CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

昇進する人の8個の特徴と昇進するための4個の方法


日本のビジネス社会において昇進するためには、『仕事人間』になることが求められることも少なくありません。

『仕事人間』になるためには、身近な人の犠牲が伴います。

昇進のためには、家族や伴侶、私生活の趣味の楽しみなどを犠牲にする覚悟が求められることがあります。

社風によっては、仕事に人生を『捧げる』意気込みが求められることもあります。

ですから、仕事に人生を捧げる意気込みを抱くことのできる決意を持てる人であることが必要です。

また、昇進するためには、職場の中で『認められる』ことが必須条件となります。

職場である組織の中で、色々な立場の人から認められる存在になることで、昇進が身近なものになってきます。

あなたを取り巻く色々な立場の人には、同僚や上司であったり人事権を持つ管理職の部課長であったり、経営者であったりします。

会社組織の中では、あなたを取り巻く様々な立場の人が、立場に応じた視点であなたの日頃の仕事ぶりを観察しています。

また、昇進するためには、幾つかの要件を備えていなければなりません。

昇進する人は、多くの従業員の中から選ばれた人ですので、次のような優れた要件を備えていなければなりません。

自社の『顔』となって、顧客や取引会社との信頼関係を築き、向上させることができるか。

自社の経営の発展に大きく貢献できる『人財』になり得ることができるか。

先見の明を持ち、先を見越した考えで経営方針にベクトルを合わせた行動力を発揮できるか。

職場での快い人間関係や信頼関係を築き、維持し続けることができるか。

昇進するためには、それぞれの会社組織が持つ『文化』から外れない発想ができることを求められるケースがあります。

日本の企業文化の中では、自分の人生を職場に捧げる覚悟が求められることが少なくありません。

この記事の目次

昇進する人の8個の特徴

昇進するためには、職場での人間関係を仕事に『活かせる』センスを持ち合わせていることが大切です。

職場は、世代の相違や様々な価値観や個性をもつ人々で構成されています。

これらの『壁』を乗り越えて人間関係を築くことのできる心の柔軟性が求められます。

あなたを取り巻く経営者や上司、同僚、後輩とスムーズな人間関係が無理なく築くことのできる寛容さと忍耐が求められることもあります。

多様な価値観をもつ人々で構成される職場で、仕事をスムーズに進めていくためには、自分自身が『潤滑油』に徹することができるなら、昇進できる要件の1つを備えていると言えます。

会社組織の中には、様々な個性がぶつかり合いシノギを削る『戦場』の様相をもつ職場もあります。

シノギを削る職場の中にあって、信頼関係を築くことのできる『懐の深さ』を求められることもあります。

日本のビジネス社会においては、昇進を目指すためには、『仕事人間』にならざるを得ない状況から『逃げない』ことが求められます。

1.聞き上手

日々の仕事が計画通りに進み、自社の事業目標達成に貢献できる結果を出すためには、職場の中で人間関係が築かれていることが必須条件となります。

経営者や上司、同僚、後輩など様々な価値観をもつ人で構成されている職場の中で、スムーズな人間関係を築くためには『聞き上手』になることが大切です。

あなたが聞き上手になるためには、心の広さと寛容性を持ち合わせて、人間関係の『潤滑油』として振る舞える人になることが求められます。

聞き上手な振る舞いのできる人が、周りから信頼されることで昇進の道が拓けていくのです。

職場の中で人間関係を築いていくためには、日々の心遣いと忍耐、寛容性による聞き上手の積み重ねが大切です。

上司の話をしっかり聞ける

職場の中での人間関係の中で、上司との関係づくりが特に難しいと言えます。

自分にとって相性の合う上司と苦手なタイプのため相性が合わないケースがあります。

自分の私情を抑えて、相性に拘らない平常心を保つことのできる人は、上司の話をしっかり聞ける人と言えます。

人間関係の基本は、相手の話に真摯に『耳を傾ける』姿勢と柔軟な心と寛容さを備えていることが必要です。

特に、上司から仕事の指示を受ける際には、仕事に取組む熱意の有無が、上司の話をしっかり聞けるかどうかの姿として表われてきます。

仕事への真剣度合いが、上司の話を聞く態度に表われてきますので、しっかり聞くことで、上司からの信頼を得こることができるようになります。

上司の話をしっかり聞くためには、上司との間に信頼関係に裏打ちされた人間関係が築かれていなければなりません。

信頼関係に裏打ちされた人間関係を築いていくためには、日々の心遣いと忍耐、寛容性を持ち合わせた聞き上手になることが必要です。

2.我慢強い

職場における人間関係は、様々な価値観と仕事観をもつ人同士の個性のぶつかり合いと言えます。

お互いに、自分の考えや意見を発揮するだけでは、まとまりがつかなくなり、仕事を計画通りにスムーズに進める事ができなくなります。

時には、お互いの譲り合いも必要になります。

日々の仕事の中で、上司や先輩、同僚、後輩とともに仕事を進めていく過程で、難しい状況に直面し、意見がぶつかり合うとき、調整役が必要になる場面があります。

調整役を果たせる人は、我慢強い面を持っていなければなりません。

我慢強さを備えていて、調整役を果たせる人は、周りから信頼を寄せられて、昇進できる評価を得ることができます。

忍耐力がある

日々の仕事を進めていく中で、職場を取り巻く環境の変化から厳しい状況に追い込まれることがあります。

仕事が計画通りに進めることが難しい状況に追い込まれている中で、上司からの厳しい指示を受け止めて乗り切らなければならない立場に追い込まれることがあります。

厳しさの板挟みに陥った時、冷静な判断力と指導力で乗り越えることのできる人には、忍耐力が備わっていると言えます。

仕事は、何時も計画通りに進める事ができるとは限りません。

厳しい状況に追い込まれても、忍耐力を基に冷静沈着に目的に向かって進めることのできる人は、昇進に値する素養を持つ人と言えます。

粘り強く、社歴も長い

長い社歴の中で多くの仕事を経験してきた社員は、数々の困難な状況の修羅場を乗り越えてきた経験を持っていると言えます。

職場を取り巻く外部環境には、経済面のバブル崩壊など幾多の困難を乗り越えてきた歴史があります。

様々な困難な状況を乗り越えてきた経験を持つ社員には、粘り強さが身についています。

困難な状況に追い込まれても、安易に諦めることをせずに粘り強く取り組み、社歴も長い社員は、昇進に値すると言えます。

職場が世の中の景気の浮き沈みを乗り越えていくためには、多くの経験を積んできて粘り強く、社歴も長い社員は貴重な存在になります。

3.結果を出している


ビジネスの世界は結果がモノを言う世界です。

目的を達成するための手段が困難であっても結果を出さなければ評価されません。

結果が全てです。

昇進できる人は、厳しい状況に追い込まれても、冷静に状況を見極めながら最善の手段を模索しながら目的達成に導いていくリーダーシップと適切な判断力を持ち合わせています。

良い結果を出すためには、仕事を共にする社員同士の人間関係が築かれていることが必要です。

人間関係を築くためには、様々な立場の人との人脈づくりが大切です。

日々の人脈作りができる社員は昇進できる素養を備えていると言えます。

数字に表れている

仕事は目的に至る途中過程の困難さは問われません。

結果の数字が全てです。

月間の売上額や製品の販売数量などの数字によって、社員の業績が評価されることが一般的です。

ビジネスの世界は、数字が全てを物語る世界です。

上司から示される目標の数字を達成させるためには、社員の持つ経験に裏付けされたノウハウが大切です。

ノウハウばかりではなく、顧客や取引会社との信頼関係の度合いも数字に大きく影響してきます。

昇進できる人は、日々の人間関係づくりと信頼関係づくりに多くの時間と心遣いを費やして、仕事の結果に結びつけることができます。

4.礼儀正しい

仕事の場面で認められる立場になるためには、仕事の知識や技量が優れているだけでは、経営者や上司から認められる存在になることはできません。

仕事を進めていく過程では、顧客や取引会社の経営者など様々な立場の人との人間関係に左右される場面が多々あります。

様々な立場の人との快い人間関係を築くためには、状況に応じた礼儀の正しさを身に付けていることが大切になります。

昇進できる人は、礼儀正しい振る舞いが自然にできるコミュニケーション能力を備えています。

仕事の場面で接する相手の立場に応じた礼儀正しい言葉遣いと振る舞いができることで、お互いの信頼関係が深まりビジネスが大きく進展することがあります。

気持ちのいい挨拶

人は誰でも、気持ちのいい挨拶をされると、快い晴れ晴れとした気持ちに包まれるものです。

仕事の場面でも気持ちのいい挨拶を向けられることで、一気に親近感が生まれて、お互いの信頼関係の深まりに繋がっていくことがあります。

気持ちのいい挨拶は、人の心を和ませてくれます。

張り詰めた交渉の場面で心が和むことで、コトがスムーズに進むキッカケになることがあります。

ビジネスの世界では利害関係のため、お互いの心が固くなることがありますが、気持ちのいい挨拶をキッカケにして、心が和らいだ中で交渉がスムーズに展開することもあります。

気持ちのいい挨拶は、人と人との心を通わせる『潤滑油』の役割を果たします。

5.余計なことを言わない

昇進する人は、人間関係を大切にし、周りの人への気遣いが自然な振る舞いとしてできる感性をもっています。

人間関係を大切にする人は、言葉遣いにも、相手の心を傷つけないような気遣いができますし、相手に不快感を与えることを避けて、余計なことを言わないような心配りができるのです。

仕事をスムーズに進めるためには、快い人間関係が下地として必要であるため、余計なことを言わないように配慮できる人は、昇進できる人と言えます。

一方、余計なことを言う人は、相手のプライベートに立ち入るコトバを向けることがあり、不快感を与えてしまいます。

ビジネスには関わりのないプライベートの部分に立ち入るコトバは、時には相手の心を傷つけることもあります。

相手の立場を考えるとき、安易に余計なことを言わないようにする心掛けが大切です。

謙虚である

謙虚さは、快い人間関係を築くためには、大切なことです。

自分の立場を最優先に考える人同士の意見のぶつかり合いは、人間関係にも良くない影響を及ぼし、仕事を進める際に障壁になることもあります。

謙虚な振る舞いは、相手の立場を尊重し安心感を抱かせますので、仕事上の人間関係をスムーズにする効果があります。

相手の立場を大切に考えることのできる人は、謙虚な心遣いができる人間性を備えている人です。

謙虚な振る舞いのできる人は、心に余裕を持っていますので、相手の立場に想いを寄せることができるのです。

日々の仕事の中で、気持ちに余裕を持って物事を進めることのできる人は、相手の立場に心配りのできる謙虚な振る舞いができます。

気持ちに余裕を持って仕事を進めることで、勘違いや思い込みによるミスを防ぐことができますので、品質の良い仕事の結果を出すことができます。

昇進する人は、冷静に物事を判断できる謙虚な心をもっています。

6.客観的に自己評価ができる


自己中心的な人は、自分の考えは“正しい”と思い込んでいますので、客観的な視点で自己評価することができません。

一方、客観的な人は、自分の考えを大切にすると共に周りの人の考えにも興味を示して大切にしますので、客観的な視点で自己評価ができるため、思い違いにも気づくことができます。

昇進できる人は、周りの人の考えにも耳を傾けることができますので、客観的に自己評価をすることができます。

ですから、自分自身を過大に評価する思い込みをすることはありませんし、他の人を過少に評価することもしません。

自分自身を客観的に自己評価ができる人は、物事の状況に応じた適切な判断ができますので、周りから信頼を寄せられることが少なくありません。

過大評価しない

今まで歩んできた人生の中で、様々な難しい場面を乗り越えてきた経験を積み重ねてきた人には自信が備わっています。

自信を持っている人は、自分を冷静に振り返ることができますので、過大評価することはありません。

一方、自分に自信を持てない人は、自分の弱さを隠すための『隠れミノ』として自分を過大評価をして、優越感に浸ろうとします。

自分を過大評価する姿は、周りの人の目には、軽率な姿として映りますので、信頼を寄せられることはありません。

仕事の面で自分の出した結果について、冷静に客観的に判断することなく過大評価することは、軽率さを露呈することになり、周りからの信用を失うことにもなります。

7.仕事が早い

仕事に真摯に向き合う人は、時間を大切にしますので、スピード感のある無駄のない仕事の進め方をします。

真摯に向き合う姿は、職場の人からの共感を呼び、協力者も自然に出てきますので、仕事を早く進めることができます。

時間を大切にした仕事の進め方は、無駄が生じませんので、周りからの信頼を集めます。

昇進する素養を持つ人は、仕事の進め方の要領を掴んでいますので、周りの状況が変化しても冷静に判断して最適な進め方を選択できます。

また、仕事は内容に応じて、結果を出すタイミングが大切です。

タイミングを逸することで、結果の効果が半減することもあります。

昇進する人は、仕事が早く、最適なタイミングに結果を出すことができますので、職場の発展に貢献できる存在として評価を受けることができます。

レスポンスが早く、的確

会社間が激しい競争を展開しているビジネス社会の中で、競争優位に立つためにはスピード感を持って結果を出すことが求められています。

“時は金なり”という諺どおり、仕事の結果のレスポンスが早く、的確な結果を出すことのできる『人財』が昇進する人になっていくのです。

的確なレスポンスを早く出すためには、今まで積み上げてきた仕事の経験知の深さを活かすことで実現できます。

経験知の深さは、仕事の難易度に関わらずに、その都度真摯に向き合うことで身についていくものです。

昇進する人は、仕事の内容に関わらず、その都度、初心に帰って真摯に向き合うことができますので、豊かな経験知を持っています。

豊かな経験知はレスポンスが早く、的確な結果をもたらしますので、上司からの評価も高くなるのです。

8.有言実行である

職場やプライベートの人間関係の中で、お互いの信頼関係を築いていくためには、有言実行であることが大切な要件の1つになります。

“言うは易く行うは難し”という諺にあるとおり、口で言うことは簡単ですが、言ったことを実行に移すことは容易ではないことが多々あります。

自己顕示欲の強い人は、自分の存在を周りにアピールするために、容易には実行できそうもない物事を口走ることがあります。

結局は実行に移すことができない有り様を露わにし、周りの人の目には思慮に欠ける軽率な姿として映ることになります。

一方、有言実行を貫く人は、軽率な言葉を口にすることはありません。

言葉は、人の心を動かすほどの大きな力を持っていますので、思慮深い人は、安易に軽率な言葉を口にすることはありません。

昇進する素養を持つ人は、有言実行を貫くことのできる責任感を持っています。

好印象を与える

職場やプライベートの生活の中で人間関係を築いていくことは、物事をスムーズに進めていくために必要なことです。

人間関係を築いていく中で、相手に好印象を与えるためには人柄が大きく影響します。

仕事を計画どおりにスムーズに進めるためには、顧客や取引会社の人に好印象を与えることができるかどうかが仕事の結果を左右することもあります。

お客様や取引会社との信頼関係を築く上で、自社の『顔』になるためには、好印象を与えることのできる人柄であることが要件になります。

昇進する人は、自社の『顔』になる人間性を備えていると言えます。

昇進するための4個の方法

昇進するためには、上司からの『指示待ち人間』では、評価を得ることができません。

仕事に臨む際には、上司からの指示に自分自身の工夫をプラスアルファして、期待される以上の結果を出す意気込みで取り組む創意性と積極性が必要です。

また、自分を取り巻く、上司や先輩、同期、後輩と共に仕事を進める中で、職場にとってなくてはならない存在になることが大切です。

上司の指示を待つのではなく、常に先を見越した先見性の『目』で状況の変化を把握できる感性を磨くことが必要です。

職場にいるときも常に『アンテナを高くして』周りの状況を把握し、変化が起きた際には的確に対応できる臨機応変さを身に付けることが大切です。

職場の中で、平均的な『人材像』に留まっている限り、昇進することはできません。

職場にとって必要とされ、期待される『人財像』になることです。

自分の職場の発展に貢献できる人財になることで、昇進への道が大きく拓けてきます。

1.役割を理解すること

あなたの周りには、上司や先輩、同期、後輩がいて、それぞれ自らの役割を全うし、仕事に取り組んでいます。

あなたは自分の役割をきちんと認識できることで、仕事を進めるときに『的外れ』の結果に至らないようにすることができます。

仕事を効果的に進めるためには、適切な役割分担を理解することが欠かせません。

働く人それぞれが持つ能力を最大限に発揮するためには、役割分担を理解することが必須と言えます。

昇進する人になるためには、自分の役割と目指す目的を的確に把握できる客観性と先見性が必要となります。

求められていることは何か

様々な職種の中で、自分独りだけでやり遂げる仕事は多くありません。

多くの仕事は、先輩や同僚、後輩との協働により完成に導き、結果を出すことになります。

複数人が携わる仕事で、それぞれの役割分担の中で、自分の役割をハッキリと把握することが大切です。

自分の役割を認識し、自分に求められていることは何かを知ることで、自分に課せられた責任がハッキリ見えてきます。

昇進するためには、上司から求められていることは何かをハッキリと把握して、期待以上の結果を出す集中力が必要になります。

一方、求められていることは何かを曖昧にしたまま仕事に着手すると、上司が期待している完成像とは異なる結果に至ることがあり、信頼を損なう可能性もあります。

期待にどうやったら応えられるか

上司からの期待に応えるためには、日頃から上司が抱いている仕事への向き合い方に関する情報を集めて知っておくことが大切です。

仕事への向き合い方を知ることで、上司からの期待にどうやったら応えられるかが分かってきます。

人には、人生の中で積み重ねてきた仕事の経験から生まれてくる『仕事観』を持っています。

上司の仕事観を知ることで、期待に応える方法が見えてきます。

上司が日頃どのように仕事と向き合って結果を出しているかを観察することで、自分がどのように仕事と向き合うべきか、ハッキリしてきます。

上司の仕事への向き合い方と自分の仕事への向き合い方の『ベクトル』が合致してくると、期待どおりの結果を出す方法が分かってきます。

上司からの期待に応えることができたとき、昇進へ一歩近づいたことになります。

2.存在感を示す

職場の中で、目立たない存在のままでは、昇進を勝ち得ることはできません。

昇進するためには、職場の中で存在感を印象付けることが大切です。

存在感は一朝一夕で出来上がるものではありません。

日々の信頼関係の積み重ねが存在感を形作っていくのです。

存在感は、見た目ではなく中身が大切です。

確たる自信が中身となっていきます。

日々の仕事の経験の積み重ねにより身についた自信と心の広さを表す寛容力を持ち合わせることで、職場の中で信頼を向けられる人になることができます。

周りから信頼を寄せられることで、存在感が増してきて、上司からの高い評価を得ることができて、昇進する道が拓けてきます。

存在感を示すためには、平均的な従業員像から『脱皮』し、職場にとってなくてはならない『人財』になることです。

頼られる人になる

頼られる人になることは、職場の中で認められる存在であることを物語っています。

頼られる人になるためには、一日一日の仕事に向かう真摯な姿の積み重ねと品質の高い結果を出すことのできる経験知が必要です。

また、困難な仕事の状況に直面しても逃げずに、真摯に立ち向かう信念を持つ姿は、頼りがいのある人として、周りの目には映ります。

昇進するためには、仕事へ立ち向かう信念と向上心を抱き続けることが必要です。

日々の仕事は、上司や先輩、同僚、後輩との連携で進められます。

協働で仕事を進めていく上では、日常の快い人間関係が仕事の品質や完成度に大きく影響を及ぼします。

職場での人間関係の良し悪しが仕事の完成度を左右するのです。

仕事で良い結果を出すためには、日頃の人間関係を大切に育てていく必要があります。

昇進するためには、日々の職場での仕事を通して人間関係を育みながら、頼られる人になることです。

3.整理整頓ができている

仕事で良い結果を出すためには、事前の段取りがきちんと出来ていることが大切です。

また、仕事のしやすさは、仕事の環境が整理整頓できているかで左右されます。

昇進するためには、周りの仕事環境を整理整頓する心掛けを、日々の仕事の中で自然な振る舞いとしてできる姿勢が大切です。

整理整頓は、仕事の手順の上流から下流まできちんと把握できていなければ出来ないことです。

仕事に取り組む手順を常に正確に把握することで効果の出る整理整頓が出来ます。

昇進するためには、効果の出る整理整頓を心掛けることが大切です。

整理整頓は、仕事周りの環境面ばかりではなく、自分の頭の中で描く仕事の段取りや進め方にも当てはまります。

仕事の段取りや進め方を常に頭の中で整理整頓し、品質の高い完成度を持つ結果を出せるような心掛けのできる人は昇進に値します。

デスク周りの綺麗な人は好印象

デスク周りの綺麗な人は、仕事のできる人として好印象を与えます。

昇進するためには、仕事のできる人になることです。

仕事に取り組む際に、無駄のない効率の良い進め方ができる人は、自分の仕事場である、デスク周りが綺麗になっていますので、周りの人に好印象を与えます。

一方、デスク周りが乱雑な人は、仕事に取り組むときも雑な仕事の進め方をする印象を与えてしまいます。

デスク周りの綺麗さの度合いは、仕事の完成度の度合いに比例する傾向があると言えます。

昇進するためには、デスク周りを綺麗にすることで、仕事の結果も完成度の高い綺麗な仕事をする好印象を与えるように心掛けることが必要です。

4.進んで仕事を引き受ける

自分の職場の発展を心から望んでいる人は、自分の持っている能力を最大限発揮して、発展に貢献しようとする強い信念を抱いています。

ですから、職場の発展に貢献できる機会があれば、進んで仕事を引き受ける意気込みを持っています。

昇進するためには、自分の持つ能力と経験知を最大限発揮する意気込みが必要です。

常日頃から、自社の発展に貢献できる機会を見つけて、進んで仕事を引き受ける積極性を抱き続けることが、昇進するためには必要です。

日々の仕事は、平坦なことばかりではありません。

困難な局面に遭遇しても逃げずに、進んで仕事を引き受ける信念を持ち続けることのできる人になることが、昇進するためには必要なことです。

社会の経済状況や、取引先との関係など、職場の外部環境は日々変化しています。

グローバル化した競争社会の中で、自分の職場が競争優位に立つためには、働く人の一人一人が自分の能力と経験知を最大限発揮する意気込みが必要です。

チャンスがあれば、進んで仕事を引き受けるやる気を常に抱いている人が昇進する人になります。

雑務でも一生懸命やる

職場の中で、自分の周りには上司や先輩、同僚、後輩がそれぞれの立場で仕事を進めています。

日々取り組む仕事の中には、自分の持つ知識や経験をフルに発揮できる得意分野の仕事があります。

また、時には自分の得意分野とは異なる苦手な仕事に携わることもあります。

昇進するためには、自分に向けられる仕事から逃げない真摯さが大切です。

たとえ、雑務でも一生懸命に取り組む真摯さが職場全体の従業員のモチベーションを上げる効果があります。

雑務の仕事であってもきちんと行うことで、職場環境が整理されて色々な仕事がスムーズに進み、効率アップに繋がっていきます。

雑務の仕事は、内容によって様々な知識や経験がなければできない難しい面もありますので、安易に考えることは慎むべきです。

感謝の気持ちを忘れずに

昇進は、自分独りのチカラで実現できるものではありません。

職場の上司や先輩、同僚、後輩との間に快い人間関係が築かれていることが大切になります。

更に、快い人間関係をベースにした信頼関係が成り立っていることが必要です。

仕事は、個人プレーではありません。

上司や先輩、同僚、後輩との間のスムーズな連係プレーができてこそ、職場の発展に貢献できる結果を出すことができます。

昇進するためには、仕事は個人プレーではなく職場の人たちとの連係プレーであることを頭に入れて、周りへの気遣いを忘れずに謙虚な気持ちで仕事に取り組める人間性が必要です。

仕事が目標通りに達成できた時は、周りの人への感謝の気持ちを忘れないことが大切です。

昇進を目指すことは、自分だけではなく仕事に携わる従業員一人一人の知識や技能のレベルアップを心掛けることが必要です。

職場全体のレベルアップを目指した『仕事観』がお互いの信頼関係を向上させます。

信頼関係の向上が昇進への道を拓いていくのです。

昇進は、個人レベルの狭い目標ではなく、職場全体のレベルアップを目指した目標なのです。

昇進を目指すことはイコール職場の発展に貢献することに繋がるのです。

昇進は、職場の皆から信頼されている中で、周りからの高い評価で推薦されるものでなければなりません。

昇進は個人プレーの賜物ではなく、周りから信頼されて推された昇進が本物と言えます。

ページトップ