CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ふつつかものとは?挨拶で使う時の3個の注意点と言われた時の返し方


皆さんが挨拶をする時には「おはようございます」というような言葉を使うと思います。

これは日常的な言葉ですよね。

その様な言葉を他の言葉で表すこともできるのではないかと思います。

最近では挨拶の中に「お疲れ様です」というような言葉も入っているのではないかと思います。

「おはようございます」ではなく「お疲れ様です」というような入りから会話を始めるというような社員の人も多いのではないでしょうか?

よくある事ですが、この「お疲れ様です」というのは基本的には何かをした後に言うような言葉でもありますよね。

一般的にはこの意味で捉えているというような人が多いです。

しかしながらお疲れ様ですを挨拶として使うようにもなってきました。

言語というのは様々なところで少しずつ変化などをしていったり、使われなくなったりするというような事もあるのではないかと思います。

そこで皆さんに質問です。

自分自身を表すような言葉で相手に挨拶をする時に皆さんは何と言いますか?パッと思い浮かぶというような人もいるかもしれないですよね。

その例としての挨拶が「ふつつかものですがよろしくお願いします」というような言葉です。

皆さんは「ふつつかもの」と聞いてどの様な人だと思いますか?配慮などが足りないと思う人もいるかもしれませんし、大雑把な人なのではないかと思うような人もいるかもしれません。

基本的にはこの言葉というのはマイナスなイメージが強いのではないかと思います。

ふつつかものというのは気の利かない人や行き届かないというような人という意味で使われることが多いです。

なのでつい「ふつつかものですがよろしくお願いします」と言った際には、マイナスなイメージを持たれてしまうので、あまり使わないというような人も多いのではないかと思います。

しかしながら一般的な意味はその様な意味ではないですよね。

「未熟」というような意味でこのふつつかものという風に使うような人が多いです。

「未熟だけどもよろしくお願いします」というのではなく「ふつつかものですがよろしくお願いします」と言ってしまう人が多いのです。

仮に会社に後輩が入ってきたとしてこの様な言い方をされた際にはどの様な返しをしていますか?例えば「こちらもふつつかものですが」というような形で返すというような人もいるかもしれないですよね。

他にもへりくだった返事をするというような人もいるかもしれません。

今回はそんな「ふつつかもの」についてお話をしたいと思います。

皆さんも「ふつつかもの」という言葉を普段から使用していませんか?シチュエーションなどで言い方というものは変わるので、他の言い方を探すというような方法も良いかもしれませんね。

今回は挨拶で使う時の3つの注意点と言われた時の返し方についてお話をしたいと思います。

ふつつかものとは?

ふつつかものとはどの様な意味があるのでしょうか?例えば会社などでもそうですが、初めての人に対して「ふつつかものですがよろしくお願いします」というような言い方もしますよね。

この様な場合はどの様な意味となるのでしょうか?ふつつかものというのは基本的にはマイナスなイメージが強いです。

「迷惑をかけると思いますが」というような意味もこのふつつかものと使うのではないかと思います。

様々な意味を持っていますが、皆さんはどの様な認識で使っていますか?詳しく見てみたいと思います。

気のきかない人

気の利かない人というような意味があります。

気の利かない人というのは、周囲のことを考えて動かないような人という事になりますよね。

例えば気の利く人と気の利かないという人ではどちらが一緒にいて頼もしいと思いますか?当然気の利く人ですよね。

特に気の利く人というのは基本的に自分で行動をする力を持っています。

言うのであれば物事を進める際に自分から進んでしようとしたり、誰かが困っていると助けたりと、思い遣りの精神があるような人が気の利く人になるのです。

では逆に気の利かない人というのはどの様なことになるのかというと、気の利かない人というのは基本的に言われたからでないと動けない人というのが多いです。

仕事などでも「自分から考えて動くような人材が欲しい」というような募集要項がありますが、まさに気の利くというような人を募集しているという事になるのです。

また何より気の利かない人の特徴として、迷惑などをかけてしまっていても平気で行動をするというような人も多いです。

自分には関係ないから、というような考えであり、仕事などでは気が利かない人というのは少し敬遠をされがちなのではないかと思います。

これは言い方にもよりますが「ふつつかもの」と言うと少し相手もどの様に対応をすれば良いのか分からないという事にもなるのです。

大事なのは例えそうだとしても別の言い方などをして、言うというような挨拶もあるので、そちらを覚えておくと良いかもしれません。

行きとどかない者

行き届かない者という意味もあります。

様々なことに対しての配慮などができず、周りを見ることに欠けているというような意味でもあるのです。

例えばですが、先ほども仕事を例にして言いましたが、自分から動くというような事は基本的にはその仕事に慣れてからこそできるようなもの、というような考えを持つ人が多いと思います。

最初の仕事というのは初めての事だらけなので、誰でも分からないです。

いきなりできてしまうというような事はあっても、自分から進んで挑戦をして動くというような人は少ないですよね。

ある程度その仕事の知識を持っているというのが前提となり、それが行動へと変わっていくのではないかと思います。

行き届かないというのは、別の言い方をすれば「未熟」というような意味もあります。

ページトップ