皆さんはどの様なことに関して興味や関心というものが沸きますか?

例えば人によっては音楽が好きだけれど、その中でもボーカルに興味や関心があるのか、ギター、ベース、ドラムといった楽器を弾くことに関して興味や関心があるのかというようなことで分かれるのではないかと思います。

特にこの様な趣味に関して興味を持つというような事は誰でもあるので、その好きな分野に関して特化をしていくというような事もできるのではないかと思います。

なので好きなものが音楽といっても「歌うことが好きだ」「楽器を弾くことが好きだ」というような意見に分かれることが多いのではないかと思います。

ではそんな趣味に対して興味関心を持つというような中には、人や仕事に興味を持つというような人も中にはいますよね。

例えば人間観察をするような事が好きだという人もいますし、仕事に関して興味や関心を持っているので、遅くまで働くというような人もいると思います。

仕事などでは興味や関心を持ったものを仕事として捉えてるような人が多いのではないかと思いますが、人に興味がある人と無い人というのは差が激しいですよね。

今回はそんな人や仕事に興味がもてない理由とは何なのか、そして人や仕事に興味を持つにはどの様なことをすれば良いのかについてお話をしたいと思います。

皆さんは人や仕事に関して興味や関心がありますか?

仕事などでは興味関心がないと今の仕事をやっていないというような人がほとんどだと思います。

しかしながら好きでもないというような人に興味を持つというような事というのはとても難しいですよね。

仕事をする上で大事な事というのは、とにかく人と接するという事だと思います。

最近では技量や知識だけではなく、コミュニケーションも必要となってきているので、どうしてもコミュニケーションを取ろうと思うような人達が多いのではないかと思います。

今回はそんな人や仕事に興味がもてないのか、そして興味を持つにはどの様にすれば良いのか、その11個の方法について詳しくお話をしたいと思います。

皆さんは人に対してどの様に接していますか?また話をする際にはどの様なことを意識していますか?人にも興味を持つというのは人によってはどうしても無理だと思うような人もいるかもしれません。

しかしながら人に興味を持ちその利点などもいくつかお話ししたいと思います。

何故人や仕事に興味が持てないのか

何故人や仕事に興味が持てないのだろう?と考えたことはありますか?

基本的に人や仕事に興味が持てないというのは、興味や関心が無いからというのが答えですがそれだけではありませんよね。

例を言うと好きな人ができる時ってどんな時だと思いますか?一緒にいて楽しいと思った時であったり、遊んだりしているうちに好きになるというような事も多いのではないかと思います。

そこで重要なことは一緒に遊んだりするという事は、相手と会話をすることがあるという事になりますよね。

会話などをしなければ一緒に遊ぶというような事が先ずありえません。

また相手のことを知りたいからというような事もあるでしょう。

会話をして相手のことを知る、一緒にいることで相手のことを知るというのは、「話す」という行為を必ずしなければいけません。

自分が相手と話さずに相手のことを理解するというのはとても難しいことですよね。

基本的に人や仕事に興味を持てないというような人は、実はこの相手との会話に問題があるという事なのです。

そして自分自身が相手のことをどう思っているのかというのも鍵になるのではないかと思います。

ではどの様なことが理由としてあがるのか詳しく見てみたいと思います。

話下手の聞き下手


話下手の聞き下手というような事があるでしょう。

言うのであれば自分から話す際のトーク力が無いというような事や、聞くことに関しても下手だというような人も中にはいるかもしれません。

仕事などではトークが上手い人ほど仕事ができるというような事を耳にしたりしませんか?

コミュニケーションもそうですが、話し上手や聞き上手な人というのは、そのトーク力で相手と打ち解けたり、協力をしあったりすることができるのです。

話下手でかつ聞き下手な人になってしまうと、どうしても相手と会話をすることすら面倒だと感じるような人が多いのではないかと思います。

話上手や聞き上手な人というのは、どんな時でも相手との会話を楽しみますが、これは相手の事に興味を持っているからなんです。

簡単に言えば興味のない相手とは会話をしないという事になりますよね。

何気ない世間話も続かない

何気ない世間話も続かないというのが、更に人や仕事に興味を持てなくさせている原因にもなっているのではないかと思います。

特にここで大事なことは、何気ない世間話も続かないということは、話が「おはよう」と言って「おはよう」で終わっていることと同じになります。

興味のないことや、関係のないことというのは極力避けたいと思っている人も多いのではないかと思います。

何気ない世間話がないという事は、それほど相手のことに関して興味や関心がなく、どうでもいいと思っていしまっているからなのではないでしょうか?

心当たりがあるという人、人や仕事に興味や関心がもてないという時は、先ず人と話しをしていないのではないでしょうか?

それを改善しない限りは、興味を持つというような事はできないのではないかと思います。

人の気持ちが分からない

人の気持ちが分からないというような事もあるでしょう。

例えば人の気持ちというのは理解をしようとしない限りは、相手のことは気にならないですよね。

基本的に皆さんは自分自身のことを考えたりすると思いますが、相手の気持ちを知りたいと思うようなときってどんな時だと思いますか?

それは相手のことを気に始めた時という事になります。

恋愛でもそうですが、相手が誰のことが好きなのか、何が好きで何をしているのか、というような事はとても気になってしょうがないですよね。

人に興味を持っているというような人はこの様な感覚を常に持っているので、様々な人と話しをしては興味を持つというような事が多いのではないかと思います。

なので人に興味や関心がないというのは、相手の気持ちを分からない、また分かろうとしないからというのもあるのではないかと思います。

【人の気持ちがわからない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

面倒臭い


面倒臭いというような事もあるでしょう。

基本的に人の話というのは面倒だと感じることが多いと思います。

例えばよくあるのが学校に通っていた際に、校長先生などの話が長いというような事があったと思います。

これに面倒だと感じることもあれば、興味があって聞くというような人もいましたよね。

面倒だと感じる人というのは、その事に関して興味がないからというような事であったり、その人自身のことを面倒だと感じているような人が多かったのではないでしょうか?

特にこの様な事というのは、面倒だから人と接することをしないというような事と同じです。

基本的に1人でいるのが好きだというような人や、他人より自分を考えてしまうというような人は必要最低限のことについてしか話すというような事はせず、面倒だと感じるような人も多いのではないかと思います。

変化を恐れている

変化を恐れているというような事もあるのではないかと思います。

基本的に変化を恐れるというのはどういう事かというと、相手との関係を恐れているという事になります。

例えば好きな人ができて付き合うことができたら恋人同士になりますよね。

しかしながら別れてしまったというような事になってしまうと、その人とはもう二度と話すことがないというような関係になってしまうのではないかと思います。

また変化を恐れているということは、それほど相手のことを気にしているようにも思えますが、相手との関係を深めたくないという強い気持ちからあるのではないかと思うのです。

なので面倒だと感じたりするような人が多いのではないかと思います。

一人遊びが好き

人に興味や関心がないという事は、一人でいるというような時間が比較的に多いという事になりますよね。

特に1人遊びが好きだというような人も多いのではないかと思います。

一人遊びが好きだというような人は比較的に自分1人の空間を作ろうとしてしまうので、どうしても他人と接するというような機会が減ってきてしまいます。

そこでよくあるのが、引き篭もりになったりするというような事です。

興味がないという事は、人と接する時間も少ないという事になります。

なので一人で何かをする遊びが好きだというような人は、基本的に他の人と接するという時間も少ないのではないかと思うのです。

自分だけの世界を持っている

自分だけの世界を持っているというような事もあるでしょう。

例えば自分だけの世界を持っているという人は、他の人に邪魔をされたくないというような気持ちが強いです。

例えば妄想などをする際には、自分の思い通りになるととても嬉しいと思ったりしますよね。

またプライベートの空間には入られたくないというような人も多いですが、自分の好きな物や好きなことを隠しているというような人も多いです。

それは恥ずかしいからというような事ではなく、自分だけの世界観なので、ここにいるのは自分だけだと思い込んでしまうような人も多いのではないかと思います。

その影響により、他人と関わるような時間がどんどん減ってきてしまい、現実逃避などをしてしまうのが多いのではないかとも思うのです。

基本的に自分だけの世界を持っているというような人は現実逃避をしてしまう傾向が強いので、人に興味をもてないというような状況にもなるのではないかと思います。

自分が主人公じゃないと嫌

自分が主人公じゃないと嫌だというような人もいるでしょう。

基本的に自分自身が主人公だと考えていたりするような人は、相手のことを考えずに行動をしてしまうような人も多く、また自分で精一杯な状況なので、どうしても相手とは必要最低限で接するというような事も多いのではないかと思います。

特にこの様な人というのは、自分が主人公でないと嫌なので、邪魔だと思ったような人達とは極力接さないというような事もあるでしょう。

よくあるのが物語りの主人公になった気分で、好き放題にしてしまうというような人もいるかもしれません。

自分がリーダーだというような事を言うような人もいますが、この様な人というのはまさに人に興味がないという事です。

自分に対して興味があり、また自分の元にくるような人を好みますが、その様な人達にさえも興味がないというような事も多いのが特徴的なのではないかと思います。

他人より自分のほうが上と思っている

他人より自分の方が上と思っているような人も多いです。

これは先ほど言ったように自分が主人公でないと嫌だというような人と同じで、他人より自分の方が上なので、相手に興味や関心がなく、相手からくるような人にも興味がないという事になります。

なので軽く話しをして終わりというような事や、雑談をしようにも続かないというような事が多いのではないかと思います。

これは自分自身が相手に何も感じていないからというのがあるでしょう。

興味を持とうとはせず、くる人であれば良いですが、自分から他の人に話しかけることなどないというような意識を持っているような人が多いです。

興味を持つことにトラウマがある

興味を持つことにトラウマを感じているような人もいます。

どういう事かと言うと、興味を持つことを恐れているような人が多いという事になります。

これは過去の経験がその様なことをさせているのではないかと思います。

例えば人に興味を持つという事は、その人と友達になりたいという事や恋人になりたいというような事など様々あると思います。

特に恋人になりたいというような事になれば、相手のことを常に考えてしまいますよね。

しかしながら興味を持つことにトラウマを感じているという事は、相手のことを好きだったのに嫌いになった何かがあるという事です。

騙されたというような事はよくあると思いますが、親友に騙されたとなったら他の人と接する際にも騙されるのではないか?とマイナス思考で考えてしまいがちですよね。

人を信じるというような事ができなくなってしまうのではないかと思います。

特に大事なことは人に最初は興味を持っていたにも関わらず、今となっては持っていないというような人達も多いという事です。

興味を持つ11個の方法

ではそんな人などに興味が無いというような人のために興味を持つ11個の方法というものがあります。

例えばとにかく雑談をしてみるというような事であったり、人の話をちゃんと聞くというような事もあるでしょう。

興味のアンテナを磨く際には面白いことを自ら拾いにいくというような事も大事になるのではないかと思います。

他にも様々なことをして、人に興味を持つというような事ができるのです。

一番重要なことというのは、どうしても興味がもてないというような人もいますが、その様な人は無理に変えようとすると、返って逆効果にもなってしまうので注意をするようにしましょう。

基本的に人というのは興味を持つことにも個人差というようなものがあります。

皆が興味をもってしまっては個性というものが無くなってしまいますよね。

ではどのようなものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

1.とにかく雑談に興じてみる

とにかく雑談に興じてみるというような方法があるでしょう。

例えば雑談に興じるというのは、とりあえず雑談をしてみようという事になります。

話す際にどんな話題でも良いので、話し見てる試みが大事になるでしょう。

人に興味を持つには先ずは「会話」からスタートをします。

会話が無ければ人と仲良くなるというような事はないでしょうし、今を生きることはとても辛いようにも思えるのではないかと思います。

会話をしないで生きるというような事はまずはありえませんよね。

どんな人とでも話す時というのは必ずきます。

そこで何も興味を持たないというような事ではなく、様々な人がいるという興味を持つことも大事になるのではないでしょうか?

深くは考えず話してみる

よくあるのが興味を持とうとして様々なことを考えて発言をするという事です。

特に深くは考えずに話しをしてみるというのも大事なことであり、その様にすることで、気兼ねなく相手との会話もすることができるのではないかと思います。

大事なのは興味を持とうとするのではなく、深く考えずに話すというような事は、いわゆる友達感覚で話すという事と似ているのではないかと思います。

興味を持つきっかけがあるかも

会話をすることで人に対して興味を持つという事は、興味を持つきっかけがあるかもしれないという事です。

どういう事かと言うと、興味を持つことでその人の趣味や興味なども知ることができるので、ふとしたきっかけで自分の興味というもを見出せる可能性もあるという事になります。

話すというような事は誰もが気軽にできるものなので、どうしても話す相手を選んでしまうというような事があるでしょう。

先ずは身近にいる人から話しかけてみることが一番良いのではないかと思います。

特に同じ会社の同僚であったり、友人でも良いでしょう。

自分から話すというような環境が先ず無かったと思うので、興味を持つきっかけがあるのであれば、積極的に話かけにいっても良いのではないかと思います。

2.人の話をちゃんと聞く

人の話をちゃんと聞くというような事も大事になるでしょう。

人に興味を持つという事は、人の話も聞くということですよね。

自分だけが話しをずっとしていると、話し上手にはなるかもしれませんが、聞き上手になることが少ないのではないかと思います。

人の話をちゃんと聞くということはとても大事なことであり、相手から興味のあるものを吸収することもできるのではないかと思います。

またこちらから話をするとなった場合、相手がその事に関して更に深く情報を話てくれるというような事もあります。

例えばお互いが共通の趣味があるのであれば、その関連ある情報を言うことで、更にその趣味について知ることができますよね。

それと同じで先ずは相手の話を聞きつつ自分も話をするという事が大事になるでしょう。

そのためには、先ずは聞き上手になってみてはいかがでしょうか?

3.慕ってくれる人のことは大事にする

慕ってくれる人というのは必ずいると思います。

特に家族や友人、恋人など、あなたの事を慕ってくれるような人は多くいるのではないでしょうか?

ここで大事なことは、その慕ってくれる人を大事にすることで、何かあった際にはお互いに協力をすることができるという事になります。

4.興味のアンテナを磨く

興味のアンテナを磨くというような事ももっとも大事な事なのではないかと思います。

興味のアンテナというのは、相手のことに関して興味を持ち始めたいと思う気持ちです。

これは人に対してもそうですし、物に対しても同じことが言えるのではないかと思います。

興味を持つというのは、先ずその事に関して関心が無ければいけませんよね。

相手側からこちらの事をくるというような事は先ずないです。

自分が閉鎖的なことであれば、相手からきても興味が無いという事で終わってしまいます。

そうではなく、人や物に興味を持つことで大事なことは、この興味のアンテナを磨き様々なことに興味や関心を持つことなのです。

興味がないのは思考が止まっているから

よくあるのが興味がないからといって何もしないような人が多いです。

興味を持とうとしても興味がないという事は、考えることを止めているからという事があります。

例えば考えようとすると、どうしてもその事に関して知るような事が出てくると思います。

知らない単語をそのままにすると知らないままですが、知らないから調べるとそれは意味の分かる単語になりますよね。

興味がないのは思考が止まっているからというのもあるかもしれませんが、大事なことは興味がを出すためには考えるというような事も必要になるということです。

面白いことを拾いに行く感覚で一歩踏み出してみる

面白いことを拾いに行く感覚で一歩踏み出してみるというような事もあるでしょう。

基本的に自分から面白いことを見つけるというのは、難しいようだと考える人も多いはずです。

しかしながら自分から探すというような事は実は簡単なことなのです。

例えば面白いことを拾いに行くという事は、自ら行動しようとしているという事になりますよね。

これは大事な1歩になり、その一歩をどんどん進めることで興味や関心というものが沸いて出てくるのではないかと思います。

5.なんでもチャレンジしてみる

何でもチャレンジをしてみることでも興味や関心を沸かせることができるのではないかと思います。

特に何でもチャレンジをするというようなポジティブな事は、簡単にはできないことですよね。

どうしてもチャレンジをするとなると、つい失敗ばかりを考えてしまうような人も多くどうしても挑戦をするというような気持ちになれない人が多いです。

しかしながら興味や関心を持って行動をしたり、自分から見つけるというような人は基本的に何でもチャレンジをしたがることが多いです。

とにかくポジティブに考えているというような人もいるでしょうが、チャレンジをすることで今の考え方とはまた違った考え方にもなるのではないかと思います。

6.小さいことでも面白いと思えるものに焦点を当てる

小さいことでも面白いと思えるものに焦点を当てることで興味や関心を更に大きくすることができるのではないかと思います。

特に重要なことは、小さいことでも面白い、いわゆるどんな事に対しても興味や関心を持つように意識をするという事です。

これは慣れてくると自然と身につくものですが、例えば「水」に関してどうして「水が必要なのか?」と考えたことはありますか?分からない人がいるのであれば、その事について調べる人が多いのではないかと思います。

何も分からないままで終わるのではなく「水が無くなるとどうなるのだろうか?」というような考えが出てきたら、それは興味や関心の1つになるということです。

特に小さなことでも面白いと思えるようなものというのは多くあります。

普段食べている物であったり、ちょっとした出来事でも、全てに焦点を当てるとキリがないですよね。

そこで小さなことでも気になることがあれば、それについて興味や関心を抱き調べるというような事をすることで、今とは違ったことを考えることができるのではないかと思います。

7.自分の価値観を高めるためと考える

自分自身の価値観を高めるためと考えると良いかもしれません。

興味が一切無いというような状態から興味を持つようにするには、どうしても無理だと思うような人もいるでしょう。

そんな時は自分の価値観や知識を高めるためと考えることで、少しでも興味が出てき始めるのではないかと思います。

8.自分が人や社会に与える影響をイメージする

自分が人や社会に与える影響をイメージするというような事もあるでしょう。

例えばその興味や関心のあるものを相手に与えるというのは、自分がいかにその事に関しての知識や興味があるかで決まりますよね。

例えば趣味に興味を持ち、その趣味が社会などで使うことがくるというような事になれば、とても良い貢献をしているという事になります。

9.「当たり前」に感謝してみる

当たり前に感謝をしてみるというような事もあるでしょう。

興味を持つというのは、極自然の当たり前のことでも、興味や関心というものが沸きます。

またその事は知識を持っていないとできない事ばかりです。

特に当たり前に感謝をするというのは、基本的に追求などをしないとできないことですよね。

当たり前だけど感謝をする気持ちというのも大事になるのではないかと思います。

コンビニなどの店員さんが「ありがとうございます」と言うのに対して「ありがとう」という人もいますが、まさにこの様な人というのは当たり前のことに感謝をしているという事になりますよね。

この様にするとまた違った関連を見ることができるのではないかと思います。

10.一流の仕事に触れてみる

一流の仕事に触れることでも興味や関心というものが沸いてくると思います。

よく水族館や博物館などのようなその物に関する説明書きを見たりすることがあると思いますが、それを見ているという事は、その事に関して興味や関心があるという事になるのです。

そしてよくあるのが、プロの仕事をみて自分もしてみたいという感情が出てきたというような事です。

最初は無知だったものが、どんどん仕事をすることでその事に関してのプロになり、有名になったというような人もいますよね。

この様なことにもなる可能性があるという事です。

11.一日一つ何か調べてみる

1日1つ何かを調べるというような事もあるのではないかと思います。

特にこの様な方法というのは興味や関心が出てくる一番の方法でもあるのです。

どういう事かと言うと、何でも良いので1つ調べるとその事について理解をすることができるようになりますよね。

人というのは知らないことは最初無知の状態から始まります。

しかしながら1つ何か調べることで、その事に関しての興味が出てくるのではないかと思うのです。

興味があるから調べるのではなく調べるから興味が出て来る

興味があるから調べるのではなく、調べるからこそ興味が沸いて出てくるのではないかと思います。

特にこの様なことというのは、興味があるから調べると思われがちです。

きっかけや出来事というのは基本的に自分から見つけるというような事も多いですが、何となく調べてみると興味が出てくるというような事も中にはあるのではないかと思います。

興味があるから調べるというような考えをなくし、調べることで興味が出てくるという考えになると、様々な人にも興味を持ち始めることができるのではないかと思います。

どうしても興味が持てなくても焦らなくて大丈夫

いかがでしたか?どうしても興味が持てなくても焦らなくて大丈夫です。

時間をかけて興味を持つというような事もできますし、仮に興味を持たなくとも生きていくことはできますよね。

興味を持つという事はとても大事にはなりますが、それでも時間をかけてどんどん趣味や興味というものは増やしていくべきなのではないかと思います。

無理に増やそうとするのではなく、少しずつ増やしていくようにしていくと良いのではないかと思います。