になる

でも、どうして運動することが幸福感アップにつながるんでしょうか?
運動すると、脳内にエンドルフィンという物質が作られます。

このエンドルフィン、別名を何というか知っていますか?
「脳内麻薬」です。

運動すると、幸せや快感を感じさせてくれるホルモンが増加するらしいのです。

そして、逆にストレスを感じさせるホルモンコルチゾールや体内のアドレナリンの量は運動をすることによって減少します。

それで、ストレスを感じたり、落ち込んでいる時こそ、運動することによって、それを解消することが実感できるらしいのです。

できるなら、一週間に3~5回、一回に30分~60分の運動が進められていますが、それ以下であっても幸せを感じることは十分可能だということです。

一回に20分ほど運動するだけで、その後に12時間幸せを感じられる、という報告をしているアメリカの研究チームもあります。

少しでも運動することで、ストレスを緩和し、さわやかな気分になれ、幸せ感を増すことができるんですね。

8.少しでも外に出よう

運動がうつ病の改善に効果的であることが最近ではよく知られるようになりましたが、さらにおすすめされているのが、外に出て太陽にあたることです。

太陽にあたることで、セロトニンという脳内物質が作られます。

このセロトニンは、「幸せホルモン」とも呼ばれていますが、心のバランスを整え、心がいつもポジティブで安定した状態にしてくれます。

そして、自律神経のバランスも整えてくれます。

セロトニンが少なくなってしまうと、典型的なうつになりやすくなってしまいます。

気分転換になりポジティブになる

太陽にあたる、ということだけでなく、外に出て新鮮な空気を吸うとなんだか心も体もすっきりとする、という経験をしたことがあるのではないでしょうか?
ずっと室内でパソコンなどを触っていると、なんだか心も体もだる~くなってしまいますが、一度外に出て新鮮な空気を思いっきり吸って、そして自然の音に耳を澄ますだけで、心が癒されたり、さわやかで穏やかな気持ちになれます。

ですから、ちょっと気分が落ち込んだり、ふさぎ込んだりしたときには、ちょっと外にでて、外の空気を吸うだけで気分転換になり、気持ちがポジティブになれるでしょう。

ポジティブになれれば、もっと楽しい気持ちやうれしい気持ちを感じやすくなり、より幸福感が増しますね。

9.自分を好きになろう

自分が嫌い、という人にとって毎日は暗く思えるかもしれません。

自分に自信がない、とか、自分はダメだと思っている人は、何かと人と比べてがっかりしたり、自分なんて・・・という気持ちから積極的に人と関われなかったりします。

自分を好きになるって、簡単にできる人もいるかもしれませんが、すごく難しく感じる人もいます。

それは、今までの家庭環境が関係していて、親から一度も褒められたことがなく批判されてばかり育ってきた人や、過去にいじめなどの辛い経験をしたことのある人、さらにもともと消極的な性格で、自分に対しても消極的な考えしかできない、という人もいるでしょう。

でも忘れたくないのが、自分が好きという人も、自分が嫌いという人も、みんな良いところ、そして悪いところがあり、得意なことも不得意なことも同じように持っているということです。

だから、自分のことが好きな人が人間として他人より素晴らしい人、ってわけでもないし、自分のことが嫌いな人が人よりも劣った人間というわけではないのです。

【自分を好きになるためには、こちらの記事もチェック!】

とても前向きな気持ちになる

自分のことをちゃんと自分で好きになり、愛せるようになると、どんないいことがあるでしょうか?
まず、自分に自信を持てます。

自分に自信を持てれば、人にも優しくなれたり、人に劣等感を抱きにくくなるのでもっと幸福になれます。

自信家になることは避けたいですが、ある程度の自尊心をもつことで、前向きになれるし、ちょっとした失敗で落ち込んで絶望感を感じ、自分をいつも否定することがなくなります。

平衡のとれた考え方ができるようになり、安定した人になれるのです。

10.好きなことをしよう

最近、自分のための時間を取りましたか?
自分のために何かご褒美をしてあげましたか?
毎日頑張っていると、自分のための時間をとることを忘れてしまっているかもしれません。

それに、自分をほめてあげること、自分の好きなことをすることを忘れてしまっているかもしれません。

でも、毎日の生活の中では自分が本当に楽しい!と思える瞬間が必要です。

ホッとできたり、自分の世界に入り込めたり、心から笑えたり、満足できたり・・・。

好きなことを思いっきり楽しむための時間が必要なのです。

仕事などで自分のしたくないことばかりだと息が詰まってしまう

私たちの生活の中は、自分がしたい事だけで構成されているわけではありませんよね。

というか逆にしたくないことばかりで占められているかもしれません。

本当は仕事だって行きたくないけど、でも生きていくため頑張って働いています。

それが自分の好きな仕事ではなくてもです。

でも、それだけが人生だと思うと、息が詰まってしまうと思いませんか?
働いている報い、つまりご褒美を自分にしてあげることも必要なのです。

だから、定期的に自分のためにお金も時間も体力も使うことはイイコトだし、また毎日を頑張るために必要なことでもあるのです。

11.相手を許してあげよう

人間関係が良好で平和だと、毎日が幸せに感じやすいですが、人間関係でトラブルを抱えていると、とても苦しい毎日になります。

人間関係では時に「許せない!」と思うほど、イライラさせられたり傷つけられる経験もありますよね?
だれかから傷つけられると、心は痛くて、そして相手に対して怒っていると、心はいつも沸騰状態ですごく疲れます。

怒るのは当然と思えることは多いですが、でも、怒っている時って幸せではありませんよね。

そして、怒りの気持ちをずっと持っていて、相手を許せないことは、実は自分を傷つけていることになります。

ネガティブで辛い重荷のような気持ちをずっと心に持ち続けていることによって、自分の心を疲弊させているのです。

相手を理解して許してあげる大きな心を持とう

ずっとイライラしていると、心に負担がかかります。

それで、できるなら相手を許してあげるほうが、自分が救われることも多いものです。

いくらイライラしたり、怒っているとしても、相手が変化してくれることって少ないのではないでしょうか?
結局、損をしているのは怒りの気持ちで疲れ切っている自分です。

なので、ちょっと自分の考え方を変えて、相手の言動にイライラするだけではなくて、そんな風な言動をする相手にも自分にはわからない何か事情があるのかもしれない、その人も何か問題を抱えた犠牲者なのかもしれない、という見方を持つことができるかもしれません。

傷は簡単には癒されなかったり、イライラさせられることがこれからもあるかもしれませんが、できるだけ相手を理解して許せる大きな心を持つほうが、イライラした毎日よりももっと平安で穏やかに過ごすことができるでしょう。

12.職場の近くに住もう

毎日の通勤にかかる時間が大きなストレスになっている人もいます。

仕事に行くのだけでもストレスなのに、そこに行くまでに満員電車に長時間押し込められたり、毎日渋滞に巻き込まれたり・・・。

通勤って毎日のことなので、それで大きなストレスがかかると、毎日の仕事に行く憂鬱さがアップしてしまいます。

遠い距離を通勤する人はストレスをかかえがち

そして、仕事を終え帰宅するときにもまた長時間運転したり、電車に乗って家に帰らなければいけません。

早く帰ってゆっくりしたいのに家に着くのは遅くなり、毎日ぎゅうぎゅう詰めの予定で生活する羽目になりかねません。

それで、遠い距離を通勤する人はストレスを抱えやすいので、できるなら職場の近くに住むことがおすすめです。

そうすることにより、もっと自由な時間を増やし、自分のためのリラックスしたり、家族とゆっくり過ごすための時間を持てるようになります。

13.家族や友達との時間を大切にしよう

人生を豊かにするには、信頼できる友人や愛する家族の存在が必要だ、とよく言われます。

それで、自分の人生の中で本当に大切な人たちとの時間を取り分けましょう。

仕事に追われてしまう毎日では、どうしても家族や友人との時間が犠牲になってしまいます。

しょうがない、と思えることも多いのですが、そうなると心の距離ができて、関係がぎくしゃくしたり、コミュニケーション不足で喧嘩や誤解が生まれやすくなります。

それで、定期的に時間を取り分けて家族や友人と一緒に過ごす時間を、自分の人生の中で大切な時間とするなら、愛する人たちに囲まれた生活を送ることができるでしょう。

人と人の関わりは人の心を豊かにしてくれる

家族や友人との時間を大切にする、ということには努力がいるかもしれません。

自分ひとりの時間を家族に取られることが嫌に思えたり、誰かと一緒に過ごすことがに感じることもあります。

でも、愛する家族がいたり、信頼できる友人がいるなら、人生の中で困難な時の乗り越えやすくなります。

そして、喜びや楽しみを共有する相手がいることで、毎日がもっと充実します。

逆に、家族や友人との付き合いがない人は孤独感を感じやすく、不安も多くなります。

人との関わりは心を豊かにしてくれますので、もちろん一人の時間も大切にしながらも、愛する人たちとの時間も大切にしましょう。

もちろん、どのくらい人との関わりや交流を必要としているかは、人によって違いはありますが、積極的に人との関わりを作り交流する機会を持つ人は、より積極的に物事をとらえ、自分にも自信を持ちやすくなりますので、自分にとって大切な存在を見つけ、その人との関係を大事に築いていくなら、人生がもっと満足できるものとなるでしょう。