CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

はっきり断る人がやっている8個のテクニック


みなさんは、人から出来ない事や嫌な事を頼まれた時や、食事や遊びに誘われたけど気が乗らなくて行きたくない時などに、上手く断る事が出来るでしょうか?

特に、依頼主が自分より上の立場だったりするとなかなか断り辛いでしょうし、必死になってしつこくお願いされると断るにも上手い言葉が出て来ないものだと思います。

それに、「無理」「嫌だ」「ダメ」という断り方だと、こちらの意思は(十分過ぎる程に)伝わるでしょうが、相手の気分を害してしまったりその後の関係に悪影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

上の様なストレート過ぎる言葉は棘のある言い回しにも聞こえ、こちらにその気がなくても相手を傷付けてしまう原因にもなりかねません。

これだと、「ハッキリ断る事が出来る」とは言えても、「上手く断る事が出来る」とは言えませんよね?

みなさんの中にも、断るのが苦手だったり面倒で人からの頼み事をつい引き受けてしまう人もいるのではないでしょうか?

しかし、それではこちらのストレスが溜まる一方ですね…。

「上手い断り方を知りたい!」とは思いませんか?

そこで今回は、“断るのが上手い人がやってる8個のテクニック”をご紹介しちゃいます!

「無茶な頼み事をされる機会が多い」とか「断るのが苦手…」という人は必見ですよ。

断る前に考えるべきこと

冒頭でも話しましたが、上手く断らないと相手に不快な思いをさせたり、予期せぬトラブルを招く恐れもあります。

しかし、「出来るだけ穏便に、相手に嫌な印象を与えず断りたい!」と考える人は少なくないはずです。

そんな理想的な断り方をマスターするには、いくつかの点に注意する必要があるでしょう。

という訳で、次から“断る前に考えるべき事”について説明してきたいと思います!

依頼や誘いを断らなくてはならない場面に遭遇したら、次の事を考えてみて下さいね。

相手の気持ち


断る前には相手の気持ちを考える必要があります。

「ハッキリ断らなければ!」という思いに囚われてしまうと、相手を尊重するのを忘れ断り方もきつくなってしまいがち。

しかし、「嫌だ」「無理」といった相手の気持ちを全否定する様な断り方は、こちらの評価を下げる事にもなりかねませんし、今後の相手との関係が悪化する恐れもあるのです。

そもそも、誘われる・頼られるという事は、相手から信頼されている・必要とされている・期待されている、とも言えます。

また、仕事のフォローを頼んだり初デートのお誘いなど、頼み辛い事や誘い難い事だと、相手も勇気を出して伝える必要があるでしょうし、あるいは、「申し訳ない…」という気持ちを抱えているかもしれません。

それなのに、相手の気持ちを無視して「嫌」「無理」などとバッサリ断ってしまえば、相手だって「もっと言い方があるんじゃない!?」とか「もう二度とこの人は誘わないor頼まない…」と嫌な気分になるのではないでしょうか?

まずは相手がどんな気持ちで依頼やお誘いをしてきているのかを考えてみる事で、思いやりのある断り方が浮かぶ可能性もありますよ。

自分が言われて嫌ではないか

第一に相手のプライドを傷つけたり、不快にさせる様な断り方するのはNGです。

ただ、時には理不尽な要求や無茶なお願いをされて、思わずカチンと来る事もあると思います。

例えば、明らかに1人では終わらない大量の仕事を終業間際に「明日までにやっておいて」と上司から丸投げされた時。

「さすがに明日までは無理ですよ!もっと時間配分を考えて下さい…」とか「大変な仕事は全て部下に振って、あなた(上司)は一切手伝わずに帰るんですか…?」

など、非難や皮肉ともとれる発言をしてしまいそうになる事もあるのではないでしょうか…?

しかし、それだと上司や会社からの信用を失くしてしまう恐れもあるので、例え理不尽な要求や無茶なお願いをされたとしても皮肉や悪口ともとれる発言は控えるのが無難です。

そういう状況であっても、相手を不快にさせずに上手く断れるのがデキる大人と言えるのかもしれませんね。

話を戻しますが、依頼や誘いを断る時は自分が言われて嫌な断り方はしない様にしましょう!
相手の立場にたって、どんな断り方をされたら嫌か、どんな断り方をされたら納得する事が出来るか、を考えるのです。

そうすれば、相手のプライドを傷つけたり不快にさせる様な言葉はなかなか出て来ないと思います。

しかし、実際に断る場面に遭遇した時、「急には思いつかない…」という事もあるかもしれません。

そんな時の為に、いくつか断り文句のパターンを事前に考えておくと良いでしょう。

例えば、友達や職場の人に飲みに誘われた時の断り文句・上司に無茶な要求をされた時のl断り文句etc…
先に答えを用意しておけば、想定していた状況と少し違っても言い方を変える事でスマートに断れるはずですよ。

断りづらいからといってそのままにしない

「断り辛い…」といった理由で、人からの頼みや誘いの返事をうやむやにして結局きちんと返答しなかったり、その場ではとりあえず引き受け当日になってドタキャンしたり「やっぱり無理です…」と断るのは一番ダメなやり方です。

病気や事故といった、どうしようもない事情があるなら仕方がないですが、基本的に当日のお断りはマナー違反になります。

特に上の場合は、最初から「無理」「出来ない」という意志がある訳ですから、下手に時間を置かずに断った方が相手にも余計な期待を持たせずに済むでしょう。

とは言っても、「人からの頼みや誘いを断り辛い…」と思っている人は少なくないと思います。

そんな断るのが苦手な人に共通しているのが、断る=相手の気持ちを否定する事・悪い事というマイナスイメージです。

ですが、断るのは相手を否定する事ではありませんし、ましてや悪い事でもありません!

一見、「ダメ」よりは「いいよ」と答えた方が好印象な感じがするでしょう。

しかし、そうやって相手の言いなりになって振り回されてしまえば、周囲からは「嫌な事を断る事も出来ないの?」とか「出来ない事を引き受けてどうするの…?」などと、逆に悪い印象を持たれてしまう可能性もあるのです。

断る事にマイナスイメージを持っている人は、「相手の期待を裏切ってしまう…」と考えるのではなく、「自分にはその期待に応えられるだけの力はない」と、断る事は謙遜の意思表示だと考えてみてはいかがでしょうか?

ページトップ