去年までの最高気温の記録は更新して、殺人的な暑さの毎日で、頭の中によぎるのは「爽快感」ではないでしょうか。

夏の時期だけではなくても「爽快感」というのは、年中味わっていたいことなのかもしれません。

「ストレス社会」と言われてきて何年も経ちますが、「爽快感」を感じられることをすることで、日々のストレスは軽減されることでしょう。

ちょっとした気分転換などでスイッチを切り替える方法にも「爽快感」を感じることができることはぴったりです。

気分的な爽快や体で感じることができる爽快。

考えてみればいろいろとあると思いますが、その時その時の気分などで、味わうことができる「爽快感」というのは違いますよね。

今年の夏のように、とてつもない危険な暑さでは当然、冷たい飲み物や食べ物などで爽快感を得られるはずですが、冬の時期では夏ほどの爽快感は得られませんよね。

「その時々によって違った爽快感を感じることができる何かを探す。」というのも面白い試みかもしれません。

今回は、主に、この夏の暑さを軽減することができる爽快感になるとは思いますが、年中感じることができる爽快感についてもこれを機に探してみてはいかがでしょうか。

今回は、この夏を乗り切るためにできる爽快感について、一緒に考えてみましょう。

爽快感を感じられる11個のこと

「爽快感」と聞いたりイメージしたりすると、「爽やか」や「快適」などの言葉が浮かぶと思います。

それらの言葉はどれも、悪いイメージを持つものではなく、「気持ちの良い」や「清々しい」というイメージをしますよね。

「味覚」や「触覚」、「嗅覚」などで感じることができる「爽快感」は、その時々によっても違いますし、季節によっても変わってきます。

今の時期は、特に「冷たいもの」や「風」、「氷」、「海や川」などで爽快感を感じたりすることができると思います。

そればかりではなく、爽快感を感じるられることをこれからご紹介していきますので、どれか一つでもやってみようと思ったら、やってみましょう。

爽快感を感じるというのは、人それぞれで違いますし、その時の気分や気持ち次第でも違いますが、この暑さであれば、ほとんどみんな同じことをやりたがるかもしれませんよね。

それだけではなく、新たな発見や「なるほど」といったものがあればこれ幸いです。

爽快感を感じられることをたくさん知っていて損はないと思いますので、一緒に考えてみましょう。

1.お風呂に入る

やはり、王道中の王道は「お風呂に入る」ということが一番の爽快感を感じられることではないでしょうか。

特に今のこの暑さは、汗を大量にかきますから、お肌は汗でベトベトになり、臭いも出てきますよね。

気分転換でもお風呂に入るということは有効的ですし、疲れをとるのにもピッタリです。

湯船に入るというのは、この暑さの中で気がひけるかもしれませんが、少しヌル目のお湯に半身浴で浸かるというだけでもだいぶ違います。

寝苦しい毎日で、蓄積疲労があるはずですから、湯船に浸かってみるというのも爽快感を感じる一つの手です。

もちろん、シャワーだけでも爽快感は感じることができますが、疲れを取るという点で考えれば、湯船に浸かるというのは真夏であってもやる価値はあります。

グッスリ眠れるきっかけにもなりますので、疲れやストレスを軽減させることができます。

夏の蓄積疲労は、軽く考えていると思わぬ体調不良を引き起こします。

また、クーラーのがっちり効いた部屋での生活が当たり前になるとは思いますが、それでは体も冷えてしまって、体調を崩すきっかけになってしまいますので、湯船に浸かって体を一度は中から温めてあげるということが必要です。

「お風呂に入る」、「湯船に入る」というのは、汗をかくことですが、風呂から上がった後には必ず爽快感を感じることができるはずです。

汗や汚れを洗い流し、ストレスなども軽減され、グッスリ眠れるようになるので、次の日はもっと爽快感を感じることができるようになるでしょう。

顔を洗うだけでもさっぱりできる

やはり、顔を洗うというのは、「爽快感」を感じる定番なのかもしれません。

この時期ですと、汗ばんだ顔や油全開の顔は、洗顔ペーパーではそこまで爽快感というのは感じられないかもしれません。

ヒンヤリと感じることはありますが、顔面全体の爽快感には届かないと言いますか、物足りなさを感じるかもしれません。

この時期であれば、ヒンヤリとした冷たい水や、井戸水などで顔をバシャバシャと洗いたいというのが本音ではないでしょうか。

女性でも多分そうでしょう。

お化粧なんか気にせずにバシャバシャいきたいところですよね。

この時期ではなくても、顔に水をかけて洗うだけで、かなりの爽快感を得られます。

シャワーのみの場合は40℃以上のお湯を浴びてみて

ここまでの酷暑だと、シャワーを浴びる時は設定温度を低くして浴びたくなるところですよね。

もちろん私もそうしています。

ですが、たまには設定温度を40℃から可能な限りそれ以上にしてシャワーを浴びてみてください。

「熱い」と感じるかもしれませんが、それはすぐに「気持ち良さ」に変わります。

汗の汚れや他の汚れも、設定温度をぬるくして浴びるのと、40℃〜にして浴びるのとでは落ち方が全然違いますから。

そして、シャワーから上がり、バスタオルで体を拭いていると、汗が吹き出てきますが、それを拭き、すぐに下着などを着るのではなく、風に当たるとか、エアコンの効いた部屋に移動してみてください。

爽快感が「半端ねぇ〜」と感じるはずです。

私もたまに実践しています。

毎日とは毎日とはさすがにいきませんが、「爽快感を味わって気持ちよくなる」ためです。

湯船に浸かったりした時も同様の「爽快感」があるので、ぜひ試してみてください。

汗が完全に引くまでは、バスタオルで隠すところは隠しておいて、扇風機の風に当たりながらやエアコンが効いている部屋で湯冷めしない程度にゆっくりするのです。

そして、冷たいドリンクをグビッと飲む。

最高のひと時です。

普段は設定温度を低くしていても同様に感じるかもしれませんが、休みの前の日などはぜひ試してみてください。

40℃以上の設定温度にした真夏のシャワーがクセになるかもしれませんよ。

もちろん、体調などがすぐれない時などは、無理をしないでくださいね。

ご自身の体調などを十分考慮して、大丈夫な時に試してみてください。

2.体を動かしてみる

「爽快感」を得られる手っ取り早い方法の一つに「体を動かす」ということも当然挙げられます。

「体を動かす」というのは、必ずしも「スポーツ系」である必要はありません。

家の掃除などの家事であっても体を動かすことには変わりはありません。

今のこの酷暑では、体を動かすのは日中の暑い時間帯は避けるようにした方が無難です。

ですが、家事系になると、一戸建てにお住いの方であれば問題ないとは思うのですが、集合住宅にお住いの方であれば、昼間に家事系は済ませておいた方が何かといいですよね。

ですので、家事系であっても熱中症などに十分注意しながらやる必要があります。

スポーツ系であっても同じです。

スポーツ系であれば、激しい運動になることはこの時期はあまりオススメできませんが、まだ涼しい時間帯であれば、大丈夫かもしれませんので、ご自身の体力や体調などを把握したうえで行うようにしてください。

軽い汗をかいたら、当然爽快感を得られることができます。

説明するまでもないとは思うのですが、この時期は特に「熱中症」などの危険がありますので、運動をしなくなりがちです。

海やプールで泳いだりするという手もありますが、ニュースなどでは「プールに入ることができない」ところがあったり、「プールに入っているのに熱中症になったりすることがある」とのことですので、本当に十分注意しながら行うようにしてください。

軽度の運動などをして、体を動かし、汗をかけば、ストレスなどの軽減にもなりますし、ダイエットなどにも繋がります。

汗をかいた不快感は、後々あるとは思いますが、汗を拭いたり、運動などが終わったらすぐにシャワーを浴びるなどすれば、その辺はクリアできますので、スポーツが好きな方は体に無理のない程度でやってみてください。

3.朝日を浴びる


生物は、太陽を浴びなくてはなりません。

極端な言い方かもしれませんが、そうです。

この夏の時期で一番暑い時間帯であったとしても、少しは太陽を浴びるというのを心がけるようにしましょう。

気温が最高を指す時に太陽を浴びるのではなく、まだ涼しい時間帯の朝にでも朝日を浴びるようにしてください。

「暑い」としか感じないかもしれませんが、体には必要なことですので、続けるようにしてください。

朝日を浴びることで、体内時計などもリセットできますし、気持ちいいというのが本当の朝日を浴びた時の感想なはずです。

日焼けするまで太陽を浴びろとまでは言いませんので、ご自身で判断して適度な時間などを見つけて、朝日や太陽を浴びるようにしてください。

早朝の散歩

早朝の散歩であってもこの時期は厳しい暑さとの戦いなのかもしれませんが、運動系をするなら、早朝か夕方以降がオススメです。

熱中症など体に危険が及ぶようなことをしましょうとススメている訳ではありません。

あくまでも、ご自身の判断でやってほしいのですが、早朝であればまだ涼しいので散歩程度の軽度な運動であれば、そこまで体には負担にならないと思います。

早朝に運動するならば、寝起きですぐに運動するのではなく、ちゃんと水分などを補給し、さらに運動中も小まめに水分補給や塩分の補給は忘れないでくださいね。

スポーツドリンクや塩飴などで補うようにして、無理をしなければそこまで体に危険は及ばないかもしれませんので、正しい知識などを得てからやるようにしてくださいね。

「夏の早朝」というのは、もしかしたら小学生時代などのラジオ体操以来の方も多いのではないでしょうか。

大人になった今でも、早朝に起きてラジオ体操をするというのも全然いいと思います。

ラジオ体操を本気でやってみると、結構体のストレッチ的な効果を感じることができたり、筋肉痛になったりするかもしれません。

それだけ、大人になってから体を動かしたり、伸ばしたりするなどのストレッチをしていないということですので、大人になってからの方がラジオ体操はいいのかもしれませんよね。

散歩であっても、近所を歩くだけで十分な運動量になると思いますし、まだまだ涼しい時間帯とはいえ、汗はかくことになります。

爽快感は存分に味わうことができると思いますので、試してみてくださいね。

4.歯磨きをする

気分転換に「歯磨きをする」という方もいらっしゃると思います。

身だしなみの一つだけではなく、「歯磨き」というのは、爽快感も十分に味わうことができます。

爽快感を得るためにという理由で歯磨きをする時は、いつもと違う歯磨きを意識してみるといいです。

例えば、いつもの歯磨きとは違って、歯ブラシの端の方を持ち、細かく動かして歯を磨くといつもよりも気分が違いますし、細かく歯ブラシを動かして歯を磨くことで、爽快感が得られます。

また、歯茎に対してもいつもよりも意識しながら「磨く」というより「歯茎をマッサージする」という意識をしてみると、歯磨きが楽しくなってきます。

電動歯ブラシで歯を磨くという手もあります。

いつもは、歯ブラシで手磨きをしているなら、電動歯ブラシで歯を磨くというのも当然ありです。

歯医者さんや歯科衛生士の方でも、手磨きで歯を綺麗にするには15分くらいかかると言われています。

電動歯ブラシで磨くことで、いつもであれば綺麗に仕切れていない汚れなども綺麗にすることができますので、気分転換や爽快感を得られるという目標にはぴったりです。

または、歯磨き粉を変えてみるとか、思いつく限り普段の歯磨きとは違った方法などを意識することで、いつもの歯磨きでも十分に気分転換や爽快感を得ることができますので、ぜひ試してみてください。

歯や口腔内も綺麗になりますし、爽快感を得られ、気分転換にもなりますから一石二鳥ですよ。

5.冷たいものを摂取する


最近の夏は、本当に危険な暑さですので、冷たいものを摂取するというのは、必須になってきています。

いろんな飲み物を冷たく、キンキンに冷やして飲むというこれだけでも十分に爽快感を得られることができます。

ここで、一つ注意していただきたいのが、「冷たい物」を摂取するのはいいのですが、冷たいものばかりを摂取すると、「体内が冷えすぎてしまう」ということがあります。

体内が冷えすぎてしまうと、血液の流れが悪くなりますので、内臓系が思うように働かなくなるということが起き兼ねません。

そうなると、人間の体は色々と不具合などが出てくることがありますので、飲み物でも食べ物でも冷たい物ばかりを摂取するというのはなるべく控えるようにすることをオススメします。

もし、近年の危険な暑さの中でクーラーの効いた室内にいて、更に冷たい食べ物や飲み物を摂取しているとしたら、体内が冷えてしまっているということがあるかもしれませんので、むくみがあったり、トイレに行く回数が少ないと感じているなら、温かい飲み物や食べ物を摂取するようにしてください。

温かい飲み物や食べ物の中にも、摂取しても体を冷やす作用のある物もありますので、なるべくなら体を温める作用のある飲み物や食材を使ったものを食べるようにしてみてください。

ちなみに、コーヒーは体を冷やす作用があります。

コーヒーを夏だけではなく、年中飲んでいるのであれば、体内を温めるためにもコーヒーを1日2~3杯くらいに留めておくなどするようにしてください。

インターネットで調べれば、体を温める作用のある食べ物や飲み物、逆の体を冷やす作用のある食べ物や飲み物を知ることができますので、一度は調べてみて体内は温めるような工夫をしてみてくださいね。

ですが、最近の夏や残暑は本当に危険な暑さでもありますので、その辺の匙加減は体に負担にならないようにしてくださいね。

喉が渇いたときには炭酸を飲もう

やはり、「爽快感を得たい」と思っている時の飲み物で最強なのは「炭酸飲料」ではないでしょうか。

最近は炭酸が強いものも多くなってきていますので、あなたの気分に合わせて楽しんでみてください。

炭酸水だけというのも以前と比べると本当に数が増えていますよね。

真夏や残暑が厳しい時期であれば、キンキンに冷やした炭酸飲料をゴクゴクと喉を鳴らして飲むのが一番ですよね。

そして「プハ〜」と思いっきり言ってみて下さい。

間違いな行く「爽快感」を得られると思います。

炭酸がお腹にたまってしまうかもしれませんので、量が少ない炭酸飲料を選んだり、1口目や2~3口目はゴクゴクといっても、残りはゆっくり味わってみるのもいいと思います。

思い思いの飲み方で楽しんでみて下さいね。

柑橘系の飲み物もおすすめ

「爽快感」というイメージをすれば、「柑橘系」というのも浮かんでくると思います。

飲み物の中には、柑橘系の物もありますので、それらで爽快感を得られるようにしてみて下さい。

私は、冷やしてある水にレモン果汁を入れて飲むということもしています。

寝起きにはとても真夏の時期や残暑が厳しい暑い時期ではとてもサッパリ、スッキリします。

当然、市販されている飲み物でもスッキリ、サッパリを得られる柑橘系の飲み物がありますので、その時の気分などに合わせて試してみて下さいね。

6.昼寝

昔とは違い、「睡眠」についてわかってきたことが多く「昼寝」をすることが仕事などの効率を上げるということがわかってきています。

「昼寝」のことや「睡眠」のことについてわかってきたことが多くなったとしても、体に耳を傾ければ、「疲れが残って」いたり、「疲れが取れない」という時は、率先して「昼寝」や睡眠を多く取るべきだと思います。

人が疲れを取るには、「良質な睡眠」以外ありません。

栄養ドリンクなどを取るという方法はありますが、それは一時的なものです。

危険な暑さの夏で寝苦しい夜を過ごしてきていて、9月に入ればその疲れがドッと出てきます。

仕事の時に「昼寝」することは難しいかもしれませんが、15分くらいでも目を瞑り仮眠が取れるように工夫してみて下さい。

また、休みの日などは、疲れなどからのストレスでお酒を飲んだりすることもあるとは思います。

お酒は少量であれば睡眠に影響はありませんが、多く飲んでしまうと良い睡眠は取れません。

疲れが残っている時は、湯船に浸かり、早目に就寝することがやはり一番なのです。

もっと体に耳を傾けて、疲れが残っていたりするのなら、良質な睡眠を取るということを習慣にしてみて下さい。

きっと、爽快感は目が覚めた時に得られます。

体が健康であるからこそ、仕事も遊びも存分にできるのです。

良質な睡眠を心がけるようにしてみて下さいね。

気をつけなくてはいけないのが、「寝すぎる」ということです。

睡眠にも体力は使います。

ですので、「寝すぎ」てしまうと逆に体力を消耗してしまうという悲しい現実があります。

タイマーなどを設定して、適度な範囲になるような睡眠を取ってください。

7.瞑想をする

海外のセレブや成功している人達では、「瞑想」を取り入れている方もいらっしゃいます。

appleのスティーブジョブス氏も瞑想を取り入れていたというお話もありますので、元はと言えば、日本に馴染みの深い「瞑想」を取りれてみる方がいいのではないでしょうか。

「瞑想」をすれば、心の調節ができるようになり、自分自身を見つめることができます。

「心にピントを合わせる」とでも言いましょうか。

今の心の状態を把握することができ、どうしたらいいのかというのがわかるようになりますので、ストレス社会の現代にはぴったりなのかもしれません。

心にゆとりが出てくるようにもなりますので、仕事でもプライベートでも良い方向に向かうようになります。

1日1分の瞑想でも十分な効果があるようですので、ぜひ試してみてください。

ゆったりとした服装で、音などで気が散らない場所で1分瞑想する。

仕事場や外出先では難しいかもしれませんが、トイレの中であれば可能かもしれません。

今まで意識していないことには、急に気がつくということはないと思いますので、「静かな場所は会社の中ではどこになるのか?」などと意識して探してみると、会社の中で自分だけが知るオアシスを発見できるかもしれませんよ。

瞑想では、「心にゆとりが出て気持ちを整える効果」が期待できます。

忙しい日常の中で、「心にゆとりが出て気持ちを整える」ということが中々できなくなってきているかもしれませんよね。

そんな時は、「瞑想」で心にゆとりを取り戻してみてはいかがでしょうか。

8.好きな音楽を聴く

「爽快感を得たい」なら、一番手っ取り早い方法が、「好きな音楽を聴く」ということではないでしょうか。

今の時代は、スマホに好きなアーティストの曲をジャンジャン入れれますので、いつでもどこでも好きな曲に触れることができますから、とっても便利ですよね。

いい時代になったものです。

欲しい曲もダウンロードしてすぐに購入できますし、ストリーミングなどではシーンに合わせた音楽を聴くことができます。

私も「爽快感」と言いますか「気分転換」などでは「音楽を聴く」というのが一番多くやっている方法だと思います。

可能な限りボリュームを上げて、一人でノリノリです。

いつもは聴くこのないジャンルの音楽でも、時には良いと思えたり、良い気分転換になったりもしますので、やはり、「音楽の力」はすごいですよね。

9.アロマを焚く

「爽快感」というよりも「リラックス効果」と言った方がいいのかもしれませんが、「アロマを焚く」というのも効果があります。

匂いから感じるリラックス効果などは、他のことをするよりも効果がすぐに現れるものです。

爽快感=リラックス効果を狙うというのであれば、アロマを焚くということを試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、自分の好きな匂いのアロマを焚くことをオススメします。

また、インターネットで今の気持ちを癒すことができる効果がある香料を探してみて、シチュエーションに合わせてアロマを使い分けてみるのもいいと思います。

アロマとお香が同じだとすれば、アロマ=お香には、その場を浄化する作用というのもあります。

人は居る場所からも影響を受けたりしますので、オススメは、リビングでも寝室でもいいので、ゆったりしたい場所を掃除し、整理整頓をしたら、アロマ=お香を焚いてみてください。

香りによって心身ともにリラックス状態になることができ、更に、その場を浄化してくれる作用がありますので、運気などにも影響が出てきます。

当然、運気はアップするというようになりますので、ぜひ、試してみてくださいね。

爽快感を得たいなら、柑橘系の香りやミントなどのサッパリするような香りを選んでみるといいと思いますよ。

10.大声を出す

ストレスを発散するにも、スッキリするにも「大声を出す」ということが一番なのかもしれません。

今の時代は、「カラオケ」というものがありますので、人目を気にすることなく「大声を出す」ことができる時代です。

カラオケに行く時間がないとか、いろんな理由からとにかく大声を出したいという方は、方法は色々あります。

例えば、テレビや音楽を近所の邪魔にならない程度でボリュームを上げて、その音などに紛れて大声を出したり、枕やクッション、掛け布団などに顔を埋めて大声を出す。

湯船に浸かりながら、熱唱したり大声を出してみたり、トイレの中で大声を出してみたり。

こうやって考えてみると、結構他人や近所に迷惑をかけることなく「大声を出す」方法というのはありますので、自分なりに見つけてみて、試してみてください。

大声を出した後は、スッキリと爽快感が得られまよ。

11.泣く

最近では、「涙活」という言葉が出てきたように、涙を流して泣くということは、心の栄養になることです。

映画を観て泣く、本を読んで泣く、テレビドラマやドキュメンタリーなどでついつい泣いてしまう。

など、泣く方法は色々あります。

音楽でも「泣いてしまう音楽」というのもありますから、ご自身でその時に泣ける方法を選んでみてくださいね。

「石鹸は体を洗うためにあるが、涙は心を洗うためにある」という言葉があります。

疲れを感じていたり、ストレスが溜まっていたりするなら、試してみてはいかがでしょうか。

【泣くことによるメリットは、こちらの記事もチェック!】

爽快感とは

爽快感とは、触覚、味覚、嗅覚などで得られる刺激で、清々しい気持ちになるようなことを言います。

あなたの爽快感を得られる方法は、味覚でしょうか、嗅覚でしょうか、触覚からでしょうか。

その時々によっても違うと思いますので、自分のその時に合った方法をいろいろと用意しておくと言いますか、触覚ではこれ、嗅覚ではこれ、などを知っておくのもいいと思います。

そして、その時々でぴったり合う方法を選び、爽快感を得てみてはいかがでしょうか。

爽快感を得たい時は、例えば、汗をかいた時、気分がモヤモヤしている時、ストレスが溜まっている時、真夏などのメチャクチャ暑い時、など今パッと思いつくだけでもこれだけありますし、毎日一生懸命生きていれば、爽快感を得たいと思う時というのはありますよね。

ストレスや不快感などを溜め込んでいて、心と体には何一ついいことはありません。

自分で意識してやらないことには、爽快感は得られませんし、ストレスなどの厄介なものは無くなってくれません。

快適に毎日を過ごすためにも、爽快感を得られる方法をたくさん知っておくということは、今の時代やこれからの時代は大事なのかもしれません。

ぜひ、毎日の生活の中に1日数分であっても爽快感を得られることをやってみて、心身ともに健康的になってみてはいかがでしょうか。

ぜひ、いろいろと試してみてくださいね。