CoCoSiA(ココシア)

親切な人の21個の特徴


人間には大きく分けて2つの種類に分類されるのかもしれません。

それは「いい人」あるいは「善人」。

そしてもう一つが「悪い人」「悪人」というものです。

今回、テーマに掲げております「親切な人」はもちろん、「いい人」「善人」の範疇に入ってくる人達の事です。

如何でしょう?あなたは自分の事を「親切な人」と断言できますか?それとも否ですか?

世に言うところの「親切」というのは簡単そうに見えて、自分がその通りに生きてゆこうと思ったら、これが物凄く難しいもの、という事に驚愕してしまうくらい深いものなのです。

では、今回はこの「親切」及び「親切な人」という事をテーマに取り上げて徹底的に掘り下げてゆきたいと思います。

あなたの周りには本当に親切な人はいますか?

本文に入る前に改めて問いたいと思います。

あなたの周りには本当に親切な人はいますか?また、自分自身はどうでしょうか?人に親切にやっていますか?

この問いに即座に「はい」と答えられる人はむしろ、怪しいものがあるかも分かりませんね。

それくらい「親切」というものは簡単に人に対して行えるものではないからです。

真の「親切」は、幼少時からの躾や親の生き方を見て自然と学び取っていけるものがそうだと思います。

大人になってから回りがそうしているから、自分もそれに合わせて真似しているだけでは、とても本物の「親切」とは呼べないのです。

では、心から親切だと思えるような行動とはどのようなものを指して言っているのでしょうか?その事について次節で考えてみましょう。

心から親切だと思う人の特徴

ではここからは「心から親切だ」と思う人の特徴についてみていくことにしましょう。

どのような特徴を持っていたら、「この人って本当に心から親切な人なんだ」と思ってもらえるのでしょうか。

それをじっくりとみていきましょう。

全部で21個のご紹介となりますよ。

素直で受け入れる

心から親切だと思う人の特徴の最初の1つ目は「素直で受け入れる」です。

人が人に親切になろうと思ったら、心に邪な気持ちがあったらまずできません。

そこに「損得勘定」というものがある限り、素直に受け入れる、という気持ちというものは持てません。

「素直」とはどのような事であっても人を疑わず、例え自分に損が回ってこようともそれをも受け入れる度量の広さが求められるのです。

だからこそ、自分の得にならないような事でも人に親切に出来るのです。

人から何かを頼まれたとしても、疑ってかかる事がないのですから当然でしょう。

私も自分の経験を言って申し訳ないのですが、全く人に対して素直になる事が出来ませんでした。

特に20代の頃の人生経験の蓄積がその後の30代に全開になっていわゆる「唯我独尊」状態だったのです。

この世で一番偉いのは自分。

その自分が得にもならない事でどうして他人の言う事を聞いたりしてあげなければならないんだ?という発想でいっぱいだったのです。

そんな私が30代の時に、とあるペットを扱うお店の店長になりました。

今までやった事のないお客様相手の接客業の仕事です。

しかし、この時も「唯我独尊」全開で仕事に就いていました。

それを頭から否定されて「余計なお世話だ!」と思ってもお節介以上の愛情で指導・育成していただいた方がその会社にいらっしゃいました。

その方のお陰で私は店舗に立った時はお客様の事ならばいつでも親切になる、という鉄のルールを身につけることが出来ました。

ああ、これが自分の我を捨てて他人のために身を粉にして動く、ということなんだな、と初めて気づく事が出来たのです。

このように後天的に親切な心を持とうと思うのは非常に困難な事なのです。

特に私のように「邪」な気持ちだらけの人間が人に親切にするなんて言う事は「奇跡」に近かったでしょう。

随分、横道に逸れてしまいましたが、人が人に対して「親切」になろうと思ったら「素直な心」の存在が欠くことができません。

素直さがない人間が自分の事を「親切な人間」と公言しているとしたら、私は真っ向から心の中で否定しています。

本当の素直な心を持つ人は、自分の事をそういった形で売り込まないですからね。

初対面の人でもすぐに打ち解ける

心から親切だと思う人の特徴の2つ目は「初対面の人でもすぐに打ち解ける」です。

これもその人の心が「素直」だからこそ出来る事なのです。

人を疑わないというか、人を信じるし人を尊敬しているからこそ初対面の人に対しても打ち解ける事が出来るのでしょう。

まあ、これも小さい時からの育てられ方が大きな要因を占めている気がします。

親から「人というものは嘘を付いたり悪口を言ったりしてはいけないよ」、という生き方を見せられていたらなるほどその通りになれるのではないでしょうか?

反対に親が人の悪口や罵りを子供の前で平気で言っていたらどうでしょうか?