仏頂面と聞くとなんだかいいイメージはわきませんよね。

そうなんです。

ふてぶてしい表情なので、人を近づけさせないような感じがあるので、あまり周囲に溶け込めないような人が仏頂面になってしまっています。

つまりは、損をしてる割合が高い表情と言えます。

では、なぜ損をするとわかっているのに、仏頂面になってしまっている人がいらっしゃるのかと言いますと、実はその人その人がそれまでにどのような生活をしてきたかで、仏頂面になるかならないかが大きく影響してくるのです。

そう聞くと、仏頂面って生まれつきではないの?と思われる方が多いと思います。

しかし、それは大きな間違いです。

人相や表情というのは、その人の考え方などをストレートに伝えるものなのです。

つまり、仏頂面になってしまっている人は、常に不平不満などを持ってしまっているからそのような顔つきになってしまったのです。

もともと、人間の眉毛は平行なのですが、怒ってばかりいた人の眉毛は八の字のようになってしまうのです。

なぜかというと、怒ってばかりいるので、顔が怒り顔になってしまったのです。

表情がそうなってしまったので、眉毛が曲がってしまったのです。

眉毛が自らの意志で八の字に曲がったわけではありません。

つまり、仏頂面の人はいつもふてぶてしい態度をとってしまっていたがためにそうなってしまったのです。

そのため、ふてぶてしい印象が先回りしてしまうのです。

人間の8割は印象で物を見てしまうと言われています。

特に日本人はこのタイプが多く、本質を見抜くのが難しい人種と言われています。

つまり、仏頂面でいると、日本では損をしてしまう危険性が非常に高いのです。

そう聞くと、仏頂面を治したいと思う方は多くいらっしゃると思います。

そこで、今回こちらの記事では、物調面についての情報をいろいろとまとめてみましたので、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

さらに、仏頂面を治す方法もお教えします。

ぜひ、実践しまして、あなたの人生をより良いものにしましょう。

あくまで参考事例のようなものなので、実践したみなさんすべてが仏頂面が治るとは限りませんので、その辺りは承知のうえでお願い致します。

これまでは、生まれつきと思われていた方が多くいらっしゃると思います。

実はそうではないのです。

仏頂面はあなたの生活姿勢や態度によって、いわゆる習慣から起きてしまったことなのです。

つまり、治すことはできます。

ぜひ、これから損をする回数を減らすためにも、仏頂面を治すようにしましょう。

仏頂面は損をしている?こんな経験はありませんか?

損をしていると言われている仏頂面ですが、では、一体どんな感じに損をしているのかと言いますと、それは、怒ってもいないのに、怒っている風に相手から思われてしまってコミュニケーションを取りづらくなってしまっていたり、ふてぶてしい顔つきのため絡みづらいといった印象を相手に抱かせてしまっている危険性が非常に高いのです。

つまり、自らチャンスをつぶしていると言っても過言ではないのです。

ほとんどの場合、仕事など何かを頼む際には、ふてぶてしい態度をとっている人に対して、頼みたいとは思いません。

つまり、この時点で、人との絡みが減ってしまっているので、チャンスが来ないのです。

チャンスだけでなく、仕事が来ないといった感じになってしまっているかもしれませんので、収入が減ったりなど、人間らしい生活ができているのかどうかさえ怪しくなります。

このような経験を他の人よりも、多くしてしまうので、何か自分にとって不都合なことが起きると、他人のせいにしてしまう傾向が高いのです。

つまりは、余計に仏頂面を強くしてしまっている危険性が高いのです。

このような人は不平不満を言うことに快感を得ているのか、もしくは、不平不満を言うことが習慣化されてしまっている恐れがあるために、そうなってしまうのです。

なぜなら、潜在意識がそのように働いてしまうのです。

あなたが望んでいなくても、意識はあなたがそのようなことをするのを望んでいると勝手に解釈してしまうので、そのようになる場面を引き寄せてしまうのです。

あなたの知らないところで人生はあなたの思った通りに進んでいるのです。

なぜなら、人生なんて思い通りに行かないと言っている人は、本当に思い通りに行ってないのですから!このように普段あなたが考えていることや行動や習慣などは大きくあなたの人生に影響を及ぼすものなのです。

たかが行動、たかが口癖とは言いますが、大きな影響をあることに気づいていないだけです。

それに気づいた人が自分の思い通りになるように行動して習慣化しているのです。

俗にいう、宇宙の法則ですが、意外と馬鹿にできませんよ。

なぜ、成功している方々が宇宙を誰よりも好きになってしまうのかと言いますと、宇宙は人間の想像をはるかに超えた存在だからです。

つまりは、大きな考えを持っていたり、視野が広いから宇宙を好きになってしまうのです。

仏頂面の人に、共通していることは世間が狭いといった感じに視野が狭いことでもあります。

仏頂面とは?


それでは、損をしてしまう危険性の高い仏頂面ですが、実際どのような顔なのかと聞かれるとなかなか答えるのが難しいのです。

なぜなら、怒ったり、悩んでいたり、ストレスをためていたりなど、多くのネガティブな経験から仏頂面が生まれてしまうのです。

つまり、絶対的な定義がないので、正確な答えなるものがないのです。

むしろ、相手があなたの顔を見てどう思うかが大きく影響してくるので、相手次第によっては、誰でも仏頂面になってしまう危険性が高いのです。

主に一般的に言われている仏頂面は、ふてぶてしい態度をとったような表情、怒っているような表情、ストレスをためているような表情、機嫌が悪いことを前面に出している表情などいろいろあります。

共通していることは、どれもネガティブなイメージから来ているということです。

当然、仏頂面のような表情していれば、相手にもネガティブな印象を与えてしまうのです。

損をする所以は、この辺りが大きく影響しているとも言えます。

ただ、何度も申しますように、仏頂面になってしまったのは、何を隠そうあなたが原因なのです。

よく他人のせいにする人や、生まれつきだから親の遺伝のせいにしたりする人がいますが、そうではありません。

すべてはあなたの生活の習慣や考え方が原因なのです。

ご自身に原因があるとなれば、治すことはできますよね。

原因となる、自分が仏頂面になってしまう原因にならなければいいのですから!そう考えると仏頂面を治せそうですよね。

ほとんどの人は、難しく考えてしまうので、仏頂面を治せないままになってしまっているのです。

特に他人のせいにしている人などは、他人を変えないといけないと思い込んでしまっているので、他人を変えようと必死になるのです。

しかし、あなたの力をもってして他人を変えることなど、ほぼ無理です。

なぜなら、私たち人間は地球上の動物で唯一意志を持って生まれてきているので、他人の変えようなんてほぼ無理なのです。

しかし、なぜか他人を変えようと頑張ってしまう人が多いのがこのようの中なのです。

しかし、それが不可能だと気付いている人は、自分を変えることに専念するのです。

自分が変わることで、相手に変化を見せることができるので、相手も変わろうとするのです。

要はお互いに鏡のようになっているのです。

あなたが変わろうとするきっかけを作ってくれたのも、他人です。

なぜなら、他人の行動を見てマイナスに感じてしまったからです。

なぜ、マイナスに感じたかと言えば、自分に受けたからです。

つまり、相手があなたに見せるマイナスの行動はあなたがマイナスと思う行動であって、自分がしたくない行動だからそうしないようにと動くのです。

つまり、あなたが良いと思う相手はあなたの良い部分を映してくれる相手であり、あなたが悪いと思う相手はあなたの良くない部分を映してくれる存在なのです。

そう考えると相手には感謝しかないですね。

相手を支配しようとする人が、なぜ最後まで続かないのかと言いますと、所以はこれなのです。

意思を持っている動物故に支配されることを極端に嫌うのです。

故に支配しようとする人を見るとマイナスの反応が出てしまうのです。

仏頂面は相手に対しては、相手のマイナスことを示していますが、その分、自分にも返ってくるので治したほうが損をしないことは間違いないです。

人は表情によってイメージが変わる!

ではでは、仏頂面が損をすることは理解いただけたと思います。

それでは、得をする表情あるのかと言いますと、ございます。

なぜなら、人は表情によってイメージが変わってしまうのです。

これは相手のとらえる目線にもよりますが、イメージの影響を大きく受けてしまう人はこの世の中に多くいらっしゃるので、そうなってしまっているのです。

では、イメージの良い表情を目指せばいいのかと言いますと、そうでもありません。

およそイメージで判断してしまう人は単純な人が多いのです。

それよりも少数派で本質を見抜くグループにいらっしゃる方々の方へいい影響を及ぼす方がいいのです。

いわゆる自然体です。

ナチュラルと言って何の偽りも飾りもないことです。

ただ、ここではどんな表情でどのようなイメージを相手に与えるのかの説明を致します。

そうすることで、相手によってどのような表情をすればいいのかわかると思います。

しかし、あくまでこれが通用するのはイメージで判断される層に対してです。

つまり、成功者に対してはこのような行為は通用しないと言うことです。

よくよく考えると、成功者は一般市民に対してこのように接しているから成功しているのです。

イメージで判断してくれるおかげでうちの商品を奥深くまで見ないので、安心だと言っている企業は、実は多くいらっしゃるのです。

また、広告業界の中には、日本人の8割は、イメージで判断するB層だと考えているようです。

B層いわゆるバカ層だと言うことです。

そのような目線で相手を見ている可能性が大きいのです。

ただ、それを相手に悟られないようにしているのも、成功者のスキルでもあるのかもしれません。

まずは、周囲にいい影響を与えるためにも、表情によってどのような効果があるのか、どのような印象を抱かせるのかなどをよく覚えておきましょう。

仮にあなたが成功者のような人の立場になれば、この仕組みには簡単に気づきますよ。

要は表情による効果がわかれば、あなたが目指したいものに必要な表情がわかりますよ。

また、仏頂面にならなくて済む可能性もありますので、ぜひ、理解しましょう。

おそらく、ほとんどの人が当然だと思っていることが書かれているかもしれません。

なぜなら、当然と思ってしまっているから軽視しているのです。

当然の中にほど、あなたを変えることができるチャンスが埋まっているかもしれませんよ。

ぜひ、軽視せず覚えましょう。

笑顔


まずもって笑顔の人は、いつも好印象です。

しかし、社会人になって気づくと思いますが、笑顔でいると、仏頂面をした上司からへらへらしてるんじゃないといった感じに注意を受けることが多いと思います。

しかし、なぜ笑顔でいるとへらへらしているなと注意を受けてしまうのかと言いますと、その上司が仏頂面だからです、要は、どこか自分と同じように苦しんでほしいと思っているのです。

なぜなら、まだまだ詰込み世代が生きている世の中ですから、詰込み世代の方に多いのが、自分が味わった苦しみなどを後輩が味わうのは当然だと思っていることです。

そのため、笑顔でいる人を見ると、ものすごく腹が立ってしまうみたいです。

まあ、自分が笑顔を作ることができない人間になっているので、笑顔を作れる人を見ると羨ましいのかもしれません。

そのため、笑顔の人を見ると、へらへらしているなと言った感じに注意してしまうのです。

しかし、笑顔は万病に効く薬とも言われています。

つまり、笑顔でいることは自分にとってもプラスだし、相手にとってもプラスなことなのです。

それに気づいていない人が多いので、笑顔の人を悪いような感じに受け止めてしまっているのです。

そんなのは勘違いです。

ぜひ、明るく笑顔で行きましょう。

明るいと好印象

笑顔で明るいイメージをつくと、好印象なのは間違いないのです。

よく明るい上司がいる会社にはそれに付随するような感じで、はきはきした人などが集まるので、上司がいつも明るい感じでいられるような環境下になっていると言われています。

しかし、逆に上司がいつも暗く、もしくはいつもイライラしている会社には、上司をそのようにさせるような人が多くいらっしゃる可能性が高いのです。

要は引き寄せの法則であって、あなたがそうなりたいと潜在意識が働いているのです。

潜在意識が働きだすとなかなか収まりません。

なぜなら、潜在意識は無意識に動いてしまうのです。

つまり、あなたが意図しないことも起きてしまうのです。

よく、会社で部下が使えないと嘆いている上司はいますが、それはあなたが引き寄せているのです。

なぜなら、あなたがそのような場面を何度も経験するので、潜在意識が働いてしまっているのです。

つまり、笑顔でいることはあなたにとってものすごく幸運をもたらすことができることなのです。

また、笑顔でいることであなたが笑顔になれることができる人を引き寄せることもできますよ。

つまり、明るく好印象なのは、ものすごくいいことなのです。

あなたにとってもあなたの友人にとっても!

不機嫌な顔

いつもイライラしている人っていらっしゃいますよね。

なぜ、イライラしているのかと言いますと、実はイライラしていない可能性もあるのです。

そう、実は外から見るとイライラしているように見えるだけで、本人はどうかわからないのです。

そう考えるとイライラしているような表情を見せるのは良くないですね。

また、なぜかわかりませんが、いつも不機嫌な人っていらっしゃいませんか?

そう聞かれると思いつくという人が何人が思いうかぶかもしれませんが、実は、昔不機嫌になることが多かったせいで、不機嫌な顔つきになってしまっただけなのです。

つまりは、いつも不機嫌であると言うわけではありません。

どういうわけかと言いますと、いつも不機嫌でいたせいで、不機嫌な顔つきが、いつしか普段の表情や顔つきになってしまったのです。

そう考えると普段どのように過ごすかによって顔つきに変化が出てしまうのです。

つまり、普段からあなたがどう考えているのかなどもわかってしまうのです。

思いは表情に表われると言いますが、これは本当のことなのです。

そう考えたら、普段から不機嫌でいるとそのうち不機嫌な顔つきになってしまうので、誰も近寄ってきませんよ。

ぜひ、不機嫌になるのを押さえましょう。

常に不機嫌だと無愛想だと思われる

表情がさえないと、いつも不機嫌に見られたり、無愛想に見られてしまうのです。

これってよくよく考えると、損をしていますよね。

不機嫌に見られていたら、当然、人は寄ってきません。

また、無愛想だと仲良くなりたいと思いませんよね。

つまり、あなたの表情1つで周囲との摩擦に変化があるので、それに伴ってあなたの人生がいろいろな方向に転んでしまうのです。

つまり、不機嫌や無愛想はあなたにとって不幸を招くものと思って頂いても構わないのです。

そう考えると、不機嫌や無愛想なイメージをつかれるよりも、明るいなどの好印象なイメージを持たれる方がいいですよね。

しかし、イメージが良くないと自分で認識してしまっているので、なかなか治そうとしないのです。

ただ、よくよく考えてください。

イメージは変えることができるのです。

しかも簡単に!イメージを変えるのは難しいと思われているかもしれませんが、そんなことはございません。

むしろ絶対に変えられないのは、プロフィールです。

プロフィールはどんなに頑張っても変えることができないのです。

つまりは、今、不機嫌や無愛想と思われている方も頑張ればイメージを払拭できるのです。

ぜひ、不機嫌や無愛想なイメージを持たれてしまっている人は、イメージを変えるようにしましょう。

なぜ仏頂面になってしまうのか?5個の心理について!

それではここまでの説明で仏頂面が良くないと言うことはわかったと思います。

しかし、それでもわかっていても仏頂面になってしまう人は多くいらっしゃるのです。

なぜかと言いますと、わかっていてもなかなか防ぐことができないのです。

これは仏頂面に限ったことではありません。

仏頂面は良くないとわかっていても、それを防ぐことができないでいるのです。

そこで、まずは、なぜ仏頂面になってしまうのかという部分について説明していきたいと思います。

ある意味、心理状態の説明になりますので、一度で理解するのが難しいかもしれません。

大きくピックアップして5個の心理がございますので、まずはあなたにとって身近なことから覚えていくと良いのかもしれません。

もしくは、読んでいてあなたがビビットきたものから覚えていくのもありかと思います。

慌てず1つ1つ確実に覚えていきましょう。

いきなりすべてを覚えることは難しいので、まずは慌てずに行きましょう。

もしかたら、うんうんと当てはまってしまうこともあるかもしれません。

仮にそう思えても問題はありません。

むしろ、そう思えたということは、自分自身をわかっているということでもあります。

まずは、柔軟に考えてお読みになっていただけましたらと思います。

1.日常が楽しくない

仏頂面になってしまうおおもとの理由としては、楽しい気持ちになれないからと言われています。

つまりは、日々生きていて楽しいと思えないのです。

なぜかと言いますと、好きでもない仕事に追われてしまっていることや、自分の理想の人生とはほど遠い生活をしているからです。

よくあるのが、日々の生活に変化がないために、生きている意味を見出せないでいる方です。

実は、これ日本に多いのです。

なぜかと言いますと、日本は世界でも稀にみる労働者生産国です。

つまり、どんなにつらくても働いてなんぼと言う国なのです。

そのため、辞める人のことをどんな理由でもネガティブな感じに見てしまうのです。

ただ、同じ日々が続いているとどんな人でもおかしくなってしまうのではないでしょうか。

どんな日々を過ごしていても時代はあなたの知らないところでどんどん変化しているのです。

つまり、同じことを繰り返していても進化は望めないのです。

進化するには日々、変化することを自分から進めないといけないのです。

しかし、今の日本では早ければ20代から変化することを辞めてしまう人も多くいらっしゃいます。

ちょっとしたことで悟った気になってしまっている人が多いのです。

このようになると時代に取り残されてしまうので、楽しいと思えることが少なくなってしまうのです。

2.刺激が少ない

仏頂面になってしまうのは、日々生きていて、感激したりすることがないからそうなってしまうのです。

ある意味、周囲に対して興味を示すことができないからなんでもかんでも面白いと感じることができないからそうなってしまうのです。

なぜ、物事に関して感激しないのかと言いますと、悟った気になっているからです。

物事のなんでもかんでも当然と思ってしまっているので。

感激することができないのです。

感激することができないから、刺激を感じることもできないのです。

このようなタイプになるとなんでもかんでも今の自分で勝負してしまうので、物事がうまく行かないことが多いのです。

また、そのために新しいことが見つからない危険性も高いのです。

日本人は若くして悟った気になってしまう人が多いのですが、これが大きな間違いなのです。

特に高学歴や若いうちになんだかの形で成功とかしてしまうと、悟った気になってしまうのです。

しかし、世の中を良く考えてください。

世の中にはあなたの知らないことはいっぱいあるのです。

つまり、ちょっとしたことで悟ってしまうと知らないことでさえも覚えようとしないのです。

そう考えると、当然と言うフィルターを持ってしまうことは良くないのです。

まずは。

当然と言うフィルターを外しましょう。

3.毎日の生活に飽きがきている

今の生活に関して喜びなどを見つけることができないでいると、仏頂面になってしまうのです。

なぜそうなってしまうのかと言いますと、日々の仕事に追われすぎて、自分の時間を確保できないでいるのです。

そのため、趣味など好きなことをする時間がないので、日々の生活に対して面白みを感じることができず、毎日の生活に飽きがきてしまっているのです。

このような人は、仕事をして帰って寝る生活が普通になってしまっているのです。

よくよく考えると、周囲にこのようなタイプの人は多くいらっしゃる気がしますよね。

そう、日本人のほとんどは、このような生活をしているのです。

4.ネガティブな考えをしてしまう

日々の生活が楽しくないせいか、あらゆることに関してネガティブに感じてしまう人がいますが、このような人は仏頂面になってしまうのです。

ネガティブに考えると物事が面白くないのです。

なぜなら疲労感が顔に出てしまうのです。

つまり、いつも面白くない顔をしている人は、日々の生活に面白みが感じられず、ネガティブな考えを持ってしまうのです。

これでは人がよってこないのです。

あまり、ネガティブに考えるのは辞めましょう。

5.不機嫌に思っている時

不機嫌に思っていると仏頂面になってしまいます。

なぜなら、不機嫌だからいい顔ができないのです。

それが続くと仏頂面が普段の表情になってしまうのです。

これは良くありませんよね。

特に喧嘩をした後は誰でも不機嫌な感じになってしまっているのです。

つまり、不機嫌にならないためにはまずはケンカをしないようにすることです。

また、仕事で注意をされた時なども不機嫌になってしまいますが、これは気にしないことです。

不機嫌になっても困るのは何を隠そうあなた自身ですよ。

不機嫌に思う時間を少しでも減らすようにしましょう。

では、どうすればいいのかと言いますと、不機嫌になってしまうのは、よく相手のせいにしてしまう人は多いのですが、相手のせいではないのです。

不機嫌になるのは、あなたの考えがそうなっているからです。

普段から不機嫌と言う言葉を意識しないでいると、不機嫌になることはございません。

要は、すべては自分次第です。

まずは、自分を見つめなおすことから始めるのが良いと思いますよ。

もしくは今の自分を素直に受け止めるようにしましょう。

仏頂面を治す5個の方法!これであなたも笑顔で明るくなれる!

ここまでの説明で仏頂面になってしまうことの原因などがわかったと思います。

それではここからは、仏頂面にならない方法をお教えしまス。

ただ。

あくまで手段ですので、必ずしもうまく行くという保証はございません。

あくまで参考にお願い致します。

また、覚えただけでは仏頂面にならないとは限りません。

覚えて実践してこそ、達成ができるのです。

ぜひ、まずは覚えて、そのあとに実践するようにしましょう。

1.趣味を新しく見つける

今の趣味でもあまり面白みを感じることができないのであれば、新しいものに刺激を求めるような感覚で、新しい趣味を見つけるのも良いかと思います。

何も趣味を新しく乗り換えてはいけないといったルールはございません。

また、新しい趣味を持つことは、自分自身を成長させることにもつながりますので、ぜひ、新しい趣味を見つけて面白い、楽しいと思える瞬間を増やしましょう。

【趣味探しをするなら、こちらの記事もチェック!】

2.普段とは違うルートを通る

日々の生活に変化がないからそうなってしまうのです。

つまり、少しでもいいから日々の生活に変化を加えると少し変わった目線を持つことができるのです。

例えば通勤中や帰り道などのルートを変更してみるだけでも少し違いますよ。

ぜひ、簡単なことから変化を加えてみましょう。

3.休日をしっかりと満喫する

日本人は仕事に追われすぎです。

仕事ばかりだから仏頂面になってしまうのです。

休日をしっかりとってリフレッシュするのも大切なのです。

よく言われているのは、休むのも仕事の内と言うことで、有給を使って休暇も取ることができるので、ぜひ、張り切って休みをとりましょう。

4.物事をポジティブに考える

ネガティブに考えると顔が暗くなるのです。

つまり、物事をポジティブに考えるようにしないといけないのです。

そうすることで、表情を明るくすることができるのです。

ぜひ、ネガティブに支されるのではなく、ポジティブに支配されるようにしましょう。

5.時間をかけて治す

一度仏頂面になってしまうとなかなか治りませんが、治すことができないというわけではありません。

表情が明るくなるのには時間がかかりますが、誰でもそうなることはできます。

一番手っ取り早いのが、お笑い番組を見ることです。

また、ストレスや不安なものを解消させることが第一です。

ぜひ、不安に支配される状況を減らしましょう。

仏頂面を解消して明るい生活を!

いかがでしたでしょうか。

仏頂面を解消することで、あなただけではなく、周囲の人の生活にもいい影響を与えることができるのです。

ぜひ、仏頂面にならないようにしましょう。