暴走しがちな人、あなたの周りにもいませんか?

暴走する人の多くは、本人が問題を抱えている場合が多いです。

しかし、暴走するときは周囲の人を巻き込んでしまいます。

そんな暴走する人に、困らされている人も多いのではないでしょうか。

今回は、『暴走しがちな人の11個の特徴』と、『周りの人がやれる対策』についてまとめました。

職場の人や友達に暴走する人がいて困っている人は、ぜひ参考にしてください!

暴走とは?

暴走族や暴走車など、度々社会問題として取り上げられる暴走。

身近な場所に潜む悪として問題視される暴走行為ですが、そもそも暴走にはどんな意味があるのでしょうか?

また、時に暴走は、バイクや車に乗っていない人に対しても使われる言葉です。

人が暴走するとは、どんな状況を指すのでしょうか。

ここではまず、暴走の意味を解説していきます。

意味

暴走は、「規則を無視してむやみに乱暴に走ること」を指す言葉です。

この意味から転じて、最近では「機械や装置が異常に動作し制御不能の状態に陥ること」の意味としても使われるようになりました。

主に、車両の暴走、コンピューター装置の暴走として使われるのですが、制御不能の暴走状態は“人”にも当てはめられることがあります。

“人の暴走”として使われる場合は、「周囲の状況や気持ちに関係なく勝手に事を進める人」などに使われます。

また、暴走する人は周囲の心配や不安の声を無視して突き進んでしまうことが多く、その行動は時に、人々に危険を与えたり、恐怖感を持たせたりもします。

“暴走する人”とは?どういう時に使う?

「あの人暴走しちゃってる…」などと人に対して暴走という言葉が使われる場合、周囲の人はその人を心配していたり、その人の行動によって「危険な事が起きるかもしれない」という危機感をもっていたりします。

暴走する人の行動はそれだけ周囲の人に与える影響が大きく、誰かが暴走を止めなければ危険や被害が及ぶ恐れがあるのです。

たとえば、チームワークが大切な野球。

仲間のひとりひとりが1点を積み重ねていかなければなりませんが、そこでひとりが無謀な走塁をしたら…?その結果、好機を逃してチームを敗戦へと導くかもしれませんよね。

自分が「いける」と思っても、「挑戦したい」と思っても、自分ひとりの欲求を押し通してはいけないのが、チームで戦う競技です。

また、暴走は政治の世界でもよく使われます。

政権を担う政党や、そのトップとなる首相が推し進める政策は、国の未来を左右します。

政府がどんな未来を描いているかは、国民ひとりひとりの未来にも影響するのです。

つまり、国民が望まない政策を推し進める首相は、私たちから見れば“暴走している人”。

その暴走を止めるのが野党や問題提起するマスコミ、そして国民なのですが、その制御が効かなければ政権の暴走によって、私たちが困ることになります。

暴走する人の行動は、その人ひとりの問題では収まらないことが多いもの。

暴走する人によって周囲の人が被害を被る恐れがあるときに、「暴走している」という言葉がよく使われるのです。

暴走しがちな人の11個の特徴


周囲の人を巻き込み、周囲の人に不利益をもたらしかねない暴走しがちな人。

こうした人には、いくつかの特徴があるようです。

その特徴が暴走行動の根底にあるので、周囲の人はまず、暴走する人の特徴を知らなければ始まりません。

暴走する人を止めなければならない時も、暴走しがちな人を事前に制御するにも、その人の内面を知ることが先決なのです。

周囲に暴走しがちな困った人がいるのなら、いつかあなたに被害が及ぶかもしれません。

そうなる前に暴走しがちな人を理解し、暴走を起こさせないようコントロールできるようになりましょう!

ご紹介する『暴走しがちな人の特徴』から、身近にいる暴走しがちな人の心の内を探ってみてくださいね。

1.自己中心的な考えを持っている

暴走する人の特徴として、“自己中心的な考えを持っている”ことが挙げられます。

自己中心的な考えを持っていると常に自分の気持ちや考えが優先され、周囲の状況や気持ちにまで考えが及びません。

だから、周囲の人が望まないことを勝手に推し進めてしまうような、暴走行動をしてしまうのです。

また、自己中心的な考えを持っている人は、人とのコミュニケーション能力や想像力、常識力や忍耐力が欠如している人が多いと言われています。

コミュニケーションが不足しているので周囲の人が何を考えているのか分からず、想像することも出来ないので自分の考えで行動してしまいがちです。

常識の範囲を知らないことも、周囲の人が望まない行動をしてしまう原因のひとつでしょう。

自分を中心に世の中を見ている以上、本人に暴走している自覚すらありません。

自己中心的な人はそうやって、暴走行動をしてしまうのです。

2.プライドが高い


“プライドが高い”のも、暴走しがちな人の特徴です。

プライドが高い人は、負けず嫌いな一面があります。

その負けず嫌いな部分はプラスに働くこともありますが、時に“暴走”という最悪な事態を招くこともあるのです。

プライドが高い人にとってプライドは、自分にとっての正義です。

その正義感を貫き通すことは、プライドが高い人の性分でもあります。

たとえそれが常識外れなことだとしても…です。

自分の考えを曲げることは負けを認めること。

そこに常識や周囲の状況は関係なく、自分のプライドを守ることが優先されます。

柔軟に考えを変えることはできないので、プライドが“暴走”を引き起こしてしまうのです。

とくに仕事など、その人が自信を持っている分野では暴走しがちです。

突き進むことで成功したこともあるからこそ、暴走し始めると厄介です。

周囲の人をも巻き込んで、一緒に奈落の底へとまっしぐら…ということも。

プライドが高い人は周りが見えなくなりがちで、負けたくないばかりに状況を考えずに暴走してしまうのです。

3.自意識過剰

暴走しがちな人には、自意識過剰なところもあります。

自意識とは自分自身に対して持っている意識のことで、自意識過剰とは自分の事柄を過剰に意識している人のことです。

つまり、周囲が自分を見る視線が気になって仕方がない人が自意識過剰な人なのです。

こうした自意識過剰な人は、常に他人に自分がどう思われているか、どう見られているかを気にしているので、「心ここにあらず」な状態に陥りがちです。

その結果、冷静に周囲を見ることが出来なくなり勝手な行動をしてしまいます。

そうなってしまうと他人の声は耳に入らず、自暴自棄になって何をしでかすか分かりません。

いくら周囲の人が心配しても思い込みで暴走するので、歯止めが効かず周りの人を困らせてしまうのです。

4.思い込みが激しい

思い込みが激しいのも、暴走しがちな人の特徴です。

なぜなら、思い込みが激しい人は自分の考えや感情だけで物事を決め付けてしまうからです。

柔軟な考えがないので、一度思い込んだら最後。

その考えだけをもとに暴走してしまいます。

たとえその思い込みが事実とは違っても、自分の考えや気持ち以外に目を向けられません。

そのため、何か嫌なことが起こったとき「どうして自分ばっかり」と考えてしまいます。

自分だけが運が悪く、自分だけが不幸…。

どちらかと言えばマイナス思考な方向に物事を思い込んでしまうので、どんどん自分の殻に閉じこもり、事実に目を向けられなくなり…思い込みの激しさはさらに増していくのです。

こうして事実や他人の意見に目を向けられなくなると、マイワールドで物事を判断するしかありません。

結果、周囲の人が心配するような行動を起こしたり、思い込みから周囲の人を恨み、攻撃的になったりするのです。

5.内気な性格

暴走しがちな人には、内気な性格の人もいます。

内気と暴走…相反するもののように思えますが、なぜ内気な人が暴走してしまうのでしょうか。

それは、リアルな世界への苦手意識があるからです。

リアルな世界への苦手意識があると、外では内気になりがちです。

人との関わりがしんどく、ひとりで物思いにふけるほうが楽だったりします。

そのため、他人から情報を得るよりも、自分の内にこもって情報収集や分析をします。

これが“思い込み”のはじまりで、どんどんリアルの世界から遠ざかっていくと暴走行為へと発展することがあるのです。

暴走行為とは結局、世の中の常識や認識とのズレが引き起こすものです。

本人には暴走している意識がないことも多く、暴走していることに気づくのは周囲の人。

恐怖や不安を感じたり、迷惑や被害を被ったりするのも他人です。

内気でも客観的に分析できるならいいのですが、他人との関わりが少なすぎるとどうしても、自分軸だけで物事を判断してしまいます。

それが、内気な人の暴走を引き起こしてしまうのです。

6.マイナス思考

暴走しがちな人は、マイナス思考での思い込みが激しいことをお話ししましたよね。

このマイナス思考こそが、暴走の原因になることも多々あります。

マイナス思考の人は、「自分だけが不幸」と思いがちです。

マイナス思考だと「物事の全てが自分の想い通りになっていない」ので、他人への嫉妬や怒りが湧きやすくなります。

自分は悲劇のヒロインで、周囲の人は自分を貶める悪…。

自分だけが弱者で周囲の人が悪者に見えるので、最初は自分の殻に閉じこもるだけですが嫉妬や怒りが膨らむと、他人への攻撃性を見せるなどの暴走を起こしてしまうのです。

また、可哀そうで不幸な自分は、「何をしても許される・同情してもらえる」立場だと思い込んでしまうことも、暴走の原因になることがあるでしょう。

わがままで勝手な行動をしてしまうのも、可哀そうな自分を守るため。

他人を振り回して優しくしてもらうことで、悲劇から救われようとしているのです。

7.行動力がある

暴走しがちな人には、行動力があるのも特徴です。

少なからず行動力がないと、暴走もできません。

暴走しがちな人に行動力があるのは、当然のことかもしれませんね。

行動力があることはプラスに捉えられる特徴ですが、その行動が正しいか間違っているかは別の話です。

ただ、その行動力には勢いがあるので、間違っていたとしても周囲の人を巻き込んでしまうだけのパワーがあります。

その生き生きとした姿勢がプラスの評価に繋がることが多いですが、その行動力ゆえに暴走してしまうこともしばしば…。

行動力がある人は基本的に、調査や分析をするよりもまず行動します。

その行動の原動力となるのは“自分の気持ち”ただひとつ。

自分がどうしたいか?だけで行動を起こすので、本人は失敗しても清々しい気持ちになれますが、周囲の人には迷惑になることもあります。

野球での無謀な走塁もこれと同じですよね。

本人は気持ちで動くので失敗しても行動したことに意味がありますが、失点を背負う仲間たちはいい迷惑。

その行動が吉とでるか凶とでるか。

行動力がある人の暴走とは“賭け”のような危うさがあるのです。

8.負けず嫌い

暴走しがちな人の特徴にプライドの高さを挙げましたが…プライドが高い人の特徴にあるのが“負けず嫌い”です。

この負けず嫌いなところも、暴走しがちな人の特徴になっています。

負けず嫌いな人が暴走しがちなのは、周囲の人に対して競争心を持っているからです。

他人との競争意識が強く、しかも負けるのが嫌という人は、ピンチの場面で暴走してしまいがちなのです。

負けず嫌いな人は、負けを認められず、徹底的に負ける状況を作らないようにするので、時に他人を陥れてまで勝とうとしてしまいます。

一度「負けたくない」という気持ちに火が付いたら周りが見えなくなるので、暴走はどんどんエスカレートしていってしまうのです。

負けず嫌いさはハングリー精神としてプラスに働くこともありますが、“負けること”への異常な嫌悪感があると途端にマイナスに…。

暴走してしまうなどの迷惑行為を引き起こしてしまいます。

9.承認欲求が強い

承認欲求が強いというのも、暴走しがちな人の特徴のひとつです。

承認欲求とは、“他人から認められたい”という感情で、誰もが少なからずこの感情を持っています。

でも承認欲求が強すぎると、人にウザがられる困った人になってしまいがちなのです。

他人から認められること。

それは、何よりも自分への自信に繋がりますよね。

人は自分の感覚だけでは不安なもので、頑張っても努力しても、他人に認めてもらえないと自信がもてません。

逆に他人から認められることは世の中に認められたことになり、ある意味では客観的に自分を評価する指標ともなります。

しかし、“承認してもらうこと”と“承認を強く求めること”は全くの別物。

承認を他人に求める気持ちが強いと、目的が「認めさせること」に変化していってしまうのです。

だから、リア充アピールや不幸自慢などのイタイ暴走をしてしまうわけですね。

あの手この手で「構ってもらおう!認めてもらおう!」として、構ってもらえないほどに「まだ足りない」と行動はエスカレート。

エスカレートするほどに周囲は引いているのですが、それに気づかず暴走してしまいます。

どこかのタイミングで、客観的に自分を見つめ、時には自分で自分を認めてあげることも大切なのですが…それが出来ないのが承認欲求が強い人なのです。

10.ワガママ

ワガママなのも、暴走しがちな人の特徴です。

なぜなら、ワガママな人は物事を自分主体で考えるからです。

つまり自己中心的ということでもあり、客観性に欠けているのがワガママな人なのです。

しかも自己愛が強いので、自分を可愛がることが第一優先事項となります。

自分が良ければ良いという考えも持っているので、ワガママな人は暴走してしまいがちなのです。

自分主体で物事を見ていると、自分の不利益になることを徹底的に避けようとしてしまいます。

世の中のため、誰かのため、という意識がないので、“我がまま”に周囲を動かそうとするんですよね。

しかしそれは、周囲の人から見ればただのワガママ。

自分の思い通りにならないと機嫌を損ねる、厄介な人でしかありません。

しかし周囲の冷ややかな視線よりも“自分”が大切なワガママな人は、思い通りになるまで自分の主張を通そうとします。

その主張が受け入れられないと激しさを増し、暴走していってしまうのがワガママな人なのです。

11.人の言うことを聞かない

暴走しがちな人は、人の言うことを聞きません。

これはほぼすべての暴走しがちな人に、共通して言える特徴です。

そもそも暴走は、他人の意見に耳を傾けられないところから始まります。

周囲の状況や他人の声、自分の気持ちなどを客観的に判断することが出来れば、暴走するまでには至らないのです。

暴走してしまう人は基本的にマイワールドの中にいて、人の言うことを聞ける状況にありません。

そうなってしまうのには、お話ししてきたような思い込みの激しい性格や自己中心的な性格、プライドの高さや承認欲求の強さなどの根本的な性質がその人にあるからです。

暴走は、周囲との価値観のギャップや本人の欲求の強さから生まれるものです。

周囲とのフラットな視点を持つこと、自分の欲求のコントロールをすることなどができないと、暴走は誰もがしてしまうものかもしれません。

人の言うことを聞くというのは、暴走を抑える第一歩。

他人の話が耳に入らない状態の人の暴走は、止めるのも容易ではありません。

どうして暴走をしてしまう?暴走をしてしまう人の心理とは?

暴走しがちな人には11個の特徴がありました。

主な要因は物事を判断するときの軸が自分中心であることで、そこに周囲の人とのギャップがあることが分かりましたね。

そして、コントロールできないほどの強い欲求があることも…。

こうした暴走しがちな人でも、暴走するにはキッカケがあります。

いつでも、何に対してでも暴走してしまうわけではありません。

ここでは、暴走してしまう人のキッカケとなる心の内を探ってみましょう。

暴走してしまう人がなぜその行動にでたのか?その時の心理とは?暴走してしまう人の思いを解き明かします。

納得のいく結果ではなかったから

暴走してしまうキッカケになる心理のひとつに「納得のいく結果ではなかった」というものがあります。

暴走しがちな人には、自己中心的でワガママな特徴がありましたよね。

このタイプの人にとって、“自分の”納得のいく結果ではなかったことは、到底許せるものではありません。

全てにおいて自分の気持ちが優先されるので、納得いかないことがあると、納得がいく結果が得られるまで結果を変えようと悪あがきするのです。

その行動こそがまさに“暴走”なのですが、周りが見えなくなっているので冷静さを取り戻すことができずにエスカレートしていきます。

どんな人だって、人生思い通りに行くことばかりじゃありません。

でも、それで気が済まないのが暴走する人です。

納得のいく結果が得られないとなれば、納得するまでその物事に執着してしまうのです。

悔しい思いをしたから

悔しい思いというのも、暴走のキッカケになる心理です。

悔しさは成長の糧にもなるものですが、「悔しさをバネに次…」と切り替えられないのが暴走する人です。

というのも、暴走しがちな人にはプライドの高さや負けず嫌いなところがあり、一度の負けや屈辱を受け入れることが出来ないからです。

プライドが高い人にとって、悔しさは異常なほど心をかき乱す感情です。

その屈辱に対する恨みや嫉妬は、人一倍強いものがあるのです。

そして、それをその場で解消しなければ気が済まないのが暴走する人。

悔しい思いをしたらその場で、その相手に同じ思いをさせるまで…と、復讐にも似た感情で行動してしまいます。

この暴走は、周囲から見ればとても見苦しいものです。

でも、その時の心理は復讐や嫉妬心への執着のみ。

人にどう見られているかに意識が及ばないから、暴走してしまうのです。

嫌なことだったから

暴走してしまうキッカケには、「嫌なことだった」という気持ちもあります。

悔しいこと、納得のいかないこと同様に、嫌なことというのも日々起こるものですよね。

誰だって、嫌な思いをしたら冷静ではいられません。

だけど普通なら、その感情をなんとかコントロールしようと“自分と戦う”ものです。

それがコントロールできず、外へ向けられていくのが暴走する人の心理です。

暴走する人は思い込みが激しいところ、そしてワガママなところがあります。

嫌なことがあると「なんで自分ばかりこんな思いをさせられるの?」と、嫌なことは他人のせいで起こったことだと考えてしまいます。

自分は悲劇のヒロインで、他人によって嫌がらせを受けていると考えがちなので、その怒りは外へと向けられていきます。

それが結果的に、暴走行為へと発展していくのです。

ストレスを溜め込んでいたから

暴走してしまう人の中には、日頃ストレスをため込んでいる人もいます。

日頃我慢してため込んでいたストレスが、ある時爆発!そして暴走してしまうのです。

ですから、周囲の人にとっては「何が何だか分からない」ことも多いのです。

些細なことで急に火が付いたように怒ったり、勝手な行動をし始めたり…。

周囲は唖然としてしまいますが、そういう時はたいてい日頃のストレスの全てが含まれています。

実は筆者の父がこのタイプ。

日頃は大人しく口数が少ないのですが、急に沸騰したように怒鳴ったりワガママを言ったりします。

訳の分からないことで怒りだしたりワガママを通そうとしたりするので家族はビックリ。

これも、ため込んだストレスが爆発するからです。

こうした暴走の仕方をする人は、一番厄介かもしれません。

周囲が気を付けていても地雷がどこにあるか分からない状態なので、未然に防ぐことが出来ないのです。

ただ、これも結局はワガママだということですよね。

自分がため込んだストレスを些細なキッカケに乗せて全て発散させようとするのですから、周囲の人の迷惑を考えることが出来ていない人だということです。

暴走をしてしまった人への対策!大事なのはその場から離れること?

暴走する人は、“納得のいかないこと、悔しいこと、嫌なこと、自分がため込んだストレス”などにより、勝手に暴走を始めます。

そのとき、周囲の状況や気持ちを考える余裕はありません。

自分の中の怒りや嫉妬、復讐心などに執着してしまっているので、それを晴らすことだけが最優先事項になってしまっています。

ただ、困るのはそれが周囲の人に向けられることですよね。

暴走する人の行為はたいてい、周囲の人にとって理不尽な行為。

そして、不利益を生じさせる恐れが大きい行為です。

ですから、周囲の人は暴走している人を放っておくわけにはいかなくなります。

そんなとき、暴走してしまった人に対して周囲の人ができることとは?ここでは、暴走している人にはどんな対策が有効になるのかをご紹介します。

落ち着かせることを最優先に!

暴走している人は、自分の中のひとつの感情に執着し囚われている状態です。

その感情は嫉妬やストレスなどさまざまですが、それによって周りが見えなくなっていることは明らかです。

冷静さを失っているので、まずは落ち着かせることが最優先。

ですが厄介なのは、暴走がはじまると他人の言葉が耳に入らないことです。

耳に入ったとしても心に響くまでには時間がかかるので、何を言われても反発しか返ってこないでしょう。

そんな時、落ち着かせる有効な手段となるのが、場所を変えることです。

その場にいると暴走状態を止められない

暴走のキッカケがその場所や、その場にいる人にある場合が多いので、場所を変えることで冷静さを取り戻させることが出来ることもあります。

無理に落ち着かせようとアドバイスしても無意味な場合が多いので、まずは場所を変えて落ち着かせてあげましょう。

暴走の原因から離れること

暴走の原因から離れることは、暴走している人を落ち着かせるだけではなく、被害を防ぐことにも繋がります。

被害を最小限に止めることができる

暴走している人は、落ち着きを取り戻せるキッカケがなければエスカレートしていきがちです。

暴走のキッカケとなった人がいればその人に攻撃しつづけますし、暴れて人や物に当たる可能性も大いにあります。

暴走している人を放っておくと「わかってもらえない」辛さから、何をしでかすか分かりません。

職場であれば仕事を中断せざるを得ませんし、危害を加えられなくとも何かしらの被害はあるでしょう。

関わりたくない気持ちもあるかもしれませんが、暴走する人は承認欲求も強いので、構ってあげることが有効な場合も多々あるのです。

喧嘩であればその人同士を離す

暴走行為は、喧嘩に発展することもありますよね。

喧嘩がはじまれば、お互いに譲れないので誰かが止めに入らなければ止まないことも多いでしょう。

喧嘩の仲裁に入るとき、してはならないのは周囲がジャッジをくだすことです。

喧嘩する者同士はお互いに強い思いがあり譲れない考えがあるものですが、それを第3者が理解しジャッジするというのは得策ではありません。

誰かがどちらかに味方すれば、味方してもらえなかったほうは納得できない思いを抱えることになります。

暴走する人は納得できないことをそのままにできないので、さらにエスカレートする可能性があるのです。

喧嘩しているなら、やるべきはその人同士を引き離すことだけです。

どちらの味方もせず、ただ引き離して場所を変え、落ち着かせる。

周囲の人が暴走している人にできるのは、それだけだと覚えておきましょう。

仕事へのストレスだった場合は、落ち着くまで休ませる

仕事のストレスというのは、人の心を蝕みます。

疲れやイライラでストレスが溜まると、何もかもが嫌になって暴走してしまうのです。

仕事に対して真面目な人ほど暴走しやすいので、周囲の人はビックリすることも多いでしょう。

些細なキッカケで暴走したり、原因が見当たらないのに暴走したりする場合は、ストレスが原因だと考えられます。

周囲の人が気づかないうちにストレスを抱えているので、暴走するときにはもう限界になっています。

そんな人には、「頑張って」という言葉も逆効果。

必要なのは、休ませてあげることです。

そして、休んでも戻ってこられる体制を整えてあげることでしょう。

仕事でストレスを抱えている人は、疲れても休めない、頑張り屋さんな人が多いです。

人に頼るのが苦手だし、仕事を休むことに対して異常な嫌悪感をもっています。

休むということに不安を感じやすいので、その不安を取り除いてあげられるのが一番です。

周りの人がフォローを入れてあげましょう!

暴走する人は厄介者扱いされがちですが、心の中では満たされない思いを抱えているものです。

それを自分で消化できない人だと思えば、フォローしてあげたくもなるのでは?

日頃からフォローしてあげられれば、その人の暴走行為に振り回されることもなくなります。

上手にフォローして、暴走する人と上手に付き合えるようになりましょう!