男子校とは、男子のみを対象として教育を行う学校のことです。

別の言い方をすると、男性しか入学できない学校です。

男女別学を基本とする学校なのです。

男子校があれば、女子高もあります。

もちろん、女子高は女性しか入学できない学校です。

第二次世界大戦が終わるまでは、儒教思想に基づいて男女別学による学校教育が行われていたのです。

現在では、小学校から高校間では、男子校と女子高が存在しています。

短期大学・大学・大学院については女子大学が存在しますが、男子大学というのはありません。

このような男女別学の学校は、私立学校を中心に多数存在するのですが、1990年代のバブル崩壊による長期の不況や少子化の影響で、共学化する傾向が強くなってきています。

しかし、関東や関西の名門校と言われている公立・私立学校は、男女別学の学校が多いのです。

そもそも、男女別学になった理由のひとつは、それぞれの役割が明確になっていたからです。

現代では、男女平等の意識が強くなっていますが、戦前の日本では男性は大人になれば働いてお国のために戦うという考え方が普通でした。

これに対して、女性は結婚して子供を作り、子育て・炊事などの家事を行うことが役割と考えられていました。

男女ともに、それぞれが役割を持って生きていくことがあたり前に思われていたので、その役割を教育するために男女別学というシステムが取り入れられていたのです。

男女別学にする方が、効率よく教育ができたのです。

最近では、男女平等という考えが浸透して、雇用の分野でも男女均等に機会を与えるという法律もあります。

学校も男女共学というのが普通になっています。

女性が社会に進出する割合も増えて、結婚しても共働き家庭が増えたのです。

これに関する意見を言い出すときりがありませんので、今回のテーマである男子校に関して特集してみました。

青春時代を過ごす学生生活では、男子校の男性と共学の男性とはどのように見えるのでしょうか?その違いや特徴についてまとめました。

共学育ちとは違う!?男子校育ちの男が狙い目なわけとは

男子校出身者は、理系とか体育会系の学生が多いようです。

男子校と言うと、進学校というイメージが強いように思われているのですが、部活も盛んで全国大会レベルの学校が多いようです。

共学と違って学校では一心不乱に文武に励むことができるのです。

共学の男子学生は、学校からの帰り道でよくデートをしている風景を見かけます。

手を繋いで歩いていたり、自転車に相乗りして仲良くしているのです。

片や男子校の男子は、いかにもまじめな雰囲気で本を読んだりスマホでひとりで遊んでいるのです。

男子学生が数人集まると、元気な声を出して何やら楽しそうに話しています。

可愛い女子高生を見つけると、遠くで見つめながら観察しているのです。

いきなりナンパなどはできないのです。

ある意味では、男子校の男子は女性と口を利くことも少ないので初心なのです。

文武に励んで男らしい性格なのですが、デートをするほど親しい女子高生を持っている男子は珍しいのです。

反面、女性経験が豊富な男子もいるようで、そんな男子は発展的な好奇心が旺盛な男子もいるのです。

学生の性格としては、二極化しているようです。

そんな男子校出身の男性は、実は女性の間でも企業の間でも人気なのです。

共学で育ってきた男子とは、少し違ったタイプの学生と言えるのです。

このような、男子の恋愛事情とはどのようなものでしょうか?興味がありますね。

男子校育ちの男子の特徴!


男子校育ちの男子は、共学の男子とは恋愛傾向や特徴は少し違っているのです。

好きになったり気になる男子が男子校出身であれば、彼へのアプローチの仕方も考えておかなければなりません。

男子校育ちの男子たちは、何かと群れることが好きです。

学校の帰りや休日に示し合わしてどこかで合流して、アウトドアで遊んだり何かを作ったりするようです。

中には、バンドを組んで演奏会をしたりして楽しんでいるのです。

恋愛経験がないので、男同士でいることが楽しいのです。

女性への興味を持つことは早いのですが、実際に交際することは奥手なのです。

彼らの女性観は、可愛い子でも肉食系の女子高生がいるので、むやみには近づかないようにしているようです。

ただ、自分達男子校の男子は、モテると思っているようです。

特に、体育会系の男子は、部活で実力がある男子は試合会場で人気であるので、その気になればすぐに彼女はできると思っているようです。

だから、自分の方から焦って行かないようにしているのです。

このことは、実際に女性と出会う機会があれば、すぐに打ち解けることもできるのです。

気持ちの準備はいつでもできているようです。

しかし、思春期に身近に異性がいない環境で育った男子は、どのような性格なのかどのような特徴があるのかなど、興味津々なのです。

そんな彼らの特徴について、もう少し調べてみました。

人望に厚い

男子校出身の男子は非常に珍しいのです。

というのも、平成18年度の文部科学省の学校基本調査によりますと、男女共学の高校は4820、男子高は159、女子高は396となっています。

全国で男子校が存在しているのは159校ぐらいしかなくて、男女共学の学校の3%なのです。

全国的には、男子校や女子高も男女共学に変わって行くようです。

ということは、現在男子校に通っている男性は非常に稀な存在とも言えます。

男子校の生徒は、その地域ではよく知られているために、制服を見るとすぐに区別できます。

その中でも、毎日通学路で会う男子生徒に一目ぼれして、いつかは彼氏にしたいと願っている女子学生も多いことでしょう。

男女共学高に行かずになぜ男子高に行っているのだろうとか、男子高生でも彼女はいるのだろうかと考えてしまうのです。

男子高生というだけで、なにか頼りになるように感じます。

というのも、現在残っている男子校というのは、結構名門校が多いのです。

だから学業も優秀だろうと勝手に判断して、しかもイケメンであれば絶対に彼氏にしてやると密かに決意している女子高生も多いはずです。

就職しても、仕事もバリバリこなして、きっと人望も厚い人間になると思われるからです。

学生時代に、男子しかいない環境で勉学やスポーツに集中して取り組むことができる情熱を感じ取っているからでしょう。

男子校育ちは、人望も厚く信頼できる人間だと認識されているのです。

ノリが良い

男子校では、勉強にばかり力を入れていることはありません。

文化祭なども男子校ならではの派手さや面白さもあるのです。

勉強する時には勉強に集中しますが、文化祭など遊びの時には徹底的に羽目を外すこともあるからです。

普段から女子高生の目を気にすることなどないので、自分達の思いついたことをそのまま発散させるからです。

社会人になってからも、職場の歓送会や忘年会などで、普段とまったく別人のようにはしゃぐのが得意なのです。

いつもは、キッチリと仕事をこなしているビジネスマンとは打って変わった性格の人間になってしまいます。

つまり、ものすごくノリが良いのです。

その場の雰囲気を盛り上げて、たのしい飲み会に仕上げてしまうのです。

「えッ!あの人が」と女性達を驚かせる芸当も平気なのです。

普段の生真面目な性格からは想像できないので、その時点から彼に対するイメージが代わり、みんなの頭に印象付けられるのです。

このように、ノリが良いのも男子校育ちの男性の特徴です。

勉強や仕事と、遊びの切り替えが劇的に行えるのです。

男女共学出身の男性とは、何か次元が違うと思えるのです。

女性慣れしていない

このように、勉学と遊びを簡単に切り替えることができる男子校育ちの男性ですが、恋愛に関しては非常に慎重でピュアなのも特徴です。

中学から高校と男子校で過ごせば、6年間も男子ばかりの中で学んできたのです。

学校では面と向かって話をすることもなく、帰りに誰かと気安く手を繋ぐ経験もないのです。

近くの公園で、ふたりで話し込むことも経験したことがないのです。

恋愛に関しては非常に初心だといえます。

そんな男子学生が、どこかの女子高生にでも不意に声をかけられると、硬直してしまって声も出ない状態になるようです。

相手に返事をする時も、直立してオドオドとしている所なんかは、その様子を見ている方も緊張してジッと観察していることに気付きます。

男子のドキドキ感が自分にも伝わってくるからです。

男女共学の学校の男子なら何のこともないのですが、そこは男子校の男子ですから仕方がありません。

こんなに恋愛に純情なら、一度彼氏にしてしまうと浮気もしないだろうし、わたしのことを大事にしてくれそうと思ってしまいます。

イケメンなら、もう言うことはありません。

上手くお付き合いすることになれば、掘り出し物を見つけた感があるのです。

女性と話すのが苦手


授業も部活も、もちろん男子ばかりです。

男子校の学内では、先生以外は女性は見当たりません。

だから、普段から年頃の女性と話すことが少ないのです。

日常の会話なら時々ありますが。

恋愛に関しての会話はほとんど経験していないのです。

一般的にはイケメンだと思われるような男子生徒でも、恋愛には奥手なのです。

男子校の男子と恋愛や交際をしたことがない女性は、彼らは奥手でおとなしいことを認識していなければ上手く行きません。

きっかけは消極的なのです。

しかし、慣れてくると大胆であり積極的に変わることも覚えておくべきです。

男女共学の男子に比べると、初めは女性と話すことが苦手で消極的なのですが、一度経験すると態度も変化してくるのが特徴です。

女友達が少ない

女性慣れしていないこともあって、たくさんの女性と友達になっている人は少ないようです。

男性同士では、部活を通じて他高の男子と交流はありますが、女性ともなると友達は少ないのも特徴です。

不思議ですが、彼女はいなくても同じ男子にはものすごくモテるのもいるのです。

もちろん男子にモテると行っても、決してホモのことではありません。

同じ男子にモテるということは、知識があったり運動能力が優れていたり、仲間から信頼され頼りにされているのかも知れません。

ただ口が上手くてみんなを扇動するような性格の男子も必要で、そんな男子もある意味モテるのです。

男子には人気があるが、女性には人気がないということは多いようです。

ともかく、男子校の男子は、女性にモテなくてもまったく動じないのです。

自分が興味あることやするべきことをキッチリとやり遂げるという気構えは十分持っているのです。

女友達は、いずれはできると余裕があるのかも知れません。

慌てて誰とでも友達になろうとは考えていないようです。

真面目だけどふざける時はふざける

勉学や部活とそれ以外の行事などの切り替えのON・OFFのスイッチは持っています。

すぐに切り替えができるのです。

恋愛の切り替えスイッチは持ってはいませんが、集中する時と羽目を外すときのスイッチはちゃんと持っています。

仕事や勉強など何かに集中している時は、何を言っても聞いてはいません。

仕事中に彼女からメールが来ても、後回しになってしまいます。

彼女を嫌いになって避けているのではなくて、仕事がオフモードになっていないと彼女に対する反応が鈍くなっているだけのことです。

仕事にキリがつくと、しっかりと返信してきます。

この切り替えのことを理解していないと、男子校の男子とは交際は難しくなります。

メールの返事がすぐになくても、仕事に集中しているんだと、大目に見てやるべきです。

 

イケメンが多い

男子校で文化祭などが開催される時期になると、どの男子校にイケメンが多いかというような情報が飛び交います。

女子高生や若い女性にとって、そんな可愛い男子校イケメンを見たいのです。

男女共学の男子とはひと味違う、男性の中で育った男子が気になるからです。

そして、実際に男子校の文化祭に出かけた人は、確かにイケメンは多かったそうです。

しかし、文化祭などは非常に派手な内容で、しかも男子そのものも派手派手な演出や風袋で参加しているのです。

こんなところに、男子に興味がある女子学生がワンサカと群がってくるのです。

こんな光景を見ていると、さすがに男子校の男子は女性から人気があると分かったのです。

恋愛下手

男子校で育つと、日頃から異性と接する機会が少ないので、異性の気持ちや行動を理解できない時が多いのです。

相手が自分に好意を持っていても、それを素直に受け入れないところもあります。

簡単には異性に心を開かないからです。

慎重なのです。

女性の扱い方が、共学の男子と比べて劣っていると思われること自体が嫌なのです。

恋愛が下手なところを知られたくないという気持ちも強いのです。

奥手

男子校の男子は、男女共学の男子よりも異性と接する時間は圧倒的に少ないのです。

異性に興味がない訳でもなく、環境の違いによってどうしても奥手になってしまうのです。

男女共学では、ちょっとしたことでも異性に相談したリ一緒に何かをすることも多くなります。

先ほどの文化祭なんかでも、共学の方は派手さはないけれども、女性目線で企画されることも多いようです。

男子校の男子は、異性と触れ合う機会が少ないことから、異性との会話がぎこちないこと、態度がそっけなくなること、好きな女性に話しかけられても嬉しそうにしないこと、などの特徴があります。

そして、自分からは異性に話しかけることができなくなるようです。

つまり、かなり奥手の人が多いのです。

もちろん、中には平気でナンパする男子もいますが、平均的には奥手が多いようです。