保育園に通う三才の自分の子供が、保育園で描いた絵を持って帰ってきました。

画用紙にクレヨンでなぐり書きしたような絵なのですが、その絵を仕事から帰ってきた旦那さんに見せたのです。

その絵を見たとたん一瞬動きが止まって、絵を目の高さに持ち上げてしげしげと眺めたのです。

そして「この絵の色彩が素晴らしい。のびのびと描いているし凄い。この子は絵の素質があるのでは?」と喜んだのです。

親ばかと言えるのですが、世の親は自分の子には何か特別な才能があるのではと感激してしまうようです。

ところで、「素質」や「才能」という言葉はよく使いますが、同じような意味で「資質」という言葉もあります。

「素質」とは、持って生まれた性質、将来あるものになるのに必要な能力や性質のことです。

先ほどの自分の子供が描いた絵を見て、父親はこの子には持って生まれた絵を描くという能力や才能を持っているのではと思ったのです。

「才能」も、物事を巧みになしうる生まれつきの能力のことです。

「素質」も「才能」も共通していることは、生まれた時から持っている先天的な性質のことのようです。

資質」も同様に、その人が生まれつき備えている、物事を巧みにこなす性質や才能の事なのです。

「素質」も「資質」も、物事を巧みになしうる生まれつきの能力のことですが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?「素質」の「素」とは「性質」や「たち」を表す漢字です。

そして「資質」の「資」とは「たから」という意味です。

具体的に言うと、ある病院で医者を目指している実習しているインターンを見つけて「あのインターンは、医師としての素質がある」という時は、性格や態度が医師に向いているのではという意味です。

「あのインターンは、医師としての資質がある」という時は、医師として持つべき才能に恵まれているという意味なのです。

医師としての十分な手術の能力や判断力が高いことを評価しているようです。

TVでも、ちょっと固い内容の討論会などで、「あの人は、政治家としての資質がある」などと論評する場面があります。

ちょっと問題になるような言動をしたりぶっきらぼうな発言から、議員としての能力を持っているかという議論をしている場面でしたが、政治家としての資質があるか無いかの話になったようです。

こんな場面では、政治家の本質という意味で「資質」と表現されているようです。

しかし、どこかの演舞場で笑いを取りに行った新人の漫才師が、お客さんが笑わないのでコケてしまう時があります。

自虐的に「すべったあ~」などと楽屋で反省しますが、その漫才師を「漫才師としての資質があるかどうか」などとは議論しません。

「あいつは才能ないで~」とか「あいつは素質がない」などと評します。

「あいつは資質がない」とは言わないのです。

ちょっと堅ぐるしい難しい言葉かも知りません。

資質は何種類ある?自分に備わっている資質を見つけましょう!

資質とは、何かの目的を達成するために必要な能力の事でもあります。

仕事においては、営業部に配属されれば営業としての資質がありますし、経理部門に配属されれば財務管理などの専門的な資質の有無も必要です。

それと共に、専門的な資質だけでなく、社会人、企業人としての資質も必要なのです。

このように考えると、資質というのは多岐にわたるものであるということが分かります。

それらを大きく分けると、①仕事に向き合うための基本的な資質、②与えられた業務を遂行するための能力を指す資質、③コミュニケーションなど対人関係に関する資質の3つに分けられます。

今の自分の置かれた環境や仕事を考えると、どのような資質が必要か、また現に自分が持っている資質は何なのかを見つけてみましょう。

資質の種類20要素を紹介!

仕事をするにしても、遊ぶにしても、何かの資質を持っている人は、周りの人から信頼されます。

この人は、資質があるからきっと伸びると期待もされるのです。

あなたの今の仕事で必要な資質とは何かを考えてみたことがありますか?

どのような場面で、どんな資質が期待されているかを知るために、資質の種類20要素を以下に順に説明していきます。

自己制御力

人間は目標を達成するために、何かを我慢して行動を抑制することがあります。

この抑制、つまりは我慢をすることを自己抑制と言います。

自己抑制の高い子供は、大人になった時に学業や社会的スキルなどが優れているという研究結果があるようです。

人間にとって、重要な能力のひとつなのです。

このように自己抑制ができる能力のことを「自己抑制力」と呼ぶのです。

ストレスが溜まったら、ついパチンコやギャンブルにお金をつぎ込んだり、ついつい深酒をしてしまって家族や会社に迷惑をかけてしまったりと、依存性のあることに関しては、なかなか自己抑制ができないことが多いのです。

最近では、スマホを握ってLINEやゲームをしながら自転車や車を運転したりと、目に余る行為が見受けられます。

自分を制御できなければ、ましてや仕事も家族もコントロールする事なぞできるわけがないのです。

そんな自己制御できない人には、誰もついて行かないのです。

「自己制御力」は、仕事に向き合うための基本的な資質であって、ネガティブな感情や行動を抑制して正常に戻す力なのです。

重要な資質です。

積極性

会社のあるチームで何かの目標をもって活動する時には、積極性のあるリーダーがいると仕事がはかどります。

このような積極性のある人がいると、仕事もプライベートも充実して楽しくなるものです。

このように、「接触性」というのは、物事を自ら進んで行おうとすることです。

上司や誰かに言われてから行動するのではなくて、言われる前に進んで行動するのです。

しかも、難しい問題に直面しても決して諦めずに、自分の考えに基づき果敢に立ち向かえる気構えを持っているのです。

何かに関してみんなで議論する時でも、自分の意見をしっかりと発表することもできます。

何かにつけて、前向きな性格なのです。

積極性な人は、常に自分の目標を設定して努力しているのです。

ミスやトラブルを起こしても前向きに考え、すぐに挽回できる能力も備えていますので、何も恐れることはないのです。

何があっても、冷静に対応することができるのです。

自分の古都だけでなく、周りの人に対する細かな気配りも得意です。

周りの人のペースも把握しておいて、何かに困っているようならすぐに応援をするのです。

また、自分が引き起こしてしまったミスも、隠すことなく素直に認めて謝ることができるのです。

自分の責任をキッチリと務める覚悟があるのです。

積極性のある人は、誰とでも分け隔てなく前向きに話ができて、コミュニケーション能力も高いのです。

物事を円滑に進めていくには、積極性のある人が必要なのです。

責任感

責任感はとても大事な資質です。

責任感が強い人は、与えられた仕事を期日までにやり遂げるという責任感だけでなく、その人の持つ性格も周りの人に影響を与えるようです。

例えば、責任感が強い人の行動では、時間を大事にします。

決められた時間をしっかりと守るのです。

会議の時間、面談の時間、訪問する時間など、しっかりと守るのです。

そして、約束もしっかりと守り、仕事に関しては適当な言葉でその場をやり過ごすということもないのです。

分からないことはしっかりと調べてから発言するのです。

責任感がある人は、取り掛かった仕事は、中途半端では終えることはありません。

それでは、周りに迷惑をかけてしまうことを知っているからです。

最後まで諦めないという強い信念を持って仕事に当たっているのです。

ただ、責任感が強すぎると、ついつい他人のやることにも関心を持ってしまい、つい横から口出ししたリ他人にも厳しく当たることがあります。

責任感が強い人は、自分に厳しいところがあるのですが、これをそのまま他人にも押し当ててしまうからです。

そして、場合によっては、みんなの反感を買う事にもなってしまうので、この点は注意すべきです。

チャレンジ精神


何かの新しい分野を開拓する時、誰も成し遂げていない記録を目指す時などに、「チャレンジ精神を発揮して頑張ろう」などと呼びかけます。

チャレンジする気持ちである「チャレンジ精神」という言葉は、結構世の中に浸透しています。

ちょっとしたことでも、「よし、チャレンジだ」などと声を出して頑張ることがあります。

積極的に取り組むことなのですが、「チャレンジしてみます」などと公言すると、意欲的な人だなあと感心されるのです。

ただし、チャレンジして成功するかどうかは別として、前向きな行動をとるかどうかの意味を含んでいるのです。

面倒がって、新しいことに積極的に取り組まない人は、ドンドン取り残されてしまう世の中です。

先日も、電車の中で携帯電話の音が鳴り響きましたが、若い子はみんなスマホを手にして「いったい、誰のスマホが鳴っているの?」とあたりをキョロキョロ見渡していました。

すると、80歳後半と思われる優先座席のおばあさんが、おもむろにバッグからスマホを取り出して電話に出たのです。

優先座席では携帯の電源を切っておけとは言えずに、みんなはあっけに取られて見ていたのですが、おばあさんは慣れた手つきで操作していました。

「耳が聞こえにくうて」などと言い訳をしながらしまい込んでいるところを見て、笑ってしまいました。

こんな高齢者でも、チャレンジ精神が旺盛な人もいるもんだと感心したのでした。

若者も、負けずにチャレンジすることは大事なのです。

創造力

よく「あの人は創造力が豊かだ」などと褒める時があります。

誰でも、想像するくらいはできるはずですが、創造力が豊かだとはどのようなことを言うのでしょうか?

ちょっと考えると分からなくなります。

何かについて創造する数が多いことなのでしょうか?

それとも、創造するアイデアが他の人とは違った次元であり感動することなのでしょうか?

ともかく、創造力については、個人差があるようです。

創造力とは、想像力や発想力とはどう違うのでしょうか?

創造力とは、既存ではまだ無い何か新しいものを創り出す能力のことです。

考えるだけでなく、具体的に何かを創り出せる力のことを意味しています。

創造する人のことを「クリエーター」と呼びますが、英語の「creativity(創造)」から来ています。

身近なところでは、音楽や美術、工芸、ダンス、などの分野で広く活躍する人達の事でもあります。

新しい技術やシステムを開発するコンピューターの世界でも、創造力は必要です。

小さな子供が大きくなったらなりたい職業のひとつに「パティシエ(洋菓子職人)」があります。

創造力を発揮して美味しい洋菓子を創ることに憧れているようです。

創造力とは具体的に創り出す力で、単に頭の中だけで夢を作っているのは想像力です。

その夢の中でも、アイデアをひねり出す力を発想力というようです。

仕事を具体的に進めていく力としては、創造力が重要なのです。

課題発見力


あるコヒー専門店を開業するにあたって、店舗の候補地を探していました。

そんな時に、面積もテナント料も、交通の便も良い手ごろな物件があったので、すぐに手を打ちました。

内装を変更して2か月後にオープンする運びとなりました。

人の流れも良いところなので、きっとお客で賑わうと思っていたのですが、何と近くのコンビニの敷地に全国チェーンのコヒーショップがオープンすることになってしまったのです。

物件を仲介してくれた不動産屋に確認すると、そんな噂があったことを白状しましたが、こちらは専門店だから競合はしないであろうと思ったそうです。

そのコンビニが売りに出されていたことは知っていたとのことですが、それを確認しなかったこと、そしてどのような店舗が入るかも関心がなかったことを反省したのでした。

ビジネスの世界では、現状をしっかりと分析して、どこに問題点があるかということ、つまりは課題を明らかにする力(課題発見力)が重要であると言われています。

ここでは、近くのコンビニが売りに出ていて、その後どうなるかという課題を見つけられなかったということが問題であったのです。

オーナーにしても不動産屋にしても、第三者的に評論家のように悠長に考えていたためです。

仕事は課題を発見するところから始まるのです。

その課題を見つける力(課題発見力)は、重要な資質なのです。

状況判断力

瞬時に状況を見極めて、冷静に適切な判断を下すことができる人は、みんなから一目置かれて信頼されるのです。

サッカーの試合でも、鍛えられた選手の中でも、ボールを持った時にどこにパスをするか、あるいはドリブルで相手のディフェンスを突破してシュートまで行くのかの瞬時の判断がそれぞれ違っています。

有名な選手というのは、自分の周りの状況を瞬時に読み取って、最大の攻撃のパターンを見極めて実行するのです。

つまりは、現状認識力が高いと言えます。

ビジネスの場面でも、自社の現状を正確に把握する能力が重要です。

そのうえで、今の状況をしっかりと把握して、的確な判断を下すことができるのです。

つまり、状況判断力が高い人は、状況に合わせて即断即決できるのです。

判断のタイミングを見誤らないのです。

状況判断ができないと、「頑張ったけれども、何かタイミングが合わなかったみたい」と残念な結果になってしまいます。

技術力があるのだけれども、その技術を発揮するタイミングが掴めずに、失敗してしまうケースが多いのです。

タイミングを掴むためにも、状況判断力は重要なのです。

習得力

「習得」とは、字の通り学問や技芸などを、習って覚えることです。

同じような意味で「修得」という言葉もありますが、「修得」の意味は学んで覚えるということです。

経験を通して習って覚えるという「習得」と、勉強して学んで覚えるのが「修得」なのです。

ある工場で、先輩から機械の操作方法や生産技術を実務で学ぶ時には「習得」が使われて、教科や科目、知識を学ぶ時には「修得」となるのです。

会社に入社してから正社員としてしっかりと仕事をするためには、まずは配属される部署での業務を遂行するために必要な仕事の仕方を、先輩やら監督者から実地指導してもらって修得するのです。

グローバルに展開している企業では、海外に出かけて仕事をする機会も多いので、現地の語学を修得することも必要です。

英語だけでなく、中国語やフランス語まで、必要に応じて習得することが急務なのです。

このように、新しい職場で生産技術や開発技術を学んでほしい時、さらに語学や習慣を覚えて欲しい社員は、習得力が高い人材が好まれるようです。

習得力が高いと、指導したことをすぐに身に付けることができるからです。

早く一人前の社員として活躍して貰えるからです。

習得力が高いことも重要な資質なのです。

問題解決能力

「問題解決能力」とは、目的を達成するために必要な考え方の能力です。

目的を達成しようと思うと、いろんな問題が前に立ちはだかるものです。

その問題を解決するための能力や気力がないと、目的を達成することができないのです。

この問題解決能力が高い人は、会社に置いても重宝される人材になるのです。

みんなに信頼されて、多くの人が集まってくるのです。

問題解決能力の高い人は、問題が発生しそうであることを人より早く察知して、起こり得る問題の原因を明確に分析できる能力も持っています。

そして、問題が発生した時にその状況をしっかりと把握することができ、それに対してどう対応すべきかもしっかりとわかるのです。

そして、問題を最小限に抑えて、さらに大きく拡大しないように手を打つことも得意なのです。

最終的には、同じ問題を起こさないように工夫することもできるのです。

問題の発生から対策と処理、さらに再発防止までを手掛けることができるのが問題解決能力の高い人なのです。

これも、重要な資質と言えます。

ストレス耐性

私たちは、知らず知らずのうちにも、多くのことからストレスを受けて生きています。

自分なりにそれを順に発散せずにそのままにしておくと、自律神経のバランスが崩れて、心身の健康に影響を及ぼすことがあるのです。

そんなストレスですが、真正面から受けて平気な人や、想像するだけで負けてしまう人など様々です。

ストレスに真向勝負する人は、ストレスを恐れることがありません。

ストレスを楽しむかのような行動を取るのです。

このような人は「ストレス耐性」の強い人なのです。

この「ストレス耐性」というのは、現代社会で上手に生きていく上から、とても重要な要素です。

現代では、仕事でもプライベートでも、様々なストレスに遭遇するものです。

いま話題になっているパワハラやセクハラまがいのことは、日常でもよく起こっていることです。

それに耐えきれないと精神的なうつ症状になってしまうこともあるからです。

仕事でも、段々と上司の信頼が高まってくると、責任ある仕事も任せられるようになっていくのです。

すると、その重圧などでストレスも蓄積していくのです。

それに耐えて仕事を実行していく力が必要になってきます。

ストレスに対するタフさ、ストレスにどれだけ耐えられるかという抵抗力のことを「ストレス耐性」と呼びます。

ストレス耐性も重要な資質なのです。

専門性

特定の分野で、人に負けない高度な知識と経験を積んでいる人は、企業にとっても貴重な人材です。

このような、特定の分野の知識と経験のことを「専門性(スペシャリスト)」と言います。

最近は、コンピューターを活用したプログラミングによる製造や制御システムも普及するようになって、現場の作業者もスペシャリスト(専門性)でなければ通用しなくなってきたのです。

以前は、器用な人ほど様々な仕事をこなすことができると重宝されたものですが、最近では器用さだけでは通用しなくなってきたのです。

器用な人は様々な分野に手を出すのですが、問題なのは専門性が育ちにくいことです。

職種によっては、さらには現場の仕事においても、専門性が強い職種(言い換えると資格が必要な職種)が増えてきたことです。

器用に何でもできる人は、それだけでは専門性が強い職種には対応できなくなるのです。

将来のプロフェッショナルを目指すためには、まずはある分野での専門性(資格など)を身に付けることが重要と言えます。

専門性は、現代社会では基本的な資質になってきたのです。

傾聴力

「傾聴」という意味は、耳を傾けて熱心に話を聞くことです。

直接の意味はその通りなのですが、コミュニケーションという観点から考えると、もう少し深い意味があるのです。

それは、単に耳を傾けるだけでなく、相手の気持ちに寄り添って、注意深く共感的に聴くことなのです。

臨床心理学における「傾聴」とは、「activelistening(アクティブリスニング)」のことで、「積極的傾聴」と訳されます。

これは、しっかりと相手の話に耳を傾けることで真意を引き出して理解することを指す言葉なのです。

「聴く」とは心を落ち着けて注意して耳に入れるという意味であるため、「傾聴力」は単に聞くだけでなく、相手の考えていることをしっかりとくみ取る力なのです。

これも、重要な資質でもあります。

柔軟性

「柔軟性」とは、読んで字のごとく「柔らかさ」とか「しなやかさ」のことです。

身体の柔軟性とは、屈伸などが容易にできるように足腰が柔らかく曲がるような特性です。

これは物理的なことですが、「柔軟性のある人」という場合には、その場の状況に応じて素早く対応することができる人という意味です。

ひとつのものにこだわってしまうと、周りが見えなくなって間違った方向に向かうこともあります。

そこはその場の状況を確認して、いろんな意見に耳を傾けることが大切です。

このように、「柔軟性」とは意見の違いや立場の違いを理解する力のことであり、自分のやり方やルールに固執することなく、相手の意見や立場を尊重することも重要なことなのです。

問題解決には、柔軟性の資質が要求されます。

コミュニケーション能力

コミュニケーションは、仕事においても重要な資質のひとつです。

コミュニケーションが苦手であると、自分の考えも十分に理解してもらえないからです。

コミュニケーションを上手く進めるには、相手を区別することなく相手に興味や関心を持つことです。

そして、相手の心理(気持ち)を読み取ることです。

自分の意見や考えを分かりやすく伝える練習をしておけば、会話もスムーズに進めることができます。

仕事と直接関係がないことでも、最近の話題を準備しておいて、それをもとにコミュニケーションを広げることもできるのです。

会社の規模が大きくなったり、業務形態が変化してくると、ビジネス環境は劇的に変わっていくことがあります。

目先の仕事に追われるばかりで社内のコミュニケーションが不足すると、仕事の連係も上手く行かないので仕事の効率化に影響を及ぼすことにもなるのです。

会社での、上下やの連絡や横のつながりなど、コミュニケーション能力が大事になってくるのです。

この資質も柔なものです。

協調性

何かを行う時に、他の人と物事をうまくやっていける性質や性格のことです。

協調性がないと思われると、何かにつけて差別されたり陰口を言われたりするものです。

仕事もはかどりません。

協調性がない人というのは、空気が読めない人で、頑固で自分の意見を曲げない人なのです。

周りの人も、実際は手を焼いているのです。

人の意見を真摯に聞いて、やれることから協力して行うことが大事です。

対人関係力

「対人関係力」とは、アメリカの経営学者のカッツが提唱した管理職に求まられるスキルのひとつなのです。

もちろん、コミュニケーション能力も大事ですが、それだけにとどまらず、リーダーシップや交渉力、社内外での調整力といった、総合的な対人関係に関する能力の事なのです。

人を動かすためには、重要な資質なのです。

将来、人の上に立つには、対人関係力をあげておくことが重要です。

この対人関係力を伸ばすためには、コミュニケーションスキルをあげることが近道なのです。

円滑な対人関係を構築していく「対人関係力」は、自己表現や自己主張をしっかりと行うためにも、コミュニケーションスキルを充実させておくべきです。

行動力

「行動力」とは、目的のために積極的に行動する力です。

仕事を行っていくと、これまでに経験したことのないような状況に直面することもあります。

このように、経験したことがない未知の領域に入っていくときや新しい分野を切り開く時など、そこに進んで行くには行動力が必要なのです。

行動力が無いと、チャレンジすることができないでしょう。

行動を起こした後は、それをしっかりと遂行させる「実行力」が要求されるのです。

「行動力」を高めるために意識することは、時間厳守でグズグズしないことです。

そして、短期間で最高の成果を上げることを頭に置いて、計画的に進めることです。

そして、計画よりも先行して実行し、途中経過もしっかりと報告することです。

行動力には、努力が必要なのです。

身体能力

スポーツの世界では、優れた成績を残す人を「彼は身体能力が高い」と評します。

スポーツにおける身体的資質のことなのです。

テクニックに依存しない基礎能力のことで、瞬発力、持久力、体格などの点で優れていることです。

身体能力が優れている人は、どんなスポーツでもそつなくこなすことができますが、不思議なことに身体的に苦しいという感覚が少ないようです。

少々身体を動かしても呼吸の乱れは少ないのです。

同じ運動や作業においても、身体能力が高いと楽に継続できるというメリットがあるのです。

人よりも、我慢して行動できるというメリットがあるのです。

主体性

「主体性」とは、どんな状況においても自分の意志や判断で責任をもって行動する態度や性質のことです。

次に何をやるかは決まっていなくても、自分で考えて判断して行動できる性格なのです。

主体性があると言われるのです。

同じように、他人からの干渉や保護を受けずに独立してことを行う態度や性質のことを「自主性」と言います。

「あの人は、自主性のある人だ」などと評価されるのです。

計画力

課題の解決に向けたプロセスを明らかにして準備する力のことです。

よく、スケジュールを立てて仕事をする人を計画性がある人だと言いますが、これは計画力の一部であって計画力そのものではありません。

計画力とは、刻々と変化する状況に対応しながら、計画を修正しながら目標に向かう力なのです。

状況によって、その都度スケジュールは変化するものなのです。

資質の伸ばし方

資質を伸ばすには、まずは自分の資質を知ることです。

どんな資質があるのか知る

どんな資質があるのかを考えてみます。

仕事に関してならば、それを進めるために必要な条件が見つかるはずです。

その条件を満たすための資質を持っているかどうかを判断するのです。

自分の資質を診断してくれる「ストレングスファインダー」という診断方法があります。

最近は、社内で社員に対して行っているところもあるようです。

自分の強みや弱みを、共感性、包含、回復志向、収集心、学習欲といった項目で診断ができるようです。

才能診断ツールとも言われています。

自分の資質を知って、足らないところを伸ばすことになります。

挑戦する

これからの時代を生きる人達にとっては、その分野における専門性の資質も必要になってくるはずです。

自分の資質を伸ばすためにも、新しい知識を得るための挑戦も大切なことです。

本読んで学ぶ

資質の強化の仕方に関する専門書や、コミュニケーション能力を高めるための手法についてなど、本を読んで学ぶことも重要です。

プロから学ぶ

プロフェッショナルな能力を持っている人も多いはずです。

社内外でのプロから学ぶことは多いのです。

能力も経験も豊富であるので、プロから学ぶことは資質の向上にはうってつけです。

意識する

絶えず資質を高めることに対する意識を持つことです。

自分の今の資質を大事にして、それを伸ばすことが成功の近道なのです。

実践する

考えるだけでは資質は活かせないのです。

主体的に実践することが重要です。

見直す

持って生まれたその人の資質は、そのままでは時代に合わなくなってしまいます。

新しい環境に見合うように、資質も見直していくことも大事です。

資質を習得して伸ばそう!

優れた資質を持って生まれた人であっても、それだけを単に活用して行くだけでは人生においても成功するとは限りません。

優秀なリーダーと言われる人は、優秀な資質を持ってはいますが、誰よりも勉強し学び続けて来たのです。

あなたの理想のリーダーを見つけ、その人の資質を習得することで、一歩でも近づくことができるのです。

理想の資質を見つけて、自分に不足している能力を補えば、より人生も楽しく明るくなるはずです。