CoCoSiA(ココシア)

頑固な人は疲れるしめんどくさい。7つの特徴や職場での付き合い方を解説


皆さんの友達や同僚・上司、あるいは家族の中に”頑固な人”っていませんか?

自分が絶対という考え方の持ち主で、他人の意見も聞こうとせず、1度こうと決めたらなかなか変えずに押し通そうとする……とにかく頑なで意地っ張りだから、周りにいる人間は色々振り回されたり気遣うことも多くなって、面倒くさくなってしまうんですよね。

そこで今回はそんな頑固な人に悩まされている皆さんのために頑固な人の特徴と、今後上手に付き合っていくためのポイントについて詳しくご紹介します。

付き合い方のポイントをしっかり覚えて、実践できるようにしていきましょう。

頑固な人の7個の特徴

それではまずは早速、頑固な人の様々な特徴について見ていくことにしましょう。

冒頭でもお話したように頑固な人というのはとにかく頑なで意地っ張りで、他人より自分という考え方をしているから、その性格や行動も本当に面倒なものばっかりなんですよね。

皆さんの周りの頑固な人にも当てはまる部分が多いのではないでしょうか?

そうやって普段自分が頑固な人に悩んでいることと照らし合わせたりしながらぜひ読んでみて、まずは頑固な人がどういう人間なのかというのを改めてきちんと理解するようにしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

1.自分の考えが絶対だと思っている

先程もお話したように、頑固な人というのは基本他人よりも自分という考え方をしているもの。

そのため自分への信頼も厚く、何をするにも自分の考えが絶対だと思っているようなところもあります。

まぁ自分を信じて自信を持てるというのは確かに良いことではあるのですが…ただ頑固な人の場合は1度こうなってしまうと頑なに自分の意見を信じ切ってしまって、他人のことなんてまるで無視という風になってしまうから厄介なんですよね。

例えその意見が間違っていたり、あるいは他にもっと良い考えがあったとしても、そんなのは全部聞かずとにかく自分の考えを最後まで押し通そうとしてしまいますからね。

そうなると結果周りがフォローを入れたり迷惑を被ることになるので、周囲にいる人達は本当に苦労をする羽目になってしまうんですよね。

2.他人の話を聞かない


そんな「他人より自分」「自分の意見が絶対」なんていう考え方を持った頑固な人ですから、逆に他人の考えや意見に対してはまるで興味を持とうとせず、他人の話は一切聞かないという人がほとんどになってきます。

特に先程ご紹介したように、自分が何か考えを持ってそれを押し通そうとしている時は余計にそう。

先程もお話しましたが、そんな時頑固な人というのはとにかく自分を信じ切っていて自分本位で動こうとしてしまうので、仮に自身の意見が間違っていたり他に何か良い提案があったとしてそれを周りが指摘したとしても全く受け入れようとはせず…むしろ話すらまともに聞こうとしなかったりしてしまうわけですね。

特徴とはいえ、これは人としてちょっと失礼なことでもありますよね。

でも指摘しても聞こうとしないわけですから、こういった特徴も改善はなかなかできないのでしょうね。

3.自分大好き

また頑固な人というのは単に自分への信頼が厚いというだけでなく、そもそも自分が大好きだという人も多くなってきたりします。

要はナルシストな部分もあるということ。

そのため「自分は素晴らしい人間だ」と思い込みそれだけ自分の能力などにも絶対の自信を持てるようになるので、何かと自身の考えを押し通そうとする姿勢になってしまうわけです。

また自分が大好き=自分が可愛くて大事ということですから、とにかく自身を優先という考えが働くようになってしまい、結果他人のことは大事にできなくなってしまうのでしょうね。

自分を好きになれるというのも本来は素晴らしいことではあるのですが、ここまでになってしまうとちょっとマイナス面になってしまいますよね。

自分に注ぐ愛情を減らし、その分他人を好きになれれば、もう少し柔軟な性格になれるはずなんですけどね。

4.人を見下しがち

そんな頑固な人は無意識に他人を見下しているようなところもあったりします。

ただそれは性格が悪いとか考え方がひねくれているとかそういうわけではなく(笑)先程もお話したように頑固な人というのは本当に自分が大好きで、それだけ自分の能力などにも絶対の自信を持つようになるので。

「自分は他人には負けない」「自分より能力のある人間なんていない」という考え方が無意識に芽生えてしまい、他人は自分より下だという風に見てしまうようになってしまうわけなんですね。

だから他人への信頼も低く、他人の考えなども素直に受け入れることができなくなってしまうというわけです。

しかしいくら無意識といっても、こんな風に人のことを見るのはとても失礼なことですし、周囲の人からすればやっぱり性格が悪いという風に思えてしまいますよね(笑)というわけで、これもやはり改善するべき特徴と言えるでしょうね。

5.非常にこだわりが強い

お話したように、頑固な人というのは自身の考えや意見に強く固執して、それを最後まで押し通そうとするものですが…実はそれは自分が大好きとか自分に自信があるという理由だけでなく、非常にこだわりも強いという特徴からそうなってしまうという風にも考えられています。

つまり自分の選んだものや気に入ったものに対して強い思い入れを持つようになり、それをやたらと大事にしようとしてしまうわけですね。

なので頑固な人の場合は考えや意見だけでなく、趣味や生活習慣など、とにかく様々な物に対して非常に強いこだわりを持ちやすいという傾向にもあったりするんです。

しかもこだわりが強い分何かと口うるさくなったり押しつけがましくなったりもするので、一緒に趣味などに付き合ったりするとこれまた結構面倒なことになったりするんですよね。

6.自分の間違いを認めない

他人の意見を受け入れず自分の考えばかり優先しようとする頑固な人ですが、だからといってその人達が必ずいつも正解というわけではありませんし、時には間違うことだって当然あるはずですよね?

ただ…頑固な人の場合はそんな時でも決して素直に間違いを認めず、自分が悪くないと頑なに言い張るからまた厄介だったりします。

そもそも先程もお話しましたが、頑固な人というのは周りがどれだけ間違っていると言ってもまずそれをきちんと聞こうとすることすらしないんですよね。

そして仮にきちんと聞いたとしても何かしらの理由や自分を擁護する言い訳を見つけて、「自分は間違っていない」「自分は悪くない」ということを主張してくるようになります。

最悪の場合は周りの方が悪いなんて八つ当たりしてくることも。

こうなってしまうと問題がなかなか解決しないどころか、かえって面倒くさいことになってしまうので…明らかに間違いだと分かっていることでも「指摘しない方が良いのかな」なんて風に思えてしまうんですよね。

7.怒りっぽい


そして頑固な人のもっと嫌な特徴なのが、やたらと怒りっぽいというところですね。