人は幸せを感じて、幸せを求めながら生きていける唯一の生き物であると言われています。

そんな人それぞれの「幸せ」をあなたは今感じていますか?

小さな幸せで満足する人も居れば、大きな幸せを追い求める人も居ます。

そんな皆の「幸せ」について解説していきます。

あなたが「幸せだな」と感じることは?

幸せというのは人それぞれです。

人にはそれぞれの幸せの物差しがあり、それに触れなければ周りからどんなに幸せに見えても満たされない感情と言えるでしょう。

自分自身が、何を幸せと感じるのか…あなたはしっかりと理解していますか?

誰でも幸せに感じることはある

自分の事を不幸せだと思い込んでいる人も、幸せを感じた経験があるからこそ不幸せだと思うのです。

この世の中に幸せを感じたことがないという人は存在しないのではないでしょうか。

それ位に幸せとは誰でも感じる事ができて、どこにでもある物なのです。

それを見つける事ができるのかどうか?それが幸せを感じられるかどうかという事ですね。

ふとした時に幸せというものがある

大きな幸せでいうと「お金持ちになった」「欲しかったものが手に入った」など欲望が満たされた時に感じる事が多いですが、小さな幸せは日常の中のふとした瞬間に感じる事が多いのです。

「見上げた空が綺麗だった」「見知らぬ人が親切にしてくれた」など、思わず「ラッキー」と呟いているような時や「この時間が終わらなければいいのに」と思う様な時にこそ幸せを感じているのです。

「幸せ」と「不幸せ」はどちらが多い?


人はポジティブな感情とネガティブな感情なら、ネガティブな感情の方が記憶に残りやすいと言われています、そのため幸せと不幸せ、どちらが多い?と聞かれると不幸せの方が多いと感じる人がいるでしょう。

しかし自分の人生を振り返った時、本当に多いのは幸せな感情なのです。

幸せは記憶に残りにくい

幸せな記憶は不幸せな記憶と比べてどうしても記憶に残りにくいものです。

不幸せな記憶は、不幸せな状態を解消するための努力があったり鮮烈なインパクトや大きいネガティブな感情が伴うのにも関わらず、幸せな記憶はその多幸感だけで終わってしまうからです。

何を幸せに感じるのか?

何を幸せに感じるのか?という事によって、人生の充実度は全く変わってきます。

些細な事にも幸せを感じられるようになると、日常の中に幸せが溢れて人生の充実度が大きく変わってくるのです。

幸せは潜在意識によって変わる

人は皆、表面的な意識と心の奥深くにある潜在意識を持っています。

「私は幸せです」というポジティブな深層心理を持っている人は小さな幸せを見つけたり感じたりするのが上手で、「私は不幸せです」というネガティブな人はたくさんの幸せを見落としてしまっているのです。

潜在意識に「自分は幸せだ」という自己肯定感を持っているかどうかで幸せをキャッチできる能力が大きく変わってきます。

潜在意識は簡単に変えられる

表面的な意識とは違い、自分の中に潜在的にある意識を変えるとなると難しく考えがちですがこれは意外と簡単な方法で変える事ができます。

それは「私は幸せだ」と言葉に出して言い続ける事です。

潜在的な意識は視覚や聴覚、嗅覚、触覚など様々な感覚に影響されます。

自分で自分は幸せだと言葉にして聞かせ続ける事で潜在意識も「自分は幸せだ」と思い込むようになるのです。

「幸せだな」と感じる7個の瞬間!どんなときに感じますか?


あなたはどんな時に幸せを感じますか?ここでは、多くの人が「幸せだな」と感じる瞬間をご紹介していきます。

1.家族といるとき

自分が最も信頼できる家族と過ごしている時に幸せを感じる人が多くいるようです。

生まれ育った家庭で長年共に過ごしてきた家族に囲まれていると安心感を覚え、リラックスできる事から家族といる時に幸せだと感じる人が多いのでしょうね。

家族と一緒に過ごすことが楽しいと感じる

自分が一番安心できる存在である家族と同じ時間を過ごす時に、楽しいと感じる事ができるのは幸せであると言えるでしょう。

家族と心を通わせる関係を築けているという事は必ずしも当たり前の事ではないのです。

一番身近な人であるからこそ、その家族と一緒に過ごすことが楽しいと感じるのは幸せの証ではないでしょうか。

今のこの時間が有意義と思うとき

幸せというのは自己肯定感や満足感をもたらすものです。

今この時間が有意義で意味のあるものだと思える瞬間というのは、その空間を肯定的に捉えていて満足できているという事でっもあります。

家族との時間を有意義だと捉える事ができるその時、あなたはきっと心がほっこりと温かく感じていて人はそれを幸せと呼ぶのではないでしょうか?

2.彼氏・彼女といるとき

異性の中で特別な存在である彼氏・彼女といるときに幸せを感じる人も多いですね。

寧ろ、一緒に居る事で幸せと感じる事ができる相手だからこそ特別な存在であると言えるのかもしれません。

好きな人と一緒にいれる時間

好きな人と一緒にいれる時間は、ドキドキしたり嫌われたくないという不安を感じたりと必ずしも心が平穏ではないかもしれません。

しかし、相手の時間を独占しているという満足感や同じ時間を共有しているという現実を幸せと捉える事ができますよね。

幸せは必ずしも穏やかであるとは言えないのかもしれません。

相手のことを思うとき

大切な人のことを思う時、あなたの心はどんな感情で満たされているのでしょうか?

相手は今こんな事をしているだろうという想像や、自分の事を思っていてくれたら嬉しいという理想、はたまた別の異性と過ごしていたり心が移ろいでいたらどうしようという不安の感情もあるかもしれません。

それら全てをひっくるめて心の中が好きな人で埋め尽くされているというのは、人間味に溢れて幸せな瞬間であると思う人が少なくないのです。

3.有意義な休日を過ごしているとき

意味の無い時間を過ごすよりも、有意義で満足感のある時間を過ごす方が幸せを感じることができるのは言うまでもありません。

ただし、その定義は必ずしも他人から共感を得られるものではないのです。

自分の満足度を高める事、それが幸せを感じる大切なポイントであると言えるでしょう。

喫茶店でゆっくりしているとき

忙しなく過ぎていく日々の中、穏やかな時間の流れる静かで落ち着いた雰囲気の喫茶店で誰にも邪魔される事なくお茶を楽しみ一息ついているその瞬間を幸せだなぁと感じる事はありませんか?

大好きな仲間たちと刺激的な空間で過ごすひと時も楽しいかもしれませんが、心がホッと一息つける時間もかけがえのない幸せな一瞬なのです。

家でじっくり映画を見る

ずっと見たかった映画を家でじっくりと見ている瞬間、見たかったという満足感を得てプライベートな空間でリラックスをしているとフと幸せだと感じる事がありませんか?

自分のやりたかった事をできているという満足感がその幸せをぐっと有意義なものにしていくのです。

休日の終わりに充実感があるとき

休日の終わりに「せっかくの休みなのにダラダラしてしまったな」と後悔してしまうと、それだけで休日が不幸せな一日になってしまいます。

同じ過ごし方をしていても「凶はゆっくりと休めたな」と充実感や肯定感を感じられると、その休日は最高に幸せな休日になるのです。

4.好きな食べ物を食べているとき

好きなものに囲まれている時に幸せだと感じる人は多いですよね。

その中でも食にベクトルが向いている人は好きな食べ物を食べている時に満足感と幸せを感じるのです。

食欲は人間の三大欲求の1つでもあるので、好きな食べ物で食欲が満たされているというのはとても幸福感が高まりますね。

好きな物を食べているときは幸せに感じることが多い

どんなに落ち込んでも悲しくても、美味しいものを食べると心がホッと緩むような感覚を感じた事はありませんか?人間は、美味しい物や好きな物を食べているときに幸せを感じやすい生き物なのです。

逆に好きな物や美味しい物を食べても幸せを感じない状態は、自分自身が究極に追い詰められている状態であるとも言えます。

満足感もある

好きな物を目の前にするだけで、うっとりとしてしまうような幸せに包まれますがそれを食べる事で更に満足感があり自分が満たされている事を感じる事でしょう。

食べ物には心も体も幸せにしてしまう魅力が詰まっているのです。

5.趣味をしているとき

趣味というのは誰かに強制されて行う物ではなく、自分の意思で行う事ですよね。

そんな自分の好きな事をしていられる時間というのは大人になればなる程貴重な時間となり、貴重な時間になればなる程その瞬間を幸せに感じる事ができるのです。

読書をしているとき

読書が趣味だという人は、読書をしているその瞬間に幸せを感じる事でしょう。

静かな空間だったり、物語に没頭して高かった日が暮れている事に気付いた瞬間だったり、読み終わった本を閉じるパタンという音などフとした瞬間に満足感を感じて幸せだと思うものです。

ゲームをしているとき

ゲームをするのが趣味だという人は、主に長い長い時間をかけてやり込んだゲームのエンドロールを見ている時に達成感を感じて、ゲームを最後までやり切れた事が幸せだと感じるのではないでしょうか?

このシーンが良かったな、このキャラクターが魅力的だったなと振り返る時間も有意義なものです。

6.旅行に行っているとき

旅行に行き、普段の慌ただしい生活から離れてリラックスした旅を満喫している時にも幸せと感じる瞬間は沢山あります。

今まで知らなった土地で出会う現地の人とのコミュニケーションや、その場所でしか絶対に見られない風景、空気の澄み切ったような自然の美しさなど様々な刺激に心洗われて、そんな時間を過ごせている事を幸せだと感じるのです。

温泉に入っているとき

温泉に入ると「あ~、極楽極楽」なんて言いますよね。

極楽浄土に居るかのような心地よさから、そんな言い回しが生まれている位ですので温泉旅行に行き、温泉に浸かっている時には特に幸せと感じますよね。

温泉に入った後は、美味しい料理に舌鼓をうってお酒を飲めばまさに天にも昇る気分になりますね。

7.寝ているとき

体に疲れが溜まっている時には、寝ているだけでも幸せを感じますよね。

特に、予定の無い休日に時間制限なく好きなだけ寝て居られるとそれだけで満たされますよね。

忙しい日が続くと体だけでなく心も疲弊してしまいます。

そんな時に、何も考えずに眠っていられる時間は至福のひと時と言っても良いかもしれません。

身体を休めるとき

身体を休めるときには、心地よさや幸福感を感じるものです。

そうでなければ、身体を休めるのを嫌がって体調不良をきたしてしまいますよね。

人間も動物なので、本能的に身体を休める行動をとるように身体を休めるときに幸せを感じるようになっているのでしょう。

スッキリと目覚める事ができたとき

ぐっすりと眠っていても、目覚めが悪いとどれだけ休息をとれたとしてもガッカリした気持ちで眠っている時間が残念なものになってしまいます。

自然と浮き上がるように目覚め身体も頭も軽くクリアに起きる事ができた時、良い休息を取れた状態で寝ていた時間が幸せな時間だったなと思えるものです。

男性が彼女といて「幸せだな」と感じる瞬間

様々な関係性の中で、それぞれの幸せと感じる瞬間がある事でしょう。

男性が彼女といて幸せだなと感じる瞬間はこんな時なのです。

手料理を作っている彼女の後姿を見ている時

彼女がキッチンで手料理を作っている後ろ姿を見ている時に幸せを感じる男性は少なくありません。

キッチンで手料理を作っている彼女を見ながら「もしもこの人と結婚したら」と暖かな家庭を想像して幸せな気持ちになるのでしょう。

泣いている彼女を慰めている時

不謹慎かもしれませんんが、女性の泣き顔が好きだと言う男性は多いものです。

普段はしっかりしている彼女や強気な彼女が自分にだけ弱い部分を見せてくれる事に堪らない愛おしさを幸せだと感じているのです。

看病をして貰っている時

体調不良で寝込んでいる時は人の優しさが特に染みるものです。

1人暮らしの場合、体調不良で寝込んでいる時に彼女が看病に来てくれて献身的に自分を心配してくれると体調が悪くてもそれだけで幸せだと感じるものです。

彼女に頼られる時

重い物を運んで欲しい、不安だから一緒に居て欲しいなど彼氏として自分に頼ってくれる事で幸せを感じる男性もいます。

特に尽くしたいタイプの男性は頼られる事が愛情と受け取る傾向にあるので、自分を頼ってくれる彼女の期待には何としてでも応えたいと思うものです。

そうして彼女のために一生懸命行動している時、幸せを感じるのです。

女性が彼氏といて「幸せだな」と感じる瞬間

女性も男性と同じく恋人と居ると様々な場面で幸せを感じますが、男性と女性ではそのポイントも変わってきます。

女性は彼氏といるこんな瞬間に幸せだと感じるのです。

手料理を全部食べてくれた時

手料理をする女性は多くいますが、その手料理に絶対の自信を持っている人はごく僅かでしょう。

女性は常に不安を感じながら彼氏に料理を振舞っているものです。

だからこそ「美味しい」と言ってくれれば、安心するし全部食べてくれると彼氏の事を愛おしく思えて幸せを感じますね。

甘えられた時

いつもは頼り甲斐のある男性なのにも関らず、2人きりの空間などで甘えてこられるとまるで子どもを可愛がっているような気持ちになって幸せだと思う女性も少なくありません。

母性本能を擽られてもっと可愛がってあげたいと思う女性も多いですね。

特に相手に尽くしたいタイプの女性は、耳かきをしてあげたり爪を切ってあげたりという母親が子どもにしてあげるような事をしてあげる事で幸せだと感じる人も少なくありません。

記念日などを一緒に過ごしている時

女性は特に記念日を大切にする人が多いものです。

付き合った記念日やイベントの日、そんな特別な日に彼氏と過ごせているという事だけでも幸せを感じる事ができます。

また、そんな特別な日の思い出を振り返っているだけでも心が暖かくなり幸せな気持ちになるものです。

仲直りした時

交際中、時には喧嘩をする事もあるでしょう。

なかなか素直に謝れない中、もしかしたらこのまま別れてしまうかも…と大きな不安に襲われる中、仲直りできるとホッとして大好きな彼氏と別れずに済んだ事、仲直りできた事を幸せと感じる事ができます。

大きな不安を感じたからこそ、それが解消されて大きな幸せに変わるのです。

幸せは1日に何回感じる?

幸せを感じる頻度や、幸せの感じ方は人それぞれです。

一日に数回幸せを感じる人もいれば、ここぞというタイミングだけで幸せと感じる人も居るし、同じ行動をとっていても小さい幸せと感じる人もいれば大きな幸せと感じる人も居ますよね。

あなたはどんな風に幸せを感じていますか?

何回も幸せに感じることがある

幸せは必ずしも一日一回だとは決まっていません。

幸せと感じる事があれば一日に何度でも幸せを感じる事はあるでしょう。

その時の自分のコンディションや感じ方によって幸せと感じるタイミングは様々なのです。

心が豊かで余裕がある人ほど1日に何回も幸せを感じる事があるのです。

休日は特に感じることが多い

休日は特に、仕事や学校が休みで時間に余裕があり気持ちにも余裕が生まれるために幸せだと感じる事は特に多い事でしょう。

休日だという心の余裕から、ほんの些細な事でも幸せと感じる事ができますね。

人によって幸せは違う

人によって幸せは違うものです。

自分の幸せが他人の幸せとイコールになる訳ではないという事ですね。

その人の感じ取り方1つで幸せに感じるかどうかは全く変わってくるし、幸せの大きさも変わって来るものなのです。

小さなことから大きなことまで

好きな人と目が合ったというような小さな幸せから、宝くじで高額当選をしたという大きな幸せまで幸せは大きさも内容もそれぞれです。

しかし、それぞれだからこそ自分の受け取り方や感じ方1つで小さな幸せを大きく感じる事もできるし、大きな幸せを幸せと感じられない事もあるのです。

幸せな人がしなくなること

自分が今現在幸せなのかどうかは、自分では良く分からないという人も少なくありません。

日々の幸せを毎回感じる事ができればそれにこした事はありませんが、どうしても幸せな状態が続くとその環境に慣れてしまうものです。

そこで、幸せな人がしなくなる事をご紹介します。

こんな事をしなくなったな、と感じたらあなたは今幸せなのかもしれません。

SNSが気にならない

人のプライベートを見る事のできるSNSですが、無意識の中でSNSの中の他人のプライベートと自分のプライベートを比べてしまう人も少なくないでしょう。

幸せな人はSNSの更新頻度や見る回数も比較的少ないようです。

映えない日常でも満足している

SNSの中では、写真映えする流行りのカフェやスポットなどがたくさんアップされていますよね。

でも、それは誰の為の写真映えなのでしょうか?幸せな人は他人に褒められたいだけの写真映えをあまり気にせず自分の発信したい事だけを発信しているものです。

他人のイイネがどうでもよく感じる

SNSのお決まりと言えば、他人からの評価である「イイネ」ボタンの数ですよね。

たくさんのイイネが欲しいがために写真を投稿するのは他人に羨ましがられたい、凄いと思われたいという気持ち表れです。

本当に幸せな人は他人の評価などどうでも良いのです。

自分の手に届く範囲の人や物を大切にできている人ほど幸せであるという事ですね。

愚痴を言わない

幸せな人は、満足感や達成感、充実感などポジティブな感情に満たされているため少し嫌な事があったり理不尽に感じる事があっても愚痴が出て来ません。

嫌なできごとさえも、幸せになる為の糧であると自分で受け入れる事ができているのです。

ネガティブにならない

愚痴を言っていると、一見スッキリしているように思えますが実は自分の感情を言葉にする事で、嫌な事を思い出してネガティブな記憶を段々と濃くしています。

幸せな人は、そんなネガティブな感情を強くしない事を無意識に選んで愚痴を言わないのです。

喧嘩をしない

喧嘩とは、主張の異なる人との間で起こってしまう諍いです。

幸せな人は、心に余裕があり自分と違う意見を受け入れる事ができるので喧嘩にならないのです。

誰彼構わず喧嘩を売って争いの絶えない人というのは、自分が満たされない苛立ちを他人にぶつけている不幸せな人だという事でもありますね。

話し合いで解決できる

喧嘩をしないからと言って、自分の意見を持っていない訳でもないし他人の意見ばかりを優先する訳でもありません。

幸せな人は、他人を受け入れながら自分の意見を述べ建設的な話し合いをする事のできる余裕があります。

何かを欲しいと思わない

単純に満たされている人は、欲求が減るものです。

他の部分で存分み満たされているため、そこまで強烈な欲求が湧かないのです。

特に、物欲が少ない人程幸せである事が多く満たされている人は今以上に物を増やしたいとは思わないのです。

他人に求めない

物欲以外にも、幸せな人は他人に求める事が少なくなります。

何かをして欲しい、と感じる事が少ないのは自分の中が満たされて人に施す余裕があるからです。

幸せな人程、他人から与えらえるよりも他人に与えたいと思うものなのです。

より幸せを感じるためにした方が良いこと

普段の生活の中で、より沢山より大きな幸せを感じるためにはどのような事に気を付けて日々の生活を送れば良いのでしょうか?

より幸せを感じるためにはこんな事に注意しながら日々の生活を送るのがおすすめです。

笑顔で過ごす

常に笑顔の人にはポジティブな言葉やポジティブな人が集まってくるものです。

そんなポジティブを引き寄せる人の元には自然と幸せが舞い込んでくるのです。

常に笑顔でいる事で、心にネガティブなものが入る余地がなくなり、ほんの僅かな小さな幸せにも気付く事ができる事でしょう。

感謝する

どんな事でも、人に感謝する事ができればそれだけで人間関係を豊かに円滑にしていきます。

「ありがとう」をより多く、より気持ち良く言える人は幸せを多く感じているのです。

感謝される事をするのも良い

人に感謝される事というのは、親切な事であったり思いやりのある事であったりとポジティブなアクションです。

そんなポジティブなアクションは人に尽くしている事でも、自分の心をとても豊かにしてくれるので小さな事でも幸せと感じる気持ちの豊かさを産んでくれるのです。

健康な生活を送る

どんな事柄でも、身体が資本です。

身体が健康でないと、些細な幸せに気付く事ができなくなってしまいます。

良く眠り、栄養のある食事を取って、生活リズムを整える事で健康的な生活を送る事が幸せをより多く感じるために大切な事なのです。

健康な精神状態でないと幸せは感じられない

健康とは何も身体的な事だけではありません。

精神的にも健康な状態を維持していく事は幸せを感じる事においてとても重要なのです。

精神状態が不健康だと、どんな事もひねくれてネガティブに捉えてしまったり視野が狭くなって直ぐそこにある幸せが見えなくなってしまいます。

精神的に不健康な状態になってしまってもそれは自分では気付きにくいものです。

他人が心配してくれる言葉を素直に受け取って助言に従う素直さが精神的な健康を保つために大切なのです。

健康である事を幸せだと感じる事ができる

健康な生活を心がけて自分の身体のコンディションを整えていくと、次第に自分の身体が健康である事がまずは大きな幸せであるという事に気付くでしょう。

そうすると、親が健康な身体に自分を産んでくれた事、そんな事を幸せに思えるようにしっかりと育ててくれた事、今の自分を作り上げている様々な事柄に対して幸せを実感できるようになってきます。

仕事を持つ

どれだけ自由な時間が多くあっても、毎日が休日で毎日が自由な時間だと幸せを感じる事はなくなってしまうでしょう。

しっかりとした仕事を持ち、責任を持って、時には辛い思いをするからこそ、休日などの自由な時間を幸せと感じる事ができます。

仕事にやりがいを見つけられればより幸せを感じる

大半の人が社会の中で仕事を「生きるためにしなければいけないからしている」と強制的な意識で取り組んでいる事でしょう。

だからこそ、自ら進んで仕事に取り組めるようなやりがいを見つける事ができれば幸せを感じるポイントをグッと増えるのです。

良い成績を上げられた、ヒットを生み出せた、顧客の期待に応える事ができた等…仕事にやりがいを持っている人は日々たくさんの幸せに囲まれて仕事をしているのです。

お金も必要

お金がなくても幸せを感じる事はできるでしょう。

しかし、最低限の人間らしい生活を保てえる位のお金が無いと幸せを感じる余裕がなくなってしまいます。

確かに、お金がなくても幸せになれるかもしれませんが、お金が無くて良いという訳ではないのです。

愛する人を大切にする

人を大切にできない人は自分のことも大切にはできません。

家族や恋人など、自分の愛する人を傷付けることなく、守り、慈しみ、尊敬して愛しましょう。

誰かを愛するという事は、様々な形で自分にも返ってくるものです。

人を愛しているこの瞬間、自分は誰かに愛されるための行動を起こしていると感じられれば人を愛する幸せを実感する事ができるでしょう。

愛する事で愛して貰える

愛されるという事は幸せと直結しています。

しかし、それはあくまで他人から与えらえるもので、自分の意思でどうにか出来る事ではないのです。

だからこそ、人を愛する事で自分も愛して貰える、それは幸せを呼び込むための行動であるとも言えますね。

無償の愛を知る事ができればより幸せに

無償の愛というものが存在します。

見返りを求めず、ただ相手の事だけを愛する事はとても難しく生涯理解できないという人も少なくはないでしょう。

親から子への愛情、恋人を思う愛情、宗教的な愛など形は様々ですが、そんな純粋で一途ま愛の存在を知る事だ出来れば幸せの感じ方は大きく変わってくる事でしょう。

幸せに感じることを多くしよう!

幸せかすおでないかは、実際に起こる幸福の数ではありません。

小さなな幸せから大きな幸せまで、自分がどれだけの幸せをキャッチして受け入れる事ができるかなのです。

まずは身近にある小さな幸せをたくさんキャッチする事で、幸せに敏感になりより多くの幸せを呼ぶこむ事ができます。

些細な事を幸せに感じられる豊かでゆとりのある心を育んでいく事が大切ですね。