CoCoSiA(ココシア)

世渡り上手な人の思わず感心する9個の特徴!世渡り上手になる方法とは?


世の中には「この人はいつも最小限の労力で最高の結果を出しているな」「いつも権力のある人に好かれているな」という要領の良い人が居ますよね。

そんな世渡り上手な人には、それぞれの能力も去る事ながら共通する特徴があるのです。

そんな世渡り上手な人の思わず関心してしまう特徴をご紹介します。

あなたも、これを意識するだけで世渡り上手の仲間入りを出来るかもしれませんよ。

世渡り上手な人、あなたの周りにもいませんか?

世渡り上手とは具体的にどういう事なのでしょうか?

「出世できる人?」「好かれる人?」答えは一つではありませんが、全てに共通するのが「本人がストレスなく仕事をしていける環境になっている」という事ではないでしょうか?

それを踏まえると、世渡り上手な人とは、こういう人であるとも言えます。

上司や先輩に気に入られる人

年上受けがよく、上司や先輩などに気に入られやすい人は世渡り上手と言えます。

特に会社に至っては、年功序列が色濃く残る風潮もまだまだ多いでしょう。

上司や先輩に気に入られているというだけでも、十分に出世の道筋が出来やすいですし仕事を行う上でも親切に仕事内容を教えて貰えたり、嫌な顔せずにミスをフォローして貰えたりというメリットもあります。

同性の上司や先輩に気に入られている人はかなり世渡り上手


上司や先輩でも、異性には幾分優しく接して同性にはやや強めに当たる事が多いです。

そんな中、同性の上司や先輩に気に入られている人というのは能力や個人の内面的な部分を認めて貰えていると言っても良いでしょう。

同性の上司や先輩に気に居られている人はかなり世渡り上手であるとも言えるのです。

誰からも好かれる人

自分の属する部署のみならず、他部署や僅かな関わりしか持たない人にまでも好かれているような人も世渡り上手と言えます。

その場合、無意識に人を喜ばせる才能を持っており、そのおかげで誰からも好感を持たれているという場合が多いです。

この手の世渡り上手は、周りからの評価がとても高い為に人望も厚く、将来大きく出世する事も期待できる人物であると言えます。

人間性が好まれている

仕事が出来るのは社会人であれば最低限のラインです。

それプラス人間性が出来ているからこそ誰からも好かれ周りの評価が上がっていくと言えるでしょう。

それらは、中々短期間で身に付くものではなく幼い頃からの知性や品性などが表に出て来た結果と言えます。

誰からも好かれる人は学生時代なども同じく友達の多いタイプだったりする人が多いのはこの為です。

結果的に自分の望む生活を手に入れている人

同じ環境、境遇からスタートしたにも関わらず結果的に、自分の望む社会生活や私生活を手に入れている人も世渡り上手であると言えます。

「出世して社会生活を充実させたい」という人も居れば「結婚して私生活を充実させたい」という人もいますよね。

それらの願望を着実に実現させていく人は間違いなく世渡り上手であると言えます。

世渡り上手な人の思わず感心する9個の特徴!

会社の同僚や、同年代の友人知人など自分と殆ど同じキャリアにも関らず上手に出世を果たしているような世渡り上手な人に心当たりがありませんか?

「何故この人はいつでも順風満帆そうなんだろう?」と思ったらよくよく観察してみましょう。

その特徴を意識すれば、あなたも世渡り上手になれるかもしれませんよ。

1.甘え上手の褒め上手


甘え上手の褒め上手であるタイプの人は、上司や先輩など主に年上の人から可愛がられやすく好かれやすいタイプであると言えます。

自分の分からない事や出来ない事を自分自身で解決するのは勿論良い事ですが、逆を言えば「手がかからない=気にかける必要がない」と年上から無関心や過度な期待を受けたり、人によっては「可愛げがない」と感じる人もいます。

分からない事を素直に「教えて欲しい」と言える甘え上手な部分と、「よく分かりました」「流石ですね」「ありがとうございます」と教えてくれた上司や先輩の自尊心を大きくさせる褒め言葉や感謝の言葉を自然に言える人は、年上の上司や先輩から気に入られやすいと言えます。

できないことは人に頼れる

近頃では「ネットで調べれば何でも分かる」と分からない事を質問できない人も少なくありません。

確かに、調べれば分かる事かもしれませんが、調べる間に片付けられる仕事もあるのです。

それを人に聞けないというのは自分のプライドが邪魔をしていると言っても良いでしょう。

それらのプライドを捨てて分からない事は「分かりません」「教えて下さい」と言える素直さが可愛がられる秘訣と言えます。

ただし、同じ事を何度も聞いたり同じ間違いを繰り返してしまうと信用を大きく損なってしまうので注意しましょう。

助けてもらいやすい

分からない事を調べて解決できる能力も必要ですが、それで調べた答えが正解なのか分からない状態で仕事を勧めるのはとても危険です。

長い時間をかけて仕上げたにも関らず基礎的な所で間違ってしまっていると、全てやり直しになってしまい自分はともかく上司や先輩、同僚などにも迷惑をかける事になりかねません。

上司や先輩も気にかけながら仕事をしているでしょうが、自分の仕事もあるので全てを管理する事はできません。

そこで「ここが分からない」「合っているか不安です」と素直に訪ねてきてくれる事で、未然にミスを防げたりするのです。

ミスの無い仕事をしてくれる後輩を上司や先輩が評価してくれるのは当然と言えるでしょう。