CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

辰年生まれの性格の特徴4個と恋愛傾向


干支というのは子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥、の12匹で構成されています。

12匹の干支の中で、1匹のみ現実的にいないものが混ざっていますよね。

それは伝説上の生物、辰です。

辰とはざっくり言うと龍の事になります。

実は元々干支というのは動物を表している訳ではない事はご存知でしょうか?

昔の言葉で丑の方角、巳の刻という風に、方角や時刻を表している言葉です。

一般人向けに動物に当てはめたという説があります。

辰は本来、龍を意味するものではありませんでした。

草などが整った状態を表したものとされています。

干支の中でも空想上の生き物のため、辰はどういう意図があるのかわからないという人も少なくないようです。

この記事では、辰年生まれの性格の特徴と恋愛傾向について見ていきたいと思います。

辰年生まれの性格の特徴4個

辰というと日本系ではなく、中国系のイメージが強いでしょう。

実際中国の神話には龍などのお話がいくつも残されています。

昔の中国では、龍は権力者の象徴とされていた事もありました。

権力者と申しますと今では偉そうで感じの悪いというものですが、当時は正義と信頼という意味があったそうです。

実際私の友達にも辰年の友達がいるのですが、正義感はとても強い方ですね。

ゆらゆらと優雅に空を飛んでいる辰ならではという特徴が強いのかもしれません。

1.大らか

辰年の方はとても大らかで怒っている所を見た事はありません。

優しい人が多く争いを嫌うため、自分から折れる事はありませんが、相手と有効的な手段で仲良くなる事が多いです。

実際人から嫌われるような事もなく、誰とでも仲良しな気がします。

辰年の友達とは昔の仕事関係で仲良くなったのですが、とても優しくよく一緒に遊んでいた事も多かったですね。

大らかであり、友達が多いイメージが強いです。

争いを嫌う

争い事はあまり好きではなく、怒った所は見たことがないですね。

実際に辰年の方から争いは苦手だという発言を聞いた事があります。

誰でも争い事は嫌いだと思うのですが、辰年は少なくとも喧嘩っ早く短気な人ではないです。

争いを好まないため、色んな人に気を使う傾向が強いです。

しかし争いは好まないと言っても、自分の意見が言えないという訳ではありません。

大らかそうに見えて実は辰年は精神的にとても強い人物ですよ!

弱々しいところか、自分の芯がしっかりしているため、ちゃんと向き合ってくれるのです。

短気な人が辰年と一緒にいると、自分の醜さが浮き彫りになってしまうので、いい傾向にはなるでしょう。

裏表がないので、よくある女性の醜い争いには巻き込まれるような事は一切ありません。

頼りにされることも多い

大らかで争いを好まない性格と聞くと、頼りにはならないのでは?と思うかもしれませんが、辰年はとても有能な人物です。

仕事面では強かであり、上司や特別な技能を持つ人材としては頼りになります。

実際私の友達に2人辰年の人がいるのですが、1人は有名洋菓子店の店長をされていた経歴があり、もう1人は優秀な事務員として働いていました。

2人とも部下や他の人から好かれる事も多かったようです。

店長をされていた友達は、今でも慕っている元部下がいます。

人当たりも良く他者を蹴落とそうとはしないため、部下からは好かれやすいですね。

理想的な上司と言っても過言ではないでしょう。

誰に対しても分け隔てなく接する事が出来、差別する事はありませんでした。

こんな上司がいれば誰も嫌な思いをする事はないのかもしれません。

2.発想が豊か


発想はとにかく豊かですね。

常識にとらわれず、他人の数歩先を行く事を好みます。

普通では考えつかないような発想をするので、一緒にいる人間からはぶっ飛んでいると思われるでしょう。

結構有言実行型が多いので、嘘か真か本当にする人間はいません。

ページトップ