みなさんは、カップルの身長差で一番いいのは何センチだと思いますか?

カップルの身長差って、手をつないだり、キスをしたり、ハグをしたりするときにけっこう大切ですよね。

漫画やアニメでも基本的に男性が女性よりもちょっと背が高いくらいが、キスするときにもちょうどよさそうに見えますよね。

では、実際には理想の身長差ってどのくらいなんでしょうか??

今回は、カップルがラブラブするときにちょうどいい身長差についてご紹介していきます♡

そして、身長差によって違う、メリットやデメリットなども考えていきたいと思います♪

この記事の目次

カップルの身長差ってどれくらい?


あなたの理想のカップルを想像してみてください。

あなたの頭に浮かんだ理想とするカップル像では、男性の方が女性よりも背が高いですか?

背が高いとしたら、どのくらいの身長差がありますか??

カップルでどのくらいの身長差が理想なのか?ということに関しては、きっと皆さんそれぞれ少しづつ違うのかもしれません。

すごく背の高い男性が好き、という女性もいるでしょうし、彼女には同じくらいの背丈が欲しいという男性もいるでしょう。

恋人に求める身長というのは、人それぞれに違うだろうし、好きななったら身長なんて別に関係なくなることもあるんですけど、ベストな身長ってやっぱりありますよね!

キスやハグなどのシチュエーション別に、どのくらいの身長差があるとフィットしやすいのでしょうか♡

男女別!ベストな身長差は?


男性のみなさんは、彼女の身長は自分よりも低くいてほしいと思いますか?

それとも、身長なんて気にしないという人も多いでしょうか?

逆に、女性のみなさんは彼氏は自分よりも背が高い方がいいという願望がありますか?

それとも、同じくらいの身長の彼氏の方がいいでしょうか?

普通のカップルというと、大抵は男性が女性よりも少し背が高いという感じを想像するかもしれません。

それは、一般的に男性は女性よりも平均で見ると身長が高いからでしょう。

平成26年度の厚生労働省の国民健康調査による報告によりますと、20~25歳の日本男性の平均身長は172.2cmなんです。

そして同じ年代の日本女性の平均身長は157.9cm。

つまり、全体の平均で見れば男女の間では14.3cmの身長差があるということです。

では、実際に男性と女性のそれぞれの立場からすると、カップルでベストだと思う身長差ってどのくらいなんでしょうか?

女性の理想


まずは、女性の理想から。

ある調査では、女性が恋人に求める理想の身長差を聞いたところ、一番多かった回答が「15cmくらい高い」ということでした。

そして2番目に多かったのが「10cmくらい高い」で、3番目に多かったのが「20cmくらい」という回答です。

その次に「25cmくらい高い」で、最後に「5cm未満」という回答となりました。

つまり、ほとんどの人が10~20cmくらい自分より高い身長の男性が理想ということで、一番多かったのが15cmの身長差だったわけですね。

女性は守ってほしいという気持ちや、男性に可愛がられたいという願望があるので、やっぱり男性が自分よりも背が高いことを望むのかもしれませんね。

男性の理想


では、次に男性はというとどのくらいの身長差を恋人に求めるのでしょうか?

その理想を聞いてみると、一番多かったのが「10cmくらい低い」ということです。

2番目に「5センチ未満低い」、3番目に「15cmくらい低い」という結果が出ました。

男性の場合、断トツで多かったのが相手が自分よりも「10cmほど低い」ということでした。

女性と比べると5cmほどの違いが出ましたね。

男性としては、それほど身長差があるというよりは、目線が近い恋人を求めるのかもしれません。

ベストは15cmぐらい


男性からするとカップルの身長差で理想は「10cm」。

女性からすると「15cm」ということでしたね。

そう考えると、基本的には日本の男女の平均身長と変わらない身長差がベストと感じられているようです。

そうなると、やっぱり女性の平均身長が今約158cmくらいなので、男性が173cm前後あるとちょうど女性にとって理想とする身長差になりやすいということですね。

女性でも背の低い人もいればモデルさんのように高い人もいますし、男性も同じくいろいろな身長の人がいます。

そのため、自分の身長にプラスあるいはマイナス15cmというのが、相手に求める理想の身長ということになるでしょう。

シチュエーション別!カップル身長差


気持ち的には、10〜15cmくらいの身長差があるのがベストだと感じている男女が多いということがわかりますた。

では、実際にイチャイチャするときって、どのくらいの身長差があるといいんでしょうか?

身長差が15cm以上あるカップルも、抱きつきやすいとかあるけど、キスとなると身長差がありすぎると腰が痛くなったり、小さい方からはキスしにくいという事があります。

ここからは、シチュエーション別でのベストな身長差を調べてみました♡

キスは12cm差


キスするときの理想のシチュエーションは色々あると思います。

ですが、カップルの身長差によって、キス自体のやり方が変わってきますよね。

背の高い彼氏が背の低い彼女にキスするときには、ぐいっと腰も首も曲げてキスしなくてはいけないし、彼女の方は逆に背伸びをしたりすることもあるかもしれません。

背伸びキスなんて可愛くて憧れますが、彼氏のほうはちょっと大変なんですよね。

あとは、彼女がキスしたくても彼氏の顔が遠すぎて、自分からキスしづらいというデメリットもあります。

じゃあ、同じくらいの身長ならキスしやすいのか?というと、そうでもありません。

キスをするシチュエーションでいえば、理想の身長差というのは12cmと言われています。

12cm差があれば、男性が下を向いて、女性が上をむいたときにちょうど唇を重ねやすいんですね。

女性が上を向くと、上目遣いになって男性をキュンとさせる目や表情を見せることができるので、男性からしても嬉しいですよね。

それに、女性がキスしたいときにも、男性の首に手を回せば簡単にキスできるし、上目遣いでキスをおねだりできる角度を作れるので、ちょうどいい身長差なのかもしれません。

ハグする時は20cm差


恋人に抱きつきたくなるときってありますよね?

恋人に抱きしめられるとすごく安心するし、すごく幸せな気持ちになれますよね。

では、後ろから急に抱きつきたくなったり、むぎゅーっとしたくなるとき、どのくらいの身長差があるとフィットしやすいのでしょうか?

男性目線でいうと、女性を抱きしめやすいのは身長差20cmくらいのようです。

小さい女性を抱きしめるのって、男としてのプライドを満たされるような気分になりますよね。

そして、自分よりも小さな女性がギュッと自分にしがみついてくる感じもたまらなく可愛いくて守ってあげたくなります。

女性としても包み込まれるような感覚を持てるのが、20cmくらい高い男性からのハグなんです。

これくらいの身長差があると、ちょうど男性の胸の位置にフィットする感じがたまりません。

一緒に歩く時は15cm差


デートしているときや、学生であれば登下校のときなど、一緒に横に並んで歩くときも、好きな人と一緒だとすごく楽しいですよね。

一人で同じ道を歩いているときと、好きな人と一緒に歩く道というのは全く違った景色や気分を感じさせてくれるものです。

では、一緒に歩いているときにちょうどいい身長差はどのくらいなんでしょうか?

一緒に横に並んで歩いているとき、男性はやっぱり自分が女性よりも身長が高い方がいいですよね?

そう考えると、一緒に歩いているときのことを想定したとき、カップルのベストな身長差は15cmくらいのようです。

15cmくらいの差があると、女性がヒール靴を履いていても男性のほうが背が高くいられます。

なので、男性からしてもプライドを保てるようです。

女性も、デートにヒールを履きたいときなどにも気にせずにヒール靴を選ぶことができますね。

もちろん、フラットな靴でも見た目バランスのいいカップルでいられるので、お互いにオシャレに気を使わずにすみます。

そして、15cmくらいの身長差があると、横にいる恋人を見たときに、男性の場合は少し下目線に、そして女性の場合は少し上目線になります。

女性のちょっと横を見たときの上目遣いって、すごく可愛いんですよね。

そして女性も自分より少し背の高い彼が横にいる事で、守ってもらえている気分になるので、安心感もあるしエスコートしてもらいやすいでしょう。

男性も自分より少し小さい彼女なら、さっと手を差し伸べてエスコートしやすいと思います。

頭を撫でる時は15cm差


みなさんは、好きな人から頭をなでなでしてもらうのは好きですか?

頭なでなでって、安心感を感じられたり、甘えられる気持ちになってとてもうれしいですよね。

なんだか、ホッとするし愛されていると感じる事ができます。

そんなトキメキをくれる頭なでなでに最適なのは、身長差15cmのようです。

男性からしても、歩いているとき、立っているとき、そして座っているときにもいつでも隣にいる彼女の頭をポンポンとしやすいし、自然な流れでできます。

そして、女性からも手を伸ばせばできる距離と言えます。

あまりにも身長差のある彼氏だと、頭が遠くてがんばらないと頭をなでてあげる事ができません。

一回彼氏に「ちょっとかがんで」とお願いするか、座っているときに頭をポンポンしてあげるくらいでしょうか?

15cmくらいの身長差なら、彼氏も彼女もどちらも相手の頭を優しくなでてあげる事ができます。

落ち込んでいるときとか、頑張ったときとか、一番好きな人に、そして一番近くにいて欲しい人に頭をなでてもらえると、すごく気持ちが落ち着きますよね。

手をつなぐ時は15cm差


デートのときや、ちょっとしたときに一緒に手を繋いで歩く時もありますよね?

手を繋いでいると、相手とずっとつながっているような気がして、すごく嬉しいし、相手の手から感じる温かさが幸せですよね。

手をつなぐ時のカップルのベストな身長差は、これまた15cm差ということでした。

同じくらいの身長のほうが手をつなぎやすいんじゃないの?と思いませんか?

ですが、男性からすると相手をリードしやすいし、エスコートしやすいということで少し身長差があったほうが良いのです。

あまりにも身長差があると腕の位置がずれてしまうので、手をつなぎにくいということもあります。

そして、逆に同じくらいだとやっぱり問題になるのは、女性がヒール靴を履いたときですよね。

ヒールを履いてしまって彼氏よりも背が高くなってしまったとき、バランス的にちょっと…と思う人もいるでしょう。

どんな身長差があっても手はつなげますが、15cmくらいの差があると腕も組みやすくなるんですね。

身長差カップルのメリット・デメリット


街を歩いていると、すごく背の高い男性と小柄な女性が一緒にいるところを見ることがあります。

そういう身長差カップルってなんだかかわいいですよね。

男性が大きいと、すごく頼りがいのあって包容力のあるように見えるし、存在感があります。

そして、女性が小さいと守ってあげたくなるような可愛らしさがありますね。

身長差カップルに憧れる人も多いようですが、身長差がある恋人を持つメリットってなんでしょうか?

さらに、身長差があまりにもあると大変なことってあるのでしょうか?

ここからは、身長差カップルのメリット・デメリットを調査してみます♪

メリット


男性に守ってもらいたい、包み込んでもらいたいという願望が強い女性の場合、自分よりもずいぶん背の高い男性にキュンとするかもしれません。

男性も、小柄な女子って小さくて可愛いくて守ってあげたいという気持ちが刺激されますよね。

身長差カップルって、漫画やイラストでもすごく人気です。

では実際にはどんなメリットがあるのでしょうか?

1.男性のプライドが満たされる


男というのは、女性を守れるような強い自分でありたい、という気持ちがあります。

とくに好きな女性の前では強くて頼もしい男になりたいのです。

単に力が強いってだけでなく、精神的にも支えになりたいし、相手から尊敬される存在になりたいのです。

そんな男性としてのプライドが満たされるのが、身長差カップルの男性側のメリットです。

いつも自分よりも小さい彼女が横にいることで、自分が守っていかなきゃ、という気持ちも強くなります。

そして、いつも自分が主体であることゆえのプライドが満たされるのです。

男性のみなさんは、女性が高いところのものが取れないときに、自分がさっと取ってあげたとき、なんだか男としての誇りとかプライドが満たされたという経験がありませんか?

男性の中には、そうやって強くありたい、尊敬されたり、自分が好きな人を守れるような存在でありたいという気持ちが強い人が多いんですね。

そのため、そのような気持ちを満たしてくれるのが自分よりも身長差のある女性なのです。

2.女性が十分に甘えられる


女性側のメリットは、自分よりも背の高い男性と一緒にいると安心感があって、十分に甘えやすいという点があります。

多くの女性は、男性から守ってもらいたいという気持ちがあります。

男性に頼りたい、甘えたいという気持ちが強い女性は、とくに自分よりも背のかなり高い男性を好きになりやすいでしょう。

彼の胸の中に収まっているときにはすごく安心するし、存分に甘えられるのです。

これは、小柄な女性の特権かもしれませんね。

甘えん坊の女性にとったら背の高い男性は、思う存分抱きついたり、腕をまわしてもらって心も体もゆだねることができる存在なのです。

小柄な女性は可愛らしい仕草も似合いますしね。

3.キュンとしたシチュエーションができる


妄想の世界で繰り広げられているような、キュンキュンするシチュエーションを楽しめるのが身長差カップルです。

例えば、頭ポンポンされたり、階段を先に登っている彼女を呼んで、振り向いた瞬間にキスをする、というシチュエーションも実現できちゃいます。

それに、体の大きさが違うので、彼氏に包み込んでもらうように抱きしめてもらえたり、座っていても彼の膝に乗って甘えることもできます。

甘えん坊の彼女がほしい男性にとっても、甘えたい女性にとっても、身長差はかなりキュンとするシチュエーションを作りやすいわけですね。

さらに、電車に乗っていると見かける、吊革をつかむ背の高い彼氏のカバンや腕につかまっている小柄な彼女、というカップルもすごくかわいいですよね。

デメリット


身長差があるということにはメリットだけでなく、デメリットもあるようですね。

では、どんな不都合が出てくるのでしょうか?

1.キスをする時に届かない


身長差があるカップルが大変なのはキスです。

アニメや漫画、ドラマでの身長差カップルのキスってすごく素敵ですよね。

男性が覆いかぶさるようにキスするシチュエーションとか、女性が背伸びをしてキスするシーンはキュンとしますよね。

なので、身長差カップルのキスにすごく憧れる方も多いと思いますが、実際問題、どちらかがけっこう大変な姿勢になっているのです。

男性は腰や首が痛いので、ゆっくりと長い時間キスをするのが大変です。

女性だって背伸びをしたままゆっくりキスなんてできません。

身長差がありすぎるカップルの場合、座った状態でのキスが一番楽なのかもしれませんね。

キスをしたいのに、いい感じのムードなのに、キスをするときに届かないというアクシデントが起こるのが身長差カップルなのです。

2.歩くペースが合わない


そして、よくあるのが歩くペースが違って合わない!ということです。

当然、身長の高い方の人はそれだけ足も長いので、一歩が大きいですよね。

でも、身長の低い方は一歩も小さいのです。

そんな二人が同じ歩数を歩いているとしても、進んでいる距離が違います。

お互いに歩くペースを考えて相手に合わせて歩かないと、一緒に並んで歩くのは大変です。

身長の高い男性の場合、自分のいつものペースで歩いていると、女性を置いてきぼりにしてしまいますよね。

女性もいつものペースで歩こうとすると、男性はかなりゆっくりのペースで歩かなくてはいけません。

相手を思いやりながら歩けば問題ないとは思いますが、お互いに配慮が必要でしょう。

3.喧嘩の時に不利


どうしても、男性はいつも上から下を見下ろす感じになり、女性は上を見上げる形になります。

ラブラブしているときには何も問題ないのですが、これが喧嘩しているときとなると、女性の方がなんだか見下されているような気がすると感じるかもしれません。

男性も自分の方が力が強いんだと言うことを意識し始めて、強く出たりすることもあるでしょう。

体格差があるということは、それだけ力では大きな違いがあるということでもあります。

女性は男性に勝てない、ということで口で対抗しようとすることもしばしばです。

身長差のないカップルのメリット・デメリット


では、逆に身長差がないカップルはどうなんでしょうか?

みんなの理想の身長差というのは、だいたい15cmといったところですが、それ未満であった場合にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット


男性からすると、女性よりも自分が身長が高い方がいいな~と思う人は多いでしょう。

でも実際、身長が同じくらいの彼女と付き合ってみたら、案外いいな!と感じたことはありませんか?

女性の場合も、背の高い彼氏もカッコイイけど、自分と同じくらいの身長の彼でよかったなと感じるポイントがあるはずです。

1.話しやすい


なんといっても、目線が同じなので話しやすいです。

お互いに、下を見下ろすあるいは上を見上げる必要がないので、肩も凝らないし、首も疲れないし、自然と目線を合わせて話す事ができます。

そして、同じ目線なので気楽に話す事ができるかもしれませんね。

それに、小さな声でも聞こえやすいですよね。

コソコソ話も簡単にできます。

女性からしても、見下される感覚もないし、男性からしても男友だちと話しているときと同じ目線で話せるので緊張しにくいかもしれません。

お互いがフラットな気持ちで相手と話す事ができるし、目線はいつでも自然と合わせやすいという事と、同じ目線の人ってなんだか安心するということがメリットの一つでしょう。

2.ドキドキしやすい


身長差がないということは、目線が合わせやすいということもそうですが、顔と顔の距離が近いですよね。

横を向くと相手の顔がすぐ近くにある、という感じです。

つまり、恋人と距離感がないので、ドキドキしやすいということもあります。

いつでもすぐにキスできちゃいそうな距離感が、ドキドキを感じさせてくれるのかもしれません。

3.キスがしやすい


そして、キスがしやすいですね。

あまりにも身長差があると、先ほど説明した通り、どちらかがキスをするときに無理な姿勢になってしまう事が多く疲れます。

でも、同じくらいの身長の相手なら、いつでもすぐにキスができちゃいます。

どちらからでもキスがしやすいので、したい!と思ったときにすぐに行動できちゃうかもしれませんね。

そして、立っていてもどちらも無理のない姿勢でキスできるので、ゆっくりと濃厚なキスもしやすいでしょう。

相手と手を繋ぎながらでも、支えなくても、無理に体勢を曲げたりしなくてもそのままキスに入れる効率の良さは、メリットの一つではないでしょうか。

デメリット


身長差がないカップルは、いつでも同じ目線でいられるので話しやすし、顔の距離も近いので気持ち的にもドキドキすることが多いかもしれません。

そして、キスがしやすいというメリットがありました。

では、逆にデメリットはあるのでしょうか??

1.ヒールを履けない


女性の側からすると、一番のデメリットはヒールを履けないということですよね。

普段はヒール靴を履いている女性にとって、デートのときにはフラット靴に履き替えなくてはいけないというのはけっこう面倒なことですよね。

それに、その日のコーディネートからすると今日はヒールをあわせたい、という日もあります。

全体のバランス的には絶対にヒール靴を履きたいんだけど、ヒールを履くと彼氏よりも背が高くなってしまうから、泣く泣くフラットにするということもあるでしょう。

なので、オシャレさんや普段はヒール靴を履くという人にとっては、ちょっとめんどくさいと思うことも多いのかもしれません。

しかし、男性の気持ちを考えてプライドを傷つけてしまわないように、と思う女性は進んでフラット靴を履いてくれることでしょう。

2.男のプライドを傷つけてしまう


身長差がないカップルの場合、男性のプライドが傷つく瞬間が多いといえます。

身長の低い男性は、そのことにコンプレックスを感じている場合も少なくありません。

そのため、身長差を考えずに彼女が思いっきりヒールのある靴を履いてきたりすると、自分がすごく小さく見えるし、彼女に見下されて歩く、話すという事になってしまいます。

そんなとき、実は男のプライドを傷つけられているかもしれません。

彼女とハグしたいし、キスもしたいけど、身長の事が気になってなかなか自分から積極的になれないということもあるかもしれませんね。