CoCoSiA(ココシア)

アイディアが出ない時の8個の発想法の裏技!アイディアの出し方にはコツがある!


人間はとてもクリエイティブな生き物です。

決められた世界の中で決められた毎日を送っているだけという人は少なく、新しいものやアイディアを求められるということは珍しくありません。

自分らしい独創的なアイディアを生み出すことで社会に貢献している人もいますし、そうしたアイディアを出すことができれば、きちんと自分を評価してもらうことができるというのは確かでしょう。

ですが、アイディアは、出そうと思ってすぐに出てくる者ではありません。

地道に努力を続ければ継続的に出すことができるというものでもないので、だからこそ、クリエイティブな仕事をすることは難しいのです。

自分の中から、他の誰もが考えないようなアイディアを出さなければいけないので、それは確かに難しいですよね。

それでも、アイディアを求められたのなら、独創的なものを出さなければいけません。

それでは、全くアイディアが出てこないというときにはどうしたら良いのでしょうか。

アイディアを出すために何か良い方法はあるのでしょうか。

ここでは、アイディアの出し方や、発送方法について見てみることにしましょう。

新しい良いアイディアが思い浮かばないという方は、ぜひ以下のような方法を実践してみてください。

この記事の目次

アイディアが出ない時の8個の発想法の裏技!

アイディアがどうしても出ない!と思ったときには、なかなかそこから抜け出すことができないという人も多いでしょう。

アイディアは無尽蔵に出てくる者ではありません。

例え、楽しいと思って始めた仕事であったとしても、アイディアが出なくなってしまうということもあるのです。

一度アイディアが出ないと思ってしまったときには、これはもうどうしようもありません。

アイディアが出ないとなると、そこで思考が止まってしまうため、なかなか新しいアイディアを生み出すことができなくなるのです。

そんなときには、どうすれば良いのでしょうか。

アイディアをどうしても生み出すことができない、けれどアイディアが必要であるというときに使える8個の発想方法についてここではご紹介します。

ぜひ自分に合ったものを見つけて、何も思い浮かばないときでもアイディアを出すことができるようになってくださいね。

1.考え続ける

アイディアがどうしても出てこないというときに一番使えるのは、とても基本的な話ではありますが、考え続けるということです。

考えるのをやめてしまうと、そこでアイディアの元になる自分の思考は止まってしまいます。

ですが、この「考え続ける」というのも、むやみに頭を働かせていれば良いと言うわけではありません。

アイディアが出ないときには、気持ちが焦ってしまいますよね。

そんなときに頭の中で考えているのは「どうしてアイディアが出てこないんだろう」「この後はどうしたら良いのだろう」「もし何も浮かばなかった場合にはどうすれば良いのか」ということばかりです。

つまり、アイディアを出すために考えなければいけないようなことには考えが及んでおらず、自分の状況ばかりに気を取られている状態だと言えますね。

この状態を「考え続けている」状態だとは言えません。

考え続けるというのは、アイディアを出すことに対してであって、焦ってパニックになって頭が空回りしている状態を「考え続けている状態である」とは言えないのです。

仕事中はもちろん

アイディアを出すために考え続けるというのは、仕事中はもちろんです。

この時に考えるのは、アイディアを出すために施行を働かせるのが一番です。

既存のもので問題点はどこにあるのか、何を主眼にしなければいけないのかなど、頭の中を整理して考え続けることにしましょう。

もちろん、考えている間にも手を動かすことはできますので、何か単純作業くらいならできますよね。

単純作業などをしているときに頭を休ませるようなことはせずに、そのことについて考え続けるようにしてください。

仕事中に休みなくアイディアについて考えていると、少しは何か整理しきった先のことが見えてくることもあるでしょう。

与えられた時間は限られているのですから、仕事中にはとにかく頭をアイディアのために働かせ続けていなければいけません。

パニックになっている状態というのは、ある意味でアイディアためにならない無駄な時間と言えます。

そのような時間を減らして考え続けましょう。

リラックスしている時も

仕事中にアイディアについて考え続けるのはもちろん、どうして行き詰ってしまっているようなら、リラックスしているときにも考え続けるようにしましょう。

考えるのをやめると、そこで思考が止まってしまいます。

アイディアを出すためには、常にそのことで頭を一杯にして置くくらいの方が良いのです。

リラックスしているときでも、常にそのアイディアのことを頭に置いておいてください。

もちろん、仕事の時のように100%をかける必要はありませんが、アイディアを出さなければいけないということを忘れてはいけないのです。

しっかりとリラックスしているときにも頭を今の悩みに晒していることで、何か良いアイディアへの糸口がつかめるかもしれません。

常にアンテナをはりヒントを探し続ける

頭を常にフル稼働しているという状態の良いところは、常にアンテナを張り続けている状態にあるということです。

アイディアというのは、自分の頭の中で思いつくものではありますが、だからと言ってゼロからすべてを生み出すのは難しい話でもあります。