CoCoSiA(ココシア)

弱虫な性格の6個の特徴と治し方!


もう弱虫なんて言わせない‼

弱虫な性格の徹底分析と改善策を教えます!

弱虫を卒業して強く生きていく秘訣とは?

弱虫な性格の6個の特徴

「弱虫」という言葉、誰かに言われたくない言葉ですよね。

他人からそう思われているということは、弱虫の特徴を自分が備えているということでしょう。

自分自身が一番、自分が「弱虫」であるということを分かっているのかもしれません。

弱虫な性格とはどういった特徴があるのでしょうか。

6個の特徴について検証していきたいと思います。

1.自信がない

自分に自信がない人というのは、隠そうとしても自信なさげな雰囲気が感じ取れるものです。

自信のなさがなんとも頼りない印象を与え、弱い人間だと思わせるのでしょう。

逆に自分に自信を持っている人というのは、そんなにアピールしなくても自信に満ち溢れているのがわかります。

そこに頼もしさを感じるものですが、自信のなさはイコール弱さだと言ってもいいでしょう。

自己主張ができない

日本人は自己主張が苦手だと言われています。

出る杭は打たれるということわざがあるように、目立つことを嫌うことから自己主張をしない人は多いです。

しかし、どんな人でも大事なところでは自己主張というものをして自分というものの立場を主張しなければいけません。

それは自分がどういう立ち位置かをちゃんとわかっているからこそできることであり、全く自己主張をしないということは、自分がないのと同じことなのです。

他人の意見に合わせてしまう

何かというと他人の意見に合わせてしまう人がいます。

食事に行っても自分で決められず、人と同じものを注文するような人は、見ていて何か優柔不断に見えます。

自分の意見がないので、他人の意見に振り回されふらふらとしています。

他人の意見に合わせておけば確かに楽です。

ですが、自分で何も決められない人間というのは何とも弱々しいことです。

2.否定されるのが怖い

弱虫の特徴として、否定されることに対しての耐性がないというのがあります。

自分の言ったことや、やっていることを否定されるのが怖いのです。

人間誰一人として同じ人間はいないわけですから、自分の意見に100人中100人全員が賛成してくれることなどありえません。

必ず数人の反対派がいるわけで、その反対派から否定、批判されるのは当然のこととして受け止めなくてはいけません。

しかし、誰か一人でにでも否定されることが怖くてビクビクしているのです。

自分自身の人格を否定されているように思ってしまう

弱虫な性格がの人というのは、何か言ったこと、やったことを否定されると、自分自身の人格を否定されていると思ってしまうのです。

これは被害妄想もいいところで、否定するほうからしたら、そんなに重い意味で否定しているのではありません。

あなたとは意見が違いますよということを言っているだけであって、人格まで否定するような人は滅多にいないと思います。

ですから、過大な反応をしすぎるという傾向にあるのでしょう。

周囲に流されてしまう

自分で何かを決めてやったことを否定されるのが怖いので、どうしても自発的に何かをする勇気がでません。

ですから、周囲の反応に流されてしまいます。

こういった感じにしておけば誰にも否定されることはないだろうと考えて、無難な言動を選んでしまうのです。

3.心配性

何に対しても過剰に心配してしまうというのも弱虫と言われる人の特徴だろうと思います。

多くのことは心配のしすぎ、取り越し苦労となってしまうことが多く、なぜそんなたわいもないことにまで心配することがあるのかと思ってしまいます。

心配性の人を見ているとどこか、縮こまった雰囲気があり神経質そうな感じがします。

視野の狭さというのも心配性の一つの原因ではないかと思います。

歳をとるにつれ、だんだんと世の中を見る視野は広がってくるとは思いますが、若いころにしかできないこともあります。

無駄に心配ばかりして、若いころにしかできないせっかくの機会をふいにしてしまったと、後になってから後悔している人も多いのではないでしょうか。

失敗を恐れている

なぜ心配するかという一番の原因は、失敗を恐れる気持ちにあるのだと思います。