長続きするカップルはいつも幸せそう♡

自分もそんな恋愛がしたいのに、なぜかいつも長続きせずに悩んでいませんか?

実は長続きするカップルには、長続きする理由があるんです!

そして、長続きしないカップルにも長続きしない理由が…。

そこで今回は、長続きするカップルの特徴を徹底研究!長続きするカップルがなぜいつも幸せそうなのか、その理由を解明しちゃいます。

併せて、長続きしないカップルの特徴もご紹介するので、それぞれの違いを学んでいきましょう。

自分の恋愛が長続きしない原因が分かれば、きっとあなたも長続きする幸せな恋愛ができるはず♡

今回は、さらに『長続きするコツ・ポイント』もご紹介するので、ぜひ参考にしてください!

長続きするカップルの共通点って?

長続きするカップルが長続きするのは、“たまたま”ではないようです。

長続きするカップルには共通点があり、その共通点にこそ恋愛が長続きする秘訣が隠されています。

というのも、多くの長続きするカップルが同じ特徴をもっているからです。

恋愛は、ひとりではできませんよね?

相手ありきなのが恋愛で、長続きするのにはカップル同士の価値観や努力が大きく影響してきます。

ひとりで頑張ってもダメで、自分だけが長続きする恋愛を望んでいても上手くいきません。

人と人が長くよい関係を築いていくには、大事な法則がいくつかあります。

恋愛では、相手と自分、それぞれに長続きする要因があって、初めて長く続く恋愛になるのです。

多くの長続きするカップルは、それを知っている、もしくは自然とそんな相手を選んでいます。

だから長続きするカップルには、同じような共通点があるのです。

長続きするカップルに学べば、長続きする秘訣も分かります。

自分の恋愛傾向を振り返りながら、長続きする恋愛を手に入れましょう!

こんなカップルは長続きする!11個の特徴

ではさっそく、長続きするカップルの共通点をご紹介していきます。

長続きするカップルに共通する11個の特徴から、幸せな恋愛をする秘訣を学んでいきましょう♡

1、お互いの共通点が多い

長続きするカップルの共通点ひとつ目は、“お互いの共通点が多い”こと。

お互いの共通点が多いから、いつまでも幸せでいられるのです。

長続きするカップルの共通点とは、たとえば趣味。

趣味が同じなら多くの時間を共有できるし、会話も弾みますよね。

お互いに趣味への理解もあるので、心置きなく趣味に没頭することもできます。

また、価値観が同じなら、一緒に居てストレスが少ないということになります。

好きなことや嫌いなこと、気にならないことや許せないことが同じなので、意見の違いでケンカすることも少ないからです。

こうした共通点が多ければ多いほど、カップルはお互いに気を遣うことなく自然体で付き合うことができます。

それが、長続きする秘訣なのです。

2、自然体でいられる


長続きするカップルの共通点2つ目は、“自然体でいられる”こと。

自然体でいられる相手とは、ありのままの自分をさらけ出しても不安やストレスを感じない相手です。

つまり、気を遣う必要もなくいられる者同士なら、長く続くということです。

恋愛では、何より自分を大切にすることが大切です。

相手に合わせて我慢したり、気を遣ったり。

人はそうした状況に、長く身を置くことはできません。

最初は相手に気に入られようと頑張れても、次第に一緒にいることがストレスになってしまうからです。

自分を大切にすることを怠ると、結局恋愛は上手くいかないものなのです。

とはいえ、自分の気持ちや意見を押し通そうとしても恋愛は長続きしません。

我慢することなく、無理に自分を押し通すことなくいられる相手でなければ、長続きしないということです。

長続きするカップルは、お互いにストレスなく自然体でいられる相手を選んでいます。

だから、幸せな恋愛を長く続けることができるのです。

3、自分たちは自分たち!他のカップルと比べない

長続きするカップルの共通点3つ目は、“他のカップルと比べない”こと。

長続きするカップルは「自分たちは自分たち!」と、周囲の目や他のカップルの価値観に流されることがないので、不必要な迷いや不安がありません。

他のカップルと比べて不安になったり迷ったりすることがないから、長続きするのです。

周囲の目や他のカップル、世の中の常識的なものに囚われるカップルは、“自分たち”を見失っている状態。

自分たちの気持ちや価値観を無視して他の人のルールに合わせようとするので、不安や迷いが生じます。

その不安や迷いは、ストレスや衝突の元。

自分たちらしく自然体でいることもできなくて、窮屈に感じてしまうのです。

長続きするカップルは、他のカップルと比べて自分たちはどうか…という無駄な詮索はしません。

ふたりだけの世界で、ふたりのルールの中にいるので、不安やストレスを感じることも少ないのです。

4、笑いのツボが同じ・似ている

長続きするカップルの共通点4つ目は、“笑いのツボが同じ・似ている”こと。

笑いのツボが同じだったり似ていたりするカップルは、一緒に居て「楽しい」と思えるカップル。

楽しさや幸せを多く感じることができるから、長続きするのです。

笑いのツボって、人と人が付き合ううえではかなり重要!

カップルに限らず友人同士でも同じで、笑いのツボが一緒じゃないと、楽しく関係を続けていくことができません。

だって、思わず「ウケる!」と笑ったり、ワクワクして「楽しい!」って思ったりしたとき、一緒に居る相手がシラケていたらつまらないですよね?

盛り上がった気分も冷めてしまうし、なんだか悲しい気分にもなってしまいます。

長く続くカップルは笑いのツボが同じで、楽しい気分を同じ気持ちで共有することができるから長く続くのです。

5、悩みを一人で考え込まないで相談する

長続きするカップルの共通点5つ目は、“悩みを一人で考え込まないで相談する”こと。

弱い部分もさらけ出して支え合うことができるから、お互いに必要な相手となっていくのです。

人はひとりでは生きていけません。

お互いに支え合い、助け合っていくのが人間です。

そんな存在の人がいることで安心できるし、迷っても前に進むことが出来ます。

そして、支え合うことでより必要な存在に、特別な存在になっていくのがカップルです。

また、悩みを一人で考え込むと、相手は寂しさや不安を感じてしまうというデメリットもあります。

考え込まれている間、パートナーは相手が何を悩んでいるのか分かりません。

悩んでいることがあるのに相談に乗れない寂しさや、頼ってもらえない不甲斐なさ、何に悩んでいるのか分からない不安…と、カップルの間には壁が出来てしまうのです。

長続きするカップルはお互いに必要な存在で、支え合う関係ができているから長くよい関係を築いていくことができるのです。

6、見返りを求めない

長続きするカップルの共通点6つ目は、“見返りを求めない”こと。

長続きするカップルは、お互いに見返りを求めて行動することがないから、不満を感じることがなく長く続くのです。

見返りを求めるのは、多くのカップルの破局の原因になっています。

見返りを求め始めると、不満だらけでストレスが溜まるのです。

もちろんそのストレスは、見返りを求める側だけではなく、見返りを求められた側にも…。

恋愛はそもそも、利害関係で成り立つものではありません。

無償の愛をお互いに注いでこそ成り立つものです。

それは親子関係にも似ていて、愛情は見返りを求めて注ぐものではないのです。

見返りありきの愛情では、思ったような見返りが無いと不満が生まれます。

また、見返りを期待された愛情を注がれても、相手はそれを素直に受け取ることができません。

長続きするカップルの恋愛では、見返りを求めることがないから不満もないし、無償の愛を捧げあうので幸福度も高いのです。

7、一緒にいると落ち着く・癒される

長続きするカップルの共通点7つ目は、“一緒にいると落ち着く・癒される”こと。

自然体でいられることもそうですが、一緒にいて落ち着く・癒されるというのも長続きするためには大切なことです。

人はストレス下に長く身を置くことはできません。

一緒にいても気を遣って落ち着かない、癒されるどころかイライラするような関係では、一緒にいても居心地が悪くてしかたありません。

居心地が悪ければ一緒に居る時間も自然と減っていき、二人の間には距離ができてしまうでしょう。

付き合い始めのカップルには燃えるような愛情も刺激になりますが、その状態すら長く続けばストレスです。

時間とともに落ち着いた、癒される関係性に変化していってこそ長く続く関係になれるというもの。

長続きするカップルは、時間がたつとともに居心地の良い関係へと変化させることができるカップルなのです。

8、自分の時間も大切にしている

長続きするカップルの共通点8つ目は、“自分の時間も大切にしている”こと。

長続きするためには一緒にいるときに気を遣わない、自然体でいられる関係を築くことも大切ですが、それぞれの時間ももちろん必要です。

長続きするカップルは自分の時間も大切にし、それをお互いに認め合うことができるから、長く良い関係でいられるのです。

自分の時間を大切にするということは、自分を大切にするということです。

お話ししたように、自分を大切にするということは恋愛の基本。

カップルであっても個々、それぞれ別の人間であり、お互いに個を尊重することが出来なければ長続きすることもありません。

最初は一緒に居る時間が何より楽しく、その時間こそが恋愛の醍醐味かもしれません。

でも、付き合いが長くなれば落ち着いていくのが普通。

長続きするカップルは自分の時間を大切にし、お互いに相手の時間を尊重できるから長続きしているのです。

9、お互い信頼し合っている


長続きするカップルの共通点9つ目は、“お互い信頼し合っている”こと。

長続きするカップルはお互いに信頼があるからそれぞれの時間を尊重できるし、支え合うこともできるのです。

人間関係を長く続けるうえでは、信頼関係は何より大切なことです。

恋愛関係の場合はそこに無償の愛情が加わりますが、ベースには信頼関係があるものです。

その信頼関係が抜け落ちて愛情を注ぎ合うだけだったり、見返りを求めたりすれば、長くは続きません。

信頼関係があれば無駄な詮索をすることもないし、不安や不満も生まれません。

安心していられるから、時にはお互いの時間を尊重し、時には支え合い、よい関係を築くことができます。

長続きするカップルには確固たる信頼関係があるから、強い絆で結ばれた関係を築くことが出来るのです。

【信頼関係を築くには、こちらの記事もチェック!】

10、自分磨きも忘れない

長続きするカップルの共通点10個目は、“自分磨きも忘れない”こと。

自分磨きを忘れないカップルは、お互いを尊敬しあえるカップルです。

だから、お互いを高め合ってよい影響を与え合い、周囲もうらやむ長続きカップルになれるのです。

自分磨きをする人は、現状に満足しないからどんどん素敵にアップデートされていきます。

恋愛関係の相手に魅力が増していけば、飽きることもありませんよね。

どんなに魅力的な人でも、一緒に居る時間が長くなれば慣れてしまいます。

慣れてしまえば、魅力を感じなくもなります。

恋人を魅力的だと思えなくなれば、次第に恋愛感情は冷めてしまいますよね。

もちろん、付き合いが長くなればある程度恋心は落ち着いていくもので、それが自然体でいられる良い関係を築く秘訣でもあるのですが…

自然体でいることと、惰性になることは違います。

人付き合いではなく恋愛関係である以上、相手の魅力に惹かれる気持ちは必要なのです。

長く続くカップルは、変な気遣いもなく自然体でいられる上に、それぞれが自分を大切にして自分を磨き続けます。

それが尊敬となり魅力となり、お互いに惹かれ合い続ける長続きカップルになるのです。

11、金銭感覚が似ている

長続きするカップルの共通点11個目は、“金銭感覚が似ている”こと。

これは、最初に挙げた特徴の“共通点が多い”ことの中のひとつです。

金銭感覚は人が持っている価値観のうちのひとつで、育った環境などによって独自の感覚をもっています。

何をするにもお金が必要な今、金銭感覚は付き合っていくうえで無視できない感覚です。

ズレていれば、それが不満や不安の種となってしまうでしょう。

とくに結婚を考えたら、金銭感覚にズレがあると致命的。

カップルが長く続いた先には結婚があり、付き合いの中で「結婚はできないな」と思えば長くは続きません。

もちろん、金銭感覚が似ていることはデートをするうえでも重要で、長続きするカップルには、金銭感覚が似ているところがあるから一緒に居られるのです。

長続きしないカップルの特徴は?

ここまでは、長続きするカップルの特徴をご紹介してきました。

ここからは、長続きしないカップルの特徴を学びながら、さらに長続きするための秘訣を深堀していきましょう。

長続きするカップルには特徴的な共通点がいくつもありましたが、それとは対照的な長続きしないカップルにも、共通する特徴があるものです。

長続きする恋愛ができないないばかりではなく、長続きしない特徴を持っているとしたら…

いくら長続きカップルに学んでも、同じように幸せな恋愛を手にすることはできません。

長続きを邪魔する特徴とはなんなのか、自分や恋人に長続きできない理由はないか。

自分の恋愛傾向や恋人選びを振り返りながら、読み進めてみてください。

1、どちらもわがまま・自己中心的

長続きしないカップルには、どちらもわがまま・自己中心的という特徴があります。

信頼し合っているカップルとは対照的な特徴ですよね。

どちらもわがままで自己中心的なカップルでは、その関係を長く続けていくことはできません。

相手のことを考えることが出来ずに自分の主張ばかりを通すので、いつも衝突が絶えないでしょう。

とはいえ、どちらかが我慢すればいいという問題でもありません。

恋人同士には、お互いを尊重し合う気持ちが大切です。

お互いにお互いを尊重し合い、自然体でいられるのが理想の付き合い方。

長続きしないカップルにはどちらにも、相手を思いやる気持ちや自分を大切にする気持ちが欠けているのです。

2、本音で会話ができない

本音で会話ができない関係というのも、長続きしないカップルに見られる特徴です。

これは、長続きするカップルの“悩みを一人で考え込まないで相談する”のとは真逆ですよね。

本音で会話ができないままでは、恋愛関係を長く続けていくことはできません。

なぜなら、本音で会話をしていないということは、ありのままの自分を見せ合っていないということだからです。

つまり、ふたりの関係は偽りの自分の上に成り立っているということになるのです。

お互いが自分を見せずに付き合っていたら、どこかでほころびが生じます。

そのほころびが別れの原因にもなるし、自分を見せられないことへのストレスもまた、別れを招いてしまいます。

本音で会話ができない関係は、仮面夫婦のような関係に過ぎません。

その状態を長く続けていくこともできないのです。

3、外見だけで相手を選んだ

長続きしないカップルの場合、外見だけで相手を選んでいることが続かない原因のひとつになっているようです。

長続きするカップルの特徴を見れば分かるように、長続きするには価値観や笑いのツボ、金銭感覚など内面的な要素が合っていることが重要です。

ですから、外見だけで相手を選んでいては、その恋愛を続けていく道のりは困難。

付き合ってみて合わないことが発覚すれば、次第に気持ちも冷めてしまうでしょう。

外見だけを見て付き合ったのに、それを長く続けようとするのは虫のいい話でもあるのです。

もちろん、外見だけで付き合っても長く続く可能性はありますが、それはまぐれ。

外見がいいからと中身も理想的であると勝手に想像してしまうのは、都合が良すぎますよね。

長続きするカップルは、たまたま気の合う相手だったのではありません。

きちんとその人の人となりをみているから、長続きしているのです。

4、相手のことを思って接していない

長続きしないカップルには、相手のことを思って接していないことも特徴として見られます。

恋愛では自分を大切にすることが大切だとお話ししてきましたが、それはわがままを言うなど、自己中心的に振舞っていいということではありません。

相手があっての恋愛では、相手のことを思って接することも必要なのです。

なぜなら、お互いを思いやり、相手のことを尊重することができない関係だとしたら、ふたりが一緒にいる意味もないからです。

カップルは、お互いが必要とする唯一無二の存在です。

相手があっての恋愛であり、相手を無視していれば関係は成立しません。

もちろん、利害関係でも恋愛は成り立たないので、相手のことを思いやる気持ちが無ければ長続きすることもないのです。

長続きしないカップルは、恋愛関係ではなく利害関係になっていたり、相手のことを思う気持ちがなく自己中心的になっていたりします。

だから、恋愛が長続きしないのです。

5、元々そんなに好きじゃなかった

長続きしないカップルには、「元々そんなに好きじゃなかった」という理由もちらほら…。

これは、長続きするカップルからすれば理解できない話。

でも案外、「そんなに好きじゃない」という状況で付き合い始めるカップルは多いものですよね。

それが結局、「やっぱり好きじゃなかった」となって破局してしまうのです。

こんな状況が生まれてしまうのは、どちらかが相手のことを好きで押し切られて何となく付き合ってしまった場合や、何か利害関係が成立して付き合う場合でしょう。

どちらかはその相手のことを必要としているのは確かですが、その気持ちには落差があり結局は上手くいかなくなってしまいます。

相手のことを好きな方からしてみれば、それは長く続けたい関係。

もちろん元々好きじゃなくても気持ちが動くことはありますが…

長続きするカップルになるにはお互いの「長く続けたい」という意思がなければなりません。

元々そんなに好きじゃないという気持ちがどちらかにあれば、長続きさせようとするのも無謀なこと。

お互いの気持ちが一致していないまま付き合ったなら、それを長く続けることに期待するのは無理がありますよね。

6、否定ばかりする

否定ばかりするというのも、長続きしないカップルの特徴のひとつです。

お互いに信頼しあい、それぞれが自分の時間を大切にしている長続きするカップルとは対照的ですよね。

否定の言葉は、ネガティブな言葉に該当します。

否定された相手が傷つくだけではなく、否定ばかりしている本人にも良い影響は与えません。

気持ちはいつも穏やかではなく、表情は険しくなりがち。

本人の心もどんどん貧しくなっていくし、付き合う相手も辛いばかりです。

どちらか一方でも、お互いにでも、否定ばかりするカップルが長く続くことはあり得ないのです。

長続きするカップルは、お互いに良い影響を与えあい、高め合っています。

そこに否定はなく、尊重しかありません。

否定ばかりしている相手なら、付き合う意味もないのです。

長続きするコツ・ポイント10個

長続きするカップル、長続きしないカップル、それぞれの特徴を見てみると、長続きしない理由も明確になってきますよね。

カップルには相性の良さはもちろんのこと、お互いの信頼関係や共通認識がないと長続きしないということです。

ここからは、それぞれの特徴を踏まえて長続きするコツ・ポイントをまとめました。

長続きするカップルに学ぶこと、そして長続きしない理由への反省点を振り返り、これからの恋愛に役立てていきましょう!

1、お互い違うということを受け入れる

長続きしないカップルには“否定ばかりする”という特徴がありましたよね。

否定ばかりしているということは、相手を認めていないということです。

逆に長続きするカップルには、お互いを信頼し合い、尊重し合えるという特徴がありました。

つまり長続きするためには、“お互い違うということを受け入れる”ことがポイントとなるのです。

お互い違うということを受け入れるのは、お互いを認め合い尊重し合うことに繋がります。

相手と自分、それぞれを個として認め合うことが出来れば、イライラやストレスのほとんどが消えてなくなるでしょう。

2、嘘をつかないで正直に

嘘をつかないで正直に、ありのままの自分をみせることも、長続きするコツです。

嘘のない関係になれれば、気持ちも穏やかに落ち着いた関係を築いていくことができるでしょう。

なぜなら、本音を出し合えない関係は、偽りの関係でしかないからです。

嘘や偽りの上に関係が成り立つことはなく、それが成立するのも最初だけ。

いずれ無理が生じ、ほころびてしまいます。

嘘をつかないで正直にいられれば、よい信頼関係も生まれます。

信頼関係ができれば、不安や不満もなくなります。

恋人の前では、ありのままの自分を見せるよう心がけましょう。

3、お互い褒め合う

お互いに褒め合うよう意識することも、恋愛が長続きするコツです。

否定ばかりするのとは逆で、お互いを高め合えるよい関係が築けるようになります。

褒め言葉というのは、否定と違ってポジティブワードです。

褒め言葉を言われた相手が嬉しくなるだけではなく、褒め言葉を言う本人にも良い影響を与えます。

褒められた相手は嬉しくてもっと頑張ろうと思うし、認めてくれる相手への感謝や尊敬も生まれます。

お互いに褒め合うことができれば、お互いがお互いに良い影響を与え合い、一緒に居て高め合える最高のカップルになれるのです。

4、依存し合わないで自分の時間も充実させる

長続きするカップルになるには、依存しあわないで自分の時間も充実させることもポイントのひとつです。

人はひとりひとり違って、カップルであっても自分の時間が必要です。

それは寂しいことではなく、冷めた関係ということでもありません。

長続きするカップルはお互いを尊重し、それぞれが自分の時間を大切にしているから、長く一緒に居ることができるのです。

依存しあっている関係は、一見お互いを必要とする仲の良いカップルのように思えますが、決してそうではありません。

依存度が強ければお互いへの負担も大きくなっていくし、何より依存は人をダメにします。

カップルの場合は依存によって、嫉妬や強い束縛が生まれ、しだいに歪んだ関係になってしまうのです。

恋愛を長続きさせるためには、お互いの自立が必要です。

お互いが自立したうえで支え合うことが出来れば、心地よい関係が築けるでしょう。

5、たまにロマンチックな雰囲気を楽しむ

たまにロマンチックな雰囲気を楽しむというのも、長続きするコツです。

長く付き合っていると、どうしてもマンネリ化してしまいがちですよね。

落ち着いた関係になっていくことは大切ですが、トキメキがなければその関係もまた、長続きしないのです。

長続きするカップルが自分磨きを忘れないのも、お互いに魅力を感じ続け、トキメキを持ち続けるカップルになれるコツのひとつ。

それが自然とできているから、長続きするカップルはいつまでも、魅力的なカップルでいられるのです。

ロマンチックな雰囲気を楽しめるカップルというのも、恋愛関係を素敵に楽しむことができるカップルです。

時にはトキメキを、時には自分をさらけ出し、時には自分の時間を大切に…そんなメリハリが、カップルを長続きさせてくれます。

6、愛情表現はちゃんと口にする

恋愛を長続きさせるためには、愛情表現をちゃんと口にするのもポイントです。

付き合いが長くなるほど忘れがちなのが愛情表現。

でも、「わかっているだろう」と口にするのを怠ると、破局の原因になってしまうのが愛情表現です。

気持ちって、結局は言葉にしなければ伝わりません。

むしろ付き合いが長くなっていくほど、言葉がなければ不安になりがちです。

お互いの時間を大切にするにも、信頼し合うにも、愛情表現なしには成り立たないのです。

お互いが愛情表現を口にすることで、安心してお互いを尊重することが出来るようになります。

愛情を言葉にして伝えあうことは、カップルの絆を保ち続ける秘訣なのです。

【長続きカップルがしている愛情表現については、こちらの記事もチェック!】

長続きするコツはお互いの信頼関係が大切

長続きするコツは、何よりお互いの信頼関係です。

信頼があれば、自分の時間を大切にすることもできるし、自然体でいることができます。

関係が長くなるほど落ち着いた、心地よい関係を築いていくことが出来ます。

もちろん、信頼関係を築くには、信頼できる相手と付き合うことも大切なこと。

不安の多い相手を信頼しようとしても、いずれは自分が苦しくなるだけです。

お互いがまず自分を大切にできること、そして信頼し合えること。

それが長続きするカップルのコツなのです。