CoCoSiA(ココシア)

信念がある人の7個の特徴と強い信念を持つことが大切な5個の理由


信念を持っている人はみんな人生がうまくいっています。

信念を持つことがなぜ必要か、そして信念を持っている人の特徴を知ることで、あなたも信念を持った人間になることができます。

自分の信念を持って充実した人生を送りましょう!

信念を持っている人の7個の特徴

信念を持っている人には共通の特徴があります。

その特徴を知ることは、あなたが信念を持った人間になるためのヒントとなってくれると思います。

ここに7つの特徴にわけて紹介していこうと思います。

1.余裕がある

パッと人を見ての第一印象というものがあります。

その第一印象で、この人はどこかあたふたと焦っていて神経質そうだなという印象を受ける人がいます。

自分の職場などで何人かはいるでしょう?

そういった人を一言で言うと「余裕のない人」と言えると思います。

余裕のなさが何か頼りない印象を与え、ふらふらとしている印象を受けます。

逆にどっしりとして非常に余裕があるように見える人もいます。

こういった人は全く慌てたり焦ったりする様子がありませんから、心が安定している印象を受けます。

同じ環境や状況下にいてこの違いは何なのでしょうか。

やはり、その人が信念を持っているかどうかというのも影響しているのだと思います。

信念を持った人というのは自分のなかに確固たるものがありますから、少々のことで焦ることはありません。

外部の要因によって自分が乱されることが少ないということです。

自分の中で譲れないものだけをおさえている

信念がある人というのは、自分の中で自分だけの譲れないものを持っています。

ですから、何をするにしてもそのゆずれない信念を基準に考え、行動に移します。

ですから、人が何かを言ったからとか、皆がやっているからという理由でぶれたりはしません。

そういう行動基準があるので、常に落ち着いていることができるのだと思います。

学校や職場など、その他大勢の人と関わっていると、周りの人間の言動に少なからず影響されるものです。

好意を抱く人もいれば、生理的に合わない人もいるでしょう。

そういった外からの要因によって自分の行動や思考がころころ変わるようでは何をやっても落ち着きのない人生になってしまいます。

信念のある人は自分の中でこれだけは譲れないというものを一つ持っています。

そこだけは誰がなんと言おうとぶれることはありません。

2.芯が強い


芯が強いということは自分の中心に確固たる考えがあるということです。

自分の生き方に対するポリシーをちゃんと持っているので少々のことでは揺らぐことはありません。

自分の信念をちゃんと持っているということは、外部の影響を受けることがなくなります。

人から言われたことを気にしたり、自分のやっていることに自信が持てなかったりするということは信念がないことを意味します。

自分に厳しい

信念を持っている人というのは、自分はこうでないとというイメージを具体的に持っているものです。

ですから、そのイメージした自分にもっていくためには妥協をしません。

ですから自分に厳しくストイックに物事に集中できるのだと思います。

人間というものは基本的には弱い生き物です。

放っておくと楽なほうへと流されていくのが人間なのですが、そこで自分に厳しくやるべきことをやるには、信念がないといけません。

例えば煙草を吸っている人間が禁煙をしようとした時、1日2日は気合でなんとかやめれたとしても、それ以降に続かずにまた吸ってしまうという人は多いでしょう。

人間の意志はもろく弱いものですから、すぐに約束を破ってしまいます。

そういった自分で決めたことや、自分への約束を守るためには意志ではなく、その上の信念がないことには難しいでしょう。

煙草をやめたいではなく、自分は煙草をやめる、吸わない人間なんだという信念を持つことで染み付いた悪い習慣からも抜け出すことができるのではないでしょうか。

精神的に強い

人生いいことばかりが続くわけはなく、誰しもいい時と悪い時があるものです。

自分が悪い状態に来たときの対処というもので、人生の成否は決まるような気がします。

辛い時、へこたれそうな時でも、信念を持っている人というのはへこたれることはありません。

なぜなら、今の辛い状況を乗り越えた先の自分をちゃんと描いているからです。