CoCoSiA(ココシア)

親戚付き合いが苦手な人が上手く付き合っていくための6個のコツ


お盆やお正月になると、実は悩みが出てくるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう、親戚とのお付き合いです。

いくら親族とはいえ、この人ちょっと苦手という方もいらっしゃると思います。

これは我慢しろというよりも仕方ありません。

なぜなら、いくら血のつながりはあるとはいえ、他人です。

嫌いになったり、苦手意識をもってしまうものなのです。

でも、そこから逃げていては前へ進めませんよね。

しかし、なかなか克服できない部分でもあります。

離婚するわけにもいきませんので…。

それにごくたまに親戚の方に助けられるということもありますので、なかなか縁を切ることができないのです。

ある意味、親戚を持ってからの一番の悩みでもあるのです。

しかし、なぜそのような苦手意識を持ってしまうのかと言いますと、何度も言いますがいくら親戚でも他人です。

十人十色という言葉があるように違う色をもっているのです。

また、それを受け入れられない状況になってしまっていることもあります。

特に親戚で年齢が行っている人などは頭が固く、自分が一番だと思っている節もあるので、自分の意見が一番だと言って他の人の意見を聞かないのです。

親戚には年齢も違えば、出身地も違う、考え方も違うなど、実は違いがいっぱいあるのです。

そんな状況だからこそ、苦手意識が出てしまうことがあるのです。

そう考えると仕方がないことなのです。

仕方がないことなので、目を背けてはいけないのです。

では、どのようにすればいいのでしょうか。

苦手意識を捨てろと言われてもなかなかできません。

つまり、苦手を意識を持ったまま何とか付き合っていかないといけないので、みんな疲れてしまうのです。

そこで今回こちらの記事では、親戚付き合いが苦手な人などに向けた、親戚付き合いをうまく行かせる方法などの情報をまとめました。

ぜひ、参考にしていただきまして、お盆やお正月を有意義に過ごしていただきたいです。

いつまでもクヨクヨしていては先に進めませんよ。

そんなことでは親戚付き合い以外でもうまく行きません。

ここは、少しの勇気で前へ出ましょう。

大丈夫!そんなに難しいことではありませんので、簡単に考えて読んでみてください。

何事も難しく考えてしまうからいけないのです。

いかに柔軟な姿勢になることができるのかが大切になってきます。

ぜひ、柔軟になって何事にも恐れないようにしましょう。

そうすることで、少しでもあなたの人生が輝くかもしれませんよ。

親戚付き合いは大切にすべき


まずどうであろうと親戚付き合いは大切にすべきです。

なぜなら、困ったときに一番に相談できるのが親戚なのです。

つまり、苦手意識があっても頼りになる存在なのです。

よく嫌いな相手は協力してくれないと考えている人はいらっしゃいますが、それはあなた自身の考えです。

嫌いな相手でも場合によっては協力してくれるのです。

つまり、あなたの感情で判断するのは良くないのです。

嫌いな親戚でも時には力になってくれる頼もしい存在である可能性は、実は友人よりも割合が高いのです。

なぜなら、親戚だからです。

また、村八分という言葉がまだありますが、この村八分ですが、確かに仲間はずれにはしますが、それは8割仲間外れにするだけであって、残りの2割は仲間外れなどにはしないのです。

その2割は家族に不幸があった時、火事に遭遇した時などです。

つまり、仲間外れにされていても助けて頂ける要素はあるのです。

相手が嫌いだから、苦手意識があるからと言って付き合いを薄くするのは何を隠そうあなた自身をピンチにしているのですよ。

親戚に苦手意識をもってしまうのは仕方がありません。

しかし、その苦手意識でさえ何を隠そう、あなた自身が持ってしまっているのです。

つまり、あなたが生んでしまった意識なのです。

相手はそんなに悪くないのです。