せわしない世の中になったものだ。」とは中高年以上なら、ほとんどの人が、思っているのことではないでしょうか。

「近ごろの若いものは。」という思いと同じで、ある程度の年になると、必ず口をついて出る、定番フレーズなのかも知れません。

それはともかくとして、時代とともに変化のスピードが増しているのは確かでしょう。

その時代、あの時代、いつの時代をと見ても、世の中を構成しているのは、私たち人間です。

現代の日本人たちは、やはり前時代の人たちより、せわしなくなっているのでしょうか。

これから詳細に検討していきましょう。

否定的な言葉!?せわしないとは?特徴も解説

せわしないとは、用事が多くて気が落ち着かない。

いそがしくてゆったりした気分になれないといった意味です。

しかし辞書などを調べてみると、この40年の間にこの言葉の表現する範囲は、2倍に増えています。

それだけ“せわしない”世の中になったという理解で間違いないような気がします。

「せわしない」とは

現代の工業製品は目まぐるしく進化し、あっという間に時代おくれとなっていきます。

家電の売れ筋商品のサイクルは、かつての5〜10年から、今では2〜3年になっているといわれています。

とくに通信機器の進歩には、これが如実にあらわれています。

今の若い人は携帯のなかった時代を、すんなり想像できるでしょうか。

また現代のビジネスマンは、次から次へと変化していく市場を把握していく必要があります。

後から後から登場してくる新しい状況に対応しいくだけでも大変です。

その上、最新のビジネス用語にも習熟していなければなりません。

これらを怠り、のんびり構えていると、たちまち将来性に疑問符を付けられてしまいます。

これは実にせわしない状況といってよいでしょう。

まともに正面から対応していこうとすれば、時間はいくらあっても足りません。

1週間や1カ月はあっという間に過ぎ去ってしまうでしょう。

せわしない人の特徴14個

ここからは、現代的な“せわしない人”の特徴をみていくことにしましょう。

もちろん彼らは、昨日も今日も忙しそうにしています。

果たして彼らの行動には、しっかりした内容が伴っているのといえるのでしょうか。

そこが最大のポイントです。

失敗・ミスが多い


せわしない人が忙しそうにしている一番の理由は、失敗やミスのリカバーであることが多いものです。

大事な書類を失くす、どのフォルダに保存したか忘れてしまう、モノにつまずく、人にぶつかる。

こういうそうぞうしいタイプの人は、どんな事業所にも必ず一人や二人は存在しています。

愛されキャラとして、かえって集団内で不可欠の存在になっている場合も、なきにしもあらずでしょう。

しかし、そうではなく、いじられキャラになっている方が一般的ではないでしょうか。

職場に活気はもたらしてくれるかもしれませんが、失敗とミスによって帳消しにしています。

差し引きすれば、やはり事業所にとってはマイナスでしょう。

期限・期間を設けてしまう

せわしない人は、計画性を持って、着実に実行していけるようなタイプではありません。

うまくことが運ぶことなど、ほとんどないからです。

よくあちこちで騒ぐため、うまくいっていないことだけは、よくわかります。

その割には、予定表はしっかり埋まっています。

期限や期間を設定するのだけは、好きなのです。

うまくいかなかったときの備えにもなります。

手ごろな言い訳として、とても役に立つからです。

心に余裕がない

せわしない人は、たいていの場合、物事の全体を俯瞰することができません。

自分の周辺で起きることをハンドリングするだけで、精一杯だからです。

他人に関心を向ける余裕はないのでしょう。

こうした余裕のなさは、その人の印象に大きな影響を与えています。

もちろん本人も周囲からの関心を引くことはありません。

注目されるのは、そのせわしなさくらいです。

効率が悪い


せわしない人の特徴として、物事の優先順位を付けられないことが挙げられます。

しっかりした考えはなく、とりあえず体が動いているというだけのことが多いものです。

そのため目標はたとえあったとしても、いつまでたっても達成されることはありません。

些末なことにこだわっているだけ、ということがまた非常に多いからです。

合理的に動くことができない、エネルギー効率が悪い人ということができます。

頼まれることが少なくなる

せわしない人は、身体こそ動いているものの、物事をスムーズに運ぶことができません。

遅くても着実にこなせられれば、まだ救いはあるのですが。

それすらできない姿を見せてしまうと、ものを頼まれることは、次第になくなっていきます。

だいたい組織において、上司と呼ばれる人たちは、みなせっかちなものです。

実力を評価されて昇進した人は、例外なく仕事の処理が速く、部下にも迅速な反応を求めます。

入社したばかりの若手社員には、上司とは、みな何とせっかちなのか、と映ることでしょう。

デキる上司ほど、内容のない部下見抜き、いやがります。

すぐに新しい仕事を任されるようなことはなくなってしまいます。

せわしない人の上司との関係は、命令と言い訳ばかりの、非常にギスギスしたものになってしまうでしょう。

無駄口が多い

せわしない人は、手より口のほうがよく動いていることがよくあります。

店員が一箇所にたむろして、無駄口をたたいている大型小売店を見かけた人は、きっとたくさんいるでしょう。

彼らは、指示や叱責が飛んでくると、あわてて動き出します。

せわしない人は、無駄が多く、効率的には動けません。

このように集団の効率を下げる働きの、中心を成していることが多いものです。

動揺したり、イライラする事が多い

せわしない人は、基本的に不安定な人と言ってよいでしょう。

自信を持って仕事や私生活に臨んでいるわけではありません。

むしろやっとのことでそれらを維持している、というのが実情で’しょう。

揺さぶられれば、簡単にぐらつきます。

するどい指摘など受けようものなら、反発する勇気もありません。

意に沿わないことがあれば、ただイライラを募らせるだけです。

落ち着きのない人間の極みともいえます。

他人に頼ることが下手

せわしない人の中には、人にものを頼むことができず、抱え込んでしまうタイプもいます。

チームプレイは苦手で、リーダー経験はもちろんないに違いなく、チームの一員として達成感を得たこともないのでしょう。

人が集まっているだけで、びくびくしてしまいます。

どこへいっても敷居は高いものと感じています。

アドバイスを求めるだけでも、相当な決心を要します。

なかなか他人に頼ることはできません。

なんでも溜め込んでしまう

筆者が商社に勤務していたころ、営業の男子社員2人に対し、1人の女性アシスタントが付いていました。

筆者についていた最初の女性が結婚退社したため、翌年4月からは、短大卒の新入社員に変わりました。

営業部員は、契約書を作ってアシスタントに渡すと、後は何も関知しません。

アシスタントの仕事内容を指導することはなかったのです。

営業マンは出張ばかりですから、実際に指導するのは、アシスタントグループのベテラン社員ということになります。

筆者の新しいアシスタントは、見栄えは前任者よりかなり落ちましたが、明るい性格で、今はだめでも、そのうち使えるようになるだろう、と考えていました。

しかしそうはなりませんでした。

たくさんの書類をデスクの中にため込んでいたのです。

口も体もちゃんと動いているように見えましたが、実はそうではなかったのです。

ただせわしないだけでした。

SOSも発信していませんでした。

結局先輩のアシスタントたちが共同で処理し、彼女は確か人事総務だったか、直接金銭にはかかわらない部署へと異動になりました。

会社ではこの年を契機に、自社での正社員採用を減らし、派遣会社を利用するようになりました。

人事政策を変更したのです。

自分のキャパを知らない

彼女の場合は、自分の力量というものを、理解していませんでした。

20世紀末の短大卒ですから、東京神田神保町にある中堅商社のOLというポジションなら、自分の思い描いていた就職イメージと、そう遠くはなかったはずです。

実家は商店を経営しているということもあって、愛想はよく、仕事は楽しそうにやっていました。

しかしビジネスの訓練は受けていないため、人に劣っていたという自覚は、ほとんどなかったのかも知れません。

それに比べれば、派遣会社から送り込まれてくる女性たちは、みな粒ぞろいでした。

会社にとってリスク負担が軽減したのは、間違いありません。

目の前のことに集中できない

せわしない人は、注意力散漫で、目の前のことに集中できないことが多いものです。

集中するには性格の安定も欠かせません。

せわしない人は、育ちに何らかの問題を抱えていることが多いとは思います。

しかしそれは、自分自身で乗り越えなければないません。

そして世の中にはさまざまな「集中力を高める方法」が流布されています。

それらを参考にするのもよいでしょう。

その中から医師監修というサイトの中に、即効性のある集中力の高め方という項目を見つけましたました。

それによると、

①仮眠する。
②ゆっくり深呼吸する。
③タスクリストには一つずつ取り組む。
④ホワイトノイズを利用する、と出ています。

ホワイトノイズとは、雨や風、川のせせらぎなどのことで、これらは脳にとって音の持つ意味を判別しずらいため、脳が不要な活動をせず、集中しやすくなる、ということです。

しかしこれなら集中力に限らず、たいていのシチュエーションにも当てはまりそうですね。

医者のいうことは、どこでもいつも同じような気もしますが。

計画性がない

せわしない人は、毎日が手一杯で、長期的な展望は持っていません。

そこまで頭が回らないのでしょう。

これまで、予定は与えられるもので、自分から作るものではなかったからです。

したがって予定を作るスケジューリングの能力は、いつまでたっても欠いたままです。

ビジネスの基本である、Plan(計画)Do(実行)See(評価)の繰り返しも身に付きません。

これはビジネスマンとしては、致命的ともいってもよい欠点です。

後先のことを考えない

せわしない人は、目の前のことをこなすのが精いっぱいです。

いつもアップアップの酸欠状態が続いています。

計画性もなければ、優先順位もありません。

後先を考えずに、ただ動いているだけ、という印象は払拭できません。

実際に価値の高い仕事をしているのでしょうか。

まず自分のやっていることを、周囲に説明できるようにしましょう。

それができるようになれば、少なくとも現状より、合理的な行動を取れるようになります。

後先のことも、ちゃんと考えられるようになるはずです。

人の話を最後まで聞かない

せわしない人は、辛抱強さとは縁がありません。

すぐにわかった気になって、人の話を最後まで聞こうとはしません。

早合点、早とちりすることが常態になっています。

また、早合点の早忘れ、という慣用句もそのままあてはまります。

人の話には、質問するようにするとよいでしょう。

これによって理解が深まるばかりか、印象もよい方向へと急速に変わっていきます。

せわしない人はADHD(注意欠陥多動性障害)の可能性も

ADHD(attentiondeficithyperactivitydisorder)とは、注意欠如、多動性障害と訳されています。

多動性(過活動)、不注意、(注意障害)、衝動性を主な症状とする、神経発達症または行動障害と理解されています。

じっとしていなければならない、などの社会的ルールが、大きくかぶさってくる小学生くらいから急に発症するようになります。

認定されるのは症状が6カ月以上続いた場合とされます。

診断は問診によります。

生理学的に検査して判定するものではありません。

つまり、捉え方はいろいろあるわけです。

当然まだ議論は尽くされていません。

実際学齢期に発症するのは3~7%、そのうち大人になってまで症状を引きずるのは30%くらいと言われています。

大人のADHDを認めるかどうかも議論の最中です。

原因についても。

脳の部位説や神経基盤説、睡眠説など、いろいろとありますが、いずれも説の段階にとどまっています。

治療法は心理療法が主体です。

薬物治療は対症療法にしかなりません。

最近は漢方薬や鍼灸など東洋医学の手法も注目されているようです。

せわしない人は損する?!その理由

せわしない人には、とても大事なことを託す気になりません。

また顔を見ると話す気もなくなっていきます。

誰かにしゃべってしまうのではないか、秘密を守れないのではないか、という懸念が払拭できないからです。

口の軽い配慮を欠くイメージです。

こういう人は、重要な情報からは遮断される可能性が高くなります。

会社などの組織では、傍流の地位に追いやられるタイプです。

もちろん出世とは縁がありません。

誘われない

せわしない人は、暑苦しいとか、うっとうしい人と思われていることが多いものです。

いじられ役という、ガス抜きの役目でも担っているなら、まだいい方でしょう。

基本的にはお声のかからないグループに属しています。

この状態を脱するには、傍目にもわかるイメージチェンジが必要でしょう。

その方法をじっくり考えてみる必要があります。

心身ともに疲れる

せわしない人は、あちこち動き回りながらも注意力は散漫です。

エネルギーはあちこちへ放電してしまっています。

そのため、ふと我に返ったとき、疲労がどっと襲ってきます。

毎日、毎週、このような繰り返しが続いていきます。

この流れを、早急に断ち切る必要があります。

疲労を取るためには、まったく別種の疲労を加えるのが、効果的と言われます。

何か別のことを始めてみましょう。

ジャンルは自分自身で探すことが必要です。

新しいものを取り入れられない

せわしない人の多くは、現実をさばくことで手一杯になっています。

新しい物事にチャレンジしようという心身の余裕はありません。

頭の中の情報もなかなか更新されず、あらゆる場面で遅れをとっていくことになります。

それがあせりを生み、さらにせわしなくなるのではないでしょうか。

確かにどんどん差がついてしまいそうです。

新しい経験は、脳細胞はもとより身体中の細胞を活性化してくれます。

再生を促してくれるのです。

せわしないな……と思う人にアドバイス!

せわしない、落ち着きがないと人を見ていると、周囲はつい何か言いたくなります。

どうで聞き入れやしないだろうという想像が成り立つため、かえって気楽にアドバイスすることができます。

そういう面では、周囲に受け入れられている人とも言えます。

それにいい加減なアドバイスに思えても、正確に悩みの中心をとらえるていることもあります。

軽い冗談めかした言葉の中にも、そういうヒントは潜んでいるものです。

これらを聞き逃すのは損というものです。

深呼吸をする

よほどの白衣恐怖症の人でない限り、深呼吸するだけで、最高血圧の10や20はすぐに下がります。

効果はてきめんに現れるのです。

深呼吸は、身体中の細胞に力を与えてくれまます。

実際に自律神経に働きかけ、身心の活動に関係する交感神経と、休息や睡眠に関連する副交感神経とを、うまくコントロールできるようになるそうです。

手っ取り早く落ち着くには、伸びをして深呼吸するのが一番です。

また睡眠の質にもよい影響をもたらしてくれるそうです。

気持ちやタスクを整理する時間を設けてみる

せわしない人は、落ち着いた時間をすごすことがないからこそ、せわしないと言われるのでしょう。

一度立ち止まって、活動をストップすることが必要です。

そこで自分の携わっているタスクを、整理してみましょう。

たいていは中途半端な状況になっているはずです。

まずそれらに優先順位をつけることから始めてみます。

そして一度その設定通りやってみて下さい。

その後で、実際に効果が上がったかどうか、検証してみましょう。

これは即効で役に立つはずです。

自己管理能力を身につける

せわしない人が自己管理力を身に付けるのは、並大抵のことではありません。

身近なところから、例えばスマートに仕事をこなしている同僚や、先輩のマネから入るのもありだと思います。

スポーツで技を磨くことと同じです。

スポーツマンは、一流の人のマネをしながら学び、自分のスタイルを確立していきます。

それと同じイメージでかまわないでしょう。

本を読んで身につくようなものではありません。

【自己管理をできるようになるための方法は、こちらの記事もチェック!】

心に余裕を持つとより良くなる!(まとめ)

せわしない日常を離れ、心に余裕もちましょう。

定期的にリフレッシュすることが大切です。

これまでより、もっとよいリフレッシュの方法を探すことが必要です。

例えば、リフレッシュ休暇という考えが浸透しつつあります。

これは労働基準法で定められた、正規の法律に依るものではありません。

ゆとり休暇推進要綱(平成7年7月中央労働基準審議会了承)という文書をもとに、各社が独自に就業規則などで定めているというのが一般的です。

位置づけは福利厚生を厚くするための特別休暇というものです。

そうした特別休暇制度のある企業の割合は、厚生労働省による平成25年度の調査では、57.9%という数字になっています。

これを種類別にみると、夏季休暇44.7%、病気休暇22.4%、についで、リフレッシュ休暇は、11.1%となっています。

こうみるとリフレッシュ休暇は、まだあまり大した採用率とはいえませんね。

企業規模が大きくなるほど、大企業ほど採用率が高いのはいうまでもありません。

しかし確かに、福利厚生は前進しています。

もう後退することはないでしょう。

ただし制度があるだけで、実際は機能していない場合も多そうです。

ネット上には、ほとんど取得できない、という嘆きの声も多く上がっています。

それでも心に余裕がなく、追い詰められている人は、積極的に利用すべきでしょう。

リフレッシュに成功して帰ってきたら、会社に居場所がなくなっている、ということも、現実的にありえます。

しかしそうなったら、そうなったときの話です。

それを機に、思い切って転職した結果、まったく新しい人生が開けることも十分あります。

心身をリフレッシュすることは、現状を変える起爆剤ともなり得るのです。

そのきっかけとして、使える人は使っていきましょう。

そして、せわしない生活から、ゆとりある生活へ、変えていきましょう。