CoCoSiA(ココシア)

理系男子の22個の特徴(続き3)

普通の人って、集中力を高めようと思っても、なかなか急には高めることができません。

しかし、理系男子は急激に集中力をあげることができます。

それは、今までの勉強法などから集中力をどのような高めれば、一番効率的かを心から理解しているといっても間違いはないでしょう。

仕事ができる効率的なビジネスマンは同じ3時間の時間があっても、3時間同じペースで仕事をすることはしません。

これは非効率だからです。

3時間あれば、まずは15分集中し仕事をするそして15分は休憩、それを繰り返すだけで、

同じ3時間でもだらだら3時間働くよりも実働の時間は少なくなります。

そして、多くの量の仕事をこなせるようになるでしょう。

理系男子はこのような集中力をもっています。

4. 好き嫌いがハッキリしている


好き嫌いがハッキリしているのも、理系男子の特徴といえるでしょう。

勉強をする上で、理系男子は正解を出します。

なので、何かのことにおいて普通だとか曖昧な答えを嫌う男性が多いと言えるでしょう。

なので、人や色々な物事に関しても、自分はこれは好き、それは好きじゃないなどはっきりしたい性格なのです。

こういった性格は、日本時よりかは外国人に多い性格といえるかもしれません。

外国人には普通など曖昧な表現をすることがはありません。

YESかNOで、好きか嫌いかです。

こういった、はっきりとした性格というのも、女性の人気を高める理由となっているのかもしれませんね。

理系男子といえば、一見なよなよしているようなイメージです。

もちろん、見た目もなよなよしている人は多いでしょう。

なので、意見を求めた時に普通だとか、非常に曖昧な答えを返されそうです。

しかし、理系男子は好き嫌いがはっきりしているので、物事に対して良いか悪いかで判断することでしょう。

なので、意見もはっきりしています。

女性からすれば、そのなよなよした見た目と筋の通った性格は、大きなギャップに感じます。

それが理系男子の魅力をさらに高めいている可能性も考えられますね。

5. 目標や夢がある

理系男子がなぜ勉強を頑張り、良い大学に入るのでしょうか?

色々な知識を詰め込み、常に学ぶ姿勢を持っています。

このように一途に頑張る理由というのはなぜなのでしょうか?

もちろん、親や周囲の期待に応えるためでもあるでしょう。

また、勉強が根本的に好きということも考えられます。

しかし最大に理由、それは勉強を頑張り良い大学に入って将来的に自分のやりたい目標や夢を叶えるためです。

その夢や目標というのはそれぞれ違うでしょう。

医者や弁護士になりたい、経営者になりたいなどそれぞれ違ってくることでしょう。

このように理系男子というのは、若いうちから自分は将来的に何になりたいのか?

どういった仕事についていきたいのか?

を明確にし日々勉学に励んでいるわけです。

このように若いうちから、自分の目標であったり、夢をもてるのはなかなか簡単にできることではありません。

理系男子は芯がしっかりしているので、自分というものをしっかりともっています。

また、現実的な考え方もしっかりとできるので、理にかなった目標や夢を持つことができるんです。

6. 友達は「狭く深く」

友達関係は、狭く深くが理系男子の特徴です。

特に広い人間関係を求める事無く、自分に必要な友達というのを基本的に冷静に理解できているのでしょう。

なので、自分にあまり必要ないと感じる人ととの付き合いは避けます。

必要以上の繋がりを求めようとはしないでしょう。

しかし、自分に必要だと感じる友達に対しては非常に思いやりをもって接します。

基本的に真面目な性格なので、情に深く誰よりも友達思いということが挙げられます。