皆さんが挨拶をする時には「おはようございます」というような言葉を使うと思います。

これは日常的な言葉ですよね。

その様な言葉を他の言葉で表すこともできるのではないかと思います。

最近では挨拶の中に「お疲れ様です」というような言葉も入っているのではないかと思います。

「おはようございます」ではなく「お疲れ様です」というような入りから会話を始めるというような社員の人も多いのではないでしょうか?

よくある事ですが、この「お疲れ様です」というのは基本的には何かをした後に言うような言葉でもありますよね。

一般的にはこの意味で捉えているというような人が多いです。

しかしながらお疲れ様ですを挨拶として使うようにもなってきました。

言語というのは様々なところで少しずつ変化などをしていったり、使われなくなったりするというような事もあるのではないかと思います。

そこで皆さんに質問です。

自分自身を表すような言葉で相手に挨拶をする時に皆さんは何と言いますか?パッと思い浮かぶというような人もいるかもしれないですよね。

その例としての挨拶が「ふつつかものですがよろしくお願いします」というような言葉です。

皆さんは「ふつつかもの」と聞いてどの様な人だと思いますか?配慮などが足りないと思う人もいるかもしれませんし、大雑把な人なのではないかと思うような人もいるかもしれません。

基本的にはこの言葉というのはマイナスなイメージが強いのではないかと思います。

ふつつかものというのは気の利かない人や行き届かないというような人という意味で使われることが多いです。

なのでつい「ふつつかものですがよろしくお願いします」と言った際には、マイナスなイメージを持たれてしまうので、あまり使わないというような人も多いのではないかと思います。

しかしながら一般的な意味はその様な意味ではないですよね。

「未熟」というような意味でこのふつつかものという風に使うような人が多いです。

「未熟だけどもよろしくお願いします」というのではなく「ふつつかものですがよろしくお願いします」と言ってしまう人が多いのです。

仮に会社に後輩が入ってきたとしてこの様な言い方をされた際にはどの様な返しをしていますか?例えば「こちらもふつつかものですが」というような形で返すというような人もいるかもしれないですよね。

他にもへりくだった返事をするというような人もいるかもしれません。

今回はそんな「ふつつかもの」についてお話をしたいと思います。

皆さんも「ふつつかもの」という言葉を普段から使用していませんか?シチュエーションなどで言い方というものは変わるので、他の言い方を探すというような方法も良いかもしれませんね。

今回は挨拶で使う時の3つの注意点と言われた時の返し方についてお話をしたいと思います。

ふつつかものとは?

ふつつかものとはどの様な意味があるのでしょうか?例えば会社などでもそうですが、初めての人に対して「ふつつかものですがよろしくお願いします」というような言い方もしますよね。

この様な場合はどの様な意味となるのでしょうか?ふつつかものというのは基本的にはマイナスなイメージが強いです。

「迷惑をかけると思いますが」というような意味もこのふつつかものと使うのではないかと思います。

様々な意味を持っていますが、皆さんはどの様な認識で使っていますか?詳しく見てみたいと思います。

気のきかない人

気の利かない人というような意味があります。

気の利かない人というのは、周囲のことを考えて動かないような人という事になりますよね。

例えば気の利く人と気の利かないという人ではどちらが一緒にいて頼もしいと思いますか?当然気の利く人ですよね。

特に気の利く人というのは基本的に自分で行動をする力を持っています。

言うのであれば物事を進める際に自分から進んでしようとしたり、誰かが困っていると助けたりと、思い遣りの精神があるような人が気の利く人になるのです。

では逆に気の利かない人というのはどの様なことになるのかというと、気の利かない人というのは基本的に言われたからでないと動けない人というのが多いです。

仕事などでも「自分から考えて動くような人材が欲しい」というような募集要項がありますが、まさに気の利くというような人を募集しているという事になるのです。

また何より気の利かない人の特徴として、迷惑などをかけてしまっていても平気で行動をするというような人も多いです。

自分には関係ないから、というような考えであり、仕事などでは気が利かない人というのは少し敬遠をされがちなのではないかと思います。

これは言い方にもよりますが「ふつつかもの」と言うと少し相手もどの様に対応をすれば良いのか分からないという事にもなるのです。

大事なのは例えそうだとしても別の言い方などをして、言うというような挨拶もあるので、そちらを覚えておくと良いかもしれません。

行きとどかない者

行き届かない者という意味もあります。

様々なことに対しての配慮などができず、周りを見ることに欠けているというような意味でもあるのです。

例えばですが、先ほども仕事を例にして言いましたが、自分から動くというような事は基本的にはその仕事に慣れてからこそできるようなもの、というような考えを持つ人が多いと思います。

最初の仕事というのは初めての事だらけなので、誰でも分からないです。

いきなりできてしまうというような事はあっても、自分から進んで挑戦をして動くというような人は少ないですよね。

ある程度その仕事の知識を持っているというのが前提となり、それが行動へと変わっていくのではないかと思います。

行き届かないというのは、別の言い方をすれば「未熟」というような意味もあります。

誰でも最初は未熟者ですよね。

仕事の事などをしている時でも失敗をしてしまったりするのは当然のことなのです。

そんな時に「ふつつかものですが」というような言い方をしてしまうと誤解をされてしまうような可能性もあるという事なのです。

時代が進むにつれてどんどん変化をしていく意味ですが、皆さんが使うような意味の場合はこの「未熟」というような意味が強いのではないかと思います。

漢字で書くと「不束者」


漢字で書くと「不束者」と書いて「ふつつかもの」という風に読むのです。

意外にも思うかもしれませんが、この漢字というのは昔からあった言葉であり、今でと意味が少し違っているという事なのです。

昔の漢字から今の時代の意味になるには様々なことがあり変わってしまうというような事もありますが、この「不束者」もその1つで、昔と今とでは意味が少し異なっているという事になるのです。

語源

そんな不束者の語源ですが語源というのは「太束」と呼ばれるものが最初であり、「不束」というのは当て字だという事を覚えておきましょう。

今では未熟者であったり行き届いていないというような意味がありますが、昔はその様な意味などではありませんでした。

太束(ふとつか)

「太束」と書いて「ふとつか」と読みますがこの意味をご存知でしょうか?不束者でも教えた「未熟者」というような意味ではなかったのです。

時代というのはどんどん変わっていきますが、昔使われていたものが今となっては意味が違うというようなものもありますよね。

太束というのは基本的には「太くて丈夫」というような意味があったのです。

短い柱のことをさしていた

短い柱のことをさしていました。

これは平安時代より前から使われているものでもあり、最初の意味は短い柱のことを太束という風に呼んでいたのです。

なので太束というのは基本的には未熟であったり、気の利かないというような意味は一切含んでいなかったのです。

しかしながら時代が進むにつれてその様になっていったのは何故なのでしょうか?

不束者が使われ始めた頃は柱のように太くて丈夫な人を意味した

不束者という風に使われたのは、柱のように太くて丈夫な人を意味したものだったと聞きます。

時代が進むにつれてどんどん価値観というものが生まれてしまい、意味もどんどん変わっていくようになったのです。

なのでこの不束者というのは時代が進むにつれて意味が変わっていくようになり「下品な人」という事や「不格好な人」というような形で使われたことが多かったそうです。

今でもその様な意味で使う人もいるかもしれないですよね。

時代が進むにつれて変化をしていった漢字でもあるのがこの太束であり、不束者へと変わっていったのではないかと思います。

皆さんは普段はどの様な意味で使っていましたか?本来の意味から少し違った使い方をしていたのではないかと思います。

しかし今の時代ではこの様な使い方をするのが一般的にもなっているので、元々の意味というのを知らないという人が多いのではないかとも思います。

例文


ではそんな不束者という言葉を聞くと思いますが、皆さんはどの様な時に使いますか?一般的に使われる場所というのは仕事などのビジネスで使われているという事が1つあるのではないかと思います。

この場合は「まだまだ未熟ですが」というような意味が入っているのではないかと思います。

また気が利かないからというような意味でも使うような人が多いです。

特にこの言葉というのは新入社員の人が上司などに向かって使ったり、新しくその場所で働くというような人が使うような言葉です。

今ではマイナスなイメージもあるので使わないというような人もいるかもしれないですよね。

しかしながらつい使ってしまうというような人もいるのではないかと思います。

今回はそんな不束者の例文についていくつかお教えしたいと思います。

どの様に使えば適切な表現になるのか、詳しく見てみたいと思います。

不束者ですが、よろしくお願いします

「不束者ですが、よろしくお願いします」というような例文があるとします。

これがいわゆる一般的な言い方なのではないかと思います。

「自分は未熟者ですが」というような意味ですよね。

しかしながら「不束者」と言ってしまっては相手にへりくだったような表現をすることになっています。

これから長い時間の間に一緒に行動をすることがある相手や、上司などに対してこのような例文を使うことが多いのではないかと思います。

実際にこの様なことを言って挨拶をしたというような人もいるかもしれないですよね。

しかし不束者というのは基本的に低姿勢である表現の1つなので、相手からは「大丈夫だろうか?」というような心配をされることもあるでしょう。

基本的に仕事などは最初はそう思われても当然ですが、これからどの様にするという事が大事になるのです。

なので「不束者ですが、よろしくお願いします」というのはあくまでも1つの例ですが、言うのであれば次の例文を言うとより好印象をもたれるかもしれません。

不束者ですが、精一杯努力いたします

先ほどの「よろしくお願いします」という言い方を1つ変えるだけで印象というのは大幅に変わってきます。

例えば「不束者ですが、精一杯努力いたします」というような言い方をすれば、相手にはどの様に伝わるのでしょうか?最初は分からないことだらけだが、精一杯覚えて努力をして仕事をしたいと思うというような意味にも伝わりますよね。

この様な表現は「よろしくお願いします」というようなものとは違い、今後どの様にして行動をしたいのかというような意思表示の表れでもあるのではないかと思います。

言うのであれば「足を引っ張ることがあっても努力してみせる!」というような意気込みを感じられる文章なのではないかとも思うのです。

基本的にこの様な表現をするというような人は少ないのではないかと思います。

特に「不束者」というような言葉を使わずに別の言葉で相手に伝えるというような人も多いのではないかと思うのです。

様々な意味があるといいましたが、こちらの場合はマイナスなイメージというような印象ではないですよね。

「不束者ですが、よろしくお願いします」というような表現の場合は少しマイナスなイメージで捉えてしまうのは、足を引っ張るかもしれませんが、というようないわゆる前置きのような言い方をしてしまっているからです。

実際はそうではないかもしれない、逆にその通りになるのかもしれないというような考えをするかもしれませんが、やってみない事には分からないですよね。

対してこちらの「不束者ですが、精一杯努力いたします」というのは足を引っ張った際には努力をして何とか乗り越えようというような意思表示として捉えることができ、常に足を引っ張るというような表現をしていないのではないかと思います。

この例文の中でも一番良い言い方なのではないかと思いますので、皆さんも使う際にはこの様な表現をすることで、相手にも上達したいというような意思表示ができるのではないかと思います。

不束者ですが、ご指導ご鞭撻をお願い申し上げます

「不束者ですが、ご指導ご鞭撻をお願い申し上げます」というのは先ほどの努力をする、というような意味を更に丁寧にした言い方です。

例えば社長自らがしていたり、相手の企業に対してこの様な言い方をするというような人も多いかもしれません。

より丁寧という事は、その職場にいるような人に言うのではなく、自分より更に身分の高い人に対して使うような例文となっています。

なのでこの場合は先ほども言ったように社長に対して言うというような事や、相手の企業、いわゆる取引先相手にも使うというような事があるのではないかと思います。

常に低姿勢でありながらも、相手からの指導をお願いしたいというような前向きな意思表示でもありますよね。

先ほどの精一杯努力をするというような言い方もあるかもしれませんが、基本的にはビジネスで使う際にはこちらを優先しても良いかもしれません。

挨拶で使う時の3個の注意点

様々な言い方を知ることができ、実際に使うとなった時はどの様にして言いますか?人それぞれなので、自分にその時にあった言い方をするというのが一番ベストになるのではないかと思います。

そこで挨拶で使う時の3個の注意点というようなものがあります。

これはビジネスなどで使うことも多く、会社でこの様にして言っているというような人も多いでしょう。

先ほどの例文というのはあくまでも「例」であり、それが正しいというような言い方をしている訳ではありません。

どのような仕事をしているのか、どれくらいの身分にいるのか、様々なシチュエーションでも変わってくるものなのです。

ではそんな不束者を挨拶で使う際に3つの注意点というものがあります。

例えばあまり使われない言い方というようなものもあります。

相手のことを「不束だ!」というような言い方もあるのですが、この様な言葉はあまり使われないですよね。

基本的に自分自身に対して使うような言葉が「不束者」であり、相手に対してその様な言い方をするというような人は少ないのではないかと思います。

また逆説を表す言葉と共に使われることも多いです。

言うのであれば「不束者、ですが」というような逆説と一緒に使うことで「未熟者だけれど…」というような意味にすることができるので、基本的には逆説を表す言葉と共に使うようにしましょう。

ではどの様なものが他にあるのか、注意する3つの点についてお話をしたいと思います。

1.あまり使われない言い方

まずこの「不束者」というのは基本的にはあまり使われない言い方だという事を覚えておくようにしましょう。

昔からある言葉ではあるのですが、基本的に使うことが少ないのではないかと思います。

自分自身のことをそのように呼ぶというような人もいます。

基本的にはその様な言い方をしたりすることが多いです。

しかしながらあまり使われない言い方というのは例えば相手のことを「未熟者」という時に「不束だ!」というような人がいるのですが、あまり聞かない言葉ですよね。

その際には素直に「未熟者だ」という風に使うのではないかと思います。

意味としては同じなのですが、相手に対して使うという事があまり無いのではないかとも思うのです。

あの人は不束だ

先ほどの例であげると「あの人は不束者だ!」というような表現であれば、あの人は未熟者だ!気の利かない人だ!というような意味になります。

しかしながら不束者というのは基本的には自分自身に向けて表す言葉として一般的に使われますよね。

皆さんもそちらの方を多く耳にするのではないかと思います。

この様な表現をするという人はあまりいないですが、意味としては相手を未熟者と言っているというような意味になるので、覚えておいても損は無いかもしれません。

しかし意味が通らないというような事もあるかもしれないので、注意をしておくようにしましょう。

2.逆接を表す言葉と共に使われることが多い

またこの様な言葉というのは基本的に逆説を表す言葉と共に使われることが多いです。

逆説というのはいわゆる「ですが」というような言葉であり「○○だけれど○○」というような意味として使うことが多いのです。

一般的に使うような表現はどれも逆説が入っていると思いませんか?先ほどの例文もそうですが全てに「不束者、ですが」というような表現が入っていますよね。

これは「不束者だけれど」というような意味であり、その後にどの様にして言うのかで表現が変わるのではないかと思います。

逆接を表す言葉は他にもありますが、今回例としてあげる3つは主に使われるような言葉ばかりなのではないかと思います。

逆接が無い状態というのは言うのであれば「不束者」と自分で認めているようになり、自分に皮肉を言っているようにも聞こえますよね。

なのでそれを逆説で言わなければ認めてしまうというような事にもなってしまいます。

本当にそうだからと思っていても、逆接などをつけなければ成長をしない人だともおもわれてしまう可能性があるという事です。

不束者ですが

不束者ですが、というような形で使うことが多いでしょう。

基本的な使い方としてはこの不束者「ですが」というような形で使い、仕事やビジネス関係、一般的な会話などでもこの様なことを言うのではないかと思います。

「ですが」というような表現は「○○だけれども○○」というような形で言い換えなどをすることもできます。

なので、一般的な使い方というのはこの様な意味があるのではないかと思うのです。

不束者ながら

「不束者ながら○○」というような表現もありますよね。

この場合はビジネスなどでも使うことがあり、基本的には「未熟者ながら精進します」というような言い方で使われる逆接の言葉だと思います。

「ながら」というような言葉は不束者だけれどと1度は認めていますよね。

しかしながらその後に「精進をする」と書いてあれば、努力をして頑張るのだなと思わせることができ、向上心を出すような表現にも繋がります。

なので不束者ながらというような表現もまた1つあるという事を覚えておくようにしましょう。

不束者ではありますが

不束者ではありますが、というような表現もあると思います。

この言い方というのは基本的に身分の高い人達に対して使うようなことも多いです。

言い方1つでも注意をしなくてはいけないのは、日本には丁寧語であったり謙譲語というようなものがあるからです。

その相手に対してその言い方をするというような文化があります。

それはこの様な逆説の言い方でも同じような事が言えるのです。

なので相手に対しては「○○だけれど」というような意味で使う際にその前の言葉にあった、相手がどの様な人なのかで変わるという事です。

これは不束者以外でも気をつけるべき点です。

注意をしておくようにしましょう!

3.自分や身内を謙遜した言い方

また不束者というのは自分や身内を謙遜した言い方でもあるという事を覚えておくようにしましょう。

謙遜というのは簡単に言えばへりくだった意味という事になります。

控えめな態度というような意味もあるでしょう。

基本的に自分自身のことを謙遜しているかのような言い方をしているので、相手を謙遜するというような言い方をしないという事です。

へりくだったというような意味は他人を敬うという気持ちという事です。

仮に相手が上司なのであればこの様な言い方をする人もいるかもしれませんが、相手に対しては使わない言葉であるというような事も覚えておくと良いかもしれません。

不束者ですがと言われた時の返し方

ではそんな「不束者ですが」と言われた場合はどの様に返答をしますか?よく相手が「不束者ですがよろしくお願いします」というような言い方をした際にこちらも似たような表現で返事をすると思います。

例えばですが相手がへりくだった発言をしたのであれば、こちらも同じように発言をしたり、また不束者ですが、というような言い方を変えて相手に挨拶をするというような事もあるのではないかと思います。

自分自身も不束者だと思っている人が言われてしまうと「こちらも不束者ですが」というような言い方をしてしまいますよね。

人というのは相手に対して謙遜をするようなことはあります。

しかしながらお互いがその様な状態になっていると、この様なやり取りも生まれるのではないかと思うのです。

ではどの様な返事をすれば良いのか、更に詳しく見てみたいと思います。

1.同様にへりくだった返事をする

相手と同じようにへりくだった返事をするというのが一般的なのではないかと思います。

例えば相手が「不束者ですが、精一杯努力をします」というような言い方をしてきた時に、こちらも「こちらも不束者ですが、よろしくお願いします」というような言い方をするのが一般的なのではないかと思うのです。

基本的に相手がへりくだったというような事になれば、こちらもへりくだった返事をすることで、お互い同じだよというよな意味を伝えることができます。

なので関係性というようなものがより一層深まったりするのではないかと思うので、この様な表現があるのではないかと思うのです。

2.不束者という表現を言い換える

また不束者という表現を言い換えることが重要です。

先ほどから「未熟者」というような言い方に変えて説明をしていた箇所がありますが、基本的に自分自身のことを「不束者」というのは控えめな態度を取っているからなのではないかと思います。

仮にこれを別の言い方にすることで、控えめな態度を取るというようなものではなく、堂々とした態度を取ることができるのではないかと思います。

もちろん最初は迷惑をかけることというのは誰でもあるものです。

最初から仕事を完璧にこなすというような人はいません。

教わり勉強をして上達をするからこそ、仕事などがどんどんできるようになるのではないかと思います。

そんな時に控えめな態度を取ってしまっていても仕方ないことですよね。

大事なのはその時の言い方を別の言い方にすることで、相手により自分の意思を伝えることができるという事なのです。

至らない

至らないというような言い方をすることもできます。

至らないというのは何かをするにはまだ及んでいないというような意味があります。

言うのであれば仕事をするのにはまだ及ばない、力になるのは及ばないというような意味で使うという事です。

この言葉を使う場合は「至らない部分もあると思いますが、精一杯努力します」というような表現をするだけで「不束者ですが」というような表現より少しプラスなイメージがつくのではないかと思います。

基本的には言い方を変えるだけでプラスな表現にもなるので、イメージというものが焼きついてしまっている言葉に関しては別の言い方でフォローをするというような形を取っても良いのかもしれませんね。

未熟者

未熟者という言い方もあるでしょう。

こちらの意味で使うような人が実際には多いのではないかとも思います。

未熟者ですがよろしくお願いしますという人もいますよね。

未熟者というのは簡単に言えば、まだ分からないことだらけというような意味があります。

この意味になると、慣れると仕事ができるようになるというような意味にもなるので、不束者よりプラスなイメージを取ることができるのではないかと思うのです。

また相手からの返事としてこちらの言い方をする場合は、基本的にはまだ伸びる余地があるという事にもなるので、返事をする際にはこの未熟者というような言い方をするのも良いかもしれません。

気が利かない

気が利かない部分もありますが、というような言い方はどちらかと言うと「不束者」に近いようなイメージがあるのではないかと思います。

しかしながらこの「気が利かないかもしれませんが」というような言い方は、相手からの返事には適していないものだとも思います。

何故ならその場合は「不束者」でも良いからです。

基本的には言い方を変えるというのはそのイメージが変わるという事になるのですが、気が利かないというのは更にマイナスなイメージにもなってしまいますよね。

それであれば「不束者」という形で答えた方が良いのかもしれません。

3.お互い様という姿勢で

ここで大事なのはお互い様という姿勢を表すことです。

当時の自分自身もその様な挨拶をしたなと思い出す人というのは、同じような姿勢で相手と接することができます。

またお互い様という姿勢はどの様な返事よりも丁寧に返事をすることができるので、どんな人に対しても使えるようなものなのではないかと思います。

丁寧に返事をする

丁寧に返事をするというのはどんな事でも大事ですよね。

仕事にしろビジネスにしろ、取引先の相手に対しても丁寧に返事をしなくてはいけません。

相手が仮にその様に言ってきた際には丁寧に返事をするように心がけてみてはいかがでしょうか?

シチュエーションに応じて(まとめ)

いかがでしたか?

「不束者」という意味や使い方などについてお教えしましたが、最近では不束者ではなく「未熟」というような形で言うような人も増えてきています。

どちらが正しい表現というようなものはありませんが、状況やシチュエーションに応じて変えていくという事が大事になるのです。