いつの時代も、余裕のある女性は魅力的に見えます。

余裕のある女性とは、何においても余裕のある行動ができます。

バタバタ焦ることもなく、時間に遅れることもなく、恋愛でジタバタすることもありません。

今回は、そんな余裕のある女性とは正反対の焦る気持ちが強く出てしまう女性について焦点を当てていきます。

焦る気持ちがあると、恋愛がダメになってしまうと言うことを聞いたことありませんか?

焦る気持ちがあることで、イライラしたり八つ当たりしたり、それに周りのせいにしてしまっていたりしませんか?

そんな焦る気持ちがあるあなたから、待てる女になるための秘訣をご紹介していきます。

こちらの記事を読むことで、これまでのあなたから、格段にあか抜けた行動をとることができるようになるでしょう。

その焦り待った!恋愛に焦りは禁物!

恋をするときに、焦る気持ちはわかります。

しかし、焦って良い結果になった事はありますか?

焦ることにより、事前準備もきちんとできていなくて、失敗してしまったり、焦りすぎて相手との温度差を感じたり…。

そうなると、ちょっぴり恥ずかしい苦い思い出になるのではないでしょうか?

今回は、そんな焦りぼさんに、恋愛で焦ってもなかなかいいことにつながらないと言うことをお伝えしていきます。

逆に焦ることで失敗が増え、良い結果が望めないこともあります。

焦ることより落ち着いており、冷静になることを考え、あなたらしく表現できる方法を優先させていきましょう。

恋愛に焦りは禁物です。

恋愛こそ焦ってはいけません。

待てる女になりたいと思いませんか?

焦ることで、相手からの連絡を急かしたり、イライラして相手に怒りをぶつけたり、負けることができなければ、良い結果も良い結果にならないことがあります。

相手のペースより自分のペースのが大事に思うところがあり、相手に譲ることができないのも原因の1つかもしれません。

待てる女になることは、あなたが想像している以上に難しいことではありません。

きちんとあなたが相手のことを思い、考え持てるようになることで、良い結果を生み出すこともあります。

待つ事は、ちょっぴり忍耐のいる仕事になります。

しかし、相手のことを好きだからこそ待つことができるのです。

恋愛をうまく生かせたいのであれば、焦ることより待つことを学ぶべきでしょう。

焦ると恋愛がダメになる13個の理由!なぜ?

焦ると恋愛がダメになってしまう!

そんな現場から抜け出したい人は特に必見です。

今回は、焦ると恋愛がダメになる理由についてお伝えしていきます。

焦ると恋がだめになる理由や原因を突き止めることで、なぜためになるのか答えがわかるかもしれません。

焦りすぎて大好きな人との関係をぶち壊しにしてしまうことがないよう、気をつけなければなりません。

焦ると恋愛がダメになる理由をきちんと頭の中に整理して、記憶させていきましょう。

一つ一つゆっくり丁寧に読み上げていくことで、頭の中に入って行きます。

また頭の中に入ったデータは、繰り返さないよう気をつけるためのデータです。

焦ると恋愛がダメになることを心に置き、素敵な恋愛を楽しんでいきましょう。

1、冷静さを見失ってしまう

焦ってしまうことで、冷静さを見失ってしまいます。

冷静さを見失ってしまうことで、慌てていたり、相手に急かしてしまうことにもつながります。

相手の気持ちやことを思うなら、冷静に対応してあげるほうが親切ですよね。

早く答えを知りたい気持ちや、せっかちになる気持ちもよくわかります。

しかし、冷静さを見失ってしまうことで、大好きな人との関係が終わってしまうこともあります。

相手は、あなたと時間を置き、少し自分の考えがまとまってからあなたに気持ちを伝えようと思っていても、あなたが冷静さを見失ってしまい、焦ることでそんな時間を与えることもなく答えをせかされてしまうことになります。

相手の状況や気持ちをよく考え、冷静さは見失わないようにしてほしいものです。

2、周りが見えていない

焦ってしまうことで、自分しか見えてしまわないことがあります。

自分しか見えないことで当然周りが見えないことになります。

周りが見えないことで、よく状況が把握できず自分の気持ちばかり焦ってしまいます。

自分の気持ちばかり焦ってしまい周りが見えていなければ、冷静な判断ができるはずもありません。

周りが見えないと言う事は、それだけ落ち着いて判断もできなければ、冷静な判断をすることができません。

周りが見えないことであなたが浮いてしまうことも考えられます。

焦る気持ちや待つことができない気持ちはあなたの評価を低くするだけでなく、あなた自身周りが見えないことにもつながります。

3、相手が付いていけない

あなたが焦ることで、相手がついてこられないということも考えられます。

相手がついて来れないということは、当然周りの様子を見ることができていません。

相手がついてこられるように周りを確認していれば、相手はあなたについてくることができます。

しかし、自分の気持ちや感情ばかりを優先させ、焦ってしまうことで、相手との感情の温度差が現れ、結果相手があなたについていけなくなってしまうことがあります。

共同作業や、一緒に何かしなければいけない相手なら、それこそお互いに歩調を合わせて進んでいかなければなりません。

あなたばかりが先走り焦っていても何の意味もありません。

恋愛がうまくいかなくなるのもあなたと相手の間に温度差が生じてしまうことが原因なのかもしれません。

4、がっついていると思われる

焦っている姿は、周りから見ても上品な姿とは言えません。

ガツガツしているように見えたり、相手にがっついていると思われることがあります。

ガツガツしていると思われることで、特に女性の場合女性らしさを感じられなくなる場合があります。

ガツガツしている人は、自分が1番だと思っていたり、自分を優先的に考えられなければ、気がすまないなどと思うことがあるようです。

特に合コンやコンパの場で、がっついていると思われれば、それこそその場で浮いていたり、下手すれば「次回から、あの子だけ呼ばないで。」などと言われてしまうこともあります。

それぐらい、焦っている姿やがっついている姿は周りにとっても不快な印象を与えてしまいます。

5、結局後から後悔する


その時は感情的になり相手のことも考えず、自分の意見を言いすぎてしまうこともあります。

しかし、結局最後には後悔していることが多いのであれば、その時あなたは焦っていたのかもしれません。

焦ってしまうことで冷静な判断ができず、後悔してしまうのは、正直浅はかな行動だと思います。

子供のように感情処理ができずその場でおもちゃが欲しいとだだをこねるような姿に見えてしまうこともあります。

あなたが後悔しないためにもその場だけの感情に左右されることなく、焦って言いたいことを言いたい放題に言うことだけはやめておきましょう。

結局最後に後悔するのは自分だということを忘れないでくださいね。

6、周りに流されている

周りの友達が次々に恋人を作っている状況の中、1人ぽつんと取り残されたような気持ちになってしまい、焦って恋人を作ろうとしていませんか?

そんな時、焦って恋人を作っていても、何も楽しくありません。

ただ、周りに流されてしまい、同じ状況でなければ不安になってしまうのかもしれません。

しかし、「自分は自分」と思う気持ちが大切なのです。

他人と自分を比べるのではなく他人は他人、自分が自分と言うスタンスが大切なのです。

周りの状況を見て、焦って彼氏を作るくらいなら、いっそのこと作らないほうがよっぽどマシかもしれません。

周りに流されている状況では、何かが起こったときにあなた自身が強い信念を持つこともできません。

相手のことを好きになれない

そもそも、周りに恋人ができ始めたことで、あなたも恋人が欲しいと思うようになったことがきっかけなら、完全に周りに流されてしまっていることが考えられます。

周りに流されることにより、本当に相手のことを好きになれないのではないでしょうか?

相手のことを本気で好きにならなければ、お付き合いする意味もありません。

ただ、形だけのカップルになりたいのであれば、あなたと同じような思いをしている人とお付き合いする方がいいかもしれません。

相手があなたに対して本気の気持ちがあることで、あなたは相手のことを好きになれないのかもしれません。

このように、相手のことを好きになれない気持ちから、周りに恋人ができたからといってあなたもわざわざ作る必要はありません。

あなたはあなたのペースでやっていけばいいだけの話なのです。

なんとなくで付き合った

周りに続々と恋人ができる中、自分だけ取り残されたくない気持ちからなんとなくで付き合った相手を好きになることができない場合、あなたは焦って恋人を探してしまっています。

本当に好きになる人に出会えれば、そんな気持ちになることもありません。

相手のことを大切に思い、また思われるよう努力していくことも考えられます。

しかし、相手のことを好きになれなかったり、なんとなくで付き合ってしまった場合、相手のことを心の底から愛することができません。

このように、なんとなくで付き合ってしまった場合、付き合った後に付き合った相手から悩まされる結果になることを忘れないでくださいね。

7、相手の事を良く知らない

焦って告白してしまったり、焦ってお付き合いを始めてしまっても相手のことをよく知らないことから付き合ってみて初めて「こんな人だったんだ…。」と気づいてしまうこともあります。

これが、付き合う前に分かっていれば、付き合わなかったのに。

なんて後悔も今じゃ頭の中をふわふわと浮かぶただの文言になります。

落ち着いて冷静に相手のことをよく見て、よく知ることで付き合いたい気持ちになるのではないでしょうか?

相手のことをよく知らないままお付き合いしてしまうことで、後悔する結果になってしまうこともあります。

また、相手がどんな人かよく知らないままお付き合いが始まってしまうことで、ストーカーのような人とお付き合いしてしまい、別れた後もストーキングされている…。

なんてことになればそれこそトラウマになりそうです。

相手のことをあまり知らないにもかかわらず焦った気持ちからすぐにお付き合いを始めてしまう事はやめておきましょう。

8、誰でもいいやとなりがち

特に、周りの友達が彼氏や彼女を作り始めると、自分も焦って彼氏や彼女が欲しくなってしまいます。

焦りすぎて誰ともお付き合いすることができず、「誰でもいいや…。」と、なってしまった場合、それこそあなたが望んでいないような相手を引き寄せてしまうこともあります。

そんな誰とでもいいような相手とお付き合いする相手ですので、良い相手とも限りません。

お付き合いをするのに誰とでもいいやとなってしまうことで、人を見る目もなく、最低な人とお付き合いをスタートさせてしまうこともあります。

誰とでもいいやと思いながら付き合うのではなく、あなた自身をきちんと大事にしてくれるような相手を見つけることと、自分自身良い人を選びたい気持ちになった時に恋愛をするように心がけていきましょう。

9、自分の事でいっぱいいっぱいになる

特に、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまう場合、焦ってしまうことがあります。

焦ってしまうことで、相手のことをよく見えていなかったり、相手がどのような人なのかきちんと理解できずに、告白してしまうこともあります。

普段の仕事が忙しいのか、普段から自分のことでいっぱいいっぱいなのかはよくわかりませんが、自分のこともきちんとコントロールできない人に良い相手を選ぶことができません。

ちょっぴり厳しい形になりますが、まずは自分のことをきちんと整理するようにしてください。

自分のことをきちんと整理できるようになってこそ相手に向けられる目があるのです。

自分がきちんとできている時こそほど焦ることもありません。

焦らずに冷静な時に好きな人に出会いお付き合いすることで、幸せな結果が得られるようになるのではないでしょうか?

10、駆け引きができていない


焦ることで、うまく恋愛の駆け引きができないことがあります。

うまく駆け引きができていないことで、相手もあなたとのやりとりにうんざりしてしまうことでしょう。

うまく駆け引きができていることで、相手もあなたに対して「どんな人なのかな?」と気になり、連絡してくることでしょう。

しかし、自分勝手に連絡したいときだけしたり、付き合って欲しい時だけ付き合ってもらうようなスタンスでは、相手もそんな中に振り回されたと思い、うんざりしてしまうことでしょう。

焦ることで、うまく駆け引きができていない事は、自分の気持ちにも余裕がないことを表しています。

まずは、心の余裕を持つことと、待つことのできる辛抱強さ、さらに駆け引きができるようになれば、どんな人との付き合る素敵な人になるのではないでしょうか。