CoCoSiA(ココシア)

友達うざいと思ってしまう12個の瞬間と対処法


仲の良い友達でもうざいと思ってしまうこともありますよね。

この記事では友達をうざいと思ってしまう瞬間や、その対処法についてご紹介します。

今友人関係に悩んでいる方は、是非参考にしてみてくださいね。

友達うざい!あるあるまとめ

友達は、人生の宝と呼ばれる程大事な物です。

しかしながら、そんなに大事な友達もめんどうな時は面倒なのです。

うざいと感じてしまう事もありますよね。

友達に対してうざいと思ってしまう人の中には、友人ではなく自分が悪いのではないかと感じてしまう人もいるかもしれません。

ですが、実際は多くの人が同じように、友達をうざいと思ってしまうこともあります。

うざい相手に対して思い悩む必要は一つもありません。

一緒に対処法を見つけていきましょう。

友達うざいあるある12選

ここからは、実際にうざいと感じるポイントについてご紹介させて頂きます。

うざい行動には、あるあると言われる程の共通点があります。

その為それを知る事によって、自分が考えすぎなのかそれとも世間一般的な考え方なのかを知る事ができるでしょう。

友達の事を悪くいうなどという事実に落ち込んでいる方も、多くの人も同じように感じているという事実を知る事が出来れば、気にせずに過ごす事ができるようになるかもしれません。

1.自分の話ししかない

会話を楽しむ為には、互いに発言する必要があります。

一人がしゃべり続ける事は、決していい関係とは言えませんよね。

いつもいつも自分の話しかしない人は、本当の意味での友達ではないのかもしれません。

友達であれば、もしあなたに悩みがあれば心配して話しを聞いてくれるはずです。

ですが、常に自分にしか興味をもっていない人は、相手がどんな状況なのかを考える想像力がありません。

そのため、会話のほとんどが自分の話ばかり。

こちらが話しはじめても、全部自分の話に持っていってく会話泥棒なのです。

一見話し上手に見えるかもしれませんが、そうではありません。

聞かされる側からすれば、うざいと思ってしまっても仕方ありませんよね。

2.かまってちゃん

多少のかまってちゃんであれば、可愛いと思えるかもしれませんね。

ですが、それも最初のうちだけです。

それが何度も続くようであれば、次第にうざいと感じるようになってしまいます。

かまってちゃんの一番大きな問題は、自分のペースで全てを押し通そうとするところです。

自分の気持ちが優先なので、相手の事は何も考えてくれないのです。

例えば、自分がかまってほしいタイミングで連絡を返してくれないと、何度も何度も連絡をしてきたり。

SNSなどでかまってほしそうな投稿を繰り返したりします。

友達として関わることが多い場合、そのかまってちゃん具合にうんざりしてしまうかもしれません。

【かまってちゃんについては、こちらの記事もチェック!】

3.文句や愚痴が多い


人の文句や愚痴は聞いていて気持ちの良いものではありませんよね。

多少の噂話は、ついつい誰もがしてしまうものです。

もしかしたら、それをする事によって盛り上がる事もあるかもしれません。

ですが、それを繰り返していれば、次第に不快感を抱く人も必ず出てくるはずです。

また、文句や愚痴をいつも言っていたり、度を越えたものになってしまえば、まわりからはウザいと思われてしまうでしょう。

4.自慢話が多い

自慢話をしている本人は気持ち良いかもしれませんね。

ですが、聞かされている側からすると何も面白くありません。

いつもいつも自慢話をしてくる友達には、「また自慢か…」とうんざりしてしまうでしょう。

そうならない為にも、自慢話はほどほどにしなければなりません。