あなたの周りの人で、好きになった人と必ずお付き合いにまで発展する」という人はいませんか?

そんな人って、容姿が良い?性格が良い?

いいえ、違います。

その人は恋愛においての駆け引き上手なのです。

上手に相手と気持ちの駆け引きをして狙った相手を確実に落としているテクニシャンなのです。

そんな、テクニシャン達に学ぶ恋愛の駆け引きについてのポイントや、逆効果な駆け引きの例をご紹介していきます。

▼【関連記事】恋愛で駆け引きを成功させるにはこちらの記事を先にチェック!
恋愛で駆け引きを成功させる12個のコツと注意点 →

知ってますか?駆け引き上手はモテるんです!

恋愛は、正攻法だけでは攻略できません。

相手によって押したり引いたり、アプローチするタイミングがあれば上手に相手に嫉妬させる事も必要ですよね。

自分と相手の距離感や心理的状態を見極めて駆け引きをする事のできる人はモテる人であるとも言えます。

美人やイケメンじゃないのにモテる人

あなたの周りには、特別に美人やイケメンではないのに恋愛において相手が途絶える事なく常に彼女や彼氏がいるという人はいませんか?

そんな人をよく観察してみると、実は恋愛においての駆け引き上手な人である事が圧倒的に多いのです。

駆け引き上手は末っ子が多い?

兄妹構成によって、性格や恋愛観が測れる事がありますが、その中で言うと駆け引き上手な人は末っ子である事が多いそうです。

常に家族や兄妹から愛されて育ってきた末っ子は、愛され方や甘え方を心得ている人が多いと言えます。

さらに上の兄妹達をよく観察する事で要領よく生きる事のできる器用さも持っている為、観察眼が鋭く駆け引き向きであると言われているようです。

恋の駆け引き上手になるコツは?

恋の駆け引きとは、自分と相手との心理戦でもあります。

上手に行わなければ逆効果になってしまう諸刃の剣であるとも言えますね。

それでは、上手い恋の駆け引きを行う為のコツをご紹介していきます。

1.駆け引きしてるのがバレないようにする

駆け引きをしている事を相手にバレてしまうのは最悪の状況であると言えます。

相手から自分の気持ちを試すような事をされて良いイメージを持つ人はいないでしょう。

それ所か、駆け引きをする事を「ズル賢い」と捉える人も少なくありません。

駆け引きとは、自分の望むように相手を動かそうとする行為なので、あくまで相手に悟られないように相手が自分の望む選択を「自ら選択している」と思わせる事が大切なのです。

駆け引きがバレると冷める

駆け引きがバレてしまうと、相手は一気に恋愛に冷めてしまう傾向にあります。

それは、あなたが自分を支配しようとしていたと感じるからです。

恋愛においての駆け引きは、それ位のリスクを伴う事であるという事を理解しておきましょう。

2.少しだけ嫉妬させる


恋愛において必要なのはスリルです。

安定した恋愛過程よりも、ライバルが現れたり障害がある方が燃え上がるものです。

全く障害の無い恋愛はズルズルと停滞してしまいがちです。

ほんの少しだけ相手に嫉妬させる事で、相手の恋愛熱を一気に加速させましょう。

男性の影をちらつかせる

気になる人がいる時、その相手に全く異性の影が無いと無意識に「この人は誰とも付き合う事は無いだろう」と考える人が少なくありません。

それ故に、この感情は恋愛なのか?友情なのか?と迷ってしまう事も出て来てしまいます。

そんな時、相手に異性の影がちらつく事で、嫉妬をし「これは恋愛感情なんだ」と自覚する事もあるでしょう。

特に恋愛過程において関係性が進展しなくなった時には、異性の影をちらつかせて恋愛感情を意識させる事が有効と言えます。

男友達の話をする

駆け引き相手に異性の影をちらつかせるには、男友達の存在をアピールする事が有効だと言えます。

あくまで「友達」である事を主張しながらも、連絡を取っている異性はあなただけでは無いという事をアピールする事で相手も「その男友達に彼女をとられたらどうしよう?」と焦らせる事もできます。

ただし、あまり過剰に男友達の存在をアピールしてしまうとあまり一途なタイプではないのかな?とマイナスイメージを持たれてしまう事もあるので注意が必要です。

自分に自信の無いタイプには逆効果

あまり自分に自信の無いタイプの人や、ネガティブな思考の持ち主には嫉妬させる駆け引きは逆効果であると言えます。

自分に自信が無いあまりに、異性の影を感じた時点で「自分では競争に勝てないかもしれない」と恋愛において諦めてしまう可能性が高いです。

3.連絡は長文で送らない


メールなどのやりとりで、気持ちの大きさを感じる人も少なくありません。

長文であったり、直ぐにレスポンスがあると好意を向けられていると感じる人が多いのではないでしょうか?

それを利用して、あまり長文でメールやSNSのやり取りをしない事で「相手は自分の事を好きなのか?

そうではないのか?」と相手をドキドキさせるテクニックは、駆け引き上手な人の中ではテッパンの方法と言えます。

短文過ぎないように注意

長文にしない事を心がけるあまり、短文になりすぎて素っ気ない印象になってしまうと相手は自分に対して好意を向けられていないのかと感じてしまうでしょう。

短文にするなら絵文字やスタンプを多めに使ったり、時間を空けずにレスポンスを返すなどあっさりし過ぎたメールにならないように注意しましょう。

ここぞという時の絵文字を使いこなす

メールやSNSでもよく使われる絵文字ですが、単調になりがちな文字のやり取りの中に感情を伝える方法としてとても重宝されるものです。

だからこそ、ハートや笑顔マークなど特別な好意っを伝える絵文字は普段から乱用する事なくここぞという場面で効果的に使うようにしましょう。

4.さりげないボディタッチ

好意を伝える上で、相手をストレートにドキドキさせたいならさりげないボディタッチが有効です。

人はパーソナルスペースという空間を必ずもっています。

特に自分の半径45㎝前後までの範囲を密接距離といって、恋人や家族などの親しい間柄の人にしか許さないスペースがあります。

そこにさり気無く入る事で、相手との親密度を心理的にアップさせる事ができるのです。

パーソナルスペースは男性の方が広い

親密さを感じるパーソナルスペースは男性と女性では男性の方が広いと言われています。

女性はそれ位に警戒心があり、本当に心を許した相手にのみパーソナルスペースに入る事を許す傾向にあります。

その為、女性から男性へのボディタッチはストレートな好意を伝える事が可能であると言えます。

ボディタッチをした瞬間をしっかり観察する

ボディタッチには好意を伝える目的があります。

その為「触れる事」に意識を集中させるのではなく「触れられた際の相手のリアクション」を観察する所に重きを置く必要があります。

自分に触れられる事で、相手がどういった感情を持つのかをしっかりと観察して、今後の駆け引きを考える参考にしましょう。

顔や手などには触れない

ボディタッチをする場合、手を握ったり顔に触れたりするのは大抵の場合恋人同士に許される距離感であると言えます。

いくら相手に自分を意識させる為とは言え、いきなり距離を縮めすぎると恋愛関係には発展できるかもしれませんが同時に「軽い女かもしれない」という疑惑を産んでしまう可能性があります、ボディタッチをさり気無くするのならば、腕や肩など知人程度の距離感で触れてもおかしくない部分で様子を見るのがおすすめです。

5.相手を褒める

単純に、褒められる事で不快に思う人はいないでしょう。

相手を誉めて気分を良くさせる事で自分といる空間を心地よい空間と思わせるようにしましょう。

特に、当たり前で普段特に褒められる事の無い様なポイントに絞って褒める事で「この人は凄く自分の事を見てくれている」と思わせる効果があります。

自信家には逆効果

自信家で褒められ慣れている人には、相手を褒める行為は「当たり前」と捉えられてしまい効果があまり無い場合があります。

相手を褒める事での効果は「普段褒められない人」に対して効果が高いという事を理解して駆け引きに用いるようにしましょう。

6.空気を読む

人間関係において空気を読む事はとても重要です。

これは駆け引きにおいても言える事ですね。

今、相手が自分に求めているのは追う事なのか?追われる事なのか?

相手の感情を予測して、周りの空気を読みながら行動を起こす事が駆け引きには最も重要であると言えます。

駆け引き中は特に周りの空気を読む

恋愛に夢中になっている時には、相手の事しか見えなくなってしまいがちです。

一見上手に駆け引きをしているようでも、周りの空気を読めていないと狙った相手の周りの人から自分の駆け引きを指摘されてしまう危険性もあります。

あくまでさり気無く駆け引きをするためにも視野を広く持つ事が重要です。

7.猫のような性格になる

恋の駆け引きに必要なのは、猫のような性格であるというのは良く例えられる話です。

いつだって自由きままなのに、愛おしくて堪らない存在になるという事です。

実際に、性格を犬タイプと猫タイプに分けたなら直球で従順な犬タイプよりも気まぐれで自由な猫タイプのっ人の方が駆け引きには向いていると言えますね。

彼にだけ甘える

猫を飼っている人なら、共感できる事なのですが猫の魅力というのは心を許しているのかどうかあからさまに態度に表す所です。

一緒に暮らしている家族の中でも、「この人だけ」と決めて懐いている猫も少なくありません。

そんな風特別扱いされて甘えられると愛おしさは一層強くなるものです。

そんな猫の性格を真似て、意中の相手にだけ甘えるようすると相手の気持ちを掴む事ができる事でしょう。

自由気ままに過ごす

人は本能的に逃げるものを追う習性を持っていると言われています。

特に男性はその本能を強く持っている事が多く、手中に収まらない相手ほどムキになって追ってしまう一面があります。

そんな本能を刺激するように、自由気ままな猫のように過ごしていく事で相手はあなたから目を離せなくなる事でしょう。

心を許しているというアピール

甘えるのも自由に過ごすのも、相手に心を許しているからこそだという事をしっかりとアピールしましょう。

ただ、振り回されるだけだと相手も疲れてしまう事があります。

甘えた時や自由に過ごしている時に「あなたとだから、こんなに楽でいられる」という事をしっかりとアピールして特別感を演出するのが駆け引き上手な人の高度なテクニックと言えます。

8.彼に合わせすぎない

一見すると、従順な相手とそうでない相手で自分に従順な相手の方が好意を持ちやすいと思われがちです。

しかし従順な相手に好意を持つのは最初だけで、飽きやすいというデメリットを持ってしまうので注意が必要です。

あまりに相手に合わせすぎると、上下関係ができてしまい恋愛とは別の関係性に発展してしまいがちです。

しっかりと実りある恋愛をするのであれば、しっかりと自分の意思を持って相手に向き合う事が必要と言えますね。

自分の意見をきちんと言う

対等な関係性を築くには嫌われる覚悟も必要です。

それ位に、自分の意見はきちんと伝える事で相手に「自分は違う価値観を持っている人間である」という事を意識させる事が必要なのです。

また、違う価値観を持っているという事をしっかりと相手に理解して貰う事で恋愛関係から恋人関係に発展した際にも長く付き合っていける関係性を築いていきやすくなると言えるでしょう。

9.押した後は急に引く!

恋の駆け引きは緩急も必要です。

対応に緩急をつける事で、相手をドキドキさせたり不安にさせたりと自分の事をより考えさせる事ができると言えますね。

その最も効果的である方法が押し後に急に引くというテクニックです。

「もしかして自分に気がある?」と思った矢先に素っ気なくされると相手は混乱して、その事ばかりを考えてしまうので自分の存在を強く意識さえるにはもってこいの方法と言えますね。

急に返信が遅くなる

メールやSNSでのやり取りがテンポ良く、とても盛り上がった状態で急にレスポンスの速度が落ちると「どうしたんだろう?」「忙しいのかな?」「もしかして何か気を悪くした?」と相手は思う事でしょう。

返信を待っている間中、自分の事を考えて強く意識する事になります。

そして返信が来る事でホッとする事でしょう。

これはつり橋効果にも似た状態を作り出す事が可能で効果的に相手をドキドキさせる事ができます。

特に「今日は一日暇なんだよね」など、本来直ぐに返信できる状態である事を伝えておくとより、効果が高くなります。

誘いを断る

いつもなら誘われれば直ぐにOKしていた所を、フと理由もなく断ってみたりするのも相手を困惑させてドキドキさせる意味では効果的です。

ただし、嫌味にならずにさり気無く断る事も重要です。

「今日はちょっと気分じゃないからやめとこうかな」など、体調不良や先約の用事がある訳ではなく何となく誘いを断る事で相手は「どうして断ったんだろう?」とあなたの事を強く考えるきっかけになります。

断った後は、後日自分から誘ったりとまた「押し」の状態に入る事で更に相手をドギマギさせる事ができます。

今までとは少し違うと思わせる

押し引きに大切なのは「いつもと違う」と思わせる事です。

押している間は相手自身も好意を向けられている自覚があり、自分の方が優位であるという余裕を持ちがちです。

その状態で引く事で「好意を向けられていると思っていたのは勘違いだった?」「もしかして、ライバルの存在が出て来た?」など今までとは少し違う対応をする事で、その余裕を取り除き焦らせるのが一番大きな目的であるとも言えますね。

間違えてるのに気付いて!NG行動!

恋愛の駆け引きは、効果的に行えば意中の相手に自分を意識させる事ができますが間違えた方法をとってしまうと逆効果となってしまいます。

そんなNG行動、あなたはとっていませんか?恋愛の駆け引きにおいて絶対NGな間違い駆け引きをご紹介していきます。

思い当たる場合は、要注意ですよ。

1.駆け引きしてるのが丸わかり

自分は水面下で駆け引きをしているつもりでも、それがあからさま過ぎて相手に丸わかりになっている場合、相手はあなたに対して恋愛感情どころか呆れてしまっているかもしれません。

駆け引きとは、相手との心理戦です。

相手にいかに自然に自分を意識させるかという事なので、それが丸わかりになってしまっていては元も子もありません。

あくまでさり気無く、自然に駆け引きを行う事を意識しましょう。

第三者からの密告にも注意

当事者間ではさり気無く駆け引きが行われていても、共通の知人など第三者がそれに気付いて相手に密告されてしまう場合も少なくありません。

この場合、必ずしも悪い状況とは言えませんんが駆け引きしにくくなるのは間違いありません。

行動で起こす駆け引きは、周りの目にも見られている事を忘れないようにしましょう。

2.素っ気なくしすぎ

押し引きをする時に「引く」という事を意識し過ぎて、あまりに素っ気なくしてしまうと相手は燃えかけた恋愛に冷めてしまう事があるので注意が必要です。

引くのは、あくまで「押すのを止める」という事であって「離れる」とは意味が変わってきます。

しっかりとお互いの距離感を測って相手の恋愛圏内から離れ過ぎないようにしましょう。

メールは特に注意

文字だけでやりとりをするメールやSNSでは、特に感情が伝わりにくかったり僅かな言葉の使い方で誤解を招いたりしやすいので注意が必要です。

メールで引く場合には、特に素っ気なくなり過ぎないように入念に送信内容をチェックしましょう。

3.他の男性の影をちらつかせすぎて誤解される

異性の存在をちらつかせて、相手にライバルを意識させる駆け引きは効果的ですが、度が過ぎると様々な誤解を招いてしまいます。

好きな相手には一途に自分の事を好きでいて欲しいいと思うものです。

あまりに度が過ぎて異性の存在をちらつかせてしまうと、あなたの交友関係や人間性を疑われかねない事を理解しておきましょう。

他に男がいると思われる

あまりに異性の存在をちらつかせてしまうと「もしかして他に付き合っている人がいるからとけん制されているのか?」と勘違いを生んでしまう事もあります。

既に恋愛感情が出来上がっているならば「ライバルには負けない」と更に火が灯るかもしれませんが駆け引きをしている段階で、その状態になるのは極まれであると言えるでしょう。

「他に付き合っている人やライバルがいるなら諦めよう」と思う人の方が割合としては多いので、異性の存在をちらつかせる場合にはやり過ぎない事とあくまで友人関係である事をしっかりと主張するのが大切です。

軽い女と思われる

異性の影をちらつかせ過ぎると、相手に特別に接している事でも「もしかしたら誰にでもしているのかもしれない」と特別感を感じられなくなり、軽い女と思われてしまう可能性があるので注意が必要です。

他の異性の存在をちらつかせつつも「貴方の事は特別」という気持ちを上手にさり気なく伝える事が重要です。

4.好意を伝えすぎて引かれる

押す時には、相手に好かれる為に好意を言葉や行動で起こす事が多いでしょう。

しかし、それもやり過ぎると相手を引かせてしまう恐れがあります。

まだ、相手の恋愛感情にエンジンがかかっていない状況で好意をアピールし過ぎると2人の間に温度差が生じて駆け引き自体が成り立たなくなってしまいます。

温度差に配慮した押し方を

押す時にも、その時の2人の距離感をしっかりと図って温度差が出ないように相手の恋愛感情に合わせて押す事が重要です。

そういった面でも「空気を読む」という事を意識して、相手に「重い」と思わせない押し方を工夫しましょう。

5.わがままを言い過ぎる

女性のちょっとしたわがままに振り回されるのが好きという男性は意外と多いものです。

「今から会いたい」や「この日に買い物に付き合ってくれない?」などストレートな好意のあるわがままなら恋愛駆け引きの「押し」としてはとても効果的と言えます。

しかし、このわがままも度が過ぎると相手の負担になってしまう事をしっかりと理解しておきましょう。

電車の終電も終えた真夜中に「会いたい」と言われても困るし、予定があると言っているにも関わらず「この日に付き合って」と言われても相手は迷惑でしかないという事なのです。

付き合うとめんどくさいと思われる

恋愛における駆け引きをしている間、相手は「この子と付き合うとどんな感じの恋人になるんだろう」と様々な姿を見て想像する事でしょう。

その上で度が過ぎたわがままを続けていると、「この人は付き合うとめんどくさいタイプかもしれない」と思われてしまう事があります。

あくまで相手に配慮して押し付けになってしまわないように、わがままを言う事が駆け引きにおいては大切なのです。

6.連絡を断って気持ちがないと思われてしまう

押し引きの「引き」のアクションを取る際に、わざと連絡を絶って相手に自分を意識させる方法があります。

これは相手の恋愛観と自分の恋愛観がずれてしまうと逆効果になってしまうので注意が必要です。

「1週間位連絡を取れなくても普通」と考える人も居れば「3日連絡が無いという事は、この恋愛はもう終わったのかも」と思う人も居ます。

相手の恋愛観と合わない判断をしてしまうと自分の手でこの恋愛に終止符を打ってしまうリスクがある事を忘れないようにしましょう。

会話の途中で返信を断つのはNG

メールやSNSで一つの話題について盛り上がっている途中で連絡を絶ってしまうと、相手は気になる所があなたを非常識な人や誠意の無い人、自分勝手な人と感じてしまう事でしょう。

少し「引く」という意味で連絡を絶つ場合でも、1つの話題が終わってからにしましょう。

恋愛の駆け引きと言えど、前提には人と人との関わり方がある事を忘れてはいけません。

こんな人には駆け引きが有効

駆け引きをする場合、自分はもちろんですが相手によっても対応を変える事が求められます。

その上で、こんな人を好きになった場合には駆け引きをするべき!という特徴を持つタイプをご紹介していきます。

自信家の人

自分に自信を持っている人は、駆け引きをされるとムキになって相手を追いかけていくタイプが少なくありません。

「自分は相手に好かれる筈」「相手も自分を意識している筈」という自信があるからこそ、紙一重で躱されるとムキになっておいかけてくるのです。

特に容姿に自信のある対うの人は、好意を向けられる事に慣れている為「引く」アクションを新鮮に感じる人も少なくないでしょう。

自信の無い人は駆け引きに弱い

自分に自信の無い人は駆け引きの「引き」に弱く、自分が傷付く事から逃げる可能性が高いと言えます。

その為、ちょっと引いただけで「自分はあまり好かれていないんだ」とそこから追いかける事もなく恋愛自体を諦めてしまう事が多いので駆け引きをする相手にはあまり向かないと言えます。

恋愛経験豊富な人

恋愛経験豊富な人に対して、駆け引きをするのは難易度が高くなるのも事実ですが、恋愛経験が豊富だからこそ駆け引きありきで恋愛関係を楽しむ人も少なくないのです。

どちらがこの恋愛において主導権を握るのか?という攻防を楽しんでいる事も多いので、恋愛経験豊富な人に対する時ほど積極的に駆け引きをしかけてみるのもおすすめです。

恋愛経験の少ない人は駆け引きに気付かない

恋愛経験があまり少ない人は駆け引きにあまり気付かず、駆け引きを仕掛けた本人が辟易して恋愛に冷めてしまう事も少なくありません。

恋愛は経験値がものを言います。

恋愛経験の少ない人に、難易度の高い駆け引きをしかけた所で暖簾に腕押しのような状態になってしまいます。

恋愛経験が少ない人には、細かい駆け引きはせずに直球勝負で好意を伝えた方が恋愛が実り易いよ言えるでしょう。

自分とは全く違うタイプの人

自分とは全く違うタイプの人を好きになった場合には、駆け引きをする事で相手の事を良く知る事が出来るというメリットがあります。

人は本来なら、自分と似た要素を持つ人を好きになりやすいものです。

その為、全く別のタイプの人を好きになってしまった場合、自分も相手も全くの手探り状態となる事でしょう。

駆け引きをする事で、相手の考え方や行動パターンを知る事もできるので恋人関係に発展する前にお互いを良く知るという意味でも様々なアクションで相手のリアクションを見てみるのも良いでしょう。

駆け引き上手な人の特徴とは

様々な駆け引きのテクニックがありますが、あなたの周りの駆け引き上手さんはどんなタイプの人が多いでしょうか?

実は、駆け引きが上手な人にはこんな共通点があるのです。

愛されキャラ

駆け引き上手な人は、基本的に末っ子気質で甘え上手な愛されキャラが多いと言われています。

上手に人を頼る事ができて、ちょっと素っ気なくしても「この子の事だから仕方ないか」と受け入れられるタイプの人が多いですね。

天真爛漫で自由人なイメージの人もこれに当てはまりやすいと言えます。

付き合うと長い

駆け引き上手な人は、付き合うと長い一途なタイプの人が多いと言えます。

それは、上手に相手を自分の手のひらで転がす事で、相手を自分好みに変えたり恋愛関係を自分優位に進める事ができるからと言えますね。

駆け引き上手であるという事は、策士であるという事でもあります。

そんな策士ですから、元々短い火遊びのような恋愛の為には駆け引きをせず、ここぞという本命にだけ駆け引きをしているのかもしれません。

小悪魔

容姿や性格など自分自身の事を良く理解して利用する事のできる小悪魔タイプの人も、駆け引き上手であると言えます。

自分自身が人からどう見られているかをよく理解している為、駆け引きに効果的に利用できるのです。

恋人に依存しない

駆け引き上手な人は、とても頭の切れる頭脳派な人が少なくありません。

一見、弱弱しく守ってあげたい印象を持ってしまうもののそれすらも計算の範疇であるのです。

その為、実は誰よりも逞しくしっかりしていて恋人にもあまり依存しない自立したタイプの女性が少なくないと言えるでしょう。

公平な性格

自分自身を客観的に見る事のできる駆け引き上手な人は、鋭い観察眼も持っている事が多いです。

その為、一方から偏った目線を持つ事が少なく全体を公平に見る事ができる人が多いと言えますね。

甘え上手

同性に対しても異性に対しても甘え上手で、美味しい所取りをしていくのは駆け引き上手な人の得意技です。

相手に嫌な思いをさせる事なく上手に甘える事ができるので、美味しい所取りをしていても嫌われる事がなくある意味世渡り上手であるとも言えるかもしれません。

駆け引きはやりすぎないこと

恋愛において、効果的な駆け引きは恋愛を成就させる為に効果的であると言えます。

しかし、最後の最後は直球勝負で想いを真摯に伝える事も重要です。

駆け引きはあまりし過ぎると自分の心も相手の心も分からなくなってしまう事があるので「ここぞ!」という場面を見誤らないようにやりすぎに注意して、恋愛を成就させましょう。