女性はわがままというイメージがありますが、あなたの彼女はわがまま彼女ですか?

「そうでもない」という人もいれば、「すごくわがままで手におえない」という人までさまざまな意見がありますよね。

そもそも、わがまま彼女とはどんな彼女のことをいうのでしょうか。

そして、どれくらいのわがまま度なのでしょうか。

あなたは考えたことがありますか?意外とそのことについて、よく知らないという人の方が多いかもしれませんね。

一口にわがままと言っても、いろんなわがままがありますよね。

それに、人によってもわがままと感じる度合いが違うはずです。

ある人はわがままな彼女と言ったとしても、他の人はそうは思わないことも多々あるのです。

このように、わがままというのは受け取る相手によっても感じ方が違います。

そして許せるわがままの度合いもその人によって違ってくるのです。

今回はわがままな彼女の特徴とその対処法についてご紹介していきます。

わがまま彼女の特徴とは?

これからはわがまま彼女の特徴を見ていきましょう。

その特徴を知ることで、あなたの彼女がわがまま彼女かどうか知ることもできますね。

わがまま彼女の特徴を知ることでこれから付き合う女性に気を付けることもできます。

楽しんで読み進めてくださいね。

寂しがり屋

基本的にわがまま彼女は、寂しがり屋です。

一人でいることを極端に恐れます。

あなたが少しでも姿を消したり、連絡を絶つともういてもたってもいられなくなるのです。

「いつでもかまってほしい」それが彼女たちの本音です。

寂しくて仕方ないのです。

初めはそんなところがかわいいと言っていたあなたも、しまいには「もうやめてくれ」と言いたくなってしまうくらいの寂しがり屋だったりすることもあるでしょう。

どうしてそんなに寂しがり屋でかまってほしいのでしょうか。

それはこどものころに母親にかまってもらえなかったり甘えられなかったりした過去がある可能性があります。

こどものころに母親から得られなかった愛情をあなたといることで、感じようとするのです。

あなたが少しでもいなくなると不安になるのは、赤ちゃんがお母さんがいなくなると泣くのと同じようなものなのです。

少しでもかまってもらえないと赤ちゃんのようにわめくわけです。

1人にしたら怒る

わがまま彼女を一人にすると、「どうして一人にするの?」と一方的に怒り出します。

これはとても厄介ですね。

1人にされると心細くて、「どうして私がこんな思いをしなくちゃいけないの?」という心理に陥り、あなたに怒りをぶつけるのです。

あなたからすれば「どうしてそんなに怒るの?」と言いたいでしょうが、彼女からすれば大きな被害にあったような状態になるわけです。

お互いが「どうしてどうして」という状態になってしまっては、困ってしまいますよね。

そんなときは優しくこどもに言い聞かせるように「今は忙しいから、あとでね」と伝えることが大切です。

女性はなんでも言葉にしてもらわないと不安になる人が多いものです。

ですから、どんな些細なことも特にわがまま彼女には伝えた方がいいのです。

自分の都合のいいときに呼び出す

わがまま彼女は自分の都合のいいときだけあなたを呼びます。

「今、すっごく暇。会いたい」という具合であなたを呼び出します。

本当に会いたいかどうかは分かりませんが、とにかく自分が暇をしていてそれが嫌なのであなたに会いたいという感覚のようです。

わがまま彼女の「会いたい」は自分にとって都合のいい「会いたい」なわけです。

あなたはそれを見抜けず「俺に会いたいんだな。かわいいな」などと思うかもしれません。

しかしそれではわがまま彼女の思うつぼなのです。

「俺は思うつぼでもいい。好きな時に呼んでくれたらいい」と思えるならいいでしょうが、そうでない場合にははっきり断ることも大切です。

勇気を出して「今は無理なんだ」と言ってみてください。

無理なときにOKするとあなたのストレスになりますから、気を付けてくださいね。

こっちが呼んでも気分次第で来ない

わがまま彼女は「気分屋」なところがあります。

気分によって自分が呼びたいときは呼ぶけれど、相手に呼ばれても嫌なときは行かないのです。

まるで、猫のようですね。

猫も自分の気分がいいときに来て「にゃ~」と鳴いてよってくる。

でも、自分が寝たい時はかまってほしくないという気分屋なところがあります。

そんな気分屋なところを受け入れられるならば、付き合いは続くかもしれませんが、それが耐えられない場合は別れがやってくるかもしれません。

気分屋なところも受け入れられる、そういうところも含めて好き、という大きな心で接することができたらいいですよね。

わがまま彼女が気分屋を発揮できるのはもしかするとあなたの前だけかもしれません。

友人の前では猫をかぶっていて、気分屋根性を抑えている可能性もあります。

そう考えると、「自分にだけなんだな」と思えて、可愛く見えてくるかもしれませんね。

気分屋なところだけを見て「いやだな」と思うのではなく「自分にだからそうして甘えて気分屋になっているのだ」と思ってみてくださいね。

常に一緒に行動を強要


わがまま彼女は、一人で行動することができません。

一人で行動することより怖いことはないと言っていいくらい一人で行動できないのです。

そのため、何をするにもどこへ行くにもあなたと一緒でなければいけません。

最近ではカフェやお寿司屋さんにも一人で行ける女性も増えていますが、わがまま彼女の場合は全く逆で、そういった一人での行動はできないのです。

彼女たちにとっては、一人行動はとても心細いものなのでしょう。

しかし、どこに行くのも何をするのも一緒だとあなたの方がまいってしまいますよね。

あなただって、一人になりたいときが必ずあるはずです。

どうしても一緒にいるのに疲れたなら、それをきちんと伝えましょう。

それでも分かってもらえない場合は「もう無理だな」と感じるかもしれませんね。

友達や仕事の人なんておかまいなし

デートの最中にあなたの友達や仕事関係の人から電話が来たとします。

そんなときでもわがまま彼女はわがままっぷりを見せつけます。

「だれ?私よりもそっちが大事なの?」というのが決まり文句ではないでしょうか。

自分に自信のないわがまま彼女の場合は、自分と電話の相手を比べて不安になるのです。

「私よりも大事なのかな」と。

しかし、考えてみれば友人や仕事の人を同じ天秤にかけること自体、間違っているのではないでしょうか。

それでもわがまま彼女はそのような天秤のかけ方をするわけです。

そして勝手に不安になり、あなたにわがままをぶつけてきます。

これではあなたはたまったもんではありませんね。

しまいには嫌気がさしてきてしまうかもしれません。

自分にとって大切な友人や仕事の人にさえ、彼女はコンタクトをとらせてくれないとなるとそれは大きな問題になるのです。

報連相を求めてくる


わがまま彼女は「報連相」を要求します。

「報告」「連絡」「相談」です。

どんなことがあっても、私に報告、連絡、相談しなさいよ、という意味を指します。

まるで彼女がすべてを支配しているかのように聞こえますね。

でも、そうしないとわがまま彼女は安心できないのです。

すぐに不安になってしまうのです。

なんでもかんでもあなたとシェアできないと、不安になります。

なぜでしょうか。

それはやはり、自分に自信がないことからきているかもしれません。

自信がないから、不安になり、不安だからこそ報連相が欲しいわけです。

そして、不安になった彼女はそれをだんだん怒りに変えてあなたに「どうして連絡くれないの?」と言ってくるわけです。

返事はすぐに返さないと怒る

わがまま彼女への返事は「すぐ!」でなければいけません。

すぐ返事しないとわがまま彼女はへそをまげてしまいます。

「どうして返事くれないの?私のこと嫌いになったの?他に好きな人ができたの?」と不安になるわけです。

ありもしないことを次から次へと妄想して、あなたに吐き出します。

また、自分の思い通りに返事が返ってこないから、イライラするという理由もあります。

わがまま彼女はいつでも自分の思い通りにならないと気が済まないのですね。

男性でも返事がマメな人はいますが、多くの男性はそうではありません。

そういうところもわがまま彼女は理解していないのです。

理解していれば、返事が来ないと怒るなどということは怒らないはずです。

この場合彼氏はちゃんとした理由をつけて「~だから返事できないんだよ」と説明してあげてください。

そうしないと彼女の怒りは続いてしまいます。

デートは自分勝手


デート中もそのわがままっぷりは発揮されます。

まさに、自分勝手そのものなのです。

自分のやりたいことだけをしたい、そんな気持ちが行動にあふれています。

彼氏の行きたいとこなんて考えない