CoCoSiA(ココシア)

遠距離片想いを上手くいかせるための...(続き4)

あなたがその悩みを聞くに足る人物だと思われいてる、ということなはず。

あげあしをとったりひやかしたりしないで、きちんと話を聞いて、できるなら有益なアドバイスをしてあげられると良いですね。

手紙を書く


近い距離に住んでいるならなおのこと、最近はメールやSNSなどのツールで連絡を取り合うのが普通なので手紙を書く機会というのがないですよね。

年に一度の年賀状すら出さない人が増えています。

だからこその、手紙です。

筆不精ならカードやハガキでも良いでしょう。

あなたらしい便箋に、万年筆などの凝った文房具で丁寧に文字を書いて、かわいい切手を貼って出しましょう。

文香(ふみこう)などにこだわってみるのもおすすめです。

あまり見ない珍しい手紙。

前に住んでいた懐かしい町の消印。

そして、あなたの手書きの文字。

きっと彼に気持ちが伝わるはずです。

贈り物をする


彼の誕生日やバレンタイン、クリスマスなどのイベントのときに、贈り物を送ってみるのも良いのではないでしょうか。

あまり負担に思われないようなプチギフト程度が良いかもしれません。

あなたが旅行に行ったとき、出張に行った時などに、「お土産を買ってきたよ」「美味しそうだったから送るよ」という感じで送るのもさりげないですね。

手書きのカードを添えても良いでしょう。

適度に軽い連絡をする

毎日のように連絡をするなら、あまり重たい内容や、長々としたものは避けましょう。

いくら毎日の連絡で彼が励まされたとしても、毎日どっしりと重たい内容が届くと、次第に面倒くさく思われてしまうかもしれません。

付き合っていないのなら、なおさら毎日の長い連絡は「彼女でもないのに・・」と思われてしまいます。

連絡は適度に、また軽い内容のみにしておきましょう。

決めた日時に連絡をする

あまり毎日連絡を取り過ぎていると、それが彼の負担になってしまうこともあります。

ただでさえ遠距離で彼の反応が分からないので、できるだけ決めた日時に連絡をするように心がけましょう。

週末に連絡すると決めたなら、それ以外の日は一切連絡を取らないようにします。

そうやってメリハリをつけることで、彼もあなたからの連絡を心待ちにしてくれるかもしれませんよ。

3.理由をつけて会いに行く


連絡を気軽に取り合える仲になったなら、次は会いに行きましょう。

やっぱりメールやSNSで連絡を取り合うよりも、実際に会って顔を合わせて会話する方が良いものです。

なにか理由をつけて、思いきって会いに行ってしまいましょう。

会いに行くときは、ドキドキしてもらえるように服装やメイクなど気合を入れて準備していきましょうね。

会いたかったから


かなりストレートなアピールですが、相手もはっとして意識してくれるかもしれません。

嫌いな相手でもないかぎり、会いたかったと言われて嬉しくないわけがないですものね。

「会いたかったから来ちゃった!」と手土産でも持って押しかけてみましょう。

来てみたかったから


「会いたかったから」という理由は流石に恥ずかしくて言えない、というあなた。

「この場所に来てみたかったから」という理由なら少し言いやすくなるでしょう。

観光地なら来てみたいと思っても当然ですし、そうでない場所でも好きな芸能人の出身地だった、

好きな小説で舞台になっていたことがある、などの理由があれば、彼がいるのだし来たついでに会いに来た、というのも自然に思われます。

旅行のついで


「来てみたかった」も言うのが難しい場合は、「旅行のついでに来ちゃった」ならいかがでしょうか。

あくまでも旅行の予定が先にあって、ついでにちょっと顔を見に来たという感じなら言いやすいかも知れません。

彼のいる町でなくとも、近くの観光地に旅行に来て少し足を伸ばしたというなら自然ですし、わざわざ会いに来てくれたんだ、と彼も喜んでくれるのではないでしょうか。

案内してもらう


せっかくやってきて会えたのですから、できるだけ長い時間一緒にいたいですよね。

ご飯を一緒に食べたり、ちょっとお茶をしたりするだけでもいいですが、「せっかく来たんだしあなたの住んでいる町を見てみたいな。

ちょっと案内してよ」と言ってみましょう。