自分にそんなつもりはなくても、周りの人から“失望した”と言われてしまったこと、一度はある人が多いと思います。

また、失望されてしまっても仕方のないことを、うっかりしてしまったりした人もいるかもしれません。

しかし、大切なのは失望させてしまったあとの行動だったりします。

失敗は誰にでもあることです。

大切なのは、そのあといかに信頼を取り戻す行動ができるかなのではないでしょうか。

今回は、そんな失望させてしまったあとの対処法についてまとめていきます。

失望させてしまうと、取り戻すのは大変ですが、それでもこの記事をもとに頑張ってみてください。

「失望した」と言われたことはありませんか?

なかなか言われたくはないですが、周りの人から“失望した”と言われてしまった経験のある人もいると思います。

この“失望”というのは、期待がはずれてガッカリしたときに出てくる言葉です。

つまり、“失望した”といった相手は、あなたに対して期待して接してくれていたということなんです。

その期待に応えられなかったこと、誠実に向き合えなかったことを後悔したところで、その期待を取り戻すのはなかなか簡単ではないでしょう。

失望されてしまったら、その後の行動がとても大切になってきます。

もちろん失望されないのが一番ですが、一度失望されてしまったら終わりということではない場合が多いので、そのあたりも参考にしてみてください。

誰に言われた?

“失望”というのは、周りの人から言われることですよね。

自分自身に対して使うことは、まずないでしょう。

あなたは誰に言われたことがありますか?

また、関係性によっては直接言われないこともあるかもしれません。

ただ、言葉で言われていないからといって、“失望”には変わりないので、失望されてしまわないように気を付ける必要があります。

では、たとえばどんな人たちがあなたに“失望”する可能性があるのでしょうか。

彼氏・彼女


直接“失望した”と言われることが多いのが、もしかしたら彼氏や彼女などの恋人かもしれません。

家族以外で一番深く関わるのが彼氏や彼女だと思います。

そうすると、不満や不安になることも色々とあるでしょう。

家族のように幼い頃から一緒にいたのではなく、時には知り合って数カ月で付き合って、ということだって少なくないはずです。

その中で、少なからず気が付かないうちに期待してしまったり、自分の価値観を押し付けてしまったりすることだってありますよね。

それが相手と一致しなかった場合、人は“失望”をしたりすることもあるんだそうです。

もちろん、誰がどう見ても失望されて当たり前ということだってあります。

そして、失望されてしまうと、その信頼が戻らなくなってしまうのも、彼氏や彼女なんてことも多かったりするので、恋人の信頼や期待を裏切ってしまわないように注意が必要です。

上司

仕事に関することで一番失望されてしまうのは、上司や同僚などの仕事関係の人でしょう。

その中でも、あなたがミスをしたりして、“失望”されてしまうことで、迷惑をかけてしまうのは、上司になるはずです。

また、上司の人は全体を見ている人も多いので、ミスや失敗などを見つけやすいという一面もあるのかもしれません。

恋人と違って上司に“失望”されてしまうと困ることが、信頼だけでなく実際に迷惑をかけてしまったり、様々な支障がでてしまうことです。

そして、その被害が大きければ大きいほど、信頼を戻すのは一苦労なんだとか。

なので、仕事で上司に迷惑をかけたり、失望されてしまうようなことは極力避ける必要があるでしょう。

家族

人生の中で多くの時間を過ごすのが家族ですよね。

また、幼い頃から知っている気心知れた仲だと、どうしても甘えてしまったりしやすくなってしまい、失望されてしまうことも多いといわれています。

親だから、兄弟だからといって、甘えたり信頼回復を考えなかったりすると、いくら家族であっても元通りには戻れないことだってあるでしょう。

そして、絆が強い分、“失望”されて一度信頼を失ってしまうと、それは取り返しのつかないような事態を引き起こすことさえあり得ます。

誰からも“失望”されないのが一番ですが、大事な家族の信頼や機体を裏切ってしまわないようにも注意することが大切です。

「失望した」と言われた時の4個の対処法

どんなに頑張っていたとしても、気を付けていたとしても、どうしても“失望”されてしまうことがあるかもしれません。

しかし、「失望した」と言われて、それですべてが終わってしまうとは限らないはずです。

大事なのは、「失望した」と言われたあとの行動だと思います。

そこからの行動の一つ一つによって、信頼を取り戻すこともできますし、そのまま期待されない存在になってしまうことも考えられるでしょう。

では、「失望した」と言われてしまったときに、どう対処したらその期待を取り戻すことができると思いますか?

失望されてしまった原因によっても色々とあると思いますが、いくつかの対処法が考えられるんです。

ここからは、その「失望した」と言われてしまった時の対処法をご紹介していきます。

その原因に合わせて、どう対処したらいいのか考えてみてはいかがでしょうか。

1.謝罪をする


まず、何が原因だったとしても、一番にきちんと謝罪をすることが大切です。

相手を失望させてしまったときのほとんどは、あなたのミスや至らなさからだったと思います。

そんなときは、言い訳を弁解をするよりも、まず謝罪をして許してもらうことが必要になるでしょう。

また、許しを得られるところまでいかないかもしれません。

それでも、謝罪をすることは、あなたの意思表示をするという意味でも、大切なことなんです。

誠意を持って相手に謝る

“謝る”といっても、ただ謝ればいいというわけではありません。

いい加減に謝っていたりすると、それは相手にも伝わってしまうはずです。

なので、心の底から誠意をもって相手に謝るように心がけましょう。

そうすれば、きっと相手にもその気持ちが伝わるはずです。

どうせ分からないから気が付かれないからと思ってしまう人もいるようですが、そうした気持ちは顔や態度に出ると思いますので、きちんと誠意をもって謝るようにしましょう。

何故失望をさせてしまったのか原因を言う

さらに、謝るだけではなく、理由が分かっている場合には、失望させてしまった理由も入れて謝るようにするのが効果的です。

ただ謝られただけでは、分かっているのか分かっていないのか判断できないこともあると思います。

そんなときに、原因もきちんといれて謝ると、悪いと理解してくれたんだなと思ってくれやすくなるかもしれません。

2.もうこの様なことが無いように対策を立てる

そして、謝るだけではなかなか納得してくれないことがほとんどだと思います。

謝られただけでは、信頼の回復や許す気持ちというのはなかなか芽生えなかったりしますよね。

でも、これから先のことを込みで話すことで、対策を考えていて、これから先同じように失望させてしまわないように気を付けているんだなと感じてくれるはずです。

どの様に対策を立てるのかを相手にも伝える

これから先の対策とはいえ、それがあまり現実的でなかったり、あいまいだとあまり意味がなかったりします。

そのため、きちんとどんな対策を考えているのかの予防策をきちんと伝えたほうが、相手も分かってくれるでしょう。

謝られるだけでなく、これからの対策をきちんと伝えることで、本当に反省しているのが伝わると思います。

今後同じようなことが起こらないようにするための対策も練る

対策を考えるといっても、なかなか思い浮かばないことがあるかもしれません。

そんなときには、今回なぜ失望させてしまうことになったのか、それを防ぐためにはどうしたらいいのかを考え、そのうえで対策を練るようにしましょう。

そうすることで、より具体的に、そして現実的な対策になるはずです。

それが固まってから、相手に伝えるようにしましょう。

ただ、それと同時に少しでも早く謝罪することも大切ですので、あまり長時間考えてばかりも逆効果になってしまうかもしれません。

3.同僚や友達に助けを求める

時には一人で信頼回復を考えるだけでなく、周りに助けを求めることも必要です。

失望されてしまった原因は自分一人だったとしても、その回復は一人だけでは力が足りないこともあります。

そんなときには、周りにいる同僚や友達に助けてもらって、何人かで信頼回復に努めることも手です。

周りの意見や助けというのは、本人がするよりも、より相手に伝わりやすい傾向にもあるので、同僚や友達に事情を説明し、きちんと反省しているうえで信頼回復に協力してほしいと、ちゃんと伝えて協力してもらえるようにすることで、同僚や友達の言葉にも熱が入ることも考えられます。

会社の場合はクビになることも・・・

“失望”させてしまった場所が、もし会社だったら、最悪の場合クビになってしまう可能性があります。

会社は信頼第一ですよね。

そのため、一度失望させてしまうと、その迷惑や被害の大きさから、会社にいられなくなってしまうことさえ考えらます。

ただ、同僚や周りの仲間のおかげでクビまではいかないこともあるかもしれませんので、自分一人では難しそうなときには、周りに助けを求めてみましょう。

4.行動で示す

謝ったり対策を口にしたりすることも大切ですが、言葉だけでは足りないこともありますよね。

言葉にすることは大切です。

しかし、それだけでなく、行動にきちんと移して、同じことを起こさないようにしていることをアピールすることも必要になってくるでしょう。

謝罪の言葉を口にしたり、これから先の対策を口にしたりすることは、一番にしなくてはいけないことだと思いますが、それだけでは気持ちは伝わらなかったりします。

そのため、口だけでなく行動でも反省やこれから先同じことを繰り返してしまわないような行動をしていると見せなくてはいけません。

そうすることで、謝罪はさらに意味を成し、説得力が増すのです。

口だけと思われないように

失望させてしまったあと、信頼回復をするために気を付けなくてはいけないのが、口だけだと思われないようにすることです。

口だけだと思われてしまうと、そこから先なにを頑張ったところで、表面上で分かったつもりをしているだけであろうと思われてしまったりします。

そうなってしまっては、どんな頑張りも意味がなくなってしまうことだって考えられます。

なので、言葉で反省や謝罪の気持ちを示すことももちろん大事ですが、それだけでなく、きちんと行動でも示すようにしましょう。

そうすることで、信頼を回復しやすくなったりするはずです。

言われる前に対策を立てることもできる?

相手を“失望”させてしまうかどうかは、相手に言われるまで気が付かないことばかりではないでしょう。

そのため、「失望した」と言われてしまう前に対策ができることもあるはずです。

相手に言われるまで待つよりも、自分から報告したほうが相手の心証としても良いことだってあると思います。

もちろん、中には指摘されるまで気が付かないこともあります。

しかし、言われる前に自ら気が付いたときには、たとえ判明しなかったとしても対策を立てておくことは無駄にはならないのではないでしょうか。

直ぐに連絡をするように心がける

ミスや失望されてしまうような事態に気が付いたときには、すぐにその相手に連絡をするようにしましょう。

起きてしまったことや、迷惑をかけることには変わりないですが、周りの印象は確実に変わるはずです。

また、すぐに連絡をすることで、起こることに対しての対策を一緒に練ることもできるとも考えられます。

結果としては、どちらも失望させてしまうかもしれません。

しかし、なかなか自ら言い出しにくいことを話すことで、本当に反省していることや、真面目に向き合っているということを印象付けることもできるのではないでしょうか。

そういったアピールが必要なわけではありませんが、本当に悪いことをしてしまったと思っているのであれば、なるべく早く気が付いたときに連絡をするように心がけるべきかもしれません。

そうした言葉や行動も、謝罪や対策同様に大切になってくると思います。

後々になってから報告をするのではなく、問題となったことを直ぐに報告

相手から失望されてしまうようなことを自分から言うのってすごく勇気がいりますよね。

だからこそ、すぐに報告をしたほうがいいことも分かるはずです。

そんな単純で、簡単な問題ではないからこそ、知られてしまったときに失望されてしまうんです。

そんな言いにくいことを発覚する前に事前に報告をすることで、周りも対策や気持ちの準備ができます。

そうすると、多少はあなたへの気持ちも違うかもしれません。

また、もしかしたら事前に防ぐことができる内容かもしれないので、ミスをしたと思った時点で報告をすることも大切なことだといえるでしょう。

どうして「失望した」と言われたのか?

“失望”と一言でいっても、その原因はとても広いと思います。

うっかりしたことから、頑張ってもどうすることもできなかったり、してはいけないことをほんの出来心でしてしまったり…

しかし、そのどれも迷惑をかけてしまうことには変わりありませんし、信頼を失ってしまうことでしょう。

では、ここからは具体的にどんな理由から「失望した」と言われてしまったのか、その例を見ていこうと思います。

きっと身に覚えのある人もいるでしょう。

また、逆にこんなことも“失望”の対象になるのかと身が引き締まるかもしれません。

ただ、少なくともいえるのは、これからご紹介することは、しないほうがいいことには変わりありません。

極力してしまわないように注意することで、失望されてしまう可能性を減らすことはできるはずです。

約束を破った

人との付き合いの中では、それぞれ約束や決めたことがあるはずです。

それは、恋人であろうと友人であろうと関係ないですよね。

そして、その決めた約束を破ってしまうことは、確実に恋人や友人を裏切る行為であり、「失望した」と言われても仕方のないことでしょう。

そして、その約束にも色々とあるはずです。

破っても笑って怒られる程度のものと、付き合っている中で絶対に守らなくてはいけないこととがあると思います。

その中の破ってはいけない約束を破ったときに、相手は失望してしまうのでしょう。

デートの約束

まず恋人同士でよくあるのが、デートの約束だと思います。

仕事などでどうしてもデートを断らなかったりしたときには、失望されたりはしないはずです。

しかし、うっかりや自分勝手な理由でデートの約束を破ったり、すっぽかしてしまったりすると、それは失望されてしまいかねません。

中には、一度や二度くらいは“仕方ないなぁ”と許してもらえるかもしれないでしょう。

ただ、それがあまりにも何回も繰り返すようになれば、誰だって信用しようとは思えないでしょうし、それが原因で別れてしまうことも考えられます。

また、それが故意であれば尚更、失望されてしまうと思います。

逆の立場で考えたらどう感じるでしょう。

きっと真剣に付き合っていないと感じたり、いい加減な人間だと思ってしまうのではないでしょうか。

そう思われてしまったら、それからの付き合いも信頼回復も難しくなってしまうはずです。

そうならないように、デートの約束などはどこかに書いておくなどの対策をおすすめします。

浮気をした

お付き合いをしている中で、多くの人が最大の裏切りだと感じるもの、それが浮気ではないでしょうか。

結婚ではなく、お付き合いをしている段階であれば、法律で決められていたりすることはありません。

だからこそ、お互いにお互いのことを考えたり、二人で話し合ったりしながら色々と約束や決め事を作っていくものですよね。

その約束を破り、相手が浮気だと思うようなことをしたら、それは「失望した」と言われて当たり前だと思います。

浮気というのはつい出来心でしてしまう人が多いのかもしれませんが、そのほんの一瞬の出来心によって、大切な人の信頼や期待を大きく失ってしまうと考えたら、なかなか行動には移せないのではないでしょうか。

二人の仲で決めた約束はきちんと守るようにするだけでも、“失望”されてしまう機会はぐっと減るはずです。

仕事をすることができなかったから

つぎに“失望”の機会として多いのが、仕事に関することです。

仕事をしていると、実績や普段の態度などから期待をされることも出てくると思います。

しかし、失敗してしまうことが全くないという人もいなのではないでしょうか。

少なからず、仕事をしていれば誰にでもミスの経験はあるはずです。

しかし、仕事のミスと一言で言っても、迷惑をかけない小さなミスと仕事に大きな支障や外部にまで被害が出てしまう大きな失敗との二種類があると思います。

そして、失望につながるミスの多くが、後者の外部に被害が出てしまう失敗なのではないでしょうか。

そして、仕事でのミスの場合、他の物事に比べて信頼回復が難しかったりもするので、より注意が必要になってくるはずです。

納期に間に合わなかった

仕事には、納期のあるものも多くあります。

しかし、中にはその納期までに仕上げられなかったりした経験のある人もいるかもしれません。

納期のあるものは、そこまでに完成していないと困るから納期がそこに設定されていることのほうが多いはずです。

そんなときに、その納期に間に合わなかったら大きな支障が出てきてしまうでしょう。

そうなると、「失望した」と言われてしまうのも無理はないと思います。

そうなってしまわないように、なるべく余裕をもって行うようにすることが大切なのかもしれませんね。

プロジェクトを完成させることができなかった

仕事によっては、プロジェクトを行うこともあるでしょう。

そのプロジェクトを完成させることができないときにも、“失望”の二文字は出てきてしまうかもしれません。

こういったことは、仕事を円滑に進めるうえでとても大切なことになってくると思います。

そんなプロジェクトを完成させられずに迷惑をかけてしまうと、上司からの期待は失望へと変わってしまうのも無理はないでしょう。

失敗をしてしまったから

また、大きなプロジェクトや大切な仕事の納期ではなかったとしても、失敗をしてしまったり小さな失敗を繰り返してしまうと、同様に信頼は失っていってしまうでしょう。

失敗をしても迷惑をかけないようなものも、もちろんありますよね。

しかし、そんな失敗も何度も繰り返すと、失望されてしまい、確認が甘い人やいい加減な人というレッテルが貼られてしまうこともあるようです。

そうなってしまわないように、小さなことでもミスはなるべくしないように、急ぎながら一つ一つ確認していくことが大切なことなのではないでしょうか。

3.大事なものを紛失してしまったから

プライベートや仕事など関係なく、大切なものを無くしてしまうと、それを大切だと考えていた人からの“失望”は免れないと思います。

自分にとってはそうでなかったとしても、それを大事に考えている人からすると、とても大きな出来事ですよね。

また、それがわざとではなかったとしても、無くしてしまった事実は消えないので、どちらにせよ失望はされてしまうのではないでしょうか。

そして、一度大事なものを無くす人だと思われてしまうと、また信頼してもらうのもなかなか難しくなってしまうはずです。

失くしたり壊れてしまった

なくしてしまう以外にも、壊してしまっても大事なものをなくしてしまうのには変わりないですよね。

一度壊れてしまうと、元には戻らないものもたくさんあると思います。

そうなると、なくしてしまうのとショックの大きさは変わらないかもしれません。

そして、失望の度合いも変わらないことも考えられますよね。

そうなってしまわないように、日ごろから注意する場面も多々あるのではないでしょうか。

「失望した」と言われることは滅多にない?

今回はここまで「失望した」と言われてしまったり、言われてしまうようなことをしてしまった際の対処法について色々とまとめてきました。

しかし、なかなか面と向かって「失望した」と言われたり、失望させてしまう経験がなかった人もいるかもしれません。

では、これまでに「失望した」と言われてしまった経験のある人は、どんなときに言われてしまったのでしょうか?
最後に、「失望した」と言われてしまった経験のある人が、実際にどんな場面で言われてしまったのか見ていきましょう。

ミスをした際に言われることも

基本的には、ミスをしたときに「失望した」と言われてしまったことのある人が多いんだとか。

ミスや失敗をすると、どうしても他の人に迷惑がかかってしまうこともありますよね。

そんなときに、言われてしまうのかもしれません。

ただ、裏を返せばそれだけ期待してもらえていたということにもなります。

次の機会がもらえるのであれば、今度こそ期待に応えられるように頑張るという心掛けも必要なこともあるでしょう。

仕事やアルバイト中のミスで・・・

仕事やアルバイトって、お客さんや取引先など、身内で終わらないこともたくさんあると思います。

そのため、仕事やアルバイトでミスしてしまうと、被害が大きかったり、取り返しのつかないことになってしまうこともあるかもしれません。

そのため、外部に関わることをミスしてしまうと、どうしても「失望した」と言われてしまう機会が増えてしまうんです。

大事な仕事のミスの場合は特に言われる

仕事やアルバイトの中のミスでも、とくに重要な失敗してはいけない場面でのミスは、一発で信頼関係をなくしてしまうこともあるでしょう。

そうなってしまうと、次の機会は訪れなくなってしまう場合もあると思います。

そのため、大きな仕事やミスしてはいけない大事な場面では、いつもよりも十分注意して行うようにすることをおすすめします。

滅多に約束を破らない人が破ってしまった時は言われることが多い

普段から約束を破る人っていますよね。

実はそんな人よりも、滅多に約束を破らない人のほうが「失望した」と言われてしまうことが多いんだとか。

それはなぜなんでしょう?
おそらく、それまでの実績で信頼や期待を積み上げてきたからこそだと思います。

もともと約束を破る人に対しては、あまり期待したり信頼したりしない分、約束を破られても「またか」と思うんだと思います。

それに比べて、普段は約束を守る人が約束を破ってしまうと、それまでとの落差に失望してしまうのかもしれません。

夫婦間の間では離婚になってしまうような事も・・・

約束を破るということは、大小ありますが、それが相手にとってとても大きな問題の場合、最悪離婚という結果を導いてしまう可能性もあります。

それが大きいことなのか、小さいことなのかはその二人にしか分かりませんが約束を破るということは、それだけ信頼を失って、「失望」させてしまうことだということは頭に入れておいたほうがいいのかもしれません。

相手との信頼関係にもヒビが入る

約束を破ることによって、その相手からの信頼も失いますが、二人の信頼関係自体にヒビが入って、付き合い方が変わってしまうこともあります。

そうなると、その信頼関係を元に戻すのは、簡単ではないでしょう。

それほどまでに信頼や期待を失うというのは、大きくて怖いものだということです。

大きな出来事でなければ基本は言われない

とはいえ、「失望した」という言葉は発する側もなかなか勇気がいるものだったり、そんな簡単に出る言葉ではないことがほとんどです。

そのため、よほど大きな問題や出来事でなければ、なかなか言われることはないでしょう。

きっと「失望した」と言われるときは、自分自身分かっていることが多いと思います。

謝るだけで終わることもある

ミスをして、自分としては失望されてしまうのではないか、信頼を失って大事になってしまうのではないかと不安になることもあるでしょう。

しかし、そう思っていても謝罪をすると、それだけで元通りになることも多かったりします。

このように、よほどの大きなことや、相手にとっての大事でなければ、謝るだけで話が終わることだって考えられるんです。

失望をされないように行動をしよう!

今回は「失望した」と言われる場面や、言われたあとの対処法についてまとめてきました。

“失望”というのは、なかなか言われませんが、言われるととても大きな言葉だと分かっていただけたでしょうか。

一番いいのは、失望されないように注意することだと思います。

極力失望されてしまわないように、気を付けて行動していきましょう。