世の中には「この人はいつも最小限の労力で最高の結果を出しているな」「いつも権力のある人に好かれているな」という要領の良い人が居ますよね。

そんな世渡り上手な人には、それぞれの能力も去る事ながら共通する特徴があるのです。

そんな世渡り上手な人の思わず関心してしまう特徴をご紹介します。

あなたも、これを意識するだけで世渡り上手の仲間入りを出来るかもしれませんよ。

世渡り上手な人、あなたの周りにもいませんか?

世渡り上手とは具体的にどういう事なのでしょうか?

「出世できる人?」「好かれる人?」答えは一つではありませんが、全てに共通するのが「本人がストレスなく仕事をしていける環境になっている」という事ではないでしょうか?

それを踏まえると、世渡り上手な人とは、こういう人であるとも言えます。

上司や先輩に気に入られる人

年上受けがよく、上司や先輩などに気に入られやすい人は世渡り上手と言えます。

特に会社に至っては、年功序列が色濃く残る風潮もまだまだ多いでしょう。

上司や先輩に気に入られているというだけでも、十分に出世の道筋が出来やすいですし仕事を行う上でも親切に仕事内容を教えて貰えたり、嫌な顔せずにミスをフォローして貰えたりというメリットもあります。

同性の上司や先輩に気に入られている人はかなり世渡り上手


上司や先輩でも、異性には幾分優しく接して同性にはやや強めに当たる事が多いです。

そんな中、同性の上司や先輩に気に入られている人というのは能力や個人の内面的な部分を認めて貰えていると言っても良いでしょう。

同性の上司や先輩に気に居られている人はかなり世渡り上手であるとも言えるのです。

誰からも好かれる人

自分の属する部署のみならず、他部署や僅かな関わりしか持たない人にまでも好かれているような人も世渡り上手と言えます。

その場合、無意識に人を喜ばせる才能を持っており、そのおかげで誰からも好感を持たれているという場合が多いです。

この手の世渡り上手は、周りからの評価がとても高い為に人望も厚く、将来大きく出世する事も期待できる人物であると言えます。

人間性が好まれている

仕事が出来るのは社会人であれば最低限のラインです。

それプラス人間性が出来ているからこそ誰からも好かれ周りの評価が上がっていくと言えるでしょう。

それらは、中々短期間で身に付くものではなく幼い頃からの知性や品性などが表に出て来た結果と言えます。

誰からも好かれる人は学生時代なども同じく友達の多いタイプだったりする人が多いのはこの為です。

結果的に自分の望む生活を手に入れている人

同じ環境、境遇からスタートしたにも関わらず結果的に、自分の望む社会生活や私生活を手に入れている人も世渡り上手であると言えます。

「出世して社会生活を充実させたい」という人も居れば「結婚して私生活を充実させたい」という人もいますよね。

それらの願望を着実に実現させていく人は間違いなく世渡り上手であると言えます。

世渡り上手な人の思わず感心する9個の特徴!

会社の同僚や、同年代の友人知人など自分と殆ど同じキャリアにも関らず上手に出世を果たしているような世渡り上手な人に心当たりがありませんか?

「何故この人はいつでも順風満帆そうなんだろう?」と思ったらよくよく観察してみましょう。

その特徴を意識すれば、あなたも世渡り上手になれるかもしれませんよ。

1.甘え上手の褒め上手


甘え上手の褒め上手であるタイプの人は、上司や先輩など主に年上の人から可愛がられやすく好かれやすいタイプであると言えます。

自分の分からない事や出来ない事を自分自身で解決するのは勿論良い事ですが、逆を言えば「手がかからない=気にかける必要がない」と年上から無関心や過度な期待を受けたり、人によっては「可愛げがない」と感じる人もいます。

分からない事を素直に「教えて欲しい」と言える甘え上手な部分と、「よく分かりました」「流石ですね」「ありがとうございます」と教えてくれた上司や先輩の自尊心を大きくさせる褒め言葉や感謝の言葉を自然に言える人は、年上の上司や先輩から気に入られやすいと言えます。

できないことは人に頼れる

近頃では「ネットで調べれば何でも分かる」と分からない事を質問できない人も少なくありません。

確かに、調べれば分かる事かもしれませんが、調べる間に片付けられる仕事もあるのです。

それを人に聞けないというのは自分のプライドが邪魔をしていると言っても良いでしょう。

それらのプライドを捨てて分からない事は「分かりません」「教えて下さい」と言える素直さが可愛がられる秘訣と言えます。

ただし、同じ事を何度も聞いたり同じ間違いを繰り返してしまうと信用を大きく損なってしまうので注意しましょう。

助けてもらいやすい

分からない事を調べて解決できる能力も必要ですが、それで調べた答えが正解なのか分からない状態で仕事を勧めるのはとても危険です。

長い時間をかけて仕上げたにも関らず基礎的な所で間違ってしまっていると、全てやり直しになってしまい自分はともかく上司や先輩、同僚などにも迷惑をかける事になりかねません。

上司や先輩も気にかけながら仕事をしているでしょうが、自分の仕事もあるので全てを管理する事はできません。

そこで「ここが分からない」「合っているか不安です」と素直に訪ねてきてくれる事で、未然にミスを防げたりするのです。

ミスの無い仕事をしてくれる後輩を上司や先輩が評価してくれるのは当然と言えるでしょう。

さりげなく褒めることができる

上司や先輩に限らず、相手を自然にさりげなく褒める事ができる人は他人に好かれやすいと言えます。

特に日本の社会では褒められる事より叱責される事の方が圧倒的に多く、それが当たり前とされてきた背景があります。

だからこそ、些細な事でも自然に褒められる人と一緒に居ると気分が良いですし、この人ともっと一緒にいたいと思えるものなのです。

上司や先輩に対して仕事の事を褒めるのは、失礼に当たりますがフとした場面で「優しいですね」と内面的な部分を褒めたり「説明が分かりやすかったです」と感謝と共に褒める言葉をこまめに伝える事で「もっと可愛がりたい」と思われるのです。

謙虚で自分の能力をひけらかさない

世渡り上手な人は主に謙虚な姿勢を持っている人が多く、本来高い能力を持っていてもそれをひけらかさずに隠している事も多いと言えます。

人は基本的に自分より能力の高い人や傲慢な人の手助けをしようとは思いません。

常に謙虚で、自分の能力をひけらかさない人だからこそ甘えられれば「仕方ないあなぁ」と気持ちよく手伝う事ができるのです。

2.相手の気持ちになって考える

世渡り上手な人に共通しているのは「相手の気持ちになって考える事ができる人」であるという事です。

相手の気持ちになって考え、行動できるという事は「痒い所に手が届く人」であるとも言い換えられますね。

自分がやるべき事、周りが自分に期待している事を正確にキャッチして行動に移す事で信頼感が高まっていくと言えます。

特に上司や先輩が後輩に求める能力は、この「相手の気持ちになって考える」という事である場合が多いですね。

今望まれていることは何か

作業をしていると様々な所で優先順位を考えるポイントがあります。

その中で、今現在自分がやるべき事は何か?という事をしっかりと考えて周りや直属の上司の気持ちになって考え行動できる人が高い評価を得やすいと言えます。

上司からしても、何も言わなくても思っているように動いてくれるというのは気持ちの良いものです。

上司や先輩の普段の言動や思考から「今望まれていることは何か」をしっかりと汲み取る思考が大切ですね。

面倒見がいい

上司や先輩に可愛がられる事も大切ですが、それと同じく後輩を大事にできる事も大切です。

仕事をチームプレイで行う場合には、後輩も大切なチームメイトで戦力です。

上司や先輩に可愛がられてばかりで、後輩を蔑ろにしているようでは周囲からの目もただの「ゴマ擦り」と思われてしまいます。

自分が上司や先輩にして貰ったように、後輩教育もしっかりと責任を持って面倒見よく行える人こそ周囲に恵まれた世渡り上手となる事でしょう。

3.年上に好かれる

世渡り上手の人に共通している特徴に年上に好かれるという事があります。

自社の上司や先輩に限らず取引先や提携会社など関わりのある様々な会社などでも年上の人に好かれて可愛がられる傾向にあります。

「会社の人間」ではなく「一、個人」として様々な場所で年上の人に好かれるからこそ、常に上手くポジションをキープする事ができて苦労なく上手に世渡りできると言えるでしょう。

上司や先輩に好かれる

世渡り上手の人に体育会系の人が多いのは、体育会系の「年功序列」な考え方が大きく関係していると言えます。

年上の相手を敬える事で、上司や先輩は「可愛い後輩だな」と思う訳です。

自分に懐いていて、従順に仕事をしてくれる後輩を嫌う上司や先輩は居ません。

しっかりと上司や先輩に教えを請い、感謝や尊敬を忘れずに接していく事で世渡り上手な上司や先輩に好かれる人物像が出来上がってくる事でしょう。

人間関係の構築が上手い

年上に好かれるという事は人間関係の構築が上手い事の顕れでもあります。

自分で行うべき事、先輩に頼るべき所、後輩を指導すべき所、また推す所や引く所など様々な面で他人とやりとりする際に、相手の考えを先読みしたり求められる答えを正しく導き出せる事で人間関係を上手に構築できるので、いざという時に周りが自分の思うように動いてくれるのでしょう。

人間関係の構築スキルは世渡り上手な人には欠かせないスキルと言っても過言ではないでしょう。

4.コミュニケーションが得意

世渡り上手な人は一様にコミュニケーションが得意な人が多いのも共通する特徴の一つと言えます。

他人に警戒心を抱かせにくく、どんな人とも円満な関係を築ける高いコミュニケーション能力を持っている事が多いものです。

これらは、後天的なスキルというよりも先天的に「人好きされる」という性質が大きくかかわってきている方が多いと言えます。

生まれてからこれまで、様々な人と積極的に関わってきた事で磨かれたコミュニケーション能力だからこそ、相手に警戒心を与えずに自然と心の扉を開いてしまうのでしょう。

常に笑顔

マイナスの雰囲気を持つ人に、人は集まりません。

世渡り上手な人は常に笑顔でプラスな雰囲気を持っている事が多いと言えます。

周りの人から見ても「あの人が怒っている所なんて見た事がない」と言われるタイプと言えます。

どんなに能力が高く優秀な人でも感情の起伏が大きい人は自然と敬遠されるものです。

周りの人も個人の感情の起伏に左右されたくないからです。

その点、常に笑顔で穏やかな人はそんな心配がない為、周りに人が集まってくるのです。

爽やかで人好きされる容姿

他人とコミュニケーションを取る中で容姿も非常に重要なポイントです。

しかしこれは美男美女であれという訳ではありません。

人は初対面の人の事を容姿で8割判断するとも言われています。

初対面をプラスではじめる事ができる世渡り上手な人は、大抵爽やかで清潔感を感じさせる容姿である事が多いのです。

キッチリし過ぎている訳ではないけれど、ラフ過ぎる訳でもない、所謂丁度良い塩梅を常にキープできているという事です。

そんな人だからこそ、誰からも好感を持たれやすいと言えるでしょう。

話し上手であり、聞き上手

コミュニケーションで大抵の人が重要視するのは「聞き上手になる事」です。

しかし、世渡り上手な人は「聞き上手であり、話し上手である」タイプの方が多いのです。

相手の情報を聞き出すのと同じ位、自分の情報を相手へと提供しているからこそ相手から警戒心を抱かれる事なく自然と打ち解ける事ができるのでしょう。

話す割合と聞く割合を、その人に合わせてしっかりと調整しているからこそ、話していて飽きない、聞いていて飽きない会話をできるのです。

話題が豊富

会話上手な人は大抵話題を豊富に持っています。

スポーツ、芸能、政治など様々なジャンルに精通しているからこそ、どんな人とでもそれなりに話せるのでしょう。

ただし、これらの話題を全て熟知しているのかと言えばそういう訳ではなく、「何となくは知っている」というレベルの人が多いのが世渡り上手な人の特徴です。

話題に出せる程度に概要は知っているけれど、詳しい話は知らないから教えて?と素直に言える事で勝手に話題は広がっていくものなのです。

あまりに全てを熟知してしまっていると会話が詰まらないものになってしまいますもんね。

どんな年代の人とも仲良くなれる

コミュニケーション能力の高い世渡り上手な人は、どんな年代、性別の人とも仲良くなれる事が多く、それがまた周りからの支持や信頼を得てストレス少なく社会生活を送れるようになっていると言えます。

そのコミュニケーション能力を支えているのは、本人の相手を見極める目であると言えるでしょう。

「この年代の人はこういう話題だと盛り上がる」というのを熟知しているという事です。

全ての人にワンパターンに接するのではなく、一人ひとりに対応できるからこそどんな年代、性別の人とも仲良くなれるのでしょう。

情報通である

世渡り上手な人は話題が豊富であると共に情報通であると言えます。

これは大きな人脈を持っているからこそ、集められてくる情報ですし、とても大きな武器となるものですよね。

更に、その情報を無闇に触れ回ったり悪意を持って使用しないという前提があって集められてきている事が多いです。

それらの情報を上手に自分の中で使って、更に人間関係を円滑にしていく事で世渡り上手な人は社会の荒波を楽々と渡り歩いていると言えるでしょう。

5.盛り上げ上手

世渡り上手な人にお調子者や盛り上げ上手が多いのは偶然ではありません。

人は明るい人と暗い人が居たなら、明るい人に集まりやすいものです。

誰にでも心をオープンにしているような面白い盛り上げ上手な人は自然と人を集め、可愛がられるものです。

飲み会の幹事は得意

会社の飲み会などをしていると「この人が幹事をするといつも不満が少ないよね」という人が居ませんか?その人こそが世渡り上手な人です。

参加する人の趣味趣向を押さえつつ「誰を一番優先するべきか?」「何を一番優先するべきか?」などの判断を的確に出来ているからこそ大きな声で不満を口にする人が少なく、それに感化される人も出にくいのです。

また、元から人望が厚い為に心のどこかで「あの人が幹事をしているんだからケチつけないでおこう」と思わせるキャラクターが出来上がっているという面もありますね。

積極的に行動できる

お笑い芸人のように面白い事をできる訳でもないけれど、前に出て乾杯の音頭を取ったり、あまり盛り上がっていないテーブルに気付いて席を回ったりなど、皆を楽しませる為に積極的に行動できる人だからこそ飲み会の席でも人望を集めてしまうのが世渡り上手な人の特技とも言えます。

周りをよく見ているからこそ、自分が動く事で良い方向に動くかどうかを見極める事が出来ているという事ですね。

お酒に強い

世渡り上手な人はお酒に強い人が多いというのも特徴の一つと言えます。

だからこそ、お酒の席で失敗する事もないのです。

目に見えてザルであるというよりは、自分でしっかりとお酒を呑む量を調節できる為に失敗が無いのです。

更に、自分がお酒に強い事をひけらかしたりもしないので「もう飲めないです」と自分の丁度良い所でお酒をストップできるのもお酒の席で失敗しない理由と言えます。

飲ませ上手なので、自分より先に相手を酔わせて潰してしまうという面も持ち合わせていると言えるでしょう。

6.約束は守る

これまで紹介してきた特徴を持っていても、誠実さが無ければ意味がありません。

どれほど優秀で人望の厚い人でも信頼できる人物でなければ人は集まらないのです。

それがよく分かるのが「誠実がどうか」「約束が守れるかどうか」という事です。

人間ですから、時に失念してしまう事もあるでしょう。

しかし、それが頻繁に続くと「適当な人だな」「信用できないな」と信頼を失っていくのです。

世渡り上手な人は「この人に任せれば、仕事が早くなくても上手でなくても確実にきっちりとこなしてくれる」という絶対の信頼感を持っている人が殆どだと言えます。

信頼を得られる

約束をきっちりと守れる人は信頼を得られます。

どれだけ楽しい面白い人でも「好意」と「信頼」は全くの別物です。

「好き」よりも「信じる」という気持ちを集める事ができる人だからこそ世渡り上手という、良いポジションに居られるのでしょう。

連絡がまめ

世渡り上手な人は連絡がマメな人が多いです。

これは仕事が出来る人にも精通している特徴であると言えます。

連絡がまめで報告連絡相談がしっかりできる人というのは特に上司や先輩からの評価が高く、ミスを未然に防ぐという意味でも優秀な人材であると言えます。

そんな人材を上司や先輩が気に入るのは当たり前とも言えますね。

レスポンスが早い

連絡がまめなのと同時にレスポンスが早いというのも世渡り上手な人の殆どが意識している事です。

物事の優先順位を考えた時に「今はこれをしなくちゃいけないから、メールのレスポンスは後回しに」という人が居ますね。

しかし、そのレスポンスはそんなにも時間がかかるものでしょうか?

そのレスポンスを待っている人の手は止まってしまっていないか?それらをしっかりと考えて人の仕事も早く進む様に考えられるからこそレスポンスが早くなるのでしょう。

レスポンスが早いというのは、本当の意味で「広い目で見た時の優先順位」をきっちりと考えられているという事です。

自分の仕事を終わらせる事だけでなく、全体を考えられる人だからこそ信頼を集められるという事ですね。

7.空気を読むのが上手い

空気を読むのが上手い人である事も、世渡り上手に欠かせないスキルと言えるでしょう。

どれだけ優秀で信頼のおける人でも空気を読めない人といるのは、あまり心地よいものではありません。

周りの様子をしっかりと把握して「自分はこの場面でどのポジションにいるべきなのか」を判断できるからこそ、場の空気を円滑にしてくれる存在として重宝されるのでしょう。

誰にどう対応すべきか理解している

空気を読むというスキルは現代社会に置いて最も重要視されているスキルですが、具体的にどういう事かと聞かれれば答えられない人も少なくないのではないでしょうか?

世渡り上手な人は、それぞれの人をよく見て知っています。

趣味や趣向、「こんな物言いだと気を良くするけれど、こういう言い方をすると勘に触る」など性格的な部分もです。

それらをしっかりと自分の中で情報処理して、その場で最も良い言葉や行動を選択し円滑に場を勧める事ができるのです。

それこそが、世渡り上手な人の「空気を読む」スキルであると言えます。

判断も早い

様々な情報を持っていても、その処理に時間がかかっていては意味がありません。

世渡り上手と聞くと「ゴマを擦って、上司や先輩に取り入っているだけ」なんて思う人も居ますが、世渡り上手な人は本来優秀な人物であるのです。

情報収集力、情報処理能力、行動力、全てが揃っているからこそ自分の望む状況を作り出して社会生活を送れているのですから。

その場その場で最速で情報を処理し、早い判断をできる事が世渡り上手な人の能力なのです。

8.手を抜くのも上手い

「世渡り上手」というと、どこか「楽をしている人」というイメージがありませんか?それはあながち間違いではありません。

世渡り上手な人は手を抜くのが上手いのです。

ただし「どれならば手を抜いても良いのか?」という事を的確に判断できている為に、それが悪影響を及ぼす事はありません。

そんな要領の良さが周りから見ると「楽をしている」といったイメージに見えるのかもしれません。

適材適所を把握している

人には必ず秀でた部分と劣っている部分があります。

全てにおいて秀でている人なんて数える位しか存在しない事でしょう。

世渡り上手な人は、そんな個人の能力に合わせて仕事を選ぶのが得意でもあります、適材適所で自分や他のスタッフに振り分けられた仕事をこなす事によって苦手な事を無理に時間をかけてするのではなく、それぞれをフォローしながら得意な仕事を短時間で終わらせる事ができるのです。

無理するところとそうでないところを見極められる

仕事の中には何があってもやり通さなければいけない部分と、そうでない部分が必ずあります。

勿論、全て最終的にはやらなければいけない所かもしれませんが、全てを全力でしていると自分自身も疲弊してしまいますよね。

世渡り上手な人はそんな「何があってもやり通さなければいけない仕事」を見極める能力が高い為に、仕事上でも高い評価が付きやすく上司や先輩に気に入られやすいのです。

9.メリハリがある

世渡り上手な人は仕事の中でもメリハリをつけて楽しんでいる人が多いのも特徴です。

仕事を真面目にこなす一面もあれば、雑談で大笑いしている姿なども見え周りからすると「いつも楽しそうに仕事をしているね」と思われる事が多いと言えるでしょう。

ミスなどもあまり引きずる事なく、次の仕事への切り替えを素早くする事ができるなど自分を制御する能力が高いとも言えます。

失敗を引きずらない

仕事をしていれば大なり小なり必ず失敗はつきものです。

しかし、その失敗を後に引きずってしまっていると周りの空気も悪くなる上に更なるミスを引き起こしかねません。

世渡り上手な人はキッチリ反省をしたなら、自分自身で気持ちを切り替えてミスを引きずらずに新たな仕事に取り組む事のできる人が多いと言えます。

マイナスのオーラを出す事なく、常にプラスに切り替える事が出来るからこそ周りからも一目置かれるのかもしれません。

オンオフの切り替えが上手

世渡り上手な人はオンオフの切り替えをハッキリとしている人が多く、「自分は適当だから」と言いつつも規則正しい生活を送っている人が少なくありません。

そんなメリハリのついた生活を送っているからこそ様々な面での切り替えも早く正確に行える事なのでしょう。

仕事を一生懸命しようとすると、終業後に仕事を自宅に持ち帰ったりする事もあるかもしれませんが世渡り上手な人はまずそんな事はしません、仕事は仕事、プライベートはプライベートとしっかりと切り離して考えているために、何としてでも就業時間内に仕事を終わらせる様に動けるのです。

男女別世渡り上手な人の特徴

世渡り上手な人には、男女の性別によっても特徴分かれています。

男性の世渡り上手と女性の世渡り上手はタイプが少し違っているという事ですね。

そんな男女別の特徴をご紹介していきます。

男性の世渡り上手

男性の世渡り上手は、主に体育会系の人が多いと言えるでしょう。

上下関係をしっかりとしている為に、上司や先輩に可愛がられやすく後輩からは頼りになる先輩であると好かれやすいのが特徴です。

声が大きく表情が分かり易いタイプの男性は世渡り上手になりやすいですね。

犬っぽい性格

従順で明るく明快な様子から、世渡り上手な男性は犬に例えられる事が少なくありません。

しっかりと上司や先輩に従いつつ、周りに愛想を振りまいてくれる姿がそう映るのかもしれませんね。

人から好かれる才能を持っている事も多く、自然と他人を引き寄せる人が多いのも男性の世渡り上手な人の特徴と言えます。

女性の世渡り上手

男性は明快溌溂なタイプが世渡り上手になりやすい一方で、女性は全く反対のお淑やかで大人しいタイプの人が世渡り上手になりやすいと言えます。

一見、自分の意見をあまり主張しないタイプに見えますが、周りを上手に使って自分の思い通りに事を運ぶ策士タイプが多いのが女性の世渡り上手の特徴です。

特に、異性の上司や先輩から好まれやすく同性の上司や先輩からもライバル視されない為に、お淑やかで大人しい自分を演じているという場合も少なくありません。

穏やかなイメージ

女性の世渡り上手な人は、穏やかなイメージの人が少なくありません。

特に大きく目立つ訳でもないけれど、声をかけやすく、しっかりと仕事をこなしてくれるタイプで誰とでも平等に接する事のできる人が多いと言えます。

声をかけやすいからこそ、異性の先輩や上司からも頼まれ事をされやすいですが、それを繰り返す内に信頼されていく事でしょう。

更に同性同士だと張り合いを感じてしまいがちな上下関係でも控えめでお淑やかなタイプは可愛がられやすいと言えます。

要領よくこなす(まとめ)

世渡り上手な人をよく観察していると、実は陰で努力している事や本来持つ能力自体も高い事がよく分かりますよね。

何も楽をして上司や先輩に取り入っている訳ではなく、そのポジションを得る為に努力している事もあるのです。

それらの特徴を是非真似してみる事で、あなたも世渡り上手になれるかもしれません。

出来る事から世渡り上手な人の特徴を真似してみましょう。