CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

昇進する人の8個の特徴と昇進するための4個の方法


日本のビジネス社会において昇進するためには、『仕事人間』になることが求められることも少なくありません。

『仕事人間』になるためには、身近な人の犠牲が伴います。

昇進のためには、家族や伴侶、私生活の趣味の楽しみなどを犠牲にする覚悟が求められることがあります。

社風によっては、仕事に人生を『捧げる』意気込みが求められることもあります。

ですから、仕事に人生を捧げる意気込みを抱くことのできる決意を持てる人であることが必要です。

また、昇進するためには、職場の中で『認められる』ことが必須条件となります。

職場である組織の中で、色々な立場の人から認められる存在になることで、昇進が身近なものになってきます。

あなたを取り巻く色々な立場の人には、同僚や上司であったり人事権を持つ管理職の部課長であったり、経営者であったりします。

会社組織の中では、あなたを取り巻く様々な立場の人が、立場に応じた視点であなたの日頃の仕事ぶりを観察しています。

また、昇進するためには、幾つかの要件を備えていなければなりません。

昇進する人は、多くの従業員の中から選ばれた人ですので、次のような優れた要件を備えていなければなりません。

自社の『顔』となって、顧客や取引会社との信頼関係を築き、向上させることができるか。

自社の経営の発展に大きく貢献できる『人財』になり得ることができるか。

先見の明を持ち、先を見越した考えで経営方針にベクトルを合わせた行動力を発揮できるか。

職場での快い人間関係や信頼関係を築き、維持し続けることができるか。

昇進するためには、それぞれの会社組織が持つ『文化』から外れない発想ができることを求められるケースがあります。

日本の企業文化の中では、自分の人生を職場に捧げる覚悟が求められることが少なくありません。

昇進する人の8個の特徴

昇進するためには、職場での人間関係を仕事に『活かせる』センスを持ち合わせていることが大切です。

職場は、世代の相違や様々な価値観や個性をもつ人々で構成されています。

これらの『壁』を乗り越えて人間関係を築くことのできる心の柔軟性が求められます。

あなたを取り巻く経営者や上司、同僚、後輩とスムーズな人間関係が無理なく築くことのできる寛容さと忍耐が求められることもあります。

多様な価値観をもつ人々で構成される職場で、仕事をスムーズに進めていくためには、自分自身が『潤滑油』に徹することができるなら、昇進できる要件の1つを備えていると言えます。

会社組織の中には、様々な個性がぶつかり合いシノギを削る『戦場』の様相をもつ職場もあります。

シノギを削る職場の中にあって、信頼関係を築くことのできる『懐の深さ』を求められることもあります。

日本のビジネス社会においては、昇進を目指すためには、『仕事人間』にならざるを得ない状況から『逃げない』ことが求められます。

1.聞き上手

日々の仕事が計画通りに進み、自社の事業目標達成に貢献できる結果を出すためには、職場の中で人間関係が築かれていることが必須条件となります。

経営者や上司、同僚、後輩など様々な価値観をもつ人で構成されている職場の中で、スムーズな人間関係を築くためには『聞き上手』になることが大切です。

あなたが聞き上手になるためには、心の広さと寛容性を持ち合わせて、人間関係の『潤滑油』として振る舞える人になることが求められます。

聞き上手な振る舞いのできる人が、周りから信頼されることで昇進の道が拓けていくのです。

職場の中で人間関係を築いていくためには、日々の心遣いと忍耐、寛容性による聞き上手の積み重ねが大切です。

上司の話をしっかり聞ける

職場の中での人間関係の中で、上司との関係づくりが特に難しいと言えます。

自分にとって相性の合う上司と苦手なタイプのため相性が合わないケースがあります。

自分の私情を抑えて、相性に拘らない平常心を保つことのできる人は、上司の話をしっかり聞ける人と言えます。

人間関係の基本は、相手の話に真摯に『耳を傾ける』姿勢と柔軟な心と寛容さを備えていることが必要です。

特に、上司から仕事の指示を受ける際には、仕事に取組む熱意の有無が、上司の話をしっかり聞けるかどうかの姿として表われてきます。

仕事への真剣度合いが、上司の話を聞く態度に表われてきますので、しっかり聞くことで、上司からの信頼を得こることができるようになります。

上司の話をしっかり聞くためには、上司との間に信頼関係に裏打ちされた人間関係が築かれていなければなりません。

信頼関係に裏打ちされた人間関係を築いていくためには、日々の心遣いと忍耐、寛容性を持ち合わせた聞き上手になることが必要です。

2.我慢強い

職場における人間関係は、様々な価値観と仕事観をもつ人同士の個性のぶつかり合いと言えます。

お互いに、自分の考えや意見を発揮するだけでは、まとまりがつかなくなり、仕事を計画通りにスムーズに進める事ができなくなります。

時には、お互いの譲り合いも必要になります。

日々の仕事の中で、上司や先輩、同僚、後輩とともに仕事を進めていく過程で、難しい状況に直面し、意見がぶつかり合うとき、調整役が必要になる場面があります。

調整役を果たせる人は、我慢強い面を持っていなければなりません。

我慢強さを備えていて、調整役を果たせる人は、周りから信頼を寄せられて、昇進できる評価を得ることができます。

忍耐力がある

ページトップ