信念を持っている人はみんな人生がうまくいっています。

信念を持つことがなぜ必要か、そして信念を持っている人の特徴を知ることで、あなたも信念を持った人間になることができます。

自分の信念を持って充実した人生を送りましょう!

信念を持っている人の7個の特徴

信念を持っている人には共通の特徴があります。

その特徴を知ることは、あなたが信念を持った人間になるためのヒントとなってくれると思います。

ここに7つの特徴にわけて紹介していこうと思います。

1.余裕がある

パッと人を見ての第一印象というものがあります。

その第一印象で、この人はどこかあたふたと焦っていて神経質そうだなという印象を受ける人がいます。

自分の職場などで何人かはいるでしょう?そういった人を一言で言うと「余裕のない人」と言えると思います。

余裕のなさが何か頼りない印象を与え、ふらふらとしている印象を受けます。

逆にどっしりとして非常に余裕があるように見える人もいます。

こういった人は全く慌てたり焦ったりする様子がありませんから、心が安定している印象を受けます。

同じ環境や状況下にいてこの違いは何なのでしょうか。

やはり、その人が信念を持っているかどうかというのも影響しているのだと思います。

信念を持った人というのは自分のなかに確固たるものがありますから、少々のことで焦ることはありません。

外部の要因によって自分が乱されることが少ないということです。

自分の中で譲れないものだけをおさえている

信念がある人というのは、自分の中で自分だけの譲れないものを持っています。

ですから、何をするにしてもそのゆずれない信念を基準に考え、行動に移します。

ですから、人が何かを言ったからとか、皆がやっているからという理由でぶれたりはしません。

そういう行動基準があるので、常に落ち着いていることができるのだと思います。

学校や職場など、その他大勢の人と関わっていると、周りの人間の言動に少なからず影響されるものです。

好意を抱く人もいれば、生理的に合わない人もいるでしょう。

そういった外からの要因によって自分の行動や思考がころころ変わるようでは何をやっても落ち着きのない人生になってしまいます。

信念のある人は自分の中でこれだけは譲れないというものを一つ持っています。

そこだけは誰がなんと言おうとぶれることはありません。

2.芯が強い


芯が強いということは自分の中心に確固たる考えがあるということです。

自分の生き方に対するポリシーをちゃんと持っているので少々のことでは揺らぐことはありません。

自分の信念をちゃんと持っているということは、外部の影響を受けることがなくなります。

人から言われたことを気にしたり、自分のやっていることに自信が持てなかったりするということは信念がないことを意味します。

自分に厳しい

信念を持っている人というのは、自分はこうでないとというイメージを具体的に持っているものです。

ですから、そのイメージした自分にもっていくためには妥協をしません。

ですから自分に厳しくストイックに物事に集中できるのだと思います。

人間というものは基本的には弱い生き物です。

放っておくと楽なほうへと流されていくのが人間なのですが、そこで自分に厳しくやるべきことをやるには、信念がないといけません。

例えば煙草を吸っている人間が禁煙をしようとした時、1日2日は気合でなんとかやめれたとしても、それ以降に続かずにまた吸ってしまうという人は多いでしょう。

人間の意志はもろく弱いものですから、すぐに約束を破ってしまいます。

そういった自分で決めたことや、自分への約束を守るためには意志ではなく、その上の信念がないことには難しいでしょう。

煙草をやめたいではなく、自分は煙草をやめる、吸わない人間なんだという信念を持つことで染み付いた悪い習慣からも抜け出すことができるのではないでしょうか。

精神的に強い

人生いいことばかりが続くわけはなく、誰しもいい時と悪い時があるものです。

自分が悪い状態に来たときの対処というもので、人生の成否は決まるような気がします。

辛い時、へこたれそうな時でも、信念を持っている人というのはへこたれることはありません。

なぜなら、今の辛い状況を乗り越えた先の自分をちゃんと描いているからです。

自分は絶対にこの試練を乗り越えて目標を達成する人間だという信念を持っている人なら、途中でぶつかる困難も乗り越えられるでしょう。

何か少しでも自分に嫌なことがあると、すぐに落ち込んでへこたれてしまう人は、多分信念のない人なのでしょう。

何も考えずに行き当たりばったりで生きているから、起きた出来事に対して動揺したり腹を立てたりするのだと思います。

世の中のどんな分野出も一流と呼ばれる人達は総じて、精神的に強く、しっかりとしたメンタルコントロールをおこなっています。

例えばプロ野球の野手を考えた時、3割打てれば一流選手だと言われています。

ということは7割、つまり70%は失敗しているということなのです。

100回打つ機会があるとして70回は失敗です。

そうすると1度の失敗でいちいち落ち込んでいる暇などありません。

失敗を真正面から受け入れ、修正して次に向かう強い精神力がないとできないことだと思います。

打てない選手というのは、失敗を引きずってしまいずるずると成績を落としていくようです。

どんな時にも下を向かずに成長できる人間こそが最後に笑うのです。

3.自信がある


信念をもっている人は皆、自信を持っています。

何も言わなくとも自信が伝わってきます。

その自信はどこからくるのだろうかと思いますが、それはその人の持つ信念の強さが自信を生んでいるのだと思います。

よく、成功しているから自信がでてくるのは当たり前だと考える人がいますが、そうではありません。

そういった人々は成功する前から自信を持っているのです。

成功する前から自分は成功に値する人間であるという確信を持っています。

その確信は自分の信念からくるものです。

根拠のない自信を持っている人がいますが、それは決して根拠のない自信ではなく、信念なのです。

自分の成功を疑わない信念があるからこそ、自信をもって物事に対処していけるのでしょう。

なりたい職業があるとしましょう。

例えば医者になりたいとします。

医者になりたいな、なれればいいなと思っているうちは決してなれないでしょう。

自分は必ず医者になる、なるべき人間だと思っている人がなれるのです。

これは信念に基づいた自分への決意の表れでもあります。

決意は自信を生み、なりたい自分を現実のこととするために頑張るでしょう。

貫くべきポリシーがある

自信を持っている人というのは自分の貫くべきポリシーというものがあります。

ですから他人の言ったことにいちいち左右されることもないですし、他人の成功や失敗にいちいち一喜一憂する必要もありません。

何かを選択する時においても、自分のポリシーに準じた決定を下すだけあって、他人に影響されるようなことはありません。

すぐに他人に流されてしまう人というのは、自分の中にポリシーというものが何もないのでしょう。

人生の中で自分のポリシーを見つける、構築するということがいかに大切なことかが分かります。

ポリシーを持っているのといないのとでは人生の意味というものが全く違うものになってきます。

ポリシーなんて難しいもの自分にはないと考える人もいるかもしれませんが、ポリシーは難しいものではありません。

自分が生きる上において大切にしているものは何ですか?それを考えてください。

何をやるにしても自分の家族のことを一番に考えて、家族を大切にしているなら、それは立派なあなたのポリシーです。

それがあなたの生きていく指針となっているはずです。

4.謙虚である

信念を持っている人は謙虚な人が実に多いです。

人間というものは自分を大きく見せるために、上から目線で話してみたり、自分を偽って虚勢をはったりするものです。

そういった行動というのは、裏を返せば自分に対する自信のなさを他人にばれたくないので防御線を張っているにすぎないと考えられます。

反対に自分の信念を持っている人は、他人に対して強く見せようとかアピールしようとかいう気持ちはありません。

あくまで自分の信念従って生きているので、謙虚に振る舞うことができるのです。

いい時も悪い時も自分の軸がぶれることがないので、心がざわつくことはありません。

信念をもっている人は、自分がいい状態の時こそ、おごらず謙虚でいるべきだということがわかっているのでしょう。

自慢しない

信念を持っている人というのは決して自慢などしません。

まず、自分の信念というものは人にべらべらと喋るものではありません。

誰にも言わず自分の中だけに持っておく大切なものです。

それを軽々しく人に言ってしまったら、それは信念ではなくなってしまいます。

信念は他人に言わず大切にしておくべきものです。

ですから、人前で自分のことを自慢するという行為を嫌います。

自分の周りの人間の中に、何人か自慢するのが好きな人がいるでしょう。

そういう人は自分の信念を持たず、目先の満足のために自分を安売りしているのに過ぎません。

そういう人間が将来の成功者に値するかどうかは言わなくともわかると思います。

上から目線にならない

やたらと上から目線でモノを言ってくる人がいます。

こういう人の心理を考えてみると、相手よりも有利な立場に立っていたいという気持ちが透けて見えます。

自分のことに確固たる自信がないから、そういった浅はかな考えで人の上に立とうとするのだろうと思います。

信念を持っている人というのは常に謙虚で、どんなに自分よりも下の人に対しても、横柄な態度にはならないものです。

他人に対してそういった目線になったところで何も変わらないことを分かっているからです。

そんなことよりも自分の信念を貫いて生きるということのほうが何倍も大切なことであるので、他人にかまっている暇はありません。

5.一貫性がある

人生において一貫性がある人というのは人間的に確立された人です。

一貫性というのは言葉で言うのは簡単ですが行動に起こして貫くのは簡単なことではありません。

なぜなら人間というのは常に目先の利益に囚われて信念を曲げる生き物だからです。

目先の甘い誘惑にどれだけの人が負けて、自分のポリシーを貫けないでいるでしょうか。

逆に誘惑に負けず自分を貫ける人というのは一握りの人間しかいません。

結果として本当に成功者となる人が少ないのも、このことに比例しているのだと思います。

本当の信念を持っている人というのは言動に常に一貫性があってぶれません。

目先の損得を取るよりも自分のスタイルを貫くことが結果的には勝つことをよくわかっているのです。

信頼できる

信念を持っている人は言動に一貫性があるので、周りの人からすると信頼ができます。

言っていることとやっていることがぶれまくっている人だと信頼は生まれるはずもなく、そういう意味でも信念を持つことの大切さがわかります。

結局何でも物事はシンプルなほうがいいということでしょう。

この人はこういう考えで、こういう行動を常にとる人だということを周りにも分からせることは、信頼感を得るために非常に大切なことだと思います。

ですから一貫性というものが重要になってくるのです。

どっちなのかわからない、得体が知れないというのが一番不安定で、信頼がおけません。

大切なのはぶれないということです。

6.一人の時間を大切にしている

自分の信念やポリシーというものは、日々自分に言い聞かせ続ける必要があります。

日々確認する必要があります。

自分が何を中心にして人生を生きているのかの確認です。

そうでないと自分の中心を見失ってしまうことになるでしょう。

そういう確認の作業をするためには、雑念のないところで一人の時間を持たなくてはいけません。

信念を持っている人が一人の時間を大切にしているのはそういった自分の信念の確認を行うことに重きを置いているからだと思います。

自分と向き合う時間を作っている

一人の時間を持ち、自分と向き合うことで信念の確認、人生の中で今の自分の状況の把握、これからの計画を立てることなどを行っています。

こういった作業は家族のいる前や、何かの合間にはできないことです。

できれば紙に書き出して状況を把握するくらいがいいと思います。

自分と向き合うということは、自分のいい面も悪い面も全てを把握して分析することです。

そして、信念に基づいていない行動に関しては排除していくことです。

考える基準となるのは信念なので、全ての行動はそれに従って計画されます。

7.ポジティブ

信念をもっている人は皆前向きでポジティブです。

それは当然のことかもしれません。

信念というものは、自分がこういう人間だとか、こういうことを必ず実現できるというような自分の到達すべき姿がある場合が多いので、ポジティブになるのは当たり前だと思います。

例えば、自分は多くの人を率いてリーダーとなる資質を持った人間であるという信念を持っているとします。

しかし、現時点での自分はそんな多くの人を率いる人間ではありません。

そうした時に今の自分と理想の自分との隔たりを嘆きはしません。

常にポジティブに理想の自分に一歩ずつ近づいていこうと思うのです。

昨日よりも今日の自分は一歩前に進むことができた。

じゃあ明日は今日よりももう一歩進もうかという気持ちです。

時にはついてない自分にとって悪い日もあるでしょう。

そんな時は半歩後退したけれど、明日はその半歩を取り返して、さらにもう一歩歩みを進めようというように考えればいいのです。

大事なことは決して立ち止まらないことです。

立ち止まらなければ必ずいつかゴールにたどり着けるでしょう。

愚痴や悪口を言わない

愚痴や人の悪口を言うということが、自分にとって無駄でしあないということを、信念を持っている人は分かっています。

そんなことよりも自分の信念の実現のためにやることがあり、無駄なことをしている暇はないということだと思います。

愚痴や悪口を言うと自分の状況から逃げていることに他なりません。

うまくいかないから愚痴や悪口を言う。

責任を外部に求めることで逃げているのです。

それでは信念の実現はできません。

信念の実現ができるのは自分自身しかできないのです。

愚痴や悪口というのは無駄なエネルギーを使うことにもなります。

限られたエネルギーはもっと自分のために有効に使うべきだということを、信念を持った人は理解しているのです。

信念を持つことが大切な5個の理由

信念を持つことが大切だと言われますが、なぜ信念を持つことが大切なのでしょうか?その理由を知ることで、生きていく上での信念の大切さが理解でき、自分を見直すきっかけになるのではないかと思います。

1.生きていく上での源となる

生きているといいこともあれば悪いこともあります。

急にいいことがおこると浮足立って調子に乗って失敗したり、不運でいやな思いをすると、もうだめだと落ち込んでしまう。

こういった反応というのは、自分の中に中心となるものがないから起こることなのです。

要するに、外部で何かアクシデントが起こった時に対応できないのです。

なぜ対応できないかというと、モノを考える時に自分のポリシーや信念というフィルターを通すことができないから、その場の感情にまかせたような反応しかできなくなります。

信念を持っている人というのは、いい時も浮つかないし、悪い時も下を向くことがありません。

常に心が一定しているので立ち止まらずに進んでゆけるのだと思います。

選択を迷わなくなる

生きていると毎日様々な選択を迫られる場面があります。

レストランで何を食べるかという小さな選択から、仕事を辞めるかというような大きな選択まで、常に選択していかなくてはいけません。

その時に自分の信念、ポリシーがある人は選択を迷いません。

選んだ選択が悪い結果に終わることも時にはあるでしょう。

しかし、自分の信念に従って選んだものですから後悔はないのです。

人生において一番やってはいけないことの一つは、目の前に選択の機会があるのにもかかわらず、迷いに迷っているうちに時間が経過して、選択の機会を失うということです。

考えてみると人間は選択することに悩んでどのくらいの時間を浪費しているのでしょうか。

決断は素早くすること。

そしてその決断を変更する時にはよく考えることとよく言われます。

信念を持っていれば選択にそんな長い時間がかかるはずはありません。

信念のない人間だから迷うのです。

2.自信が持てるようになる

同じ能力を持っている人間が何か同じことにチャレンジする場合、自分に自信を持っている人と、そうではない人とでは全く違います。

やはり自信をもってチャレンジするほうが、いい結果になることも多いですし、周りで見ている人間にとっても、自信に満ち溢れている人のほうがよく見えるのですから不思議です。

信念を持つことによって、同時に自信もついてきます。

自信は結果を出した人間しか持てないと思う人もいますが、そうではありません。

信念を持ち、自分のゴールを掲げることによって、今現在から、あたかも理想の自分になっているかのように振る舞うこともできます。

そうすると自信を持ってなんでもできるようになると思います。

周囲に惑わされなくなる

人間というものは常に誰かと比較して勝っている、負けていると優劣をつけては一喜一憂する生き物です。

自分は違うと反論している人も、よく考えたら誰かと何かを比較していることに気がつくでしょう。

信念を持つとそういったことに惑わされるということがなくなります。

自分の信念を基準に生きていくことが大切なので、人と比べることは無意味なこととなります。

そうすると同僚が出世したところで何の嫉妬も感じなくなるでしょう。

人よりいい車に乗りたいといって無理して高いローンを組むこともなくなるはずです。

自分のペースで歩める

人生は長いマラソン競技のようなものです。

マラソン競技で一番大切なことはペース配分です。

ペース配分を間違うと、途中で必ず息切れを起こして立ち止まってしまうはめになります。

ペースの乱れは相手によってしばしば起こされるもので、相手に抜かれたからむきになってペースを上げすぎたり、周りがゆっくり走っているから自分もだらけてしまったりという具合に、相手にペースを乱されてダメになるというパターンが非常に多くあります。

それを避け、自分のペースで人生のレースを完走するには、信念やポリシーの確立が欠かせません。

信念をしっかりと持つことで相手にかき乱されることはなくなります。

自分のペースで着実にゴールを目指していくことだけを考えることができるのです。

3.決めたことが意識できるようになる

信念を持っているということは自分の生き方を決めているということでもあります。

ですから生活の様々な場面で決めたことを意識できるようになります。

今やっていることは自分のポリシーに反することはないだろうか?といった具合に、常にチェック機能が働くのです。

人間は普段、ほとんどの行動を無意識におこなっています。

朝起きて、顔を洗って、朝食をとるといった一連の行動は、習慣化されることによって意識せずとも無意識でやっていると思います。

ですから、何かを意識するということは、それなりの理由や動機が必要になってきます。

信念というのは常に自分の内側に問いかけるための意識づけをしてくれます。

ですから無意識に反応的に行動してしまうことを未然に防いでくれるのです。

自分の一日の生活をよく思い返してみてください。

何かを意識して行動している時間というのがどのくらいありますか?

あまりの少なさに驚くかもしれませんが、何も意識せずに生きている人はほとんどが無意識の行動なのです。

そこに気づけるだけでも自分を変える大きなヒントになるのではないでしょうか。

どんな些細なことも守ろうとする

信念を貫くということは自分との約束を守ることでもあります。

そうやって普段から自分の信念を貫いて生きている人は、決めたことをちゃんと守れる人間になっていきます。

些細なこともおろそかにしません。

逆に小さな些細なことが守れないから、信念がすぐに揺らいでしまう人がいるのでしょう。

例えば、夜遅くに食べ過ぎないと決めていても、小腹が空いたと言って食べてしまって守れない。

こういった小さなことを守れない人は、自分の大きな人生の目標を達成するための試練をくぐり抜けていくことなどできないでしょう。

信念をちゃんと持てば自分を裏切るようなことは自ずとやらないはずなのです。

すぐに約束を破ってしまうということは、まだまだ自分の信念というものができていないのでしょう。

4.潔くなる

信念を持っていると迷いというものがなくなります。

どんな場面でも基準になるのは信念なので、信念に沿わない選択は最初から排除できるからです。

客観的に見ても、物事に対して常に潔いスタイルで挑むということは、自分にも周りの人間にとってもいいことです。

潔くトライすることで、問題もはっきりわかりますし、修正もしやすいと思います。

周りの人間もアシストしやすいと思います。

やるのかやらないのかはっきりせず、何を考えているのかわからないというスタンスが一番よくありません。

一体この人はどうしたいのか?助けが欲しいのかどっちなんだろう?と周りの人もわからないので助けようがありません。

ですから潔いということは非常に大切なのです。

決断が早くなる

人は皆、たくさんの選択をして生きています。

決断をして前へ進んでいくのですが、決断が遅く、なかなか前へ進めない人がいます。

こういった人には自分の考えの基準となる信念がないのでしょう。

信念のある人はとにかく決断が速くなります。

信念に沿って選ぶだけですから迷う必要がないのです。

その決断が正しいかどうか、良い結果がでるかどうかというのはわかりませんが、自分の決断に対しての後悔はありません。

もしも間違っているならば、修正すればよいだけです。

それよりもどっちか迷って、適当に選んだもので結果が出たとしても、それはいつか破綻するものだということです。

5.自己肯定感が高まる

信念を持っていると、自分を100%信頼できます。

自分を肯定できるのです。

よく謙遜したり、自己卑下をすることでコミュニケーションをとろうとする人がいますが、それはよろしくないことだと思います。

自分を必要以上に否定したり卑下する癖がついてしまうと、本当に程度の低い人間に成り下がってしまう可能性があります。

信念を持っていると自己肯定感が高まり、自分を卑下するようなことはなくなります。

そんなことでは理想の自分の実現などできないからです。

日本人はどちらかというと謙遜したり、自分を卑下する人が多いような気がします。

日本人にとって謙遜は美徳でも、他の国々の人から見ると、自信なさげな人に見えるでしょう。

自分を誇示していばることがいいこととは言いませんが、自分を肯定するという意識を常に持つことは非常に大切です。

社会に出ると、ある意味サバイバルレースです。

民主主義、法治国家社会の中で生きているとはいえ、本質は原始時代と変わらない「弱肉強食」の世界であることは、社会に出た人なら皆感じることでしょう。

そんな中で前を向いて自分らしく生きていくためには、自分を肯定する気持ちが大切だと思います。

自分を認めることができる

自分を認めるということは非常に大切なことです。

厳しい社会に出て、勝ち残るには自分が自分をまず認めてやらなければはじまりません。

そうでないと人に認められるような人物になどなれるはずがないと思います。

そのためには自分の信念というものをちゃんと持たないといけません。

信念は自分に大きな力を与えてくれます。

成功して偉大な人物になりたいなら、その前から自分はそれに値する人間であるということを、常に自分に言い聞かせていく必要があります。

自分の価値というものを最大限自分が評価していないといけません。

丁寧に心身を磨いていこう(まとめ)

信念というものは魔法のような力を持っているものです。

人間は結局自分の思ったような結果しか出せないので、いかに自分のなりたい姿、たどり着きたいゴールを明確に持っているかが人生の成否を分けます。

「自分はこうなるんだ」という信念を持つことが非常に大切です。

できれば抽象的ではなく具体的な自分の未来の姿をイメージできるようにしましょう。

そして、常に自分の内側に語りかけるのです。

「自分は今、ちゃんとゴールに向かっているか?向かうための行動をとっているか?」と。

そうすれば、日々の行動に迷いがなくなり、道をそれたような無駄なことをすることがなくなるでしょう。

目標が高ければ、当然そこに行きつくまでの道のりは険しいものとなるでしょう。

しかし、日々ゴールに向かって心技体を研ぎ澄ましていくという意識をもっていれば、必ずいつの日かゴールが見えてきます。

ですから、毎日の歩みを止めないためにも、強い信念というものを速く確立しましょう。