CoCoSiA(ココシア)

悲劇のヒロインぶる女子ってうざい…8個の特徴と対処法!


悲劇のヒロインぶる女子。います!

何がうざいって、大した悲劇の経験もないくせに、さも自分がこの世の悲哀の全てを背負ってるくらいのアピールをしてくるところですよ。

彼女たちは何を思ってそんな振る舞いをするのか、どういう女子が悲劇のヒロインぶるのかを見てみましょう。

その上で、極力その面倒臭さを排除する対処法を検討していきます。

悲劇のヒロインぶる女子は男子からも女子からも嫌われる

需要がない唯一の存在といっても過言ではないかもしれません。

束縛女子やメンヘラ女子の方がまだ需要があります。

悲劇のヒロインは、常に自分の不幸を探して、それを糧に生きているので救いようがありません。

みみっちいことに、いちいち目を留めては悲しみを覚え、それを他人にアピールすることで心を満たします。

近い感覚としてはホラー作品を見ることが挙げられます。

ホラー作品を見るという行為は、本来なら動物として感じたくはない恐怖を疑似体験することで興奮したり、面白さを感じたりしている状態で、それ自体はエンターテインメントの楽しみ方の1つです。

でも、悲劇のヒロイン女子はこの「ホラー作品」が「自分の悲しみ」になっています。

多くの人は自分の悲しみは早めに克服したいと考えるか、一旦保留して日常生活に戻っていきますが、悲劇のヒロインはホラー作品マニアのように、次々と自分の悲劇を探し出して並べていくのです。

ホラー作品マニアなら見た人と感想を他人と共有し合えるし、一緒にドキドキできます。

しかし、悲劇のヒロインの場合は個人的な悲劇なので他者は全く共感できません。

周囲の人は憐れむか困惑するしかなく、その対応に時間を取られるのはとても面倒くさいので、その内嫌われていきます。

悲劇のヒロインぶる女子の8個の特徴

さて、悲劇のヒロインぶる女子が嫌われやすいことは疑うべきもないことですが、なぜそんな存在に自らなってしまうのでしょう。

そして、どういう女子が悲劇のヒロインぶるのでしょうか。

前提として、本記事で取り上げる「悲劇のヒロインぶる女子」は、実際に悲劇を経験した人物ではないこととします。

本当に悲劇を経験した人物、たとえば、自分の責務ではない借金(親など)に苦しめられていた、暴力の多い家庭で育った、犯罪に巻き込まれたことがある、大病を患っているなど、誰でも直面したら対処が難しい心理状況に追い込まれている人に対しては、その辛い気持ちを外へ吐き出すのを許してあげるべきだからです。

今回の登場人物は悲劇のヒロイン“ぶる”だけですから悲劇の経験者ではありません。

箪笥の角に足の小指をぶつけたくらいのことで、この世の終わりみたいな顔ができる連中のお話です。

いくつかの特徴があるので細かく見ていきましょう。

1.同情されたがる

いくつかの発言例を挙げてみます。

・虚弱体質でいつも頑張って生きている

・子供の頃に手術を経験しなければならなかった

・両親の仲が悪くて喧嘩の絶えない家庭で育った

・心ない悪口に苦しめられてきた

・彼氏に裏切られた

これだけ見るとまぁたしかに悲劇に見えなくもないですが、ところがどっこい、蓋を開けてみるとどれもこれも悲劇とは呼べない代物ばかり。

1つずつ蓋を開けてみましょう。

・「虚弱体質」はドタキャンしたいときの言い訳。あるいは掃除や力仕事をサボりたいときの都合用

・手術は盲腸、あるいは巻き爪

・両親は仲が悪いわけではなく亭主関白と肝っ玉母ちゃんの罵りあいが多いだけ。わりと円満な家庭

・悪口を言われても仕方がないほど自らの行いがダメ。直接指摘すると喚き散らされて面倒臭いので被害者が集まって話をしているだけ

・タカリ気質で彼氏が金銭的にギブアップしただけ

はい。だから嫌われるのですね。

内情を知っている人からすれば付き合いきれません。

しかし、初見の人なら「かわいそうに…」と構ってくれるのでそれを狙っています。

「かわいそう」という言葉を言われたがる

悲劇を乗り越えてきた人間であれば「かわいそう」と言われるのは嫌がる傾向にあります。

なぜなら、既に自力で乗り越えられ、なんならそれを糧として幸せになっているのに、他人に上から目線で「かわいそう」なんて言われるのは違和感があるからです。

しかし、悲劇のヒロイン“ぶる”女は悲劇を味わったことがないので、他人から見て「かわいそう」に見える自分に特別感を覚えて満足します。

同情の声や心配の声が嬉しい

「同情されている=構ってもらえている」という認識があります。

わざと不幸な状況にあることを示しておいて、それでも楽しく笑える自分を演出したがり、健気な様を褒めてもらえるとなおさら喜ぶのが特徴です。

2.不幸自慢が多い


不幸自慢が多いのは一概にその人だけのせいとは言い切れないところがあります。