人には自分では気づいていない多くの可能性を内奥に秘めているものです。

誇りを持つためには、自分自身を信頼し、可能性の発現を信じることが大切です。

自分の可能性を信じることで、自信が『芽』を出し育ってきます。

誇りは、揺るぎない自信が土台となって培われていきます。

また、誇りは、他の人から与えられるものではなく、自ら育んでいくものです。

自分の『持ち味』である個性や人生観を遠慮せずに大いに発揮することで、誇りは育っていきます。

誇りは、自分だけではなく他の人にも、『恩恵』をもたらすものです。

誇りを持つためには、自分自身を信ずると同時に周りの人から信頼される存在にならなければなりません。

自画自賛による誇りは、単なる自己満足に過ぎません。

他の人からは認められずに、自己満足に終始する誇りは、自他ともに認める本物の誇りではありません。

誇りは、自ら求めるものではなく、周りの人が名誉として与えてくれるものなのです。

誇りは、他の人と優劣を比較して得るものではありません。

誰の目から観ても、自他共に『優れている』と認められるものを指します。

知識や能力が優れているだけではなく、人間性も優れていることが大切です。

自分の可能性を信頼して物事に立ち向かい、達成できたときに湧いてくる自信が『誇り』となって育っていきます。

誇りは、一朝一夕で身につくものではありません。

地道な日々の積み重ねにより、身につくようになるのです。

自分や仕事に誇りを持つためには、焦らずに日々の生活で起きる物事に真摯に向き合い乗り越えることを重ねることで、自他共に認める『誇り』を持つことができるのです。

誇りは、人生の『宝』です。

自分や仕事に誇りを持つための8個の方法

自分や仕事に誇りを持つためには、自分の人間性を成長させることが大切です。

更に、自分の持つ知識や技術、経験知をヨリ一層拡げて、他の人の生活にも貢献できるように『質』をレベルアップさせていくことが必要です。

また、自分自身を信頼し可能性を信じて、自分の『持ち味』である個性を遠慮なく積極的に発揮することです。

周りの『目』を気にし過ぎて、自分を萎縮させないようにしましょう。

自分や仕事に誇りを持つためには、他の人には真似のできない、自分が得意とする分野の知識や能力を大いに磨いて発揮することです。

自分のためだけに仕事に一生懸命打ち込んでいても自画自賛に終始して、職場の周りの人から認めてもらうことは難しいです。

あなたの優れた能力や知識が他の人に認められてこそ、誇りとなっていくのです。

『誇り』と言えるようになるためには、自分だけではなく他の人にも恩恵をもたらすものでなければなりません。

自分や仕事に誇りを持つためには、自分の優れている面を遠慮なく発揮して、他の人のお役に立てることが必要です。

1.好きになる

「好きこそ物の上手なれ」という諺どおり、好きになることは上達への近道です。

誇りを持つためには、自分の可能性を信じて、自他共に認める優れた能力を発揮して良い結果を出さなければなりません。

優れた結果を出すためには、あなたの好きな分野に時間とエネルギーを惜しみなく注ぎ込んでレベルアップさせることが必要です。

あなたが真剣に取り組む姿を観ている周りの人は、信頼を寄せるようになり、あなたは誇りを持てるようになっていきます。

好きになることで、辛い場面でも途中で諦めることをせずに継続することができ、優れた結果を出せるようになり、誇りを持つことに繋がっていきます。

自分のいいところを探してみよう

人には長所と短所があります、自分のいいところは気づき難いものです。

日々の生活の中で直面する物事に向き合い、解決に導いていくために試行錯誤を繰り返して、良い結果を出せたときに、自分のいいところに気づくキッカケになります。

また、信頼のおける身近な人に聞いてみるなどして、自分のいいところを探してみましよう。

自分のいいところに気づかされたなら、良いところを更に伸ばすために日々の生活の中で活かしましょう。

自分のいいところを活かしながら物事に取り組むことで、多くの時間を掛けずに良い結果をもたらすことができるようになります。

あなたが自分に自信を持てないと思い込んでいるなら、『第三者の目』になって、自分のいいところを探してみましょう。

自分のいいところは必ず見つかり、自信を持つキッカケになっていきます。

仕事の好きなところを探してみよう

あなたが仕事に誇りを持つことができるようになるためには、携わっている仕事の中で特に好きなところを探してみましょう。

好きなところの仕事であれば、困難な状況に直面しても苦にならずに乗り越えることができます。

携わっている仕事の中に好きなところがないときは、職場で供に働く仲間にとって最も貢献できる仕事を選びましょう。

職場の仲間のお役に立てるところに誠意をもって取り組むことで愛着が湧いてきて、あなたにとって好きな仕事のひとつになっていくことでしょう。

2.自信を持つ


誇りを持つためには、自分では未だ気づかない内奥に秘めている大きな可能性に信頼を寄せることが大切です。

自分を信頼できるようになると自分の持つ優れた能力に気づくことができるようになります。

自分の優れた能力を更にレベルアップさせようとしてヤル気が湧いてきて、努力することに躊躇しなくなります。

自分の能力がレベルアップすることで、自信が湧いてきて、自分の能力を遠慮なく発揮できるようになります。

発揮した能力が自分だけではなく周りの人にも貢献できることで、周りから評価されるようになり、大きな誇りへと繋がっていきます。

あなたが女性なら、彼氏が難しい物事に直面したとき、自信を持って物事に向き合うことができるか見極めましょう。

彼氏が自信を持って目の前の物事に積極的に向き合うことができるなら、信頼できる男性と言えます。

彼氏の積極的な行動力は、誇りを持つことに繋がっていきます。

過去に褒められたことは何か

過去に仕事などで褒められたことを思い出してみましょう。

褒められた事柄は、他の人の目から観ても、優れていることを意味します。

あなたの優れている面をドンドン伸ばして活用していくことで人生が拡がっていきます。

あなたが持つ優れた能力を自分と他の人のために活かすことで、周りからの信頼も篤くなり、誇りを持つことに繋がっていきます。

自分の優れた能力を伸ばしていくことで、他の能力も共に伸びていく相乗効果をもたらします。

相乗効果は、あなたの様々な能力を開花させて、人生のステージアップをもたらします。

仕事でマスターできたことは何か

あなたが今まで携わってきた仕事の中でマスターできたことは何かを振り返り、より一層レベルアップさせて、他の人のために役立たせる手立てを見つけ出すように心掛けること大切です。

あなたがマスターできた能力を自分のためだけに使うなら、単なる自己満足に留まることになります。

あなたがマスターできた能力を周りのために役立てることで、快い信頼関係が築かれていき、誇りを持つことに繋がっていきます。

例えば、今までの仕事でマスターできたことを職場の後輩の指導に活かすことで、大きな信頼を築くことができます。

全力で向き合うこと

日々の生活の中で起きる難しい物事から逃げずに全力で向き合うことを積み重ねることで、揺るぎない自信が備わってきます。

人は、目の前の物事に全力で向き合うことで、内奥に眠っていた潜在能力が顕現することがあります。

潜在能力が表に現れることで優れた顕在能力として、周りの人に役立てることができるようになります。

一方、自分の人生に全力で向き合うことをせずに、惰性に流された無気力な生き方を繰り返していると『誇り』を持つこととは程遠い人生に陥ってしまいます。

誇りを持つことは、一朝一夕で身に付くものではありません。

安易な生き方をせずに、全力で向き合うことを地道に積み上げることで『誇り』を持てるようになっていくのです。

3.比べない


『誇り』は、他の人との能力などの優劣を比較することで持てるものではありません。

比べることで明らかになるのは、お互いの『違い』だけです。

他の人と比べないことが誇りを持つことに繋がっていきます。

比べないことで多様性が育まれ、日々の生活が活性化して、人生も活き活きとしてきます。

今の日本は、長い閉塞感から抜け出せないまま、人々は息苦しい日々を過ごしています。

閉塞感に包まれた心は、他の人と比べる心理状態に追い込んでいきます。

閉塞感は、多様性を認める心の余裕を奪います。

多様性を認めない人は、比べることで得た優越感に細やかな安堵感を得るのです。

比べることは、日々の生活にプラスになることはありません。

比べないことで物事の本質が観えてくるのです。

比べることをせずに、ひとり一人の持ち味である個性を遠慮なく発揮することで、様々な人生が花開き、人の心にも『誇り』が芽生えてきます。

人は人、みんなそれぞれ違うと理解する

今の日本は、画一化した生き方を求める風潮があります。

このため、人は人、みんなそれぞれ違うと理解することができない状況に陥っています。

日常生活の中で学校や職場での人間関係で自分が『浮く』ことを避けるために、場の空気を読むことに神経を注ぎ込んでいます。

場の空気を読むことに心が疲弊して、自分の持つ個性を発揮する気力が湧いてきません。

多様性を認めずに、均一化した価値観や生き方を追い続けています。

皆と『違うこと』は『良くないこと』という風潮が日本人の心を包み込んでいます。

日本人の狭い価値観を捨てて、海外の人々の多様な価値観にも目を向けることが必要です。

多国籍の人々で構成される国が多い外国では、人は人、みんなそれぞれ違うと理解することが常識になっています。

人は人、みんなそれぞれ違うと理解することのできる心と価値観を身に付けることができたなら、あなたは国際人へと一歩踏み出したことを意味します。

仕事に大きいも小さいもない

仕事を観るとき、『量』ではなく『質』を観ることが大切です。

仕事には大きいも小さいもないのです。

世の中には、数えきれないほどの多様な仕事があります。

人と仕事との関わり方も様々です。

仕事に生き甲斐をもったり、日々の生活の糧を得たり、世の中の発展に貢献したり、先祖代々からの伝統を引き継いだ仕事など色々な関わり方があります。

多様な仕事の分野では、大きな誇りを持ちながら、日々真摯に向き合っている人の姿があります。

人は、仕事の経験を通して成長していくとも言われています。

世の中の全ての仕事は、人々に掛け替えのない価値と潤いと充実感をもたらしてくれます。

仕事に大きいも小さいもないのです。

あるのは、多様性だけです。

4.感謝する

感謝する心から『誇り』が生まれてきます。

本物の誇りは、感謝する心から育まれてくるものです。

感謝の対象は多岐に渡ります。

人に感謝する。

仕事に感謝する。

草木などの自然に感謝する。

周りの人や仕事に感謝できる人は、仕事に誇りを持つことのできる心を持ち合わせています。

『今の自分が在るのは多くの人のお蔭様』と感謝できる心を持っている人は、自分の人生に誇りを持てる人です。

誇りは、自分独りで築けるものではありません。

多くの人の支えがあってこそ、誇りが育まれていくのです。

自分の周りに存在する細やかなモノにも感謝する心を持つ人が『誇り』を抱くことができる人になっていくのです。

肯定的になろう

誇りは、物事を肯定的に考えるプラス思考から生まれてくるものです。

自分を信頼して成功体験を重ねてきた人は、物事を肯定的に考えることができます。

一方、物事を否定的に考えるマイナス思考は、人生を建設的に考えることができないため、誇りを抱く心境になることはありません。

物事を肯定的に考えることで、自分の持つ可能性が広がっていきます。

自分の可能性が広がることで、物事に積極的に取り組むことができるようになりますので、良い結果を出すことが多くなります。

良い結果を出すことで、周りから信頼されることも多くなり、自分の行動力に誇りを持てるようになります。

任されている仕事を有難く感じよう

仕事の進め方には色々あります。

上司からの指示通りに一言一句違わずに仕事を進める方法。

上司の指示に自分が工夫した考えを加味したヤリ方で仕事を進める方法。

上司から任されて自分の考えで仕事を進める方法。

色々な仕事の進め方の中で、任された仕事には大きなヤリ甲斐と充実感を感じることができます。

仕事を任されることは、上司から信頼されていることの表われです。

上司から任された仕事を真摯に受けとめて、やり遂げることで、周りの人からも大きな信頼を得ることができますので、有難く感じることができます。

仕事を任されることは同時に大きな責任を負うことになります。

任された仕事に責任を持ってやり遂げることで、今まで以上の自信が育つことになります。

任されている仕事を有難く感じることで、自分の可能性も広がって、誇りを持てるキッカケになります。

5.欠点は誰にでもあることを知ろう

どんな人にも長所と短所があるように、欠点は誰にでもあります。

欠点を持っているのは自分だけというマイナス思考に陥らないように、プラス思考を持ち続けることが『誇り』を持つための秘訣です。

欠点は誰にでもありますが、欠点を常に気にして自分を責める心理状態に陥る人がいます。

また、欠点を気にせずに、積極的に物事に立ち向かうことのできる人もいます。

欠点とどう向き合うかは、今まで歩んできた人生経験の豊富さの違いによって左右されます。

多くの人生経験を乗り越えてきた人は、様々な人の生き様を観てきて、欠点は誰にでもあることを実感しています。

一方、経験知が乏しい人は自分に自信が持てずに、欠点を持つのは自分だけという誤った思い込みをすることがあります。

自信を失い、他の人の方が優れていると妄想する人は、誇りを持つことは難しいと言えます。

しかし、欠点は誰にでもあることを知ることで、心の平安を保つことができ、自分に誇りを持てるようになります。

できないことがあって当然

人には得意、不得意や向き不向きがあり、出来る事と出来ない事があります。

ですから、できないことがあっても当然なのです。

人々の中には、できないことを気にして、何とかして出来るようになりたいと多くの時間と労力を使って試みる人もいます。

しかし、自分にとって不向きなことに多くの時間を費やしても身に付かずに徒労で終わることもあります。

不向きなことに多くのエネルギーを注ぐことよりも、得意なことに時間を使って、更に一層レベルアップさせることの方が大きな収穫をもたらすことがあります。

不得意なことに時間を費やしても良い結果を得ることは難しいと言えます。

できないことがあって当然と割り切り、気持ちを切り替えることが必要です。

できないことを少しずつ、できるようになろう

できないことが気になる人は、焦らずに少しずつ、できるようになるための工夫をしたり、身近な人からアドバイスを貰って、できるようになることも1つの手です。

少しずつ、できることの幅を広げることで、レパートリーを広げることができます。

「芸は身を助ける」の諺どおり、レパートリーの広さが自信にも繋がっていきます。

また、レパートリーの広さが、『頼りになる人』として、周りの人からの信頼を得るキッカケになることがあります。

周りの人から信頼されることで、自分の存在感が増して、誇りに感じることができるようになります。

ポジティブに考えていくこと

人は、周りの物事をポジティブに考えるかネガティブに考えるかで、自分の人生が全く違って観えてきます。

ネガティブに考える傾向のある人は、自分の人生を振り返ると反省と後悔が募ってくることがあります。

反省と後悔の念から抜け出せないまま月日が流れていくと、誇りを持つことから遠ざかっていくことになります。

自分を信頼できない人は、ネガティブに考えることが多いため、目の前の物事に積極的に立ち向かい解決しようとはしません。

一方、ポジティブに物事を捉える人は、自分の人生は『多くの人のお蔭で今の自分が在る』との想いが沸き上がり、感謝の想いで他の人のために役立つことにチカラを注ぎます。

ポジティブに考える人は、自分自身を信頼しているため、物事に積極的に取り組むことができます。

ポジティブに考えていくことで人生を切り拓いていく人は、自分に誇りを持てるようになっていきます。

6.背筋を伸ばそう

物事に取り組む際に気持ちを引き締めると、自ずと背筋が伸びてきます。

しかし、人は自分に自信が持てなくなると歩く姿勢にも表れてきます。

自信を失うと人生を歩む覇気も失せてきますので、背筋が伸びなくなります。

一方、人生を良くしたいと考えるなら自分の得意とする能力を伸ばすように心掛けることで気力が湧いてきます。

気力が湧いてくると、自ずと背筋も伸びてきます。

背筋を伸ばすことで、気持ちの面でもヤル気が出てきて、自信が湧いてきます。

自信は、誇りを持つための基になりますので、自信を育てることで、誇りが身についてきます。

人生は、上を向いて背筋を伸ばして歩きましょう。

前向きな行動力が湧いてきます。

立ち居振る舞いで自分の感じ方にも違いが

自分の人生を今以上に良くしていこうという前向きな意欲を抱いている人は、気持ちを引き締めていますので、姿勢や雰囲気にも表われてきます。

気持ちを引き締めた立ち居振る舞いは感性を敏感にしますので、感受性にも広がりが出てきます。

一方、人生を無気力に漫然と過ごしていると、周りの出来事にも無関心になり、感性が鈍感に陥ってしまいます。

漫然とした気持ちは、無神経な立ち居振る舞いにも表れてきて、周りの人に不快感を与えることになります。

日頃の生活態度が積極的で前向きなのか、または無気力で消極的な心理状態にあるのかは、立ち居振る舞いに表れてきて、自分の身近に起きる出来事への感じ方にも違いが出てきます。

よい姿勢で仕事に臨もう

物事に積極的に取り組む際に気持ちを引き締めると、自ずと背筋が伸びて良い姿勢になります。

良い姿勢になると気持ちが前向きになり、積極的に物事に立ち向かおうとするヤル気が湧いてきます。

一方、うつむき加減の姿勢でいると消極的な心境に陥り、ヤル気が失せてしまい、仕事に取り組む気持ちも消極的になってしまいます。

仕事などの物事で良い結果を出すためには気持を引き締めて、よい姿勢で取り組むことが大切です。

よい姿勢で仕事に臨むことで、思い通りの良い結果を出せたときは、職場の周りの人からの信頼を得ることがあり、自分自身を誇りに思うことができます。

7.成功体験を思い出そう

成功体験は、怠惰な人生では得ることができません。

人生の中で起きる様々な出来事に真摯に向き合い乗り越えた経験の積み重ねがあってこそ、成功体験に繋がっていくのです。

自分の人生に真摯に向き合ってきた結果が成功体験をもたらすのです。

成功体験は、新たな物事に取り組む際のエネルギーを湧き立たせてくれます。

また、成功体験は自分に自信を植え付けてくれますので、積極的に立ち向かうヤル気に繋がっていきます。

成功体験は、自分だけではなく身近な人や周りの人にも良い影響をもたらします。

自己満足に留まらない成功体験は、他の人の人生にも良い影響を与えることがあります。

他の人と分かち合える成功体験が本物の成功体験といえます。

本物の成功体験により、自他共に認める誇りを持つことができるようになります。

幸福感が増す

人生には幸福感に包まれた日々の生活もありますし、幸福感とは縁のない生き方もあります。

日々の生活を大切に過ごしながら人生を築いてきた人は成功体験に『巡り会う』ことができます。

成功体験を重ねることで、人生に幸福感が増してきます。

また、幸福感は、新たな成功体験を呼び込みますので、人生がスパイラルアップしていきます。

人生がスパイラルアップしていくことで、誇りが芽生えてきます。

自分に誇りを持つことで、人生をステージアップさせる意欲が湧いてきて、仕事にもプラス思考で取り組むことができるようになります。

また、プラス思考で日々の生活を前向きに過ごすことで、人生に誇りが芽生えてきます。

しかし、怠惰な生き方では決して幸福感を得ることはできませんし、誇りも芽生えてきません。

仕事でうまくいったことは何か

仕事に就いて年数を重ねていく過程で、上手くいくこともあれば、思うようには上手くいかないこともあります。

仕事の経験を重ねていく中で、うまくいったことが積み重なることでキャリアアップしていくことができます。

仕事の中で繰り返されてきた様々な経験の中では、うまくいったことは自然に思い出されますが、上手くいかなかったことは忘れたいものです。

仕事でうまくいったことは何かを思い出すことで、自分の中に自信が芽生えてきます。

自分の内奥に芽生えてきた自信は、積極的なエネルギーとなって表に出てきます。

積極性が身についてくると、難しい物事にも正面から向き合うことができるようになります。

物事に正面から向き合うことで、仕事でうまくいくことが次第に増えてきます。

上手くいったことが沢山思い出せることで、自分の人生に誇りを持つことができるようになっていきます。

記してみよう

自分が仕事で経験してきた様々な物事を記すことで、反省点に気づくことがあります。

目の前の物事に直面したとき、真剣に向き合い最適と思える方法で解決させることに神経を集中します。

神経を集中させて成功に導くことができると安堵感に包まれます。

しかし、仕事に真剣に向き合い最善を尽くしたにもかかわらず、上手くいかなかったときは、疲労感だけが残ります。

仕事が上手くいったときの達成感や上手くいかなかったときの反省点は、次の仕事に就いて時間の経過とともに記憶が薄らいでいきます。

自分を成長させるためには、成功体験や反省点を記して記録に残すことで、自分の経験知に誇りを持つことができるようになります。

8.発言を変えよう

一度身についた価値観や固定観念は、自分では正しいと思い込んでいますので変えることは難しいです。

人は今まで歩んできた様々な経験の積み重ねにより、物事の考え方や価値観がつくられていきます。

自分の持つ価値観や考え方は、言動や振る舞いにも表れてきます。

周りの人は、あなたが放つ言動を観て第一印象を感じ取ります。

あなたの発言が周りの人に不快感を与えるなら、周りからの信頼を失うことになります。

一度失った信頼を取り戻すことは、信頼を得ることよりも何倍もの時間と努力が必要になります。

ですから、信頼を失うことを避ける手立てを考えることが大切です。

周りからの信頼を失わないようにするためには、自分の考え方を顧みて反省し、発言を変えることが必要です。

潔く、自分の発言を変えることで、周りからの信頼を失わずに済むことがあります。

周りの人からの信頼を維持し続けることで、自分に誇りを持つことができるようになっていきます。

自分に思いやりを持つ

自分を大切にする人は、周りの人にも大切に接します。

自分に思いやりを持つ人は、周りの人にも思いやりを持ちます。

一方、自分を大切にせずに思いやりを持たない人は、他の人への思いやりを持つことはしません。

自分に思いやりを持てない人は、人生を大切に考えない人です。

自分の人生を大切に考えない人は、他の人の人生も大切に考えることはしまん。

ですから、自分の人生のために他の人を利用することもあります。

自己中心的な考えを持つ人は、自分の考えを押し通すことだけに専念します。

自分に誇りを持つためには、自分自身を信頼すると共に他の人にも信頼を向けるように心掛けることが大切です。

自分を信頼できる人は、他の人にも信頼を寄せることのできる心の余裕を持っています。

他の人を信頼する人は、他の人からも信頼されるようになります。

他の人との信頼関係が築かれていくことで、自分を誇りに思う心境に変わっていきます。

マイナスなことは言わない

人は、マイナスなことを言うと物事の考え方がネガティブ思考に変わってきます。

マイナスなコトバは、人の心に不快感を与えます。

また、マイナスなことを言うと、ヤル気が失せてきて、目の前の物事に立ち向かわずに逃げ道を探すことに専念し、怠慢な言動を繰り返すようになります。

このため、周りの人は距離を置くようになります。

一方、プラスなことを言う習慣が身につくと、ポジティブ思考になってきます。

難しい物事に取り組む際にも自分を信頼しながら、プラス思考で立ち向かうことができるため、良い結果をもたらすことが多くなります。

良い結果を出せることで、周りからの信頼感も増してきます。

周りの人からの信頼を得ることで、心の中に誇りが芽生えてきます。

目の前のことに一生懸命取り組んでみよう

誇りは、一朝一夕で身につくものではありません。

誇りを持てるようになるためには、一日一日の真摯な生活の積み重ねが大切です。

日々の生活を大切に過ごすことで、快い人生が築かれていくことを実感できる人は、誇りを持てるようになります。

自分の人生に向き合う『姿勢』の度合いが、誇りを持てる人になれるかどうかを左右するのです。

自分の人生を大切に考えることのできる人は、他の人の人生も大切に考えることができますので、お互いに信頼関係が育ってきます。

自分に誇りを持てるようになるためには、自他ともに認める信頼関係が基になります。

自己満足の域を出ることのない誇りは、単なる思い込みの『ホコリ』です。

他の人からも認められる誇りが、本物の『誇り』と言えます。

仕事の経験の中で切磋琢磨する心掛けが周りの人から認められてこそ、本物の『誇り』を持てるようになっていくのです。

誇りは、自分と信頼関係のある人とで『育てて』いくものです。

一度持てた誇りであっても、怠惰な生活に流されると、一瞬にして『逃げて』いきます。

『誇り』は、生きものです。

自分と仕事に誇りを持てるようになるためには、様々な価値観をもつ人とで快い人間関係を築くとともに信頼関係を築くことが必要です。

『誇り』は、独りでは築くことができません。

あなたが職場で快い信頼関係を築くことができたなら、誇りを持つ人になったことを表していると言えます。

誇りを持つためには、単なる自己満足に終始する『ホコリ』にならないように自分自身を冷静に振り返りましょう。

本物の誇りは、自他ともに認める『誇り』だけです。