人の気持ちは変わる物です。

その時は、絶対に変わらないと自信を持って言える事も日々変わっていきます。

それが一番分かりやすく現れるのが恋愛です。

恋愛をはじめた当初は、誰しもが『ずっとこのまま一緒に居たい』と思って居ます。

付き合った時から別れを意識している人はそう多くは無いでしょう。

しかし、他の人になんて見向きもしないと思っていた気持ちもいつしか時間と共に冷めていくのです。

それは悪い事ではありません。

人間とはそういう生き物なのです。

その為、結婚し、夫婦となった方の中にはもはや『家族』としての繋がりがあるのみで、

相手に対して特別な感情は特に持っていないという方も少なくありません。

結婚とはそういうものだと割り切ってしまえばさほど騒ぎ立てる問題では無いのでしょう。

しかし、中には結婚に夢を持っている方も居ます。

例え付き合いが長くなたとしても、いつまでもラブラブな二人で居たい。

ずっと仲良しで居たいと希望している方も居ます。

そこで今回は、どうしたらラブラブな時間をより長く続けていく事が出来るかに付いてご紹介させて頂きます。

中には、もうラブラブな時期を通り過ぎてしまったと感じる方も居る事でしょう。

しかし、ご紹介させて頂く方法を実践したらまた新しい二人の形を見つけ出すきっかけになるかもしれません。

人の気持ちは変わる物です。

しかし、その変化を前向きな変化にする事は日頃の物事の行い方によって出来るかもしれません。

楽しい時間を過ごす為のヒントとして参考にして頂ければと思います。

いつまでもラブラブな2人でいたい!

恋愛は、いつでも片思いが一番楽しいと言われます。

相手の一つ一つの行動に一喜一憂し、その日一日の過ごすテンションさえ変わってしまう程の嬉しさを楽しむ事が出来ます。

時に悲しい出来事に見舞われる事があるかもしれません。

泣きたくなるような日が無いとは言えません。

しかし、それでも『恋』をする事で前向きになる事が出来たり楽しい日々を過ごす事が出来る様になるのです。

片思いから両想いになる事が出来たら、人生は一気にバラ色に変化するでしょう。

毎日が楽しく、いつまでもずっと一緒に居れたらと思います。

その気持ちは、一生続いて行くものだと多くの人が思うでしょう。

『いつまでもずっとラブラブで居ようね』というセリフを誰もが一度は恋愛中に言った事があるかもしれません。

しかし、そうお互いに思って居るにも関わらずいつしかその気持ちが段々と変化してしまうのもまた人間の特徴です。

例え、どんなにラブラブな日々を過ごして居たとしても自然とその気持ちは変わってしまうのです。

それは寂しい事ですが、一生同じ気持ちで居る事はとても難しくもはや不可能と言っても良いほどです。

ですが、その変わってしまう気持ちを『冷める』という形では無くまた違た形に変える事は出来るかもしれません。

ラブラブな時期を出来るだけ長持ちさせ、出来るだけ楽しい時間を多く取る事が出来る様にしましょう。

明日には明日のいい形があります。

変化を恐れる事無く、いつまでも仲の良い二人の関係を求めて行動して行きましょう。

ラブラブな期間を永遠に続けるための13の方法

付き合い立ての二人は、特に何も意識しなくてもラブラブで居る事はたやすい事です。

しかし、暫くしてくると、人の気持ちは冷静さを取り戻していきます。

恋しているがゆえに見る事が無かった相手の嫌な部分が自然と目に付く様になってしまうのです。

その為、『こんな所が嫌だ』『こんな事を言われた』など不満が溜まっていきます。

その不満が多くなればなる程、ラブラブな気持ちは無くなっていき、さめた心だけが残る様になってしまう事でしょう。

人の気持ちを変えない様にする為には、ラブラブな時期からしっかりと意識をして行動して行く必要があります。

お互い気持ちが盛り上がっている時期から日々の言動や行動を気を付ける事でラブラブな時期をより長持ちさせる事が出来る場合が多々あります。

親しき中にも礼儀ありです。

どんなにラブラブな相手に対しても、気を付け無ければならないお員とは多々あります。

そのポイントを抑える事が出来るかどうかで今度のお付き合いの形が大きく変わって来るでしょう。

『好きな相手だからこそ無理する事無く付き合いたい』という方も居るかもしれません。

しかし、本当に相手と長い時間を一緒に過ごしていきたいのであれば多少の気遣いや思いやりをもつと言う事は重要なポイントです。

是非その事を頭に居れて行動して行きましょう。

1. 共通の趣味や好きなものがある

人にはそれぞれ『好きな物』と呼べるようなものが必ず一つや二つはあります。

それを趣味としている人も居れば、食べ物や洋服の好みとしている方も居ます。

自分の好きなものが身近にある事で、気持ちが高揚し、楽しい時間を過ごす事が出来るでしょう。

その大事な好きな事を共有する事が出来れば、お互いに楽しい時間を更に一緒に過ごす事が出来る様になります。

付き合う期間が長くなると、どうしても会話は減りがちになります。

特に熟年夫婦と呼ばれるような方々の場合は、もはや会話をしなくとも相手の気持ちをなんとなく理解する事が出来る様になります。

その為、例え会話をしなくとも生活に支障は無いかもしれません。

しかし、生活に支障は無い事と寂しく無い事は全く別問題です。

会話をする必要が無かったとしても、二人の間に会話が無くなる事はとても寂しい事です。

特に、一般的に女性の方がおしゃべりな事もあり、その会話の無い時間に対して女性が不満に感じる事も少なく無いのです。

その為、会話をする事は楽しい時間を共有する為に大事なポイントです。

もし、同じ趣味を持っている場合はその趣味を通じて新たな会話を生み出す事が出来るかもしれません。

一緒に出かけたり、一緒に作業をする事で楽しい時間を共有する事が出来ます。

お互いに一緒に居る時間を楽しい時間と感じる事が出来れば、付き合った頃の懐かしい気持ちを思い出し楽しい時間を共有する事が出来るかもしれません。

そういった時間を沢山作る事が出来れば、二人の関係もラブラブな時間を長く続ける事が出来るかもしれません。

2. 決して八つ当たりをしない

一緒に時間を過ごして居ると、時に嫌な出来事にぶつかったりしてしまう事もあるでしょう。

そんな時、相談する事が出来る相手が傍に居ると言う事はとても心強い物です。

大事なパートナーに愚痴をこぼしたり、相談する事が出来れば前向きな気持ちになりストレスを解消する事が出来る事でしょう。

しかし、その相談の方法を間違えて相手に対して奴たりをするような事をしては行けません。

せっかく相談に乗っていたり話を聞いてあげてるのにも関わらず、相手が自分に対して八つ当たりをしてきたリ無意味にイライラしてきたらどうでしょうか。

きっと嫌な気持ちになる事でしょう。

そんな事を繰り返していれば気持ちが冷めてしまう事もあるでしょう。

どんなに親しい相手だとしても相手の気持ちを考えて行動する事を忘れては行けません。

自分が取る行動によって相手がどう思うのか。

嫌な気持ちになってしまう事は無いのか。

自分の気持ちを優先してしまう前にその事をしっかりと考える事が出来る人になりましょう。

それが出来れば、お互い支え合って行動する事が出来るでしょう。

自分がされて嫌な事は相手にはしない。

そういう基本的な事を忘れずに行動する事が出来れば、二人の関係はずっといい関係を続ける事が出来るでしょう。

3. 相手を束縛しない

相手の気持ちが好きすぎるあまり、ついつい自分だけを見て欲しいと思ってしまう事があります。

それは冷静に考えれば無理な事でしょう。

例え、恋愛感情が無かったとしても生活する為には様々なポイントで人と人とが関わる場面があります。

そこには男の人も居れば女の人も居ます。

彼氏・彼女が他の異性と話さないで欲しいと思ったからと言ってそれを守る事は不可能です。

相手の気持ちを大事にするのであれば、相手の気持ちを理解してあげる事も大事な事です。

しかしそれは、出来る事もあれば出来ない事もあるのです。

無理難題を押し付け、相手を束縛してしまうと相手にとって窮屈な生活をさせる事になってしまうのです。

束縛も、軽い物なら『やきもち』として可愛い行為として見る事も出来るでしょう。

しかし、なんでも加減が大事です。

やり過ぎてしまうと相手が窮屈に感じ、二人の関係が悪い物になってしまう事になるでしょう。

相手の事を好きな気持ちは大事な事ですが、その気持ちを押し付け相手に不便な生活を押し付けては行けません。

例え、心配な事があったとしても相手の事を信用し待つと言う事も必要でしょう。

相手を信じる事が出来るかどうかのポインともいい関係を築いて行く為には需要なポイントの一つです。

4. 相手に尊敬できる部分がある

人の気持ちは変わるものです。

その為、いつまで恋をした時のままの気持ちで居る事は出来ないでしょう。

しかし、相手に尊敬する事が出来るポイントがあればその気持ちはまた別の形として継続して行きます。

例えば、相手に対して恋愛感情が無くなったとしても、尊敬する気持ちがあれば、

それはまた違った愛情として相手を大事に思う事が出来る気持ちに繋がる事が出来ます。

いつまでも付き合ったままのラブラブな気持ちで居たいという思いは誰にでもある事でしょう。

しかし、それはあくまでも理想でありそんな事はほぼ不可能です。

変化して行く関係の中でいかにいい関係を築いて行く事が出来るかが重要なポイントとなるのです。

付き合った時は全く気にならなかったようなポイントも、相手に対して気持ちが冷めて行くに連れて様々な事が目に付くようになります。

そうする事で、相手への不満が大きくなり嫌だと感じる気持ちがふくらみ気持ちが離れて行く事になるでしょう。

しかし、そこに尊敬出来るポイントがあればどうでしょうか。

『こんな所は嫌だけど、ここは尊敬している』と思えるようになるのでは無いでしょうか。

相手を尊敬する気持ちがあれば、例え愛の形が変わったとしてもお互いの事を大事にして行こうと考える事が出来るでしょう。

好きな人が出来たら、相手の表面的な事ばかりだけではなく是非内面的な素晴らしさも探していきましょう。

多くの尊敬するポイントを探す事が出来るどかによって、今後の関係が大きく変わる事になります。

恋愛に浮かれて居る時は、気が付かない事もあるかもしれませんが

そこをいかに冷静に考える事が出来るかどうかによってその関係を続けて行く事が出来るかどうかが変わってきます。

5. 自分というものをしっかり持っている

世の中には、相手に好かれたいあまりパートナーの思いのままに自分の外見や考えを変えてしまう人が居ます。

それを望んでいる人も居るので、お互いにその関係に満足しているのであれば、それもまた二人の関係として成立しているのかもしれません。

しかし、時が過ぎ、ラブラブな時間が過ぎて行くとその関係に疑問を持つ事になる可能性もあります。

一般的に、自分の考えをしっかりと持ち自分の意見をいう事が出来る人の方が人として魅力があると言われて居ます。

その為、何でも感でも相手に合わせてしまう人は、『自分』というもののが感じられず魅力的な人とは言えないでしょう。

相手の意見を尊重する事は大事な事ですが、あくまでも一つの意見年て捉える様にしましょう。

そhして、自分の意見をしっかりと持つ事が魅力的な人になる為には重要なポイントなのです。

相手の意見をあまりにも鵜呑みにしていると、相手がつけあがってしまう場合もあります。

恋愛は、常に対等な関係を維持した方が何事も上手くいくでしょう。

その為、その事忘れずに日々を過ごして行く事をおすすめ致します。

6. 適度に喧嘩してよく話し合う

ラブラブな関係を維持する為には、喧嘩などご法度のように思われる事でしょう。

しかし、本当に心から分かり合う関係を目指すのであれば喧嘩も重要です。

と言うのも、喧嘩をしないと言う事はそれだけ意見を言い合う機会が無いという事にも繋がります。

もしあなたが相手に対して何の不満も無いからこそ喧嘩にならないと言うのであればそれもまた二人の相性がピッタリという事で良い事かもしれません。

しかし、相手の方はどうでしょうか?実は不満があるにも関わらず、我慢をしている可能性だってあるのです。

その不満が大きくなれば、結局二人の関係が破局に向かう事も珍しい事ではありません。

付き合った当初は我慢で来ていたような小さな事も、時が過ぎ恋愛感情が落ち着いて来る中で我慢出来なくなって来る事もあるでしょう。

その為、不満は貯めるのでは無く小出しにして行く事が大事なのです。

その為には、時に喧嘩をする事も必要です。

喧嘩をする際には、その場で言いたい事をお互いに言い合い後に引きずらない様にしましょう。

また、喧嘩をする内容は過去の話を持ち出すのでは無く、その時思った事をいう様にしましょう。

喧嘩は大事ですが、やり過ぎても行けません。

また、勢いに任せて言いすぎてしまっても二人の関係を悪化させてしまう事に繋がる事もあるでしょう。

その為、喧嘩をする際にも相手の事を思いやりながら行う事を忘れては行けません。

7. 干渉し過ぎない

相手が好きすぎるあまり、ついつい相手の全てを理解したいと考え全てに口出しをしてしまう時があります。

付き合いたての頃は、それでもよかったかもしれませんが、その期間が長くなればなるほど、その行為に嫌気がさしウンザリしてしまう事もあるでしょう。

相手の気持ちを大事にするのであれば、あまり干渉せずそっとしておいてあげる事も大事です。

好きな相手の事はなんでも知っていたいという気持ちも分かりませす。

しかしながら、知らない部分があるからこそそこにまた魅力を感じるという事もあるかもしれません。

お互いがそれぞれの世界を持ち、そこでの人間関係も大事にする事が出来ればそれを通してお互いが成長しまた一歩いい関係に近づく事も出来るでしょう。

浮気などの心配がある場合は、特に相手の行動が気になるつい干渉してしまう物です。

しかし、あまりにもしつこくすると、結局相手が逃げてしまう可能性もあります。

信じる事は難しく裏切られる可能性もあります。

しかし、それを出来るかどうかで今後の二人の関係は大きく変わって行く事でしょう。

もし、干渉され過ぎてウンザリしていると言う方は、それだけ相手を不安にさせて居ると言う事の現れかもしれません。

その事を反省し、自分の行動をもう一度見直して見てはいかがでしょうか。