CoCoSiA(ココシア)

「目を合わせてくれない…」そんな彼の12個の心理!好きの裏返し?それとも嫌われてる?


男性と話している時、ふと気がつくと、「彼、私と目を合わしてくれない…」ってことありませんか?

それはただ単に、その男性のごく日常のごく普通の素振りなのかもしれませんが、女性には誰にでも「私をもっと見て!」という欲求があるため、その意識のズレから生じた「物足りなさ」みたいなものかもしれません。

しかし、やはり、男性側にも「目を合わせられない・視線を反らす」といった行動の裏には何かしら秘密があるようです。

今回はそんな目を合わせてくれない男性の心理を深掘りしていってみたいと思います。

目を合わせてくれないと不安になる…

女心としては、相手が誰であれ、自分と話をしているのに目を合わしてくれないと、少し不安になります。

話しかけているのにこっちを見てくれないなら「話聞いてるの?なんか他に考え事してる?」って思っちゃいますし。

相手から話しかけてくれていても顔がそっぽを向いていると「なんか言いづらいことホントはあるんじゃない?」って考えてしまいます。

話している時じゃなくても、廊下ですれ違いざま挨拶した時なんか、「おはよう」って返してはくれるんだけど、言うなりすぐ目を逸らすなんて、マジムカつくんだけど、どうして?

「なんかやっぱりあんのかな?」

実は「なんかやっぱりある」んです。

目を合わしてくれない彼の気持ちの奥には色々あるんです。

そこらへんをちょっと覗いてみましょうか。

そんなにムカつくようなことではないようですよ。

目を合わせてくれない彼の12個の心理


ではでは、なぜ、彼はあなたと目を合わしてくれないのか、いつもはお調子者か突っ張ったふりする男子の意外な心理を解き明かしていきましょう。

1.緊張している

人って何かが原因で緊張してしまうと、いつもの自分を見失ってしまいます。

ちょっとしたパニック状態になってしまって、自分に話しかけてくれる人の話が耳ではとらえていても、頭まで届かず、理解できなくなっています。

とりあえず聞き取れた情報を整理することで精一杯で、話についていけない状態になっています。

そんな状態で、相手とまともに目を合わして「うん、うん」と話が聞けるはずがありません。

また、自分から話をしなくてはならない状況においても、緊張のせいで頭の中で整理していた話の内容をひっくり返してしまい、目を合わせられないどころか、声すらでてこないこともあるでしょう。

好きだからまともに見れない


さて、緊張で心ここにあらずとなっちゃって、目を合わせられないのはわかりましたが、「なにをそんなに緊張してんの?」ってことですよね。

周りを見渡しても目の前の彼を緊張させるような物や人が無ければ…

そう、原因はあなたです!

女性も同じかもしれませんが、異性慣れしていない男子は、特に好きになった異性を前にすると、緊張してしまいます。

話しかけた男性が目を合わしてくれない時、その男性は「上手に話さなくては!」と気持ちが空回りしていたり、「変に思われてないかな?」と不安に陥っている可能性が高いです。

ただ、彼が目を合わしてくれないのは私のこと好きなんだと100%思い込むのは絶対に危険です。

最初に言ったように、ただ異性と話すことに慣れていないだけであったり、人と話すのが苦手な人であったりする場合もあります。

もしくは、単なる癖とかも。

今まで仲良く遊んでて、普通におしゃべりしていた男友達が最近態度がおかしい、目を合わしてくれない。

と言うことなら、あなたに恋しちゃった可能性は高いでしょう。

2.自分に自信がない

上記の続きになりますが、異性を好きになった男性でも、自分に何かしらの自信があって、逆にあなたを惚れさせようと狙ってきている場合は、かなり視線を合わせてきます。

彼がそういうガツガツ系の場合は女性の方が思わず目を逸らしてしまうことも多いでしょう。

要は自分に自信を持てない男性は、心理的に誰に対してであっても、目を合わせられない傾向にあります。

恋愛経験が少ないひとに多い

自分に自信がなくて目を合わせられないという傾向は、恋愛経験が少ない人に多くみられます。

ですので、中学1年生とかいう思春期真っ只中のクラスには、異性を意識し始め、まともに女子と目を合わせられない男の子でいっぱいです。

そこから、クラブなどに打ち込んでいくうちに精神的に強く成長していき、自信をつけていくわけですね。

自分に自信が持てると、同性はもとより、異性と堂々と接することができるようになり、恋愛も交際も、苦い思いもしながら、上手くできるようになります。

こういった過程を経ていなかったり、恋愛に失敗して、自信のないまま大きくなった男性も世の中には少なからずいますし、何かしら自信はあっても女性と話すことだけは苦手で恋愛経験がほとんど無かった人などもいます。

結局、恋愛経験が少ないのは、自分に自信がないからで、恋愛対象である女性に対して、目を合わせられない傾向があります。

3.警戒心が強い

これまでの人生のどのポイントでそういう性格になったかは人それぞれであるとして警戒心が強い人は人と話す時、目を合わせられない、いや合わせないようにしています。

警戒心の強い人は誰でもそういう傾向にありますが、相手が女性ともなると、異性だけに更に警戒を強める男性も多いようです。

これは、女性が信じられない、理解できないイキモノだという訳ではなく、まさしく男性側に自信がなかったり、恋愛経験が少なく、男性側に恋愛や女性についての勉強不足のせいで、女性という存在が警戒するに足りるものになってしまっています。

目は合わせることで多くの情報を交換する

よく「目は口ほどにモノを言う」というように、人は目で色んな情報を発信します。