CoCoSiA(ココシア)

元気な人の特徴といつも元気でパワフルな人になる6個の方法


元気が一番!

元気でパワフルな人は、それだけでみんなの人気者!

あなたもエネルギーみなぎる人間になって人生を今より10倍楽しみましょう!!

いつも元気でパワフルな人になる6個の方法

会社の中や、地域のコミュニティなどで、いつも元気でパワフルな人を見かけることがあります。

見るからにエネルギーに溢れ、血色もよく、タフな印象をうけます。

こういう人が一人いるとチームが活気づき、皆やる気がでてきます。

パワフルな人は頼りがいがありそうな雰囲気を持っていますので、自然にリーダー的存在へと抜擢されることも多いと思います。

まわりからも信頼され、慕われるこういった人間になるにはどうすればよいのでしょうか?

ここに、元気でパワフルな人間になるための6個の方法をご紹介したいと思います。

1.積極的に挨拶をする

挨拶は全ての基本です。

人間関係のマナーとして挨拶をきちんと交わすことは当然のことですが、意外とできていない人が多いです。

朝、出社した時に眠いのか、機嫌が悪いのか知らないですが、ろくに挨拶もしない人がいると、さあこれから仕事を頑張ろうという気持ちがそがれてガッカリします。

それに、挨拶をすることによって自分にも気持ちがシャキッとすると思うのです。

元気な人というのは、挨拶をおろそかにすることはありません。

自らが進んで挨拶できるのです。

相手がするのを待つのではなく、自分から積極的に挨拶をする。

これが大切なのです。

自分発信かどうかが、元気でパワフルな人が重視している点です。

明るい声

「おはようございます!」しっかりと張った大きな明るい声が響くと、なんとも気持ちの良いものです。

元気でパワフルな人というのは、よく通る明るい声を発します。

腹の底から声が出ている証拠なのでしょう。

声が明るいというのは、聞いていて非常に良い印象を与えます。

反対に、小さくてどこかこもったような、かすれ声を聞いたらどんな印象を持ちますか?

元気がなさそうで陰気な印象を持つでしょう。

元気な人というのは、もう声を聞いただけですぐわかるものです。

明るくて張りのある声を出すことから考えていきましょう。

笑顔

挨拶には笑顔がつきものです。

この二つはちゃんとセットになっていないといけません。

不愛想な顔で挨拶しても、ただ義務的に挨拶を交わしているとしか見えません。

元気な人の笑顔というのは、周りの人を元気にさせるような、太陽のような輝きがあります。

笑顔にもいろいろありますが、恰好をつけて口元だけでフッと笑うようなニヒルな笑いではなく、身体全体でニコッと笑う、エネルギー溢れる笑顔です。

自然な笑顔が作れるという人は意外と少なく、どうしても作り笑いが見て取れる笑顔になってしまう人が多いです。

それは普段からあまり笑顔になっていない人が、人前に出た時に急に笑顔を作らないといけないので、どうしても不自然な笑顔になってしまうのです。

元気な人というのは普段から明るく快活なので、笑顔を絶やしません。

普段から笑顔になることに慣れているから、人前に出ても自然な親しみのわく笑顔が作れるのだと思います。

背筋を伸ばして

姿勢というのは本当に大切で、特に背筋を伸ばすことの大切さをわかっていない人が意外と多く、常に猫背になっている人がいます。

猫背になることは首や肩に負担がかかるだけでなく内臓にも悪いということです。

身体的なことだけではなく、猫背の人を見ると、元気がなく自信なさげな人だなという印象を受けます。

ですから背筋をピンっと伸ばすことは大切なのです。

元気でパワフルな人というのは例外なく、姿勢のいい人が多いです。

背筋がちゃんと伸びていて、そこから気持ちのよい挨拶をしてくれるので、悪い印象を持つはずがありません。

2.人と一緒の時間を増やす


人間というのは全てエネルギーでできています。

そのエネルギーというのは使えば減るのではなくて、使ってこそ増えるのです。