保育園に通う三才の自分の子供が、保育園で描いた絵を持って帰ってきました。

画用紙にクレヨンでなぐり書きしたような絵なのですが、その絵を仕事から帰ってきた旦那さんに見せたのです。

その絵を見たとたん一瞬動きが止まって、絵を目の高さに持ち上げてしげしげと眺めたのです。

そして「この絵の色彩が素晴らしい。のびのびと描いているし凄い。この子は絵の素質があるのでは?」と喜んだのです。

親ばかと言えるのですが、世の親は自分の子には何か特別な才能があるのではと感激してしまうようです。

ところで、「素質」や「才能」という言葉はよく使いますが、同じような意味で「資質」という言葉もあります。

「素質」とは、持って生まれた性質、将来あるものになるのに必要な能力や性質のことです。

先ほどの自分の子供が描いた絵を見て、父親はこの子には持って生まれた絵を描くという能力や才能を持っているのではと思ったのです。

「才能」も、物事を巧みになしうる生まれつきの能力のことです。

「素質」も「才能」も共通していることは、生まれた時から持っている先天的な性質のことのようです。

資質」も同様に、その人が生まれつき備えている、物事を巧みにこなす性質や才能の事なのです。

「素質」も「資質」も、物事を巧みになしうる生まれつきの能力のことですが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?「素質」の「素」とは「性質」や「たち」を表す漢字です。

そして「資質」の「資」とは「たから」という意味です。

具体的に言うと、ある病院で医者を目指している実習しているインターンを見つけて「あのインターンは、医師としての素質がある」という時は、性格や態度が医師に向いているのではという意味です。

「あのインターンは、医師としての資質がある」という時は、医師として持つべき才能に恵まれているという意味なのです。

医師としての十分な手術の能力や判断力が高いことを評価しているようです。

TVでも、ちょっと固い内容の討論会などで、「あの人は、政治家としての資質がある」などと論評する場面があります。

ちょっと問題になるような言動をしたりぶっきらぼうな発言から、議員としての能力を持っているかという議論をしている場面でしたが、政治家としての資質があるか無いかの話になったようです。

こんな場面では、政治家の本質という意味で「資質」と表現されているようです。

しかし、どこかの演舞場で笑いを取りに行った新人の漫才師が、お客さんが笑わないのでコケてしまう時があります。

自虐的に「すべったあ~」などと楽屋で反省しますが、その漫才師を「漫才師としての資質があるかどうか」などとは議論しません。

「あいつは才能ないで~」とか「あいつは素質がない」などと評します。

「あいつは資質がない」とは言わないのです。

ちょっと堅ぐるしい難しい言葉かも知りません。

資質は何種類ある?自分に備わっている資質を見つけましょう!

資質とは、何かの目的を達成するために必要な能力の事でもあります。

仕事においては、営業部に配属されれば営業としての資質がありますし、経理部門に配属されれば財務管理などの専門的な資質の有無も必要です。

それと共に、専門的な資質だけでなく、社会人、企業人としての資質も必要なのです。

このように考えると、資質というのは多岐にわたるものであるということが分かります。

それらを大きく分けると、①仕事に向き合うための基本的な資質、②与えられた業務を遂行するための能力を指す資質、③コミュニケーションなど対人関係に関する資質の3つに分けられます。

今の自分の置かれた環境や仕事を考えると、どのような資質が必要か、また現に自分が持っている資質は何なのかを見つけてみましょう。

資質の種類20要素を紹介!

仕事をするにしても、遊ぶにしても、何かの資質を持っている人は、周りの人から信頼されます。

この人は、資質があるからきっと伸びると期待もされるのです。

あなたの今の仕事で必要な資質とは何かを考えてみたことがありますか?

どのような場面で、どんな資質が期待されているかを知るために、資質の種類20要素を以下に順に説明していきます。

自己制御力

人間は目標を達成するために、何かを我慢して行動を抑制することがあります。

この抑制、つまりは我慢をすることを自己抑制と言います。

自己抑制の高い子供は、大人になった時に学業や社会的スキルなどが優れているという研究結果があるようです。

人間にとって、重要な能力のひとつなのです。

このように自己抑制ができる能力のことを「自己抑制力」と呼ぶのです。

ストレスが溜まったら、ついパチンコやギャンブルにお金をつぎ込んだり、ついつい深酒をしてしまって家族や会社に迷惑をかけてしまったりと、依存性のあることに関しては、なかなか自己抑制ができないことが多いのです。

最近では、スマホを握ってLINEやゲームをしながら自転車や車を運転したりと、目に余る行為が見受けられます。

自分を制御できなければ、ましてや仕事も家族もコントロールする事なぞできるわけがないのです。

そんな自己制御できない人には、誰もついて行かないのです。

「自己制御力」は、仕事に向き合うための基本的な資質であって、ネガティブな感情や行動を抑制して正常に戻す力なのです。

重要な資質です。

積極性

会社のあるチームで何かの目標をもって活動する時には、積極性のあるリーダーがいると仕事がはかどります。

このような積極性のある人がいると、仕事もプライベートも充実して楽しくなるものです。

このように、「接触性」というのは、物事を自ら進んで行おうとすることです。

上司や誰かに言われてから行動するのではなくて、言われる前に進んで行動するのです。

しかも、難しい問題に直面しても決して諦めずに、自分の考えに基づき果敢に立ち向かえる気構えを持っているのです。

何かに関してみんなで議論する時でも、自分の意見をしっかりと発表することもできます。

何かにつけて、前向きな性格なのです。

積極性な人は、常に自分の目標を設定して努力しているのです。

ミスやトラブルを起こしても前向きに考え、すぐに挽回できる能力も備えていますので、何も恐れることはないのです。

何があっても、冷静に対応することができるのです。

自分の古都だけでなく、周りの人に対する細かな気配りも得意です。

周りの人のペースも把握しておいて、何かに困っているようならすぐに応援をするのです。

また、自分が引き起こしてしまったミスも、隠すことなく素直に認めて謝ることができるのです。

自分の責任をキッチリと務める覚悟があるのです。

積極性のある人は、誰とでも分け隔てなく前向きに話ができて、コミュニケーション能力も高いのです。

物事を円滑に進めていくには、積極性のある人が必要なのです。

責任感

責任感はとても大事な資質です。

責任感が強い人は、与えられた仕事を期日までにやり遂げるという責任感だけでなく、その人の持つ性格も周りの人に影響を与えるようです。

例えば、責任感が強い人の行動では、時間を大事にします。

決められた時間をしっかりと守るのです。

会議の時間、面談の時間、訪問する時間など、しっかりと守るのです。

そして、約束もしっかりと守り、仕事に関しては適当な言葉でその場をやり過ごすということもないのです。

分からないことはしっかりと調べてから発言するのです。

責任感がある人は、取り掛かった仕事は、中途半端では終えることはありません。

それでは、周りに迷惑をかけてしまうことを知っているからです。

最後まで諦めないという強い信念を持って仕事に当たっているのです。

ただ、責任感が強すぎると、ついつい他人のやることにも関心を持ってしまい、つい横から口出ししたリ他人にも厳しく当たることがあります。

責任感が強い人は、自分に厳しいところがあるのですが、これをそのまま他人にも押し当ててしまうからです。

そして、場合によっては、みんなの反感を買う事にもなってしまうので、この点は注意すべきです。

チャレンジ精神


何かの新しい分野を開拓する時、誰も成し遂げていない記録を目指す時などに、「チャレンジ精神を発揮して頑張ろう」などと呼びかけます。

チャレンジする気持ちである「チャレンジ精神」という言葉は、結構世の中に浸透しています。

ちょっとしたことでも、「よし、チャレンジだ」などと声を出して頑張ることがあります。

積極的に取り組むことなのですが、「チャレンジしてみます」などと公言すると、意欲的な人だなあと感心されるのです。

ただし、チャレンジして成功するかどうかは別として、前向きな行動をとるかどうかの意味を含んでいるのです。

面倒がって、新しいことに積極的に取り組まない人は、ドンドン取り残されてしまう世の中です。

先日も、電車の中で携帯電話の音が鳴り響きましたが、若い子はみんなスマホを手にして「いったい、誰のスマホが鳴っているの?」とあたりをキョロキョロ見渡していました。

すると、80歳後半と思われる優先座席のおばあさんが、おもむろにバッグからスマホを取り出して電話に出たのです。

優先座席では携帯の電源を切っておけとは言えずに、みんなはあっけに取られて見ていたのですが、おばあさんは慣れた手つきで操作していました。

「耳が聞こえにくうて」などと言い訳をしながらしまい込んでいるところを見て、笑ってしまいました。

こんな高齢者でも、チャレンジ精神が旺盛な人もいるもんだと感心したのでした。

若者も、負けずにチャレンジすることは大事なのです。

創造力

よく「あの人は創造力が豊かだ」などと褒める時があります。

誰でも、想像するくらいはできるはずですが、創造力が豊かだとはどのようなことを言うのでしょうか?

ちょっと考えると分からなくなります。

何かについて創造する数が多いことなのでしょうか?

それとも、創造するアイデアが他の人とは違った次元であり感動することなのでしょうか?

ともかく、創造力については、個人差があるようです。

創造力とは、想像力や発想力とはどう違うのでしょうか?

創造力とは、既存ではまだ無い何か新しいものを創り出す能力のことです。

考えるだけでなく、具体的に何かを創り出せる力のことを意味しています。

創造する人のことを「クリエーター」と呼びますが、英語の「creativity(創造)」から来ています。

身近なところでは、音楽や美術、工芸、ダンス、などの分野で広く活躍する人達の事でもあります。

新しい技術やシステムを開発するコンピューターの世界でも、創造力は必要です。

小さな子供が大きくなったらなりたい職業のひとつに「パティシエ(洋菓子職人)」があります。

創造力を発揮して美味しい洋菓子を創ることに憧れているようです。

創造力とは具体的に創り出す力で、単に頭の中だけで夢を作っているのは想像力です。

その夢の中でも、アイデアをひねり出す力を発想力というようです。

仕事を具体的に進めていく力としては、創造力が重要なのです。

課題発見力


あるコヒー専門店を開業するにあたって、店舗の候補地を探していました。

そんな時に、面積もテナント料も、交通の便も良い手ごろな物件があったので、すぐに手を打ちました。

内装を変更して2か月後にオープンする運びとなりました。

人の流れも良いところなので、きっとお客で賑わうと思っていたのですが、何と近くのコンビニの敷地に全国チェーンのコヒーショップがオープンすることになってしまったのです。

物件を仲介してくれた不動産屋に確認すると、そんな噂があったことを白状しましたが、こちらは専門店だから競合はしないであろうと思ったそうです。

そのコンビニが売りに出されていたことは知っていたとのことですが、それを確認しなかったこと、そしてどのような店舗が入るかも関心がなかったことを反省したのでした。

ビジネスの世界では、現状をしっかりと分析して、どこに問題点があるかということ、つまりは課題を明らかにする力(課題発見力)が重要であると言われています。

ここでは、近くのコンビニが売りに出ていて、その後どうなるかという課題を見つけられなかったということが問題であったのです。

オーナーにしても不動産屋にしても、第三者的に評論家のように悠長に考えていたためです。

仕事は課題を発見するところから始まるのです。

その課題を見つける力(課題発見力)は、重要な資質なのです。