人は生きていく事は出来ません。

必ず誰かの手助けが必要になる事でしょう。

それは家族かもしれません、大事な恋人かもしれません。

そんななか、忘れては行けない存在が居ます。

それが友達です。

友達は、場合によっては恋人よりもずっと大事な存在になる事でしょう。

恋人は、恋が終わってしまえばそれでおしまいです。

結婚でもしない限り、別れはいつか必ずやってきます。

現実主義と言われてしまうかもしれませんが、それが事実なのです。

だからこそ、恋人に全てを依存していると分れた時に困る事にもなりかねません。

ですが友達違います。

友達はお金で買う事は出来ないという言い方を良くされます。

それはつまり、お金に菅さんするほどの価値がある程、友達は大事な存在だと言う事が言えるでしょう。

友達は、恋人の様に急に居なくなる事もありません。

いい関係をずっと築いて行く事が出来れば、一生物の友人を作る事だって可能なのです。

自分の全てを理解し、応援してくれる友達が傍にいてくれたらどれだけ心が救われるでしょうか。

小さな事に負けずに真っすぐ生きていく事ができるでしょう。

だからこそ、友達は大事にしなければならないのです。

ですが、そんな大事な友達も時には面倒になる事もある物です。

うざいと感じてしまう事もあるでしょう。

大事な友達に対してうざいなどと感じてしまう自分はなんてダメな奴なんだと考えてしまう人も居るかもしれません。

ですが、気にする事はありません。

それは誰にもある感情だからです。

今回は友達をうざいと感じるタイミングや、その対処方法について考えたいと思います。

今友人関係に悩んでいる方も、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

友達うざい!あるあるまとめ

友達は、人生の宝と呼ばれる程大事な物です。

だからこそ、友達はないがしろにせずに大事にするべきです。

どんなにお金を持っていたとしても、友人だけは買う事は出来ません。

自分の人間力が試される結果なのです。

だからこそ、誰もが一度出来た友人はできるだけ大事にしたいと考えるのです。

しかしながら、そんなに大事な友達もめんどうな時は面倒なのです。

うざいと感じる事だってある事でしょう。

うざいと感じるポイントは人によって様々です。

ですが、大半の人がうざいと感じる行動は重なっている場合が多く、共感で居る部分も多々ある事でしょう。

そこで、友達のうざいポイントをあるあるでご紹介させて頂きます。

友達に対してうざいと感じてしまう人の中には友人ではなく自分が悪いのではないかと感じてしまう人もいるかもしれません。

ですが、多くの人がおなじようにうざいと感じているという事実を知る事が出来れば自分の生き方を変える事もできるかもしれません。

うざい相手に対して思い悩む必要は一つもありません。

多くの事に対して、自分の気持ちを大事にして行動して行く事が何よりも重要な事なのです。

友達うざいあるある13選

ここからは、実際にうざいと感じるポイントについてご紹介させて頂きます。

うざい行動には、あるあると言われる程の共通点があります。

その為それを知る事によって、自分が考えすぎなのかそれとも世間一般的な考え方なのかを知る事ができるでしょう。

友達の事を悪くいうなどという事実に落ち込んでいる方も、多くの人も同じように感じているという事実を知る事が出来れば気にせずに過ごす事ができるようになるかもしれません。

自分の話ししかない

まず、うざいと感じる人に対して友人であるかどうかは関係ありません。

人間として相手の事をどう思うかと言う事なのです。

ですが、顔見知り程度の人であれば多少嫌な事があったとしても、無視する事はそう難しい事ではありません。

しかしながら、友達の場合はもっと距離が近い為その迷惑をより近い形で感じる事となります。

そのせいで許せないと感じる事もあるでしょう。

その一つに、人の話を聞かないと言う事があります。

会話を楽しむ為には、互いに発言する必要があります、。

一人がしゃべり続ける事は、決していい関係とは言えません。

たまには、自分の話をしっかりと聞いてほしいと思う日も来るかもしれません。

そんな時は、次に相手の話をしっかいと聞いてあげれば良いのです。

問題なのは総合的に見て、お互いが気持ちよく会話を端子む事ができるかというポイントなのです。

いつもいつも自分の話しかし無い人は、本当の意味での友達では無いのかもしれません。

友達であれば、もしあなたの体長が悪いと聞けば心配してくれるはずです。

ですが、常に自分にしか興味をもっていない人は、相手がどんな状況なのかを考える想像力がありません。

むしろ、想像力を使う事すら逃げているのかもしれません。

そうなってしまっては、自分の事ばかり話す人と、より有効な関係を作るためにと話をした所でこちらにが大きなメリットがありません。

だからこそ、そんな人と一緒に過ごす事に対してうざいと感じてしまったとしても仕方がない事でしょう。

自分自身も話をする際は、出来るだけ相手に深いな思いをさせない事が大前提です。

その事を忘れて同じように話をし続けてしまっては多くの人が困る事になるでしょう。

自分の周りから人が居なくなったとしても仕方がない事です。

かまってちゃん

『かまってちゃん』と言えば聞こえは良いですが、実際にその人が目の前に居たらうざいと感じる事間違い無しです。

多少のかまってちゃんであれば可愛いと思って貰う事もできるでしょう。

特に男性の場合には、そんな女性にたして可愛いと感じてしまう事もあるかもしれません。

ですが、それも最初のうちだけです。

それが何度も続くようであれば次第にうざいと感じるようになる事も想像はたやすいです。

かまってちゃんの一番大きな問題は、自分のペースで全てを押し通そうとする所です。

自分の気持ちが優先なので、相手の事は何も考えてくれないのです。

自分が話したいと思ったら話をする。

出掛けたいと思ったら出掛けてしまう。

そう言った自由な形で行動するからこそ、多くの人から嫌煙されてしまうのです。

かまってちゃんも、幼い頃であれば可愛いと思って貰う事ができるでしょう。

自分の気持ちを素直に出す事が褒められる時代だってあるかもしれないのです。

ですが、それを大人になっても続けて居るからこそ問題なのです。

人は年齢によって成長して行くべきです。

【かまってちゃんについては、こちらの記事もチェック!】

他人の文句が多い


人の文句は聞いていて気持ちの良いものではありません。

どちらかというと、気分が悪くなりウンザリとしてしまう事も大いにあるでしょう。

多少の噂話は、ついつい誰もがしてしまう物です。

もしかしたら、それをする事によって盛り上がる事もあるかもしれません。

ですが、それを繰り返して居れば次第にそれに対して不快感を抱く人も必ず出てくるはずです。

多少の悪口であれば、仕方がない部分もあります。

それぞれ違った考え方を持つ人同士なので相手に対して不満を感じる事だってあるでしょう。

それを全て我慢する必要はありません。

前面に出したって良いのです。

ですが、それも度を越えたものになってしまえばいつの間にか自分だけが孤立してしまっている状況になってしまったとしても不思議ではありません。

マイナスなオーラは、それを受ける事によってこちらもまたマイナスなオーラを与えられる事になってしまいます。

そのせいで、自分の心が必要以上に下がってしまうのです。

そうなってしまっては一緒に居たいと思う事は少なくなっても仕方がないでしょう。

自分が疲れるような相手と一緒に居たいと思う人は居ません。

むしろ、自分の気持ちが明るくなる人と一緒に居たいと思うはずです。

だからこそ、悪口をいう人とは離れて居たいと思うはずです。

自慢話が多い

自慢話は聞いていて気持ちの良いものではありません。

勿論、純粋に凄いと感じる部分もある事でしょう。

ですが、そうならない場合もあります。

少しの自慢話であれば、相手の事を理解する事が出来たとしても、余りにも沢山の自慢話をされてしまうと相手に対しての反発心を抱く事になります。

そんな面白くも無い話なんか聞きたくないとさえ思ってしまうでしょう。

だからこそ、そうならない為にも自慢話はほどほどにしなければなりません。

自慢話は、どうしたって相手が嫌な思いをする確立が高くなってしまう物です。

だからこそ、そうならないようにする為にも、自慢話は基本的にしないに限ります。

どうしても自慢話がしたいというのであれば、それは本当にお互いの気持ちが分る深い中の人に対してするべきでしょう。

ネガティブ発言が多い

ネガティブな発言をしている本人は、それをする事によって自分の心の中に溜まったストレスを解消しているのかもしれません。

様々な毒を吐く事で、解消される部分もあるのでしょう。

ですが、それを周りで聞いている人からすればたまったものではありません。

というのも、ネガティブな発言はマイナスなオーラがたっぷりです。

そんなマイナスのオーラをひたすら感じて居ると、自分の気持ちまで暗く悲しい物になってしまうかもしれません。

なんてことない出来事を、とても大きく感じてしまう事だってあるのです。

そのせいで色々な事を前向きに捉える事が出来なくなってしまう事だってあるでしょう。

それは決して良い状況とは言えません。

だからこそ、私たちはネガティブな発言をする人とは距離をとって生活していと考えるのです。

ネガティブな発言は、周りに居る人を巻き込む可能性が大いにあります。

そのせいで、自分の気持ちが下がってしまうのであればそんな人と一緒に過ごしたいと思う人など居ないでしょう。

うざいと思われるのも当然です。

結局人は、一番大事な存在は自分です。

自分以上に大事な存在など、子供以外に存在しないのでは無いでしょうか。

だからこそ、例え友人が悩んでいるのだとしてもずっとネガティブな発言をしているだけの人に対してはウンザリしてしまうのも大いに納得出来ます。

悲劇のヒロインを演じる


『自分が一番可愛そう』そんな考えを持っている人は、いつの間にか自分が悲劇のヒロインにでもなったような気持ちになってしまうのでしょう。

自分がいかに可愛そうで恵まれて居ないのか。

それを訴え嘆き悲しむ事によって今の現状を守るすべを探して居るのです。

そうすれば、自分が傷つく事も無く安心して過ごす事ができるのかもしれません。

ですが、それを周りで見ている人はどう思うでしょう。

確かに、本当に恵まれない状況なのであれば自分を慰める事も一つの方法なのかもしれません。

ですが、大抵の場合それは自分が作りだしたものであり自分自身をそうした可愛そうな存在にする事によって、周りからの同情を期待しているのです。

悲劇のヒロインを演じる事ができる位元気なのであれば、わざわざそんな事をする必要は無く前を向いて生活して行けばいいだけの話です。

いかに他人から注目されるかを気にして生きていると言う事は、それだけプライドが高く自分に自信を持っているのでしょう。

自分自身にプライドを持つ事も重要な事ではありますが、だからと行ってそれを過度に演出する必要性はどこにもありません。

異性から見れば可愛そうな存在も、同性から見れば非難の対象となる事も多々あります。

特に女性の場合には、悲劇のヒロインのふりをする事で周りの人から敵対される事だってあるかもしれません。

そうならない為にも、自分の意思だけでは無く周りの人の反応も悉皆rと確認しておくべきでしょう。

ゴシップ好き

ゴシップとは、噂話の事です。

噂話は、いつの時代も多くの方々に好かれています。

最近ではSNSが普及してきたこともあり、様々な形でこのゴシップを目にする機会もあるでしょう。

これらが多くの人の生活の中に登場する事によって炎上などと呼ばれる出来事が八背日しているのかもしれません。

炎上してしまえば、それがまたゴシップとなり正に堂々巡りです。

ゴシップを好きという人はどこにでも居る物です。

そのゴシップがある事によって、ドキドキワクワクするのでしょう。

ですが、それはある意味では、人の不幸を喜んでいるという事にもなりかねません。

最初は一緒になって喜んでいた人も次第にそのノリについて行く事が出来なくなる事もあるのです。

人の不幸は蜜の味なんて言い方をする事もあります。

ですが、それを実際に余り物大っぴらに行う事は、抵抗があり許される事では無いでしょう。

自分の欲を満たす為に他人の不幸を楽しむ人など自分の友達として付き合って行きたいと思う事はありません。

だからこそ、うざいという一言に繋がって行くのです。

自撮りが多い

自撮りとは、自分自身で自分を撮影する事の事です。

少し上の世代からすればなんの為にそんな事をしているのかと不思議に思う事もあるでしょう。

確かにその通りです。

冷静になって考えれば、おかしな好意です。

ですが、最近のSNSの普及もありそこに投稿する為に多くの人が自分自身の姿を撮影しているのです。

他にも様々な写真がある中で、自分の顏を時々投稿するのであれば、そう多くの人にうざいと感じられる事も無いでしょう。

ですが、投稿の殆どが自分の顏だった場合見ている人はどう思うでしょうか。

自分の事が大好き何だなと思うはずです。

自分の事を好きな事は良い事です。

それによって自己肯定感が強くなり自信にも繋がるでしょう。

ですが、それを度を越えてしまえば周りの人の気持ちを逆なでしてしまう事にもなりかねません。

『自分ばっかりうざい』と言われる事となるです。

芸能人などの人の場合には、そういった人も大勢居るかもしれません。

ですが、私たちは芸能人ではありません。

その芸能人でも無い人達のキメ顏を誰が永遠に見たいのでしょうか。

自撮りをする為にイチイチ取られる時間も、自分に関係が無い次点で単なる無駄な行動です。

やりたいならどうぞ御勝手にと言われてしまうでしょう。

彼氏の自慢が多い

これは、特に女性に多いうざいポイントです。

自分の大好きな人と交際する事が嬉しいのは誰もが同じです。

ついつい人に話したくなる気持ちもわかります。

最初の頃は、誰もが暖かく話を聞いてくれる事でしょう。

『良かったね』と一緒に喜んでくれる事だってあるはずです。

ですが、それが何度も続けばウンザリしてきます。

人の幸せ話は、飽きる物です。

確かに幸せオーラというくらいですがから、ネガティブな話をされるよりは幸せな気持ちになる事ができるかもしれませ。

それだけで、自分も楽しい気持ちになる事ができるのです。

ですが、それを毎回聞いていれば新鮮さも無くなりウンザリする事でしょう。

また、自分の恋愛が上手くいっていない時などは特に相手の話がうっとおしく感じる物です。

人は所詮自分が一番可愛いのです。

だからこそ、自分が幸せで無ければ他人の話を聞く余裕など持つ事が出来ないでしょう。

その気持ちの変化に気が付かず常に彼氏の話ばかりしてくる人は、周りの人からうざいと思われても仕方がないのかもしれません。

恋は盲目とは良く行った物です。

盲目になるくらい、人を好きになる事は素敵な事です。

ですが、それに他人を巻き込んでは行けません。

ある程度、冷静さを保ちつつ行動する事を頭の中に入れておいてください。

プライベートにまで突っ込んでくる

『友達』と行っても様々なタイプが居る物です。

昔からのなんでも話し合う事ができる相手の事も友達ですが、『ママ友』『会社での同期』など何か繋がりがあるからこそ仲良くしているという人も居る事でしょう。

友達とは便利な言葉です。

その言葉を使うだけでその人たちと何だか深く仲良くなったような気持ちになり、一体感を感じる事ができるからです。

ですが、その『友達』には適度な距離間が必要です。

本当の友達には話す事ができる話でも、この建前での友達には話す事が出来ない事だってあるのです。

にも拘わらずなんでも感でも知りたがる人というものは居る物です。

その人のせいで嫌な思いをしている人は必ず居るはずです。

プライベートの部分は自分が本当に信用している人にしか話さない物です。

ですが、そんな事も分からずにガツガツ心の中に土足で踏み入れようとする人は、世の中に多く居ます。

そんな人達と付き合う事は、精神的にもとても疲れます。

だからこそ、うざいと一言で片付けられてしまうのです。

ドタキャンが激しい

約束は、守る為に存在しています。

そうでなければ、約束をする意味がありません。

しかし、世の中にはその約束に対する認識が甘い人が沢山居ます。

せっかく前々から約束をしていたのにも関わらず、いきなりキャンセルをしてくる人が居るのです。

何か特別な予定が出来てしまったのであれば仕方がありません。

きちんと理由を説明すれば、誰もが分ってくれるでしょう。

ですが、そのドタキャンが何度も続けばどうでしょうか。

段々と嫌な気持ちになる事は用意に想像が出来ます。

例え、良い訳があったとしても『嘘なのではないか』と疑いの心をもってしまうかもしれません。

そんな相手は、友人と呼ぶ事は出来ません。

段々と約束をする事自体が面倒となり、しまいには、関係を清算したいと思うようになる事もあるでしょう。

お金持アピール

金の切れ目が縁の切れ目というように、お金に関する事はどうしても問題を大きくしがちです。

その為、どんなに仲の良い相手だったとしても、お金の貸し借りはしない方がベストです。

せっかくいい関係を作る事が出来て居たとしても、お金が出てくる事によって関係が破たんしてしまう事も用意に想像する事ができるからです。

これは、お金の貸し借りだけに限られた事ではりません。

例えば、お金に関する自慢話も同じです。

お金は、生活に直結しています。

だからこそ、お金の自慢は一番嫌らしく多くの人から嫉まれる原因となってしまうのです。

嫉むくらいなら、お金を稼ぐように努力すべきだと思う人も居るかもしれません。

ですが、お金は急にできる物では無いのです。

いくら一生懸命努力をしたとしても、そう簡単に報われない事も多々あります。

そんな時に、お金持ちのアピールをされたらどうでしょうか。

いくら普段大人しい人でも、イライラしてしまうはずです。

これは正常な反応です。

何も感じず、素直にその人の事を褒める事ができる人はよほどの変わり者です。

そんな変わり者はそうそう居るものではありません。

だからこそ、お金もちアピールをする人は大抵嫌われ居ます。

昔は同じような生活をしていた友達も、大人になると様々な形で関係性が変わって来ます。

このお金の問題も多々あります。

仕事や結婚相手などによって、それからの人生は大きく変わって行きます。

良く変化する事が出来て居れば問題ありませんが、中には納得行かない日々になってしまう事だってあるのです。

だからこそ、お金持ちの自慢自慢などしないに限ります。

理解できないテンションの高さ

自分と同じように喜んだり悲しんだりしてくれる相手が居れば、その喜びは2倍に。

悲しみは半減する事でしょう。

ですが、そのテンションが自分と全く合わなかった場合、その人に対してとてもうざいと感じる事でしょう。

例えば、自分は静かにしていたい時でも周りで遊びはじめたりやたら話しかけてくる人がいたらどうでしょうか。

きっとうざいっと思うはずです。

1.2回であれば、少々ムッとする位の怒りだったとしても、それが何度も続く事にっ酔ってその人と関わる事自体がめんどくさくなる物です。

そういった人は、感じる力が弱いのです。

人が嫌がって居いる事に気が付く事が出来ないで居ます。

だから、そんな時は自分から距離を取ろうとする事が一番大切な事なのです。

友達と関係を崩さないために対処法を伝授

ここまでは、友達に対してうざいと思う瞬間についてご紹介させて頂きました。

あなたが思ううざいポイントはあったでしょうか。

うざいと思う事に対して、抵抗を感じている人も居る用です。

ですが、人間は聖人ではありません。

神様の様に広い心をもつなど不可能なのです。

時に怒り時に悲しむ事は恥ずべき事などでは無く、正常の範囲です。

うざいと思った気持ちは、相手に対してついつい攻撃的な行動に出てしまう事もあるでしょう。

ですが、それはあくまでも最終手段です。

それをする前に、まず友人関係を維持できる方法が無いか探して見るのです。

大嫌いな相手とずっと一緒に居る必要はありません。

ですが、うざい程度あればお互いの気持ちを改善する事もできるかもしれません。

例え、うざい友達もせっかく出来た友達です。

全てを我慢白とは言いません。

ですが、上手く折り合いを付ける方法を探す事も大事なポイントでしょう。

そこでここからは、うざい友達に対する対処方法についてご紹介させて頂きます。

友達うざい時の対処方法はこれ!実践してみて

人には色々なタイプの人間が居ます。

中には、理解出来ないような行動を取るような人も居るかもしれません。

そんな人にたして、我慢をする必要はありません。

嫌なものはいやだと突っぱねてしまいましょう。

ですが、そうは言ってもなかなか出来ない部分もあるでしょう。

そこでここからは、うざい人に対しての対策をご紹介させて頂きます。

その対策を実践する事によって、今のイライラから多少解放される時が訪れるかもしれません。

関わらない

どんな人でも嫌いな人も居れば好きな人も居ます。

例え多くの人から好かれているような相手だったとしても自分が嫌いなのであれば、むりして関わる必要はありません。

関りを避ける事によてって多くの問題が発生するのであれば話は別です。

ですが、大抵の場合関わりを絶ったとしても困るのはその一時です。

その後はまた新しい人脈を作る事ができるので、それほど大きな問題を感じる事は無いはずです。

最初は勇気の居る事かもしれません。

ですが、の勇気を持つ事ができるだけで日々の生活がよりよいものに変わる事があります。

深い入りしない

うざいと感じている次点で、その人は本当の友達では無いのでしょう。

だからこそ、そんな人とは付き合う必要はありません。

話半分に聞いて離れいましょう。

自慢したい人も、あなたのプライベートを知りたいひとも、全て話を流してしまえばそれ以上深く関わってくることは出来ないはずです。

相手に深入りしないと言う事は、自分自身にも深いりさせないと言う事になります。

それだけでバリを張る事が出来ます。

褒めない

自慢してくるような相手に対しては、相手にしないのが一番です。

もし、褒めたりしてしまえば相手はどんどん調子に乗って更に状態が悪化するでしょう。

本気で凄いと思っているなら良いですが、その状況がうざいを感じているのであれば、相手にしては行けません。

褒められればだれでも嬉しい物です。

お互いが尊敬しあう関係なのであれば、褒め合う事もいいかもしれません。

ですが、そうでは無いのであれば無理に相手にする必要は無いでしょう。

あまりオススメしないが「仕返し」をする

もう本当に我慢出来ない時。

相手が全くこちらの気持ちに気が付いてくれない時。

そんな時は仕返しをしてしまいましょう。

仕返しは決していい方法では無いでしょう。

しないにこした事はありません。

ですが、どうしても我慢出来ない程の思いがたまって居るのであれば、それを我慢してまで付き合う必要はありません。

相手が変わらないのであれば、自分が実力行使に出るしかないのです。

仕返しと言っても嫌がらせをしたり暴力をふるう事はお勧め出来ません。

例えば、相手にされて嫌な事を同じようにし返してやるのです。

そうする事によって、相手にも同じ用意嫌な思いを味合わせる事が出来ます。

人間我慢ばかりしているといつか爆発してしまいます。

そうならないようにする為にも、小出しにしていく方法を身に付ける事も必要です。

友達のうざい行動は無視しよう

結局うざい相手というのは、どこにも居るものです。

その人の事を改善しようとした所で、その人は元々そういう人なのです。

それを改善する事は大変難しく、不可能に近い部分もあります。

相手がわざとやっているのであればまだ改善する事もできるかもしれませんが、天然なのであればもうどうする事も出来ません。

そんな時はできるだけ関わらないに限ります。

人生は一度しかありません。

そんな貴重な時間を、嫌いな相手に使う事は勿体無い事だとは思いませんか?

変える事が出来ないのであればそもそも関わらないのが一番の方法です。

子供の頃は、誰とでも仲良くしましょうと言われてきました。

ですが、大人になってまで嫌いな相手に関わる必要は無いのです。

もし、どうしても縁を切る事が出来ない事情があるのであれば、できるだけ表面だけを見て生活する事をお勧めします。

そうする事によって今よりは良い状態を作る事ができるでしょう。

今まで我慢してきた人は、明日から思い切り距離をとってしまいましょう。

そうする事で相手が何かを察するのであればそれはそれでめっけものです。