今も昔もですが、女性は結婚生活に関しては我慢しすぎる傾向にあります。

「夫源病」なんて言葉もよく聞かれます。

以前グーグルの検索ワードでも「夫」と検索ワードを入れると「夫が嫌い」とかともすれば「夫死ね」なんてワードまで出てくると話題になりました。

それに対し「妻」と検索を入れると「プレゼント」などが出てきて、夫と妻の意識の差を見せつけられたなんて事が話題になりましたね。

なぜ女性はそこまでため込んでしまうのかというと、もちろん空気を読み顔色を窺いやすい人がいるのも事実ですが、やはり大きいところは女性は経済的な面で夫と別れると不都合なところがあるから別れる選択肢はない人もいます。

著者の母は夫(著者から見て父)と長年の別居の後に離婚しています。

ですので、必然的に時間の使い方がシングルの人や夫と不仲だけれど別れられない人とつるむことが多かったです。

ですので、そういう人は身近で見ることが多かったです。

やはりそれぞれにストレスを抱えていましたね。

ストレスを溜めやすい妻の特徴

とは言っても「夫が嫌い」と堂々と愚痴を吐ける人はまだ大丈夫です。

中にはストレスをためて精神的にやられてしまう人がいます。

では、ストレスをためやすい妻にはどのようなタイプの人がいるのでしょうか。

一つ一つ見ていきましょう。

相手の顔色を気にしすぎてしまう

ストレスをためやすい代表と言ってもいいくらいの特徴としてはやはり顔色を窺いやすい人です。

こちらは生まれ育った環境などもあるので、長年の癖となってしまっている人も多いですね。

親御さんの顔色をうかがって生活しないと生活できなかった人であれば、そのような癖が見についていてもおかしくありません。

例えば表情が曇っていたという事があったら「自分が悪かったのでは?」と自分を責めてしまいやすい人はストレスをためやすいです。

人間は表情が曇っていたからといって、必ずしも対面している人に悪い感情を抱いているわけではありません。

疲れているのかもしれませんし、頭痛がするのかもしれません。

以前頭痛がひどい人の特集でお子さんから「お母さんはいつも怒っているけれど、私はそんなに悪い子ですか?」という手紙をもらったのがきっかけでお子さんに頭痛もちであることをカミングアウトしたというケースもあるようです。

ですので、必ずしも不機嫌は自分が原因ではに事もあるという事を頭に入れておくと、楽に生きられるようになります。

ただ、こちらは成育歴に関係しているところがあるので、すぐには解決できないかもしれません。

困ったときにはカウンセリングに頼るのもいいでしょう。

無意識に力関係を作ってしまっている

最近上向きにはなっているけれど、不景気が続いています。

ですが、終身雇用もなく給与面も一馬力では不安がある時代ですので、共働きが主になっています。

それと同時に、やはりまだまだ女性が子育てをしながら働き続けることは容易ではありません。

ですので、パート主婦の方や専業主婦の方もまだまだ多いです。

ですので、そこでどうしても力関係が出てしまうところがあります。

最近は働く女性も多いことから専業主婦への風当たりは非常に強いです。

掲示板を見ていても「専業主婦なんだからそれくらいやって当然!」とか「夫に感謝しなさい。」というような書き込みをよく見ます。

専業主婦は掲示板で少し愚痴っても批判の対象になるのです。

そんな風潮だからか無意識に力関係を作り出してしまうような女性も多いようです。

妻の役割・夫の役割に縛られている


著者(30代後半)もそうですが、親世代はまだまだお父さんが外で働いてお母さんは家で家事と育児をしている世帯も多い時代でした。

お母さんも働いている人はどちからかというと教員などで子供のお世話は子供たちのおばあさんにという人でした。

ですので、潜在的に妻の役割、夫の役割に縛られている人が多いです。

著者の夫(40代前半)もそうですので、共働きが多いこのご時世に昔ながらの役割でこなしています。

若いころは共働きもしていたのですが、お互いにイライラする事が多かったのでやはりこのスタイルが合っています。

とはいっても、妻の役割は家事子育てであってもどうしても同時進行できないものもあります。

例えば、うちの次女のように何か家事をしようと思えばすかさず邪魔しようとする子がいると、家事と子育てを一緒にするのは難しいです。

そんな時は夫に子供と遊んでもらっています。

ですので、役割はあっても柔軟にしていく事でストレスは軽減します。

趣味がない

やはり人間ですので息抜きをしないと精神的に疲れてしまいます。

著者はややゲーマー傾向にあるのでゲームをするとストレス解消になります。(とはいっても、腕前はさっぱりですが…。)

以前は「専業主婦なんだから家事を頑張らなくちゃ。」と家事ばかりするようにしていた時期もありました。

そうしたらだんだんと「何のために生きているんだろう?」と鬱々とした気持ちになってきたのです。

これはまずいと思い、子どもたちがが学校に行った後に1時間ゲームをする時間を取り入れてみました。

そうすると気持ちが明るくなったので、やはり息抜きは必要だなと思ったのです。

兼業主婦の方であればなおのこと息抜きの時間の確保すら難しいかもしれませんね。

そして、時間はあるにも関わらず趣味がない方も息抜きは難しいでしょう。

「趣味を見つけよう!」と思うと息が詰まるかもしれませんが、まずはネットサーフィンからでいいので気楽にできる楽しみを見つけましょう。

交友関係が狭い、もしくは無い

やはり交友関係が広い人のほうがストレスをためにくい傾向があります。

人と話すことで気分転換ができますし、愚痴を言い合うことができればよりすっきりできるでしょう。

かくいう著者は交友関係がほぼない人です。

むしろ人づきあいが苦手で逆に人づきあいを増やすとストレスが溜まるのです^^;。

とは言っても、その点で言うと著者もストレスをためやすいタイプですね。

人によるので簡単に交友関係を広げるべきというアドバイスは難しいですね。

著者のように人づきあいがうまくないタイプだと余計なストレスをため込むことになり、逆効果になります。

そんな人はどうしたらいいのかというと、愚痴をかける掲示板というのがありますので、そちらに一方的に愚痴を書き込むのはいかがでしょうか。

そのような掲示板を選ぶポイントとしては、あらかじめ「反論レス禁止」というような取り決めをしているところが良いです。

ストレスを溜めすぎると病気になってしまうことも

やはりストレスは万病のもとと言われているようにストレスをためすぎると病気になることがあります。

たかがストレスと思いがちですが、ガン、虚血性心疾患、自律神経失調症、心身症など様々な病気を引き起こします。

中には命にもかかわる病気もあって怖いですね。

ですので、うまくストレス解消をしていく必要があります。

特に夫に対してのストレスをためている人であればそれは日々ストレスがかかるでしょう。

ですので、時には夫本人に発散し、また別の時は自分の楽しみを優先することでストレスを発散させたりととにかくストレスを溜めないことが大切になります。

夫にムカついた時の12個の対処法

では、夫にムカついた時、どのように対処したらいいのでしょうか。

著者自身は全く夫に対するストレスはありません^^;。

(夫はストレスためまくりかもしれませんが…^^;。)

夫がいい人なのもありますが、著者は嫌味なども気づかないくらいの人なのであまりイライラポイントがないところもあります^^;。

そんな著者なので実践してはいないのですが、ストレス解消にぴったりの方法についてリサーチしてみました。

1.楽しみや趣味を見つける

やはり手っ取り早い方法としては趣味を見つけることです。

人を変えるのは難しいけれど、自分を変えるのなら容易だと言われていますよね。

ですので、手っ取り早い気分転換として、趣味や楽しみを見つけるのが一番早く効果が出ます。

まずは気楽にいろいろと始めてみましょう。

具体例を挙げると、最近著者の娘が「ピアノを習いたい。でも発表会はいや。まずはスマホのピアノを試したい。」というので、タブレット端末にピアノのアプリをダウンロードしました。

子供向けのピアノに親しむためのアプリがあるのです。

広告はたくさんでますが、使用料無料ですし本当に試してよかったです。

このようにタブレット端末やスマホをお持ちであればアプリから試してみるのもありです。

もし、アプリで楽しめるような趣味ではなかったとしても、趣味はお金がかかると思いがちですが、選べばそこまでかかりませんしもし公民館のサークルにあれば安く受講できます。

もちろん、習い事などに拘る必要はありません。

例えば好きな俳優さんが出ているドラマや映画などを全部見るという程度のことでも構いません。

そうすると楽しみを見つけやすい方も多いのではないでしょうか。

小さなことでもいいのでやりたいことリストを作ってみる

どんな小さなことでもいいので、やりたいことリストを作ってみるのは有効です。

例えば著者はまだ下の子が手がかかるので難しいですが、水墨画など今まで全くやったことがないことにチャレンジしたいですね^^。

このように実現可能かとかそれは難しいなどとごちゃごちゃ考えずにひとまずはやりたいことをピックアップしていきましょう。

そしてそれはどんな小さなことでも構いません。

「いつも笑顔でいる」というようなことでもいいのです。

「やりたいことリスト」で検索をすると100個書く人が多いようですね。

そのワードで検索をするとどういうわけか100のやりたいことリストのことばかりが出てきます。

時間がないとか難しいのであれば無理をしなくてもいいですが、とりあえず流行(?)に乗って100個のリストを作ってみるのもアリです。

2.外出して夫と顔を合わさないようにする

こちらも比較的簡単に実行しやすいですね。

ストレスの原因となる夫となるべく顔を合わせないようにするという方法です。

やはり同居しているので常に顔を合わせる環境にあります。

ですので、夫が原因の夫源病なる病気があるのです。

同居しているので全く顔を合わせないのは難しいです。

そこまで嫌いなら離婚すれば?なんて人は簡単に言うかもしれませんがそんなに簡単にいかない人も多いことでしょう。

お子さんがいる方だとシングルマザーとして暮らしていくのは容易ではないのでなおさら躊躇します。

経済的な面もあるのかもしれませんが、女性でもバリバリ働いて経済的に問題がない人でも人によっては今度はお子さんを見る時間が確保できない人もいるでしょう。

お母さんに見てもらえる人であればすんなりと行きますがそうではない家庭も多いです。

ですので、そんなに離婚などという大それたことをしなくても、少し顔を合わせない時間を作るだけでも大分違います。

気持ちが落ち着いてくる

やはり頭に血が上ると感情的になりますし余裕がなくなります。

ですが、少し離れるだけでも気持ちが落ち着いてきます。

ですので、ついついケンカばかりという事であれば離れてみることを強くお勧めします。

小さいお子さんや小学生以下のお子さんがいるのであれば家族そろっての外出も時には必要ですが、意識して買い物にお子さんを連れ出して出かけるなど離れる時間を作るのもよしです。

うちはそんなにイライラしていない(と思いたい)ですが、夫婦別行動になることはよくあります。

著者が家で昼ご飯の準備をしている間に夫に子供を連れて買い物に行ってもらうなどの分担は良くしています。

このようにお子さんがいる方でもお互いに顔を合わせる時間を少なくすることは可能です。

ですので、敢えてそのような時間を作り出してはいかがでしょうか?

3.こっそりプチ贅沢をする


確かに褒美がなくても頑張れるのが一番なのかもしれませんが、それだけでは難しいのが人間です。

何の見返りもなくというのは余程の人でない限りは難しいのではないでしょうか。

その見返りはお金ではなくても、子どもの笑顔だったり、「ありがとう」の一言だったりもします。

夫がストレスになっているという状態ではなかなかねぎらってくれる人もいないことでしょう。

親御さんに愚痴ろうものなら「○○さん(夫)も頑張っているのだから、そんなことを言ってはいけない。○○さんに感謝しなさい。」と言われてしまうかもしれません。

そこで、夫について我慢することでご褒美がもらえる状態を自分で作り出してみるのはいかがでしょうか。

それは、プチ贅沢です。

もちろん、経済的にどれくらい余裕があるかにもよりますが、初級編としてはコンビニスイーツはいかがでしょうか。

ここだけの話ですが、子どもたちの長期休みの新学期明けは著者もプチ贅沢をしてしまいます^^;。

「長期休みの間、よくやった!」と(笑)。

確かに子どもたちもかわいいし一緒にいて楽しいのですが、自分のペースで家事ができなかったりするのも事実です。

夫がストレスになっているのなら、そのような方法を試してみるのもアリです。

4.エステ等に行ってリラックスする

さらに経済的に余裕があるのであればエステでリラックスしてしまいましょう。

著者はあまりエステに行ったことがありませんが、新婚時代に行ったことがあります。

結構気持ちいいんですよね。

もし、お金に余裕があってご主人にイライラしているのであればぜひともお勧めです。

どうしても経済的に余裕がないのであれば、最近はカフェのような髪の毛を染めるような専門店もあります。

エステとは勝手が違うかもしれませんが、必要な処置をしながらリラックスするのもいいでしょう。

5.友達に話を聞いてもらう

やはり一番すっきりするのはアウトプットをすることです。

話すことですっきりすることってありますよね。

いろいろな掲示板を見ていると様々な愚痴が書き込まれていますよね。

それほどに自分の気持ちをアウトプットするのは有効なのです。

うちの母もよくご主人とうまくいっていない女友達の愚痴を聞いていましたね。

何やら「焼き鳥店に集合!」などという号令がかかるようです。

おすすめとしては似たような立場の人に話を聞いてもらうことです。

著者の会社勤めをしていた時にも、事務職の上司に関する愚痴を営業の人に話すと怒られることもあったようですが(他の事務職の方談)、やはり事務職同士で愚痴ると話が非常に盛り上がりました。

同じことで理不尽な思いをしたり悩んだりしているのは同じ立場の人が一番なのです。

共感してくれる人に話を聞いてもらうこと

やはりその愚痴を聞いてもらうときのポイントとしては共感してくれる人に聞いてもらうことです。

先ほど同じような立場の方が良いと言った理由としてはやはり共感してもらえるかどうかが違うからです。

ご主人の愚痴に関しては、新婚のお友達、ご主人とラブラブのお友達は向いていません。

さらには意外かもしれませんがシングルマザーのお友達も向いていない可能性があります。

特にご主人とうまくいっていなくて愚痴を言う側の人が専業主婦だったりパート主婦だったりしたらなおさらです。

「そんなに不満を言うのなら別れたら?」と言われたり「そんなに不満を言う割には、そのご主人のお金で暮らしているんだよね?」と言われてしまう可能性もあります。

ですので、愚痴るとしたら同じくご主人とうまくいっていないけれど別れることは考えていない人です。

また、ネットの掲示板も鬼門です。

例え「同じような立場の方へ」と指定していても、関係のない人が愚痴に関する反論を書いてくることがあり、ますますモヤモヤする結果になります。

6.片付けをする

唐突ですが、皆さんは片づけは得意ですか?

苦手な人だとなかなか腰が重いのではないでしょうか。

かくいう著者もそんなタイプの人です。

ですが、やり始めると結構はまってしまうところがあります。

腰が重いのであれば財布の中、引き出しの一部分だけなど限られた範囲を片付けてみるといいでしょう。

最近著者は断捨離やミニマリストに憧れてそれに関する情報をいろいろと調べていますが、15分だけなど時間を区切ってやってみるのも有効なようです。

著者はミニマリストに憧れてはいるものの結構まだまだ物がある状態ですが、実践してみると結構有効です。

あと、イライラしている時は「捨てる」という行為がすごくすっきりしますよ。

服でももう着ないであろうものはありませんか?読んでいない本はありませんか?

見回してみると結構あるのではないでしょうか。

捨てるのに抵抗がある人はフリマアプリで売ってみてはいかがでしょうか?

すっきりする上にお金まで手に入るかもしれません。

単純作業で何も考えない時間を作る

単純作業で何も考えない時間を作るとイライラも落ち着きます。

イライラしているときは先ほども触れているように思い切っていろいろなものを捨てましょう。

著者のように片づけまでに腰が重くなかなか取り掛かれないのであれば、小規模範囲だけ、15分だけなどという感じで無理がないようにやっていきましょう。

断捨離の話になってきますが、仮にゴミ屋敷になっていたとしても例え小時間だけでも片づけをコツコツとしていく事で片付いていくというのを見て目からうろこでした。

確かにゴミ屋敷にもなってしまうともう少し片づけたところで何も変わらないしもう無理かも!と思ってしまうけれど、何もしないよりは少しづつでも片づけていけばいつかは片付くのです。

そう思うとイライラしたら片づけを習慣づけていくと、自分もすっきりするし部屋もすっきりします。

もし夫婦不仲の原因が片づけにあるのだったら、夫婦仲まで改善するかもしれませんよ。

7.一人カラオケに行って大声を出す

やはり大きな声を出すというのは非常にすっきりするものです。

ですが、日本の住環境としては、都心部にひしめくように家が建っていたりしますし、集合住宅にお住いの方も多いでしょう。

そんな環境で大声を出せばクレームが来てしまいます。

そんな都心部にお住いの方なら中にはカラオケボックスがアクセスしやすいところに住んでいる方も多いことでしょう。

おすすめとしては一人でもいいのでカラオケに行って大声を出してくることです。

著者の家の近くにあるカラオケボックスは朝が非常に安い料金で利用することができます。

そんなサービスがもしあるのであれば、そのようなサービスを使うのもアリです。

特に一人だとうまく歌わないといけないという事もないので、バカでかい声だけを出しに行くことも十分に可能です。

8.ムカつくことを紙に書き出す

確かに人を変えることは容易ではありません。

ですが、伝えないと伝わらないことがあります。

ですが、ムカついている状態であれこれと言っても感情的になるだけで改善はしません。

ですので、まずムカついたことを紙に書いてみるのはおすすめです。

そして、ムカついていることに関して時にはネットで調べてみるのもいいでしょう。

もしかしたら同じような悩み事が書き込まれている可能性もあります。

そこで周囲はどういう風に見ているのかを知ることもできます。

もしかしたらそのような書き込みを見ることで怒るのが正当であると気づくこともできるかもしれませんし、逆に自分が考え過ぎだったと気づくこともあります。

話し合いをしたときにうまく伝えることができる

話を戻しますが、紙にムカついていることをかくのがなぜ良いのかというと、話し合う時にうまく伝えることができるからです。

人を変えることは容易ではないのは事実ですが伝えないと伝わりませんので、冷静に思いを伝える必要があります。

よくありがちなのは女性は察するのがうまい人が多く、同じようにできない男性に苛ついていることが結構多いのです。

ですが、そのような人は言ってもらえないと気づくことができません。

話し合ってみて初めて皆さんがそう思っていたこと気づいて驚く人も多いでしょう。

よく「男は言わないとわからない」と言われますね。

ですので、男性には特に冷静に思いを伝えることが大切です。

なお、家計のことであったりと数字に絡むことだったら、男性でしたら数字で話をするといいですよ。

9.夫のいいところを探してみる

確かに事情があってご主人にいら立っていると思いますが、せっかく縁があって一緒になったのですから、好きなところもあったのでしょう。

そこを冷静に思い出してみましょう。

そして、現在のご主人のいいところも探してみましょう。

著者も含めてですが、ご主人のお仕事で得られる給料で良い生活をしていませんか?

確かに最近は女性の社会進出も進んでいますし、働いている女性もたくさんいます。

ですが、余程の専門職でない限りは男性並みに稼げている人はそこまで多くないのではないでしょうか。

男女別の所得の平均などを見てもそれは明らかです。

経済力があるという事は、まじめに仕事をしているというところにあります。

そして、ギャンブル好きであったり借金癖があるわけでなければ経済的な面は大きなメリットです。

もちろん、稼ぎはそこまでなくても子供たちが好きで、子どもたちもパパが大好きなどという人間的な部分が魅力的な人もいるでしょう。

飲む、打つ、買う、DVがあるのでなければ、生活には問題ないのではと思われます。

幸せの瞬間をコツコツ見つける

苛つくことはあっても、よく考えてみると幸せな瞬間はあるのではないでしょうか。

お子さんと一緒に笑いあうとかそんなことです。

そうしていいところを見ていくとそのうち「何でそんな小さな事にイライラしていたんだろう?」と思える日も来るかもしれません。

特に著者の母の友人を見ていて思いますが、確かにイライラすることもあるのかもしれないけれど、事情があって別れられないというケースもよくあります。

そんな時はなおのこと、幸せの瞬間やご主人がいてよかったと思うことに思いをはせましょう。

10.理由があってムカついた時にはその時その場で伝える

とは言っても、苛つく原因としてはまっとうなものもあるでしょう。

例えばその場に靴下を脱ぎっぱなしにしてしまうなどという小さなものから、ともすれば思いがけぬ女性の陰に苛ついてしまう事もあるかもしれません。

例え幸せ探しをしてみてもどうにもならないムカつきはあるかもしれませんね。

言ったからすぐに改善されるとは限りません。

ですが、思いを伝えなければそのまま気づかれることはないです。

ですので、その時にムカついていることを話すようにしましょう。

後から言うと忘れる

例えが悪いですが、いじめている側は忘れているけれどやられた側はずっと忘れていないという事が言われることがありますよね。

苛ついている側はそちらに囚われてるのですが、当の言われる側はすっかり忘れていることも多いです。

上記の靴下が脱ぎっぱなしの注意についてですが、後日言っても「えー、ちゃんと片づけてなかったっけ?」などと言われて埒が明かなくなってしまいます。

ですので、注意するとしたらその場での注意が基本です。

注意したいのは文句ではなく意見を言うこと

その時に気を付けたいのが、文句を言わずに意見を言うことです。

なるべく感情を排してやってほしいこと、やめてほしいことのみにフォーカスするようにしましょう。

「靴下を片付けて!前も同じことを注意したよね!何度言ったら理解してくれるの?」と怒ると、言われる側もカチンときます。

ですが、「靴下を片付けてね。よろしくー。」と言われたら心情は違います。

なかなか習慣づかない人なら「帰ってきたら脱いだ靴下は○○に入れておいてね。」などという形で言ってみるといいでしょう。

11.夫に多くを期待しない

あと、イライラするのはいろいろと期待をするからです。

言っても改善しないという事であればもう期待をすること自体をやめましょう。

片づけの不満に関しては、片づけがどうしてもできない人はいます。

ですので、もうそこは割り切って片づけ以外のご主人が得意そうなことをお願いすることで相殺してみるという割り切り方がいいかもしれませんね。

機械の初期設定などはご主人が得意としているケースが多いのではないでしょうか。

そのように頼れる部分を頼り、後は自分がカバーするという気持ちでいたほうが楽になることもあります。

12.一度夫の存在を消してみる

いろいろと試してみたけど、どうしてもご主人に対するイライラが消えないというのであれば、いっその事夫の存在を消してみましょう。

もちろん、本当にいなくするというわけではありません。

もしこの時に夫がいない事態を想定するのです。

具体例を挙げると、ご主人がいなかったら…、ご主人の給与はまず入りません。

専業主婦の方であればその時点でもうアウトです。

パートの方でも4万円以上のローンがあるような生活をしていれば即アウトです。

そうでなくても生活は厳しいです。

厳密に言うと手当などもありますが、相当苦しい生活になるでしょう。

共働きの方であってもローンがあったりすると厳しい生活になるのは火を見るよりも明らかです。

まだ手がかかるお子さんがいるとしたら、ご飯を作っている間にお子さんを見てもらえるとしたら、その人手がなくなります。

もしくは意外にも嫌いとばかり思っていたご主人が心の支えになっていて、ぽっかりと穴が開いてしまった状態になることが想定できることもあるかもしれません。

夫がいなくなったら困ることを紙に書き出してみる

このように夫がいなくなった時、どのようなことで困るかを書き出してみましょう。

うちは夫が嫌いなのではなく、実際に母子家庭で育っていますのでもし夫がいなくなってしまったらというのは比較的現実味をもって見ることができます。

こっそりと夫がいなくなったらどうやって少ないお金で生活をしていくかを想定して、いろいろと物件を調べたこともあります。

狭い家、且つ古い家が中心になってしまいますね。

もちろん、それが嫌というわけではないけれど、やはり娘がいると近所の人も気になります。

自分がいない時に子供たちは一人で家に帰ることもあるわけですから…。

となると、一軒家なども視野に入ってくるのです。

となるとさすがに地方都市で家賃が安くても結構物件数は少ないです。

こうして考えてみると夫様様ですよね^^;。

最後に

やはり今も昔も夫にイライラしてしまう妻はいます。

最近は経済的に自立している女性も増えていて、嫌なら離婚をするという人も一定数はいるかもしれませんが、まだそうなり切れていないところもあり、女性が我慢するケースもあります。

ですが、そのイライラが借金癖があるとか、子どもに悪影響などという重大な欠点がない限りはやり過ごすことで何とかなるケースもあります。

ですので、いいところを見て穏やかに暮らせるように心がけましょう。