CoCoSiA(ココシア)

長いものに巻かれる人の14個の特徴...(続き2)

3.他人の行動を真似る

長いものに巻かれる人の特徴の3つ目は「他人の行動を真似る」です。

これは一種の処世術ですね。

長いものに巻かれる人の特徴は、「目立たない」事です。

つまりその群れのリーダーに目をつけられるほどの目立った活躍を行わないように注意しているのです。

下手に目立ってしまったらそのリーダーからいいように思われないかもしれません。

下手をするとその群れから追放されてしまうかもしれません。

そんな事をされてしまったら一大事です。

明日から食べてゆく保証がなくなってしまいますからね。

とにかく、長いものに巻かれることが得意な人は自分から目立った行動を起こしません。

誰かの真似をして目立たずに無難に振る舞っていくのです。

4.集団行動が得意


長いものに巻かれる人の特徴の4つ目は「集団行動が得意」です。

この特徴も長いものに巻かれる人の性格を端的に表しています。

長いものに巻かれる人は、小学校時代からルールの厳守を徹底してきました。

それは「集団行動」に最も適した生き方であるからです。

集団の中に属していれば、目立ちませんし何かあってもその集団のリーダーが守ってくれます。

だから自分は事を荒立てず集団のルールさえしっかり守っていれば安全に生きて行けるのです。

長いものに巻かれる人がどうして集団行動が大好きになるのか。

何となく分かったような気がしますね。

5.目立つことをしない

長いものに巻かれる人の特徴の5つ目は「目立つことをしない」です。

「長いものに巻かれる人」というのは、基本的に目立とうとはしません。

リーダーや長の下でじっと身をすくめるように大人しくしています。

それが上の者から排除されない身の処し方だということを経験上から知り尽くしているからです。

「長いもの」に該当する人間というのは自分よりも目立つ人を嫌います。

そういった人間は自分よりも優秀で能力的にも秀でた存在の人が多いからです。

だから「長いもの」側の人間は、自分の取り巻き連中の中に、自分よりも目立ったり、あるいは自分に歯向かってくるような人間の存在を許さないのです。

自分よりも目立つ、という事は「長いもの」に該当する人の立場や名誉の失脚を意味しますからね。

それだけは何が何でも阻止しなければならないわけです。

そうなってしまうと、目立つ人というのは「長いもの」側から総攻撃を受けてしまうのです。

そのような無用な攻撃は受けるだけ損です。

だから長いものに巻かれる人は極力、目立たないようにしているわけです。

目立たず大人しくしておればその組織から除外される事はない、という計算が成り立っているのですよね。

6.自分の意見を言わない


長いものに巻かれる人の特徴の6つ目は「自分の意見を言わない」です。

この特徴は先ほどの「目立たない」とよく似た特徴といえるでしょう。

長いものに巻かれる人は「目立たず」「自分の意見を言わず」という2つの大きな指針を守っている、ということです。

下手に自分の意見を話しすぎたら、否が応でも目立ってしまいます。

そんな風になってしまったら「長いもの」から目を付けられてしまうのは時間の問題になってしまうでしょう。

早かれ遅かれ、あなたに何らかの「裁き」が下ってしまうことは火を見るよりも明らかなことなのです。

だから、長いものに巻かれる人は、じっと我慢しています。

自分の個性をアピールするなどという勇気ある行動は一切、行いません。

それが組織で生き残ってゆくための大前提であり最も大きな戦略であることを十二分に知っているからなのです。

7.空気を読むのが上手い

長いものに巻かれる人の特徴の7つ目は「空気を読むのが上手い」です。

この状況を端的に表す例として思い浮かぶのが、テレビのバラエティー番組に大挙として出演している「ひな壇お笑い芸人」さんたちですね。

最近はお笑い芸人さん達の数が一頃に比べたら物凄く増えました。

よって彼ら彼女たちによる生き残りも熾烈を極めている状況です。

そんな生き残り戦略の一つが「ひな壇芸人」になる作戦でしょう。