今の人たちは半ドンを知らずに育っていますね。

なんて言ったって2002年から日本では週休2日制が施行されたので、土曜日が休みだというふうな認識になっています。

しかし、一昔前は土曜日は普通に平日のようなものでした。

学校で言えば、午前中だけ授業があって、午後は休みといった感じになっていました。

つまり、当時の人たちからすれば、土曜日はかなり貴重な日になっていたのです。

その時に使用されていた言葉が「半ドン」です。

半分土曜日と言った感じですが、ほとんどは休みのような感じに使用されていました。

たまに午前授業があると、明日は「半ドン」だから、みんなで遊ばないといった感じのことを口にして、みんなと遊ぶ約束をしたりして、予定を立てたものです。

そこで今回こちらの記事では、今の方がほとんど知らない半ドンについていろいろと情報をまとめてみましたので、ぜひ、このようなものがあったんだというような感じで拝見していただけましたら幸いです。

もしくは、半ドンを経験された方はあったあったなどといった感じに懐かしさに浸る感じに読んでいただけたらと思います。

このような文化があったということをわかるだけでもこれから先の時間の使い方に対して考えが変わるかもしれませんよ。

知らないよりかは知っておいた方がなんだって生きていく上では良いのです。

ぜひ、自分には必要ないとは思わずに、柔軟な考えをもって接してみてくださいませ。

新たな発見につながるかもしれません。

半ドンを有効活用しよう!

かつて半ドンにあたる日は多くの人にとって貴重なプライベートになっていました。

半ドンの日に何もしないのは時間を有効活用できていないのと一緒ということで、特に社会人の方や大学生などは必死になって時間を有効活用しようと考えたものです。

特に土曜日の場合は午後から空くので、翌日は休みだから、軽いプチ旅行に行こうと考える方もいらっしゃいました。

温泉などはその手の人を狙ってプロモーションをしていたこともあります。

ある意味、半ドンの使い方によってその人のセンスが問われていた時代でもあります。

現在は休みが多くなったので、休みの日に何もしなくても、普通のような感じがしますが、昔はいかに休みの日を有効活用するのかが大切になっていたのです。

それほど休みが貴重なものでした。

それだけ休みが貴重だから仕事も頑張れたようです。

休みが多くなった分、休みの貴重さが昔よりかは小さくなってしまっているような気がします。

つまり、半ドンを知っていただくことえ休みの日の使い方を、もしくは休みを貴重なものに思えてほしいのです。

なぜなら、時間はいくらお金をつぎ込んでも戻ってこないからです。

過ぎ去ってしまった時間は取り戻せないのです。

労働大国の日本といえども、休みが多くあるので、それをしっかり有効活用しましょう。

半ドンを知ればいかに休日が貴重化がわかりますよ。

半ドンとは?

半ドンとは午前だけ活動して午後は休みということで、できた俗語です。

昭和生まれの方と平成初期に生まれた方が経験したであろう土曜日の午前授業などがそれにあたります。

ではこの言葉いったいなぜできたのかと言われますと、それを聞かれたときにはっきり答えることができる人は少ないのです。

なぜなら、気づいた時から使用されていたので由来などまで覚える必要はないと思って使用していた人がほとんどだからです。

つまり、本当の意味や由来などを知らずに使用していた人がほとんどなのです。

なぜ、そうなったのかと言いますと、情報の伝達がそのまま行われているからです。

要はアップデートされることなくそのまま伝達されているから中身まで調べようと頭が働かないのです。

特にこの手の言葉などは年上の人から伝達されることがほとんどなので、そのまま受け止めてしまうのです。

かつて日本はトップダウンが当然のような感じの雰囲気があり、上の人が言っているから間違いないといった感じにとらえてそのまま使用してしまうといった感じの流れでした。

しかし、今はそれではいけません。

しっかり言葉1つ1つ覚えないといけないのです。

なぜなら、情報があふれていて、嘘がつけない世界になってしまっているからです。

そこで、ここからは半ドンについて詳しく説明しますので、よーく理解しましょう。

意味


意味はなんども説明していますように、午後から休みになるという意味で半ドンと言います。

では、なぜ半ドンなのかと言いますと、半分ドンタクからこの言葉は来ています。

半分はそのままですが、ドンタクは休みといった意味になるのです。

なら半休みでもいいのではないかと思われる方もいらっしゃいますが、なぜかドンタクが採用されています。

それはなぜかと言いますと、この言葉できたのが実は江戸時代からという話があります。

つまり、ドンタクという言葉が江戸時代からあったのです。

ちなみにドンはドンタクを略したものです。

そう考えると、江戸時代のころから、日本人は言葉を略すのが好きだったのかもしれませんね。

ただ、他の説としては、半ドンがあるのはほとんど土曜日なので、半分土曜日が半土からそれがだんだんいろいろな人に伝わるにつれ、「半ドン」になっていたのではないかとも言われています。

俗語なので何とも言えませんが、とにかく午後休みのようなものです。

午後の休みを利用していろいろなことをして有効活用することが半ドンのセンスのある人のように思えたのかもしれませんね。

半ドンという言葉は伝わってもこのように由来までは知らないという人がほとんどです。

また、このように説がいろいろと存在するのも、ただ伝達しているだけということだからです。

由来はオランダ語

ドンタクの由来は実はオランダと言われています。

これは江戸時代の話ですが、オランダでは休日を意味する日曜日のことをzondagといったらしく、それを聞いた当時の日本人はいろいろな人に伝わっていく過程で、休日をそのようにいうようになって、なまって「ドンタク」というようになったらしいです。

そして、明治になって土曜日が午前しか働かなくていいというようになったので、半ドクになったと言われています。

つまりは、オランダ人が使っていた言葉をかっこつけかもしくはしゃれた感じに使用して、使い始めていろいろな所に広まって、このような形になっていったのです。

もともと、今使用されている日本語自体も実は中国から伝わってきたものであり、パクったものなのです。

他国のものを自国のもののようにパクってオリジナルにしてしまう能力を日本人は古くから持っていたようです。

ある意味、一昔前は軽く使用されていた言葉ではありましたが、実は調べてみると、すごく深い意味を持った言葉でもあるのです。

昔の言葉だからと言ってバカにしてはいけません。

それだけ深い言葉であり、時間の貴重さを表している言葉でもあるので、今は半ドクはなくなりましたが、時間の貴重さを伝えるうえでいい言葉なのかもしれません。

最近は半ドンの風習がなくなった

最近はほとんど使用されなくなった半ドンですが、それはなぜかと言いますと、2002年から施行された週休2日制です。

土曜日も休日になってしまったので、半ドンの文化は消えてしまいました。

その代わりのようなものにできたのがプレミアムフライデーですが、効果があったのかどうかはまだわかりません。

プレミアムフライデーと言っても、実行していない企業がほとんどで、また、早く帰れるなのなら居酒屋などによらずかえってしまうという方も多いのです。

つまり、プレミアムフライデーができても時間の貴重さが伝わっていないのです。

日本だけが世界で唯一お金と時間の勉強を受けていないのです。

故に、お金と時間の貴重さがわかっていないのです。

なぜそうなのかと言いますと、日本は労働者生産国なのです。

国民に働くことが一番だと教えるために、お金と時間の価値を知られてしまうと困るのです。

故に、プレミアムフライデーも習慣として根付かないのです。

江戸や明治から続いている半ドンの方が実は知らない人でもしっくりくるのかもしれません。

なぜなら、そのような風習で育った人たちが人口の多くを占めているからです。

他国で流行っているから、成功しているからと言って日本で流行ったり、成功したりするということはありません。

日本人の成功したものを取り入れるという文化はあまりよくないのです。

昔は学校は土曜日が半ドンだった


昭和生まれの人と平成初期に生まれた人は経験したことがある半ドン!そう土曜日が午前授業だったことです。

おそらく小学校の時は部活などもなかったので、友達と遊ぶ約束をしていたかもしれませんが、中学生や高校生ぐらいになると、部活動などあって、半ドンどころではなかったのかもしれません。

それゆえに、土曜日に部活がない日は、半ドンになるので、時間を有効に使おうと考えたものです。

そう考えると、昔の人の方が今の人よりも時間の使い方が有効なのかもしれませんね。

なぜなら、それだけ貴重な時間だったからです。

半ドンを経験した経験していないでは時間を基調と思う度合いが違うのかもしれませんね。

半ドンがあったことで今でも時間を有効活用している人は多いと思います。

ぜひ、今後は時間の使い方が大切になってくる時代でもありますので、半ドンの文化を覚えることは今後に活かすことができますよ。

週休2日制で育った自分には関係ないと思われる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、何度も言いますように知らないよりかは知っておいた方がいい世の中なのです。

必要ないかどうかはあなたが決めることではありません。

あなたが必要なくても時代が必要としているのかもしれませんよ。

昔土曜日が半ドンだった理由とは?

では、なぜ昔土曜日が半ドンだったのかと言いますと、そのことに関して明確な理由を知る人はいません。

ただ、歴史的に見れば、明治に施行されたことで半ドンが誕生し、2000年代初期までは続いていたのです。

しかし、今でも、じつは半ドンの文化を続けている機関などがあります。

特に代表的なのは、医療機関です。

土曜日の午前だけ診察できるようにして、午後は休診という医療機関が多いのです。

知らないだけで半ドンの文化は残っているのです。

しかし、そんな半ドンはなぜできたのでしょうか?ひとえには働きすぎということから過労死を防ぐために施行されたというのが俗説ですが、真意はわかりません。

もしかしたらもっとほかの意味があるのかもしれません。

ただ、半ドンだったことで、時間の貴重さは今以上に実感できたことは確かです。

休みの日をいかに有効活用しているかでその人の仕事の出来具合が違ったともいわれています。

半ドンだった理由はわかりませんが、今以上に時間についての認識が強かったことは確かです。

今は週休2日制で、昔よりも休みが増えたことで休みの貴重さが失われてしまっているような感じさえします。

休みが多い今だからこそ、休みの貴重さを認識すべきなのです。

いつから学校の半ドンがなくなった?

では、いつから学校から半ドンがなくなったのかと言いますと、完全に消滅したのが2002年の週休2日制が施行されてからです。

それからはカレンダー上では土日が完全に休みになってしまいました。

しかし、施行されたときに新学校などの高校では、土日の休みを利用して課外授業などを行って余計に休みをなくしたところもあったと言われています。

また、部活に力を入れている高校などは金曜の夜に出発して遠出の場所に遠征を行うなどして、有効活用していたようです。

ある意味、高校生の人からすると、休みが減ったという認識になっていた方も多くいらっしゃったかもしれません。

また、授業の進み具合が各高校によって如実に表れてきて、学力の差があからさまになってしまったともいわれています。

施行当初は、土曜日が休みだと浮かれていた人も多かったのですが、のちのちのことを考えると、メリットは多くなかったのかもしれませんね。

それ以降の学生は完全に土曜日が休みという認識なので、半ドンという言葉自体を聞かなくなってしまったのかもしれません。

というより、完全に死語に近い状況になってしまいました。

今後使用されることはないのではないかともいわれていますが、実はもしかしたら半ドンの習慣が復活するのではないかとも言われています。

それを次で弊害と合わせて説明します。