お嬢様学校って言い方もどうかと思うんですが、我が子を素敵なレディにしたいと考えるなら、勉強中心の進学校ではなく、礼節を重んじる“お嬢様学校”に行かせたいと考えるのも頷けます。

ただ、イメージだけで子供の進路を決定してしまうと、親子ともに大変な思いをしますから、より具体的に考えてみましょう。

参考としておすすめの学校5選もご紹介します。

お嬢様学校に通わせたいママ必見!

お嬢様学校と一括りに称してはいますが、学校によって教育方針もカリキュラムも大きく異なっています。

お嬢様学校は基本的に初等部や中等部からの入学で面接がありますから、学校の方針や校風と子供の発言をある程度合わせた方が合格率が上がります。

「お嬢様学校ならどこでもいいや!」とあっちこっち受験するのは対策が大変です。

学校ごとの特色を理解するためにも、着目すべきポイントなどを絞って検討する必要があります。

お嬢様学校って何?

お嬢様が行く学校です。

そのまんまです。

“お嬢様”自体に定義がないので、何をもってお嬢様学校とするのかは曖昧ですが、世間的な校風のイメージと学費の高さ、伝統や歴史、偏差値、進学や就職への優位性などが合わさったときに呼ばれるようです。

何かが欠落していると、ただ「女子校」と呼ばれます。

世間的な捉え方

イメージとして多いものは、清楚、キリスト教系、歴史が長い、校則が厳しい、独特の挨拶(ごきげんようなど)などがみつかりました。

あとはとにかく学費が高いことでしょう。

ちなみに、お嬢様学校に通う女性に対して、男性の意見で多かったのは、高嶺の花、金銭感覚がヤバそう、結婚を迫られるのが早そう、親が厳しそう(異性交遊を認めないかも)、お見合い結婚しそうなどでした。

学費は300万超え?!


中学、高校でそれぞれ300万円ずつが相場のようです。

6年間で600万…月々に換算すると8万強…ぶったまげますね。

東京女学館という名門校に関しては、小学校から高校までで2000万円かかるといいます。

しかもこれ、ただ「学費だけで」ですから、寄付金てのが存在します。

OG会の会費なども合わせたらいくらになるやら…。

さらに面白いのが、在校生やOG、教員たちが「お嬢様学校とは言われますが、さまざまな人が通っていますから、皆がお嬢様というわけではありませんよ」なんて言ったりするところです。

いやいや、3年間で300万てすごい金額ですからね、お嬢様以外通えるわけないでしょうって。

年収1000万円クラスのことを庶民と呼んでいるのかな…金銭感覚どうなってんの?って感じがします。

偏差値

中、高までの偏差値は高い傾向にありますが、併設する大学の偏差値は軒並み落ちるというのが特徴です。

中高の偏差値は65以上なのに大学は50以下なんてものザラです。

そのため、中高入試時点の高い偏差値を叩き出せる学力をキープしている子は外部の大学へ進学します。

お嬢様学校の入学試験の難しさは、筆記テストの結果だけでは合格できないところです。

面接、縁故採用の有無、親の収入面の査定などの要因があり、偏差値だけでは難易度を測れません。

ちなみに、小学校に関しては偏差値を出さないようになっているので、参照するデータはなく、倍率で見るしかないようです。

将来進む道

併設の大学に行く内部進学の子もいるようですが、有名私大や国立大学に進学する子、留学する子も多いです。

内部進学の場合、偏差値は低くなってしまいますが、学校のブランド力、世間に出身者が多いため縁故採用で就職しやすいという利点があります。

大昔は花嫁修業も兼ねて高校に通い、終了後は許嫁(いいなずけ)と結婚するなんてことも多かったようですが、今は見られません。

また、近年の傾向としては、お嬢様学校とはいえ個性を尊重するため、専門学校に行ったり、偏差値の高くない大学に行く子も多くはなってきました。

お嬢様学校おすすめ5選


お嬢様学校はキリスト教系がとても多いです。

それぞれ宗派が違うものの、奉仕の精神を重要視しているところが多く、難関大学への合格だけを目指す進学校とは全く雰囲気が異なっています。

お嬢様学校にも色々ありますが、歴史が長く有名な学校5選をご紹介しましょう。

見るべきポイントとしては、学べること(カリキュラムなど)、学年制度、入試の偏差値、将来の展望の4つです。

お嬢様学校の学年制度は一般的な小学6年、中学3年、高校3年とは違い、12学年制や4-4-4制などがあります。

偏差値は今から目指すことが可能な範囲なのかを見るのに役に立ち、将来性と学べることについては希望と合致しているかを確認する必須項目です。

学習院女子

中学から高校までのエスカレーター式になっています。

東京の高田馬場駅または西早稲田駅に近いところにあり、偏差値は中学が67、高校からの募集はないことが殆どです。

一方、学習院女子大学になると偏差値は50~52程度となります。

学習院女子大学への内部進学は2017年度卒業でわずか1名、同系列の学習院大学が123名、国立大学5名、他私立大学53名、海外進学1名です。

学習院女子の特徴

明治18年設立の華族女学校を前身とした伝統のある学校で、学習については「本物に触れる 過程を大切にする 表現力を身につける」、生活については「正直と思いやり」を教育方針としています。

中学校のカリキュラムは国語算数理科社会、技術、保健体育などなど、一般的な中学校と特別変わった科目は接地されていませんが、中学3年生になると美術と音楽は選択制です。

高校は英語だけでなくドイツ語やフランス語が学べたり、音楽も声楽と器楽に別れるなど特色があります。

また、中学3年生と高校2、3年生の中から選抜された40名は、イギリスの名門イートン校で3週間の夏期講習を受けられるなど、特別なプログラムもあります。

校風としては、女性としての品位と自主性を重んじる傾向にあります。

いわゆる“なんちゃって進学校”ではないので、大学に進学することを目標としてはいません。

そのため、成績がふるわない生徒に対しても補講を用意することはなく、自主的に学習することを求められます。

聖心女子

小、中、高のエスカレーター式です。

2018年に創業110年を迎えました。

オーストラリアの聖心会修道女が開学し、キリスト教に基づく教育を行っています。

駅は白金台が最寄です。

偏差値は中等科が64で、高校からの募集はあまりないようでした。

初等科の倍率は高く、2018年度入試では募集96名に対し453名の応募があり、倍率は高めといえます。

聖心女子大学の偏差値は50です。

高校の2017年度の進学状況は、国立や私立を含む他大学が約4割、内部進学(聖心女子大学)が5.5割、その他が1.割強となっています。

聖心女子の特徴

聖心のネットワークを通じて世界30カ国、146校の姉妹校があります。

留学制度や海外体験学習が充実しており、諸外国から日本への留学生も迎え入れているため、グローバルな交流が期待できます。

初等科からの入学が基本で、4-4-4制(4年ごとの区分)で教育のステージを変化させるのが特徴です。

最初の4年(小学校1~4年)で基礎を学び、次の4年(小学5年~中学2年)までが同じ校舎で学ぶことになり、専門性を高めていくため授業の時間も長くなります。

最後の4年(中学3年~高校3年)は英語や数学の習熟度別のクラス編成などがあり細やかな指導を受けられます。

言語に関する教育が重要視されており、文字を早く綺麗に書くことや、全員英検を受けることなど一般的な学校にはないプログラムが用意されているのも特徴です。

東洋英和

NHKの朝ドラ『花子とアン』の主人公・村岡花子さんの出身校としても有名です。

場所は麻布十番駅から徒歩5分程度、六本木駅も近いです。

1884年の創立以来、キリスト教に基づく教育を行っています。

幼稚園、初等部、中等部、高等部があり、中学部に関しては200人ほどの生徒のうち80人ほどが内部進学です。

偏差値は中学部が68で、高校は内部進学のみとなっています。

中等部からのエスカレーター式なら希望者は誰でも高等部に入れますが、5教科の学力テストで学年順位が30番以下になると毎日補修があるのだとか。

ちなみに、東洋英和女学院大学の偏差値は35~40ですが、高校からそのまま進学する人は少なく、2018年はわずか11名となっています。

慶応義塾大学への進学が最も多い23名でした。

東洋英和の特徴

中高一体の6年制が特徴です。

中学1~2年で基礎学力強化、中学3年~高校1年で習熟度別学習、高校2~3年で進路別学習へ移行していきます。

英語の授業の比率が高く、キリスト教の授業があるのも独特です。

高校は選択制の授業が多くなってくるため、進学したい人に適しているといえるでしょう。

また、課外教室にピアノ科、オルガン科、器楽科、英会話科、日本舞踊教室に華道教室などがあるのも魅力です。

また、口コミによると入学官署に縁故者を記入する欄が設けられているとのこと。

歴史上の人物の末裔が同級生ということも多いそうで、制服からしても、まさにお嬢様学校といった雰囲気があります。

白百合学園

1881年にフランスの修道女が設立しました。

設立当初は神田猿楽町にありましたが、関東大震災で全焼したため1927年に現在の九段下に移りました。

設立母体はシャトル聖パウロ修道女会ですから、こちらもキリスト教に基づく教育を行っています。

中高の一貫教育で、中学の偏差値は71。

医学部や薬学部に進む生徒が他校と比べると多いようですね。

大学も併設していますが、内部進学より外部の大学へ行く人が多い傾向にあります。

白百合学園の特徴

愛の心をもって社会に奉仕できる女性の育成を教育目的としながら、ボランティアなどのわかりやすい奉仕というより個性を活かして活躍することを重視しているようです。

学習に関しては中高の6年間を2年ずつで区切り、最初の2年を基礎の養成、次の2年で定着、最後の2年で応用力を身に着けさせます。

習熟度別の授業かつ補習というサポート体制が整っているのも特徴。

また、外国語は英語とフランス語が必修となっています。

ネイティブの教員による授業、夏季短期留学、フランス大使館の訪問や交換留学などを積極的に行っているのも白百合ならではです。

また、情報の取り扱いの重要性が問われる近年の傾向に合わせて、アニメーションやWebページの作成、パワポやエクセルの使い方、知的財産権の勉強など、伝統だけにとらわれない教育を行っています。

桜陰

桜陰は中学校の偏差値が女子校の中ではトップの75です。

この学校は学力に関して他校を大きく引き離しています。

女子校の中では偏差値がトップですし、男子校や共学まで含めた全国273校の中でも第6位です(その上は男子校の筑波大学付属駒場、開成、麻布、東大寺学園、灘でいずれも男子校)。

東大合格率が異常で、平成30年卒業生は77人、それ以前も50~70人台を毎年輩出、東大以外でも国立大学や難関私大ばかりが名を連ねます。

桜陰の特徴

その他のお嬢様学校とは違い、宗教が関与していません。

東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)の同窓会「桜陰会」の寄付によって1924年に設立されたという経緯があります。

時代に適応した学習と道徳を中心に指導しており、礼や自主の精神を大切にしているのが特徴です。

海外研修などはありませんが、タイ公使参事官の講演やスコットランド大臣へのインタビュー、日本のGoogle社を訪れ、プログラムに参加するなど、貴重な機会は用意されています。

驚異の進学率ながら勉強ばかりではなく、部活動への入部は必須、修学旅行に文化祭、合宿など一般的な学校とそう変わらないイベントがたくさんあります。

お嬢様学校の実態

実態を見て行きますが、項目としてはイメージが強いものを記載しています。

昔はそうだったけど今はそうじゃないもの、昔どころか漫画だけのイメージというのも多分に含んでいるため、内容を読んで実際のところを把握してみましょう。

制服が決まっているところもある

制服が決まっているところの方が多いです。

インターナショナルスクールとは違いますから、私服で自由な校風というより、伝統や規律を重んじるべく統一されている傾向が見られます。

漫画などのお嬢様学校の制服はやたらと可愛いし清楚だし最高な感じですが、実際のところはそうでもありません。

学校によっては結構なレベルでダサい…なんてことも。

また、アレンジは厳しく取り締まられるため、リボンを変えたりスカート丈を短くしたりすると、すぐ指摘されます。

ソックスは白が基本、冬は黒タイツも可というのが多いようです。

ベンツでお迎え

一昔前だったらそうだったかもしれませんが、今は少ない光景です。

成金の集まりの学校ならまだあるのかなぁ、くらいの感じ。

今はお嬢様学校の子たちが電車に乗っているのをよく見かけます。

土地代も高くなりましたから、学校が大きな駐車場を持っていないという事情があります。

そして、近隣住民への迷惑というのも、ベンツはもとより車でのお出迎えが減少した理由かもしれません。

警備がすごい

お嬢様が多いですから、誘拐などされないように警備体制はしっかりしていることが多いです。

また、女学校というのはお嬢様学校に限らず、全般的に共学や男子校と比べると警備がしっかりしています。

変態が集まるからです。

制服を盗む変態、盗撮をする変態、声をかけたり触ったり、露出してくる変態が寄ってこれないように警戒しないといけません。

ブランドバッグを持った子がたくさん

これは、なんちゃって進学校、お嬢様気取り学校でよく見られる光景です。

とはいえ、伝統のあるお嬢様学校でもたまーにいます。

なんとも愚かしい限りで、とても無様。

本物のお嬢様ならこんな馬鹿馬鹿しいマネはしません。

品位を損なってしまいますからね。

ブランド物は、それを身に着けるにふさわしい品位というものが必要不可欠。

ヤンキーがヴィトンの財布をひけらかすのと同じように、内面の伴わない人間が持つブランド物というのは下品な印象を与えます。

ひけらかすのはまだ下流、上流は華美なことはせず、TPOに合わせたものを身に着けます。

さすがに上下スウェットを着るかはわかりませんが、運動するなら汚れても良い服を着るし、良い物を身に着けるときも、ブランドロゴがデカデカと掲げられているようなものは選びません。

また、1つの物の価値を大切にするので、ブランドよりは質を重視する傾向が強いです。

わんさか買い漁ったりはせず、丁寧に手入れをしながら長年愛用します。

それこそが本当の上流階級です。

コンプレックスがないから華美にする必要がない

親の収入や血縁の品位が平均値を大きく引き離している場合、それ以外の人たちを相手にする必要がないので、張り合う意味もなく、ブランド物で武装する必要がないのです。

これみよがしにブランド物を見せつける人というのは「どうだ!これだけ稼いだぞ!すごいだろ!」と世間様にアピールしたいという思いがあり、それは稼げなかった頃の自分を打ち消したいというコンプレックスの表れといえます。

お嬢様学校に通う本物のお嬢様たちは、生まれながらにこのようなコンプレックスを抱くタイミングがないので、それよりも勉強や、やりたいことにお金と時間を使う傾向が見られます。

高い就職率

先述の通り、お嬢様学校は総じて歴史が長く、出身者が世の中にたくさんいて、それなりの地位にいる人も多いですから、縁故採用による就職率はピカイチです。

また、幼い頃からマナーを叩きこまれるので、銀行や大手デパート、公務員など振る舞いが問われやすい仕事への就職率が高いです。

お嬢様学校に通う女性の特徴

言葉遣いが丁寧

最近は結構そうでもないですけど、公立中学の有象無象と比べたら段違いに言葉づかいが丁寧です。

「ヤベェクッソウケんだけど!」とかをTPOもわきまえずに口走ったりはしません。

ただ、現代は大昔とは違ってネットやテレビで情報はガンガン入ってくるため、丁寧ではない言葉も知っているし、友達だけの集まりでは使っています。

ただ、学校によっては制服を着ているときは学校の一員である自覚を持て、と教えられるため、電車内でも丁寧な言葉づかいで話すように心がけています。

これが世間のイメージになっているのでしょう。

制服を脱いだらわかりません。

スウェットを着てポテチを食べながらテレビの前で寝っころがって「ウケるwww」と言っている子もいるはずです。

意外と騙されやすい

自分だけは騙されないと思っている人ほど詐欺師は騙しやすいといいます。

ガードは堅いのですが、それさえ破ってしまえば簡単という人が多いからです。

知識が豊富な人ほどひっかかりやすいとも言われます。

お嬢様学校に通う子たちは幼い頃から誰よりも勉強し、礼儀なども学んでいますから、自他ともに認める優秀さで自信を持っていることが多いです。

そのため、一度簡単なことに騙されてしまうと、その後に起きることも信じ込んでしまうケースが見られます。

ボランティアと男に弱い

投資詐欺などにはひっかかりません。

お嬢様はお金には困っていないですからね。

圧倒的に騙されやすいのは、ボランティアと男です。

まずボランティアですが「お金に困っているんです」という文言に弱いです。

「やりくりして頑張ればイケるよね?」というツッコミなしに、動物愛護団体(怪しいやつ)などに投資してしまいます。

自分はお金を持っているので、お金に困っていることが想像できず、とんでもなく大変なことのように感じてしまうのです。

そして男。

女子校育ちでも合コンにあけくれている子は免疫がありますが、大人になるまで女性だけに囲まれていると異性交流が下手で、相手の言葉を言葉通りに受けとります。

とくに周りのレベルも高いお嬢様学校では、ちょっとやそっと女性らしいだけでは褒めてもらえませんからね。

反面、世の中に出ていくと多くの女性より女性らしいため、褒めてもらえるので喜んでしまいます。

言葉の裏の狙いに気付けません。

ホストにハマって毎月何百万も貢いでしまう女性は女子校育ちが多いです。

その上、学校で奉仕精神を叩きこまれているので、愛する者を助けてやらねば、と謎の使命感に燃えてしまいます。

とにかくほわほわ

ほわほわ…うーん、イメージとしてはそうかもしれないですね。

ただ、少なくとも筆者の周りにいたお嬢様学校出身者や現役生たちは全然ほわほわしていませんでした。

どちらかというと我が強いというか、自分がやっていることが正義だと信じて疑わないというか、広い世界を知ってはいるけど隣人のことは知らない、みたいな感じでした。

壮大な目標を掲げて努力もしていて、グローバルな知識も豊富なのですが、自分とは違う境遇にいる人のことは理解しない、できないというか…もっとわかりやすく例をあげると「大学生なんだから勉強が一番でしょ?アルバイトとかするべきじゃないよ!」なんて言っちゃう感じ。

いやいや、学費を自分で稼いでいる人もいるからね?って話なんですけど、そこまで想像ができないから、悪意なく人を傷つけることも多く見られました。

お嬢様学校内では境遇が似ている子に囲まれていたわけだから、それも当然といえば当然なのかもしれません。

とにかくセレブ

セレブじゃなきゃ3年間で300万の学費に寄付金に留学やら習い事なんて絶対無理です。

セレブなのはどう否定しようと確定です。

ただ、世の中の大半が想像するようなセレブ生活をしているかどうかは微妙なところ。

質素倹約で贅沢なことは誕生日くらいという家庭もありますし、親が苦労して盛り立てた会社の経営者だからこそ、稼ぐことの大変さ、生活することのありがたさをよく心得ていたりもします。

もちろん中には、先代の遺産を継いだだけのお金持ちで、永続的にお金が入ってくる仕組みを持っているから湯水のようにお金を使ってしまう、精神的に成金の人もいます。

生活基準に関しては多種多様です。

とはいえ、貧乏人がのたうちまわっても手に入らないような宝石や家具、鞄などをいくつか所持していることは多く、よほど没落しない限り切羽詰ることもありません。

そういう意味では精神的にも余裕があるでしょう。

友達もセレブ

子供の頃の友達は、その大半が学校で出会った子たちですから、当たり前です。

自ら地域の公園にでかけて公立学校の子供たちと触れ合わない限りセレブではない子との出会いの場すらありません。

小学校が公立、中学から私立だったとしても、小学生の頃の友達とは疎遠になっていくのが常です。

大人とは違いますから、放課後にわざわざ会うのも時間的に難しいですからね。

“本物の”お嬢様学校に通わせる前に心得ておくこと

進学校ならともかく、お嬢様学校となると親が心得ておかなければならないことがいくつかあります。

学校の教育内容や理念が素晴らしいからといって、安易に子供を入れようとするのはNG。

一度立ち止まって考えてみましょう。

我が子の性格

お嬢様学校は“女性としての個人”を求められる傾向があります。

女性らしい立ち居振る舞い、女性らしい言葉づかい、女性らしい服装…これが合わない子は全く合わないでしょう。

我が子の性格が正反対でも「お嬢様学校に入れとけばお嬢様になるでしょ」なんて思ったら大間違い。

幼稚園児になる頃には自我が形成されているので、我が子の性格はよく見極めてください。

心の底から合わないところに放り込まれてもストレスでおかしくなります。

勉強を自発的にやれる子でないとキツい

お嬢様学校は進学校とは違って勉学は自発的にやるのが基本です。

進学校なら大学の進学率を掲示することに命をかけているのでフォロー体制がすさまじいですが、お嬢様学校は補習を行わないこともあれば、習熟度別のクラス編成になって上位レイヤーは常に固定され、下層レイヤーとの交流すら少なくなることもあるのです。

それを「私に合わせてくれる授業でよかった」と思うか「落ちこぼれてしまった。

もうおしまいだ」と思うかは子供の性格によります。

最悪の場合友達ができない

家がお金持ちでないというだけで劣等感を抱えてしまう子もいるそうです。

周りがお嬢様ばかりなので、庶民の家に呼ぶのは恥ずかしいと思ったり、自分の言動がだらしないのではないかと悩むのだとか。

夏休みの自由研究なども、海外旅行での経験だったりするので、劣等感を一度でも持ってしまったが最後、何かある度に自分の家と比べてしまうかもしれません。

劣等感に苛まれていると、相手が友達だと思っていても勝手に自分を卑下してしまうため、対等な関係を築きづらくなります。

我が子が、それらをもろともしないメンタルの持ち主かはよく考えてあげてください。

また、お嬢様学校だからといって生徒全員の性格が天使のようなわけではないので、暴力的なイジメこそなくても無視されることはあるんだそうです。

まぁ単に「あの子とは話が合わないね」かもしれませんけど…それに、庶民からお嬢様学校にブチ込まれた子供からすれば、お嬢様たちと話を合わせるのも苦痛でしょう。

自身の立ち居振る舞い

子供がお嬢様学校でマナーや学問を身に着けているのに親が全然ダメだと示しがつきません。

保護者会などでも恥ずかしい思いをし、それが子供の間にも伝わってしまったらと思うと顔から火が出そうです。

自身の立ち居振る舞いがしっかりしているかどうかもよく考えましょう。

周りの親たちの職業がハンパない

医者、弁護士、経営者、官僚、芸術家に芸能人…そうそうたる人物が親ですから、当然PTAなどもハンパないメンバーが集まります。

子供たちには贅沢をあえてさせていないとしても、保護者でお茶でも行こうものなら珈琲1杯1000円くらいするところにも行くし、話す内容もレベルが高いし、まぁとにかく庶民ではついていくのが大変です。

何のために受験をさせるのか

もし己の見栄のために子供を入れようと躍起になっているのだとしたら速攻やめてください。

子供にとっては迷惑以外の何物でもありません。

「子供の未来のため」と言えば聞こえもいいですが、それは親が描いた未来の話で、子供の希望は成長して自分の意志を固めていく中で変化していきます。

親の描いた未来に子供を付きあわせてはいけません。

子供が希望するなら受験させる、そうでないなら無理強いしないようにしましょう。

我が子の心を育てるのは親であることを忘れない

少し前から問題になっている“モンスターペアレント”の恐ろしいところは、学校に教育の全てを任せようとする点にあります。

たしかに小中あたりまでは集団行動などの学問以外のことも学校が教えてくれはしますが、本来、学問以外のことを教えるのは親の務めです。

正直なところ、お嬢様学校に入れようが入れまいが、親がちゃんとしていれば子供は立派なレディになります。

勉強も自発的に行えるように育てれば、公立学校に通っていたって東大に行く子もいるし、海外の大学に行ける子もいます。

なぜお嬢様学校に行かせる必要があるのかをよく考え、本当にそこでなければならない理由があるのかどうかを検討しましょう。

お嬢様学校に通わせるのは大変かも・・・(まとめ)

「通わせる」と言っている時点でやめといた方がいいと思いますけどね。

また、金銭的にもギリギリであるならやめておくのが無難です。

小学生も高学年になる頃には自分が何をしたいか、将来どうなりたいかというのがボンヤリとは見えていますので、子供が「お嬢様学校に行きたい」と自発的に言わない限りは通わせ続けるのが難しいです。

自発的に言ってくれれば「あなたが決めたことなんだから頑張りなさい」と言えますが、親が勝手にお嬢様学校にブチ込んだのでは仲違いする未来も見えます。

実際、筆者の中学のときの友人はお嬢様学校に入学したものの、肌に合わなすぎてノイローゼになり、半年の休学を経て公立に転入してきました。

子供の将来を決めるのは子供です。

そのことをよく心に留めて、話し合いましょう。