皆さんは友人と遊ぶことはありますか?

誰もが友達と遊ぶというような事があると思いますが、その時に誘いにくい友達であったり、その友達の家に行きにくいというような事があったのではないでしょうか?

その理由というのはどの様な理由がありましたか?

例えば行ったら迷惑をかけるかもしれないから、というような人もいるかと思います。

また迷惑をかけてしまっているから行きにくいというような事もあるでしょう。

既に何かをしてしまって、その相手に会わせる顔が無いというような状態の時も行きにくいですよね。

その様な時に使う言葉があるのですが、皆さんは「敷居が高い」という言葉をよく使うのではないかと思います。

敷居が高いというのは簡単に言えば、ハードルが高いという意味と少し似ているのではないかと思います。

ハードルが高いというのは単にハードル走などのハードルが高いという意味ではありません。

ハードルというのはいわゆるレベルが高いという事です。

「A君の家で遊ぶのは厳しいからB君の家に行かないか?」というような状態というのはハードルが高いになります。

「自分の家は敷居が高くて、借りたものを返してないんだ」というような何か借りたものがあって返していないという不義理な事がある場合に「敷居が高い」という風に使うのです。

なのでよく「あのお店は高いから敷居が高い」というようなものは実は間違った使い方という事は知っていましたか?

意外に思われるかもしれませんが、その様な状態の時というのはハードルが高いと使用することが多いということです。

言葉というのはその意味がちゃんとあるので間違った使い方をしてしまうという人も多いのではないかと思います。

意味を理解することで正しい使い方をすることができるようになるので、是非「敷居が高い」という言葉の意味を理解して、使いこなしてみてはいかがでしょうか?

今回はそんな「敷居が高い」という意味や使い方についてお教えしたいと思います!

そしてよく男性が話す「敷居の高い女性」という女性がいますが、どの様な女性のことを言うのでしょうか?

その敷居の高い女性の特徴をいくつかお教えしたいと思います。

敷居の高い女性というのはとても理想が高く、ガードも固いというようなイメージがありますよね。

皆さんはどの様な特徴があると思いますか?

では先ずは「敷居が高い」という使い方などについて詳しく見てみたいと思います。

「敷居が高い」とは?

敷居が高いとはどの様な意味を言うのでしょうか?

その意味というのは不義理、不面目なことがあってその人の家に行きにくいというような意味があるのです。

どういう事かというと、簡単に言えばハードルが高い、というのとは少し似ていて違うという事です。

大事なことはその「不義理、不面目なことがあるのかどうか」という所が大事になります。

皆さんは間違った使い方をしていませんか?

不義理、不面目なことなどがあって、その人の家に行きにくい

不義理、不面目なことというのは、簡単に言えば約束をしていたのにそれを破ってしまっているという事や、その約束を放ったらからしにしている状態ということです。

例えば学生時代というのは親からお金を借りるというような事があると思います。

大学生で1人暮らしをしている人というのは基本的に親から少し支給などをされたりしますよね。

そして学生を卒業して社会人になった際に少しずつ返すというような事をしているのですが、その時にまだ「返していない」というような状態があるのではないかと思います。

その様なことを不義理であったり不面目というような事を言うのですが、その様な状態なので家に行きにくいという意味が敷居が高いという事になります。

「敷居が高い」の類語や関連語


そんな「敷居が高い」という言葉の類語や関連語というのはどの様な意味があると思いますか?

敷居が高いという意味というのはその人の家に行きにくいというような事ですが、敷居が高いの類語や関連語というようなものはたくさんあります。

それぞれどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

物事を行うのに不安感などから積極的でなくなること

物事を行うのに不安感などから積極的でなくなることというような意味というのはたくさんあると思います。

例えば逡巡という言葉も敷居が高いという意味と少し似ているのではないかと思います。

またしり込みという言葉や躊躇というような意味も少し似ていますよね。

物事を行うのに不安感などから積極的でなくなるような類語というのはたくさんあると思います。

先ほどあげたものもそうですし、他にも様々な言葉というものがあるので、その言葉について詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどの様な類語や関連語があがりますか?

逡巡

逡巡という言葉を知っていますか?

この様な漢字を書いて「しゅんじゅん」と読みますが、この言葉の意味というのは、決断できずに、ぐずぐずとしてしまう事というような意味があります。

どちらの会社に行くべきか逡巡する、というような言い方をした際にはどちらの会社に行くか決断をすることができず、ぐずぐずしてしまうというような意味になります。

敷居が高いという意味と少し似ている所というのは、積極的ではないという事や、どちらに行くか迷うというようなところも似ているのではないかと思います。

あまり聞かないという人もいるかもしれませんが、逡巡という言葉を覚えておいても損はないですよ?

しり込み

しり込みという意味をご存知でしょうか?

この言葉というのはおじけてぐずぐずしてしまうというような意味や、簡単に言えば後ずさりというような意味が込められています。

敷居が高いというのは基本的に行きにくいというような事がありましたが、しり込みというのは、後ずさるような状態のことを表します。

似たような意味でも少し違った使い方などをするのでこの様な言葉も覚えておくと良いでしょう。

及び腰

これは「およびごし」という風に読むのですが、この意味というのはへっぴり腰というような意味もありますが、もう1つ意味があります。

その意味というのが自信が無いというような事や、遠慮をしてしまったりするような中途半端な態度というような意味があるのです。

いわゆる敷居が高いと似ている言葉でもあるのではないかと思います。

例えば「家に行くのに敷居が高い」というような意味で使われる敷居が高いという言葉と似ているところが多いですよね。

いわゆる及び腰になり行けなくなってしまっているというような意味でも捉えることができるのではないかと思います。

萎縮

萎縮と書いて「いしゅく」と読みます。

よく医療関係でこの言葉を聞いたりするかもしれませんが、今回の意味では縮こまってしまうというような意味で考えてみてはいかがでしょうか?

またこの意味というのは元気がないというような意味もあるのです。

敷居が高いというような類語はたくさんあるので、この様な言葉もその1つになるという事なのです。

躊躇

躊躇するというような言葉をよく使うと思いますが、まさに敷居が高いというような意味の別の表現でも使われることが多いのではないかと思います。

家に行くのに躊躇するというような事は、いわゆる家に行くのが難しくなるというような事と同じような考えをすることができるのではないかと思います。

この様な言葉も敷居が高いの類語や関連語となる1つです。

躊躇という言葉は皆さんもよく使いますよね。

真っ先に思い浮かぶ類語でもあるかもしれませんね。

二の足

ここで「二の足」という言葉を出したのは、先ほど説明した「しり込み」というような意味が込められているので最後に説明をしたいと思います。

二の足という言葉の意味は基本的に「しり込み」というような意味や、ためらうというような意味があります。

よく二の足を踏むというようなことわざを聞くと思いますが、その二の足という意味です。

言うのであれば躊躇うというような事や迷うというような意味合いが込められています。

敷居が高いというような類語では二の足と答えるような人も多いですが、敷居が高いという言葉に似ているようなものはたくさんありますよね。

この言葉も1つだという事を覚えておくようにしましょう。

連想される言葉

では敷居が高いと聞いて連想される言葉というのはどの様な意味があると思いますか?

皆さんが普段「敷居が高い」と聞くとどの様なことを思い浮かべるのでしょうか?

例えば行き難いというような意味があるのはもちろんのこと、ハードルが高いというような言葉を考える人も多いですよね。

似たような言葉というのはたくさんありますが、最近の人達というのは敷居が高いという意味とハードルが高いという意味を同じように考えてしまうというような人が多いです。

しかしながらハードルが高いというのは、唯一違うようなことがありますよね。

他にも頭が上がらないというような事や鬼門だというようなことを思い浮かべるような人というのは多くいるのではないかと思います。

格式の高いというような言葉も連想されることが多いですよね。

ではどの様な言葉があるのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんは敷居が高いと聞いてどの様な言葉を連想させましたか?

ハードルが高い

ハードルが高いというような言葉があると思います。

もともとこの意味というのは「あの人はハードルが高い」というような使い方や「あのお店に行くのは少しハードルが高くない?」というような、いわゆる高級だからというようなものや、美人な人だからというような「レベルが高い」というような意味が強いものがハードルが高いというようなものになります。

行き難いというような事と似ていますが、ここで大きな違いというものがあります。

敷居が高いというのは、不義理などの事があってその人の家に行き難いというような意味がありますが、基本的にハードルが高いというのは、ただそこに行くのに気がひけてしまうというような意味になるという事です。

簡単に言えば、不義理なことなどが無いけれど行き難いというような意味が込められているという事です。

ハードルが高いと敷居が高いというのは似たような意味で考える人が多いですが、意味は違ってくるのでその差を覚えることが大切になるのではないかと思います。

行きにくい

行き難いというような言葉を連想させた人もいるでしょう。

基本的に「敷居が高い」と聞くと高級であったり、自分には縁が無いような事というような意味を連想させてしまいますよね。

行き難いというような事は、基本的に相手の場所に行き辛いというような事や、あのお店には行き難いというような事で連想をさせた人も多いのではないでしょうか?

頭が上がらない

頭が上がらないというような言葉を連想させた人もいるかもしれません。

基本的に頭が上がらない状態というのは相手の人が格上の人であるというような事がありますよね。

例えばお世話になった人であったり、会社などであれば社長や上司などを考えるような人が多いのではないかと思います。

頭が上がらないというような事は、基本的に自分を下に見て相手を上に見るというような行動なので、その様なことがあるという事は、敷居が高いという風に感じるような人も多いのではないかと思います。

鬼門

鬼門というような言葉を聞いたことがありますか?

よく「ここは鬼門だぞ」というようなセリフとマンガやドラマなどで聞いたことがあるかもしれませんよね。

いわゆる立ち入ったりするような事が難しいというような事や、マンガ的な展開で言うのであれば「ここを乗り越えるのは鬼門だ」というようなとても難しい、相性が悪いというような意味が込められているのではないかと思います。

元々というのは古くから言われている方角のことを指している言葉でもあるのですが、この様な使い方をするという言葉が「鬼門」という言葉になるのです。

この言葉を連想するような人もいるかと思います。

言うのであれば敷居が高いという事は、相手のところに行くのには難しいというような事もあるのではないかと思うので、この言葉を連想したという人も多いでしょう。

格式の高い


格式の高いというような言葉を連想した人も多いと思います。

格式の高いというのは、とても風格があるという事です。

言うのであれば代表的な例としては「お嬢様」というようなイメージでしょうか。

気品もあって風格もある、格式が高いというようなイメージはまさに「お嬢様」というような連想をする人も多いと思います。

敷居が高いというのは、簡単に言えば格上というような事でもあるので、格式の高さというようなことを連想する人も多いのではないかと思います。

「敷居が高い」の使い方

ではそんな敷居が高いという言葉ですが、使い方というのはどの様な使い方をすれば良いのでしょうか?

言うのであれば、不義理な事や、不面目なことがあるからというような事が大前提となります。

この様なものが無ければ、先ほど言った連想の言葉にあるハードルが高いというような言葉を使うようになるのではないかと思うのです。

例文

ではそんな敷居が高いという言葉を使った例文をいくつか用意しました。

敷居が高いという言葉はとても使いづらいというような間隔があるのではないかと思います。

しかしながら意味をちゃんと覚えていれば間違った使い方というようなものをしなくなるのではないでしょうか?

特に先ほども言ったように、不義理や不面目なことが入ることが前提になるので、その様なものが無いと使えないという事になりますよね。

ではどの様な例文があるのか詳しく見てみたいと思います。

何年も連絡をとってないから、訪ねるのは敷居が高い

この様な例文の場合は注目をするところは、どこに不義理な事があるのかという点です。

今回の場合は「何年も連絡をとってないから」というような文がそれに当てはまると思います。

連絡を取っていない時というのはいきなり連絡を取ろうと思っても取り辛い間隔にありますよね。

特に相手がお世話になっている人であったり、過去にお世話になった人であれば尚更連絡を取っていないというような事は失礼になってしまいます。

なのでその連絡が取り辛く敷居が高いというような意味があるのがこの例文という事になります。

この様な使い方をすることで、敷居が高いというような言葉を使えるのではないかと思います。

借りたままのものがあり、彼の家は敷居が高い

借りたままのものがあり、彼の家は敷居が高いというようなものもあるでしょう。

この場合はカップルの関係であったり、友達というような状況の人に言える言葉ですよね。

借りたものというのは、彼のものであり、その彼から借りたままのものがあるので、家に行くのは遠慮をしてしまったり、行き辛いというような考えをしてしまうというような事もあるのではないかと思います。

この場合というのは、特に「昔に借りた物をそのままにしてしまっている」というような人に多い例文でもあります。

言うのであれば「学生時代に借りたものがまだあり、それを返すのが遅れた」というような事で今でも持ってしまっているというような人がいるという事です。

この様な場合は不義理な事というのは「借りたものがある」という事になりますよね。

この様な例文もあるので覚えておくと良いでしょう。

お詫びに行かなければならないが敷居が高く、一歩が踏み出せない

お詫びに行かなければならないが敷居が高く、一歩が踏み出せないというような事も例文の1つになります。

この場合は「お詫びに行かなければならない理由」というものがあるという事ですよね。

相手に失礼なことをしてしまったから、怒らせてしまったというような事もあるでしょう。

よくカップルの間では「相手と喧嘩をして話し辛い」「謝りに行こうと思っていても相手の家に行く勇気が無い」というような事があると思いますが、その状況というのがまさに敷居が高いという状態になるという事です。

特にお詫びに行かなければいけないのに、そのプレッシャーに負けてしまい、その一歩が踏み出せないというような状況化におかれているので、お詫びに行こうと思っても中々進むことができないというような例文がこれです。

敷居が高いという言葉を使いこなす際に大事な事というのは「不義理や不面目なことがある」というのが大前提となるので、その様なことがあった場合は敷居が高いという事を言えるのではないかと思います。

敷居が高い女性の5個の特徴

よく男性たちの会話では「敷居の高い女性」というような言葉で話をしているのを耳にしたことがあるというような人もいますよね。

敷居が高い女性と聞くとどの様な特徴があると思いますか?

例えば理想が高いような人、というような事もあるかもしれませんし、ガードがとにかく硬いというような特徴を持つ人もいるでしょう。

基本的に男に媚びないというような人もいるでしょう。

敷居が高い女性というのは行動で分かるような事も多く、周りの男性から様々なことを思われているのです。

ではそんな敷居の高い女性の5個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

どの様な特徴があると思いますか?

よく敷居が高い女性のイメージでは先ほどあげたものがありますが、何より一人で行動をしているイメージが強いという人もいます。

しかしながら偏見などで決め付けたり、行動をしたりするのはよくないので、しっかりと相手のことを知りたいのであれば積極的に接するというような事も必要なことになるのではないかと思います。

ではどの様な特徴があるのか詳しく見てみたいと思います。

1.理想が高い

まず敷居が高い女性の1つの特徴というのはとにかく理想が高いというような事があるでしょう。

例えば好きな人の条件などを話す際にも、条件がとても多いような人っていますよね。

そんな人に限って美人であったり可愛い人であるというような事も多いと思います。

その条件を満たすような人というのは滅多にいないというような事も現状なのではないかと思いますが、理想が高い女性というのはまさに男性からすると敷居が高い女性になってしまうのです。

特に理想が高いという事は、相手の人というのはそれほど男性に対して条件などを求めているという事になりますよね。

恋愛などをする際には少し苦労をするようなタイプな人かもしれません。

しかしながらそんな理想が高くても、好むような人というのが多いというのもポイントの1つです。

会社の人気者の人であったり、マドンナ的な存在の人も理想が高いというようなイメージがあるのではないでしょうか?

2.ガードが硬い

敷居が高い女性の特徴としてよく男性の人が話すような事ではガードが硬いというような事もあるのではないかと思います。

よく話しかけられてもそのままでいたり、ガードが硬すぎて逆に何も相手の情報が分からないというような事も多いのではないかと思います。

敷居が高い女性というのは、簡単に言えばただ会い辛い、行き辛いというようなものでもなく、ガードが常に硬いから余計に近寄り難いというようなイメージを持つのではないかと思います。

特にこの様な人というのはどんな時でも、自分のことをあまり表に出さず、情報なども謎のままで終わるというような事があるのではないかと思います。

隙がない

いわゆるこの様な敷居の高い女性というのは隙が無いという事になります。

どんな時でも、会社の飲み会で飲んでいたとしても、デートなどに誘われたとしても、その隙を見せないので、しっかりと自分のことを大事にしているという表れでもあるのではないかと思います。

しかしながら硬すぎるような人に対して、近寄り難いというような男性は多く、どうしても格上の人だと考えてしまうような人も多いのが特徴なのではないかと思います。

3.男に媚びない

男に媚びない性格というのも特徴的なのではないかと思います。

よく女性というのは男の人に媚びるような人が多いです。

媚びるという意味はいわゆるぶりっ子のような態度を取ったりするというような人のことですが、敷居が高い人というのはその様なことをせず、常に固いイメージがあるのではないかと思います。

特に男に媚びないという事は、恋愛などに対してはあまり興味が無いというような事にも捉えることができるのではないでしょうか?

敷居が高い女性というのは基本的に美人な人や可愛い人が多いのですが、その様な人に限って男に媚びない性格なので、男の人には興味が無いというような人も多いかもしれませんね。

言うのであれば、理想なども高いので、基本的に周りの男性にはその様な目で見ていないというような事にも繋がるかもしれませんね。

4.彼氏がいると思われている

中には彼氏がいると思われていることが多いというのも特徴の1つです。

「あの人は彼氏がいるだろう」というような人というのは基本的に周りからの評判もよく、敷居が高いような女性が多いです。

特に勝手にその様に思われるような人が多く、本当は彼氏がいないのに皆が様々なイメージを持ってしまうため、常に一人の状態になってしまうというような事もあるかもしれません。

彼氏がいると思われているという事は、それほど敷居が高い女性というイメージを相手に与えているからなのではないでしょうか?

心当たりがあるというような女性は、そんな事は無いと相手に伝えるような事も大事になるのではないかと思います。

5.完璧すぎる

敷居が高い女性によくある特徴の代表的なものがあります。

それがいわゆる「完璧すぎる」というような事です。

どういう事かと言うと、完璧すぎるというのは容姿や外見などはもちろんの事、勉学であったり仕事であったりと様々な分野でもう既に「完璧だ」というような女性が多いという事なのです。

言うのであれば完璧すぎる女性というのは、何でもできてしまうというようなイメージが強いので、周りの男性から話しかけにくいというような事もあるかもしれませんね。

また同じ女性の場合は相手にされないというような事も多く、一人で行動をしてしまうことが多いというのも特徴的かもしれません。

相手にされない感じ

相手にされない感じというのがどうしても多いのではないでしょうか?

例えば男性からして敷居が高い女性を見ると「完璧すぎて自分なんかでは…」というような男性がどんどん増えてしまい相手にされないというような事も増えてくるのではないかと思います。

また同性からでは「あの人は別に1人でもやっていけるから」というような偏見を持たれることも多いので、誰からも相手にされない感じというようなイメージがついてしまう人が多いのではないかと思います。

しかしながらそれほど、敷居の高い女性というのは格上の人であるという事になるのです。

相手にされないというのは、簡単に言えば自分と同等の人としか喋ることがないという事です。

その様な人というのは周りにも少ないのではないでしょうか?

話しかけにくい

何よりも敷居が高すぎてしまい話しかけにくいという人が続出するのも特徴的です。

それほど皆が敷居が高い女性のことを上に見てしまう傾向があるからなのではないかと思います。

それに同じような同等の人であれば喋ることが多くても、それ以下の人とは喋ることはないだろうというような偏見で皆が喋らないというような事もあるのではないかと思います。

完璧な人というのは一人になりやすいですが、その様な偏見では行動をしないように心がけてみてはいかがでしょうか?

敷居が高いを正しく使おう

いかがでしたか?

敷居が高い女性についてお話もしましたが、何より「敷居が高い」という意味はどの様な意味なのかを理解する必要があったのではないかと思います。

少し敷居が高い女性の場合は意味がハードルが高いというような意味で捉えるような人が多かったかもしれません。

しかし、敷居が高いというのは「不義理、不面目なことがある」という事が大前提になるというお話もしました。

最近の人達というのはよく間違った使い方をしているのではないかと思うので、しっかりと正しい使い方を覚えて、それを使いこなすことが大事になるのではないかと思います。

敷居が高いと言っているのであれば、ハードルが高いなどにいいか直すというような事も大事になります。

間違った使い方で覚えてしまうと、ずっとその様な意味で覚えてしまい成長をしていくので、学生の場合などは直ぐにちゃんとした使い方を覚えるように心がけましょうね!