CoCoSiA(ココシア)

男子校育ちの恋愛傾向9個!共学育ち...(続き3)

それ以外では、まともに話をする機会も少ないのです。

そこで、学校への通学路で毎日出会う女性とか、お店でアルバイトをしている子を見ると、好きなタイプだとすぐに好きになってしまうのです。

街を歩いてても、すれ違った時にすぐに好きになってしまうこともあるのです。

つまり、ちょっとした出会いでひと目惚れしてしまうようです。

すぐに胸がドキドキしてしまうのです。

女性と話が続かない

男子校の男性は、女性と上手く話をすることができないのです。

女性の前に行くと、さあ何を話したらよいのか、どのような話題を出せばよいのかと迷ってしまうのです。

こんなことを聞いても良いのだろうかとか、こんなことを尋ねるとバカにされないかと心配するのです。

勉強に集中していると、世間のことがよく分からないのです。

特に、女性が好きなタレントや俳優の恋愛話や不倫、離婚など、ほとんど詳しくないのです。

だから、このような何気ない話題も出せないので、話が続かないし気持ちも固くなってしまい、思うように話ができないのです。

会話が途絶えてしまうと、気まずく感じてしまい、お互い硬い表情で止まってしまうのです。

見栄を張りがち

男子校の男性は、一般的に自分をよく見せたい気持ちが強いのです。

女性の前では、弱みを見せれないし、格好を付けたいのです。

運動選手なら、自分の得意のプレーを見せたいと思っています。

何かの大会で、見物の女生徒が多く集まると、がぜん発奮するのです。

その他でも、自分はこんなことができるとか。

見栄を張りたがる性格なのです。

しかし、自分をよく見せたいと思う気持ちが空回りをしてしまい、そのプレッシャーで失敗してしまうことも多いようです。

文化祭は出逢いの場だと思っている

女子高の女性は、男子校の文化祭には必ずと言っていいほど押しかけます。

自分好みの男性は必ずいると思って、彼氏候補を探しに行くそうです。

その時の服装やメイクに関しても、友達同士で対抗しているようです。

好きな男子に声をかけてもらえるように、頑張るのです。

そんな状態ですから、男子高生の方も、彼女達を気持ち良く受け入れる準備をしています。

部活の紹介や展示会、記念撮影やバザーなど、あらゆるところで接点を持つようにしています。

上手くLINEを交換したり連絡先を聞き取ることを心掛けているようです。

文化祭は、出逢いの場だと思っているのです。

男子校育ちの男子の特徴!


男子校育ちの男子は、共学の男子とは恋愛傾向や特徴は少し違っているのです。

好きになったり気になる男子が男子校出身であれば、彼へのアプローチの仕方も考えておかなければなりません。

男子校育ちの男子たちは、何かと群れることが好きです。

学校の帰りや休日に示し合わしてどこかで合流して、アウトドアで遊んだり何かを作ったりするようです。

中には、バンドを組んで演奏会をしたりして楽しんでいるのです。

恋愛経験がないので、男同士でいることが楽しいのです。

女性への興味を持つことは早いのですが、実際に交際することは奥手なのです。

彼らの女性観は、可愛い子でも肉食系の女子高生がいるので、むやみには近づかないようにしているようです。

ただ、自分達男子校の男子は、モテると思っているようです。

特に、体育会系の男子は、部活で実力がある男子は試合会場で人気であるので、その気になればすぐに彼女はできると思っているようです。

だから、自分の方から焦って行かないようにしているのです。

このことは、実際に女性と出会う機会があれば、すぐに打ち解けることもできるのです。

気持ちの準備はいつでもできているようです。

しかし、思春期に身近に異性がいない環境で育った男子は、どのような性格なのかどのような特徴があるのかなど、興味津々なのです。

そんな彼らの特徴について、もう少し調べてみました。

人望に厚い

男子校出身の男子は非常に珍しいのです。

というのも、平成18年度の文部科学省の学校基本調査によりますと、男女共学の高校は4820、男子高は159、女子高は396となっています。

全国で男子校が存在しているのは159校ぐらいしかなくて、男女共学の学校の3%なのです。