あなたは決断するのは、早い方ですか?

それとも遅い方ですか?

ほとんどの人は決断するまでに時間をかけてしまうパターンだと思います。

なぜなら、その決断をすることに関して大きな責任を持ってしまっているからです。

その責任に耐え切れずに、なかなか決断をすることができないでいる人もいます。

しかし、中には即断即決できる人もいるのです。

ほとんどの人が実はこのように即断即決できる人になりたいと思っているのですが、なかなかなれずに困っているのです。

中には即断即決できる人は、特別な人だといった感じに見ている人もいるので、なることができないと思い込んでしまっている節もあります。

しかし、ほんのちょっとの勇気と行動があれば、どなたでも即断即決できる人になることができるのです。

要は、そのような人間の癖や習慣、思考などを知らなかったので、なることができないでいたのです。

つまり、即断即決できる人の習慣や思考などをよく覚えて、実践さえすれば、どなたでも即断即決できる人になれると言うことなのです。

そこで今回のこちらの記事では、即断即決できる人の特徴やコツなどの情報をまとめた記事になっています。

ぜひ、即断即決できないで悩んでいる人などは、こちらの記事を参考にしていただきましたらと思います。

即断即決な人になるには難しいような気がしますが、そう思っているうちはなることができませんよ。

なぜなら、あなたがそう思っているからです。

数学の分数で表すと、気持ちは分母で、行動が分子にあたります。

つまり、気持ちの部分がそうなっていればそうなってしまうのです。

即断即決できる人になるには、まずは即断即決できる人に対するあなたの偏見や考え方を外すことが大切なのです。

また、難しいと考えてはいけません。

柔軟な姿勢になることが大切ですよ。

なんでもそうですが、できないと思っているのはあなた自身です。

友人や知人から無理だと言われたとしても、無理だと思わなければいいだけです。

無理だと思ってしまうからそうなってしまうのです。

メンタルの強い人は何を言われても動じないと言われていますが、それは耐え切ることを意味しているのではなく、自分の感情をうまくコントロールしていることを言うのです。

つまり、即断即決できるようになれないと思って落ち込んでしまってはいけないのです。

できないのではなく、なる過程に立っていると思うようにしましょう。

そう思うことで、何が起きても即断即決できる人に近づいていると意識することができますよ。

つまりは、自分次第なのです。

自分がそうなると決めないと何事も物事は進みませんよ。

即断即決ができる人になろう

即断即決できる人になるにはどうしたらいいのか?

ほとんどの人が知りたいと思います。

しかし、実は知ったとしても、本当にそのように動けるのか疑問なのです。

なぜなら、即断即決できるできないだけに限らず、やり方を知っても本当にそのやり方をするのかまではこちらがコントロールできる部分ではないのです。

特に即断即決できない人の場合は、やり方を教えてもほとんど実践しない人が多いのです。

なぜなら、実践するまでに決断できないからです。

即断即決できない人のほとんどは決断力が弱い人という感じになっているので、実践するまでに時間がかかってしまうのです。

また、このような人は、実践する前に本当にうまくいくのかどうか疑ったり、うまくいかなかったらどうしようという感じに不安などに支配されてしまっているのです。

ただ、不安になるのは仕方がありません。

不安は誰でも陥ってしまうものですから、そこからはい上がれるかどうかが大切なのです。

そう考えると即断即決できる人は、不安に陥ることはあっても陥ったままの状態から脱却している人と言えます。

物事を不安に考えてしまうと、不安に支配されて動けなくなってしまうのです。

スポーツ選手がメンタルが強いと言われているのは、不安に陥っても長く落ち込んでいないことです。

要は落ち込んでいても意味がないと言うことです。

そう考えると、決断を迫られたときに迷っている時間ほど無駄な時間はないのです。

即断即決できる人の中には、時間に価値を置いている人も結構多くいらっしゃるのです。

即断即決してさっさとやってしまおうと考えているからです。

とにかく時間の価値に気づいているからそうなってしまっているのです。

過ぎ去ってしまった時間はどんなにお金をはらっても戻ってきません。

つまり、時間と言うのはかけがえのないものなのです。

迷っている時間ほどもったいないものはありません。

自分で決断できるようにしましょう。

一度、迷いを断ち切って決断をしてしまえば、あとはもう楽ですよ。

結局、そのような経験がないから迷ってしまうのです。

一度、経験すればもう怖いものはありません。

ただ、その経験をするまでにどれくらいの時間を要するかは人それぞれです。

ぜひ、なるべく早い方がいいのですが、遅くても問題はありません。

何をするにも始めるのに遅すぎることはないのですから!

ぜひ、ほんのちょっと勇気を出して前へ進んでみましょう。

ある意味、生まれ変われるチャンスですよ。

即断即決の反対は優柔不断?

即断即決できない人のことをなんというかと言うと、優柔不断と言う場合もございます。

優柔不断と聞くと、行動が怪しかったり、躊躇してしまっている人のことを言いますが、実はこれが即断即決できない人ともつながってしまうのです。

なぜなら、決断できないから行動にぎこちなさが出るのです。

つまり、迷いから生じる影響は結構大きいのです。

優柔不断と見られると、なかなか相手からいいような目線で見られないのです。

なぜなら、遅くても決断できる人の方が相手から好まれます。

どう決断するかまで、こちらで決めないとなると結構つらいのです。

また、即断即決できないでいるからいつまでたっても同じ位置にいてしまうこともあるのです。

決断できないのは立ち止まるか後退しかないのです。

つまり、時代に乗り遅れてしまっている危険性が高いのです。

気が付いたら蚊帳の外と言った感じか、もしくは浦島太郎の状態になってしまっていると言うことです。

これってある意味怖いことですよね。

つまり、優柔不断のままでいると、周囲から取り残されてしまう危険性がめっちゃあるのです。

そうなってしまうと、仕事や考え方に差がついてしまうのです。

みんながみんな、即断即決できるわけではありません。

つまり、即断即決できる人は時代の先駆者のような感じなのです。

そう聞いて、ピンと来た人も多いと思います。

要は、世の中で成功者と言われている人ほど、即断即決ができる人が多いのです。

つまり、即断即決できる人は少数派と言うことです。

なぜ、少数派なのかと言いますと、なり方を知っても実践していない人が多いからです。

そう考えると、世の中には即断即決できない、優柔不断な人が多いと言うことになってしまっているのです。

実は気づいていないだけで、世の中のみんなに合わせてしまっていると、知らない間に優柔不断な人になってしまっている人が多いのです。

そう、実は社会の多数派の方が正しいという訳の分からないレッテルに支配されてしまっているから即断即決できないのです。

そう、実はこの世の中には優柔不断な人が多くいらっしゃるのです。

ただ、それに気づいていないだけなのです。

なぜなら、その割合の方が多いので、それが普通だと思っているからです。

何を普通と思うのかでも変わりますが、要は少数派の人の行動に注目しないといけないのです。

なんでもかんでも多数派が正しいと思うのは、まずは辞めるようにしましょう。

即断即決ができる人の8個の特徴

それではここからは即断即決できる人の特徴をお教えいたします。

お待ちかねの方も多くいらっしゃると思いますので、ぜひ、じっくり読んで覚えて頂きたいと思います。

ただ、何度も言っていますが、特徴を覚えても、実践しなければ意味がありません。

では、特徴を覚えたらどう実践すればいいのかと言いますと、まずは、あなたの身の回りでその特徴を持っている人を探すことです。

そして、見つかったらその人と行動する時間を増やすことです。

一緒にいる時間を増やしてその人の特徴や行動などの習慣を刷り込まされるように頑張りましょう。

そうすることで、あなたも即断即決できる人に1歩でも近づくことができますよ。

人間ほど他人から強く影響を受ける動物はいません。

つまり、即断即決できる人の特徴を持っている人から影響を受けるのが即断即決できる人へなれる最もな手段でもあるのです。

故にまずはしっかり即断即決できる人の特徴を覚えましょう。

大きくピックアップして8個の特徴がありますので、まずはいきなりすべてを覚えるのではなく、あなたにとって身近なことやもしくは読んでいてビビット来たものなどから覚えていくのが良いかもしれません。

慌てずゆっくり確実に1つ1つ覚えていきましょう。

もしかしたら、もうすでに即断即決できる人の特徴を持っているかもしれませんよ。

そんなこと言っても、その特徴って難しいのではないのかな?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。

どなたでも簡単に覚えることができるものばかりですので、難しく考えるのはやめて、柔軟な姿勢で行きましょう。

ある意味、傍観者のような感じで読んでいただいても構いません。

それぐらい軽い気持ちになることをおススメします。

即断即決とか、このような自己啓発系のことに関して難しく構えてしまう人が多いのですが、まずはそこから変えていくことにしましょう。

要は即断即決できるかどうかは考え方やあなたの姿勢なのです。

いくら特徴ややり方を覚えても、あなたの考え方や姿勢がそちらに向いていないと意味がないのです。

そう、問われているのは、あなたの考え方と姿勢なのです。

まずは、特徴を覚えることに対して重く感じるのではなく、柔軟に考えて覚えていくようにすることが先決なのです。

とにかく、できなかったらどうしようなどの不安は消して、読んでみてください。

まあ、ワクワクしましょう。

自分に自信がある


即断即決できる人は、自分に自信がある人が多いのです。

なぜなら、自分を信じているから自分の行動、言動、決断などに迷いはないのです。

では、どうしたら自信を持てるのかと言いますと、自分を信じることです。

自分を信じていないから決断できないのです。

自分を信じるって…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこのことがものすごく難しい場合があります。

なぜなら、普段から自分を信じているかどうかなんて意識したことがある人の方が少ないのです。

また、変に自分に自信を持っている姿を見せると周囲から何様と言う感じに見られてしまうことを怖がって、自信を持った姿を見せることを嫌がる人が多いのです。

まあ、ある意味ナルシストのような感じに見られるのが嫌がって、自信を持たないようにしている人もいらっしゃるのです。

ただ、自信を持っている人をナルシストのように見ている人ほど、自信を持てないでクヨクヨしている人が多いのです。

そんな人たちの目線を気にしていて何になるのです。

要は即断即決できる人は、そのような人たちの目線を気にしていないのです。

というか気にするほど無駄なことはありません。

要は気にする人を間違えてはいけないのです。

まずは自信を持つためにも、気にする人を考えましょう。

ポジティブ思考


即断即決できる人のほとんどは、ポジティブな思考をお持ちの方が多いです。

なぜかと言いますと、決断を迫られた時に、どうしたらいいのだろうか?

仮にOKして失敗したらどうしようと思うと、なかなか決断できないケースが多いですよね。

そう、このネガティブ思考が決断の邪魔をするのです。

逆にポジティブな思考だったらと考えると、成功したらこうなったりあーなったりするから早く取り組みたい。

どんな形で成功させようかなという感じに考えるので、とにかく誰よりも先に、決断をして取り組みたいと思うので、即断即決できるのです。

とにかく誰よりも早く取り組みたいという考えと、もしくは、決断に迫られても臆することのない勇気を持っている人と言っても過言ではありません。

このようなタイプは何かが来る度にワクワクしてしまうような感じの人です。

そう言われて、思いついた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうアニメで言いますと、ドラゴンボールの孫悟空やキャプテン翼の大空翼などがこれに当てはまるのかもしれません。

両者ともに、強敵に出会う度にワクワクするような描写を何度も見てきたと思います。

つまり、先のことで失敗などのネガティブなことを考える人は、決断をできないタイプが多く、逆にポジティブに考えることができる人は、即断即決できるのです。