CoCoSiA(ココシア)

「コテハン」の意味とは?今更聞けないLINE用語を解説します!


LINEが出現してからいろいろな言葉が誕生しました。

ある意味、言葉の国でもある日本ならではのことと言えますね。

しかし、LINEを使用している人しかわからない言葉だったりと、今でも世代によってわからない若者言葉などいまさら聞けない言葉が多く存在します。

中でも最近、やたらと使われ始めている「コテハン」というLINE用語ですが、LINEを今から始める人にとっては、その言葉の意味は何?といった感じの言葉でもあります。

従来の使われ方をわかっている人でも、実は違った使われ方をしている可能性があり、そこで時代遅れと言うことがばれてしまいます。

そうならないためにもしっかり、「コテハン」などのLINE用語を覚えておきたいですよね。

そこで、今回こちらの記事では、まずは「コテハン」からLINE用語を説明していきたいと思いますので、ぜひ、参考にしてみてください。

これを機に、LINE用語をマスターしましょう。

難しい、訳が分からないなどといって、固く考えてはいけません。

その固定概念が、LINE用語を覚えようとしない要因です。

また、自分には必要ないと言って覚えようとしない人もいらっしゃいますが、かつて「自分にはパソコンは必要ない」と豪語して、覚えようとしなかった人が今では社会に取り残されてしまっている状況です。

知らないよりは知っておくことが今後のためになりますよ。

故に、変な考えは持たずに軽く考えて覚えていくようにしましょう。

難しい?!ネット用語「コテハン」を解説

ネット用語やLINE用語、2ちゃん用語など、新しくできた言葉を覚えるのはなかなか難しいです。

しかし、そう思っているのは覚えようとしない人たちだけです。

なぜ、そう思うのかと言いますと、得体のしれないものだからです。

特に日本人は自分が知らないものに手を出すのを嫌がります。

流行ってから、知人が手を出してから、触れようとするのです。

つまりは、自分自身で覚えようとしようとはしないのです。

みんながみんなそうとは限りませんが、日本人の場合は何故か小さいコミュニティを大切にする習慣が強いので、そのコミュニティで流行らないものには、手を出そうとしないのです。

そこで難しいなどの都合の良い理由として使用しているのです。

しかし、何度も言いますように、そのような感じでこれまでにパソコンやインターネット、携帯電話などに手を出さなかった人が、今、取り残されているのです。

何が言えるのかと言いますと、時代はあなたがどう思おうが関係なく、進んでいるのです。

あなたの思いは関係ないのです。

つまり、あなたのコミュニティで見るよりかは世界で物事を見ないといけないのです。

世界で見るといったって…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなときに知らないよりかは知っていた方が幅広く対応ができるのです。

つまり、LINE用語だからと言って、覚えないは通用しないのです。

コテハンとは?


そこで、まずLINE用語の代表的な言葉である「コテハン」ですが、固定ハンドルネームの略称であり、ネットの世界にあふれている名無しではないということです。

ネットの世界は名無しもOKだし、偽名もOKなので、誰が誰なのかわからなくなってしまうこともあるのです。

要は誰が書いたかわからない記事を読んで信用してしまっているのです。

そのなかにはまったくのでたらめなどがあり、それを信用してしまう人もいるなど、これからの社会で必要になってくるのは、情報力になってくると思われています。

なぜかと言いますと、このように名無しでネットの掲示板などにいろいろなことを書かれているので、真実かどうか受け止めないといけないのです。

これまでは、テレビやネットなどから流されるものをそのまま受け止めるというのが普通でしたが、これからは違います。

誰が話していようとその情報がしっかりしたものか、ちゃんとしたものなのか、真実のものなのかを見極めないといけないのです。

そのなかで「コテハン」はネットの情報を見極めるうえで参考になるものです。

また、「コテハン」の人が書き込んだ記事が嘘だった場合はその瞬間にたたかれて、炎上してしまう危険性もあるので、違った角度から「コテンパンされるハンディを背負った人」ともいわれています。

ある意味、すてみのような感じもしますが、しっかりとした情報発信をしている人からすれば「コテハン」は大切なものです。

そこからビジネスにつながったりするので、ハンドルネームを持つことが今後のネットの世界を生き残るすべなのかもしれません。

意味

「コテハン」の意味ですが、前文でも説明しているように「固定ハンドルネーム」の略であり、ネットの中での自分の存在を知らしめるものと言えます。

以前は匿名性が主だったネットの中では、出てきた当時は斬新的なものではありましたが、今では普通のような感じになっています。

要は、匿名性だと、書いてある記事の情報が本当なのかどうかの疑いが強いのです。

少しでも信ぴょう性を出すために、固定ハンドルネームを使用される方もいらっしゃいますが、実は固定ハンドルネームがあっても信ぴょう性の低い情報を発信する人たちがいます。

アメリカ大統領選挙でトランプさんが当選したのも、マケドニアのネットユーザーが書き込んだ情報がきっかけともいわれています。

つまりは、インターネットの出現である意味、世界が2つできたと言えるのです。

現実世界と仮想世界です。

現実の中だけでなく、仮想の世界でも生きなければいけないのです。