CoCoSiA(ココシア)

男子校育ちの恋愛傾向9個!共学育ちと比較!


男子校とは、男子のみを対象として教育を行う学校のことです。

別の言い方をすると、男性しか入学できない学校です。

男女別学を基本とする学校なのです。

男子校があれば、女子高もあります。

もちろん、女子高は女性しか入学できない学校です。

第二次世界大戦が終わるまでは、儒教思想に基づいて男女別学による学校教育が行われていたのです。

現在では、小学校から高校間では、男子校と女子高が存在しています。

短期大学・大学・大学院については女子大学が存在しますが、男子大学というのはありません。

このような男女別学の学校は、私立学校を中心に多数存在するのですが、1990年代のバブル崩壊による長期の不況や少子化の影響で、共学化する傾向が強くなってきています。

しかし、関東や関西の名門校と言われている公立・私立学校は、男女別学の学校が多いのです。

そもそも、男女別学になった理由のひとつは、それぞれの役割が明確になっていたからです。

現代では、男女平等の意識が強くなっていますが、戦前の日本では男性は大人になれば働いてお国のために戦うという考え方が普通でした。

これに対して、女性は結婚して子供を作り、子育て・炊事などの家事を行うことが役割と考えられていました。

男女ともに、それぞれが役割を持って生きていくことがあたり前に思われていたので、その役割を教育するために男女別学というシステムが取り入れられていたのです。

男女別学にする方が、効率よく教育ができたのです。

最近では、男女平等という考えが浸透して、雇用の分野でも男女均等に機会を与えるという法律もあります。

学校も男女共学というのが普通になっています。

女性が社会に進出する割合も増えて、結婚しても共働き家庭が増えたのです。

これに関する意見を言い出すときりがありませんので、今回のテーマである男子校に関して特集してみました。

青春時代を過ごす学生生活では、男子校の男性と共学の男性とはどのように見えるのでしょうか?その違いや特徴についてまとめました。

男子校育ちの男が狙い目なわけとは

男子校出身者は、理系とか体育会系の学生が多いようです。

男子校と言うと、進学校というイメージが強いように思われているのですが、部活も盛んで全国大会レベルの学校が多いようです。

共学と違って学校では一心不乱に文武に励むことができるのです。

共学の男子学生は、学校からの帰り道でよくデートをしている風景を見かけます。

手を繋いで歩いていたり、自転車に相乗りして仲良くしているのです。

片や男子校の男子は、いかにもまじめな雰囲気で本を読んだりスマホでひとりで遊んでいるのです。

男子学生が数人集まると、元気な声を出して何やら楽しそうに話しています。

可愛い女子高生を見つけると、遠くで見つめながら観察しているのです。

いきなりナンパなどはできないのです。

ある意味では、男子校の男子は女性と口を利くことも少ないので初心なのです。

文武に励んで男らしい性格なのですが、デートをするほど親しい女子高生を持っている男子は珍しいのです。

反面、女性経験が豊富な男子もいるようで、そんな男子は発展的な好奇心が旺盛な男子もいるのです。

学生の性格としては、二極化しているようです。

そんな男子校出身の男性は、実は女性の間でも企業の間でも人気なのです。

共学で育ってきた男子とは、少し違ったタイプの学生と言えるのです。

このような、男子の恋愛事情とはどのようなものでしょうか?興味がありますね。

男子校育ちの恋愛傾向9個

共学の男子とは、真逆とは言いませんがかなり異なった性格のようです。

共学で学ぶ女子生徒から見ると、本当に思わぬ展開になったり、思わぬ方向に進んでしまうことも多いので、驚かされることも多いはずです。

そんなところも、男子校の男子の特徴でもあり魅力でもあるのです。

理想が高い

例えば、スポーツといえども単なる肉体勝負ということではなくて、理論に基づいた基礎トレーニンも取り入れています。

そのうえで、コーチや監督もスパルタ方式でしごくので、良い成績を得ることもできるのです。

肉知面、精神面の両面で考えて、理想の選手に育てるのです。

目標は全国大会での優勝を目指し、スポーツでも理想が高いのです。

もちろん、勉学の方にも力を入れていて、大学は有名国立大学への合格を目指しています。

理系の生徒も多いので、将来は技術者や研究者、グローバルな商社マンや金融関係の仕事を目指している子も多く、あくまでも理想を高く掲げるのが特徴なのです。

就職やその先の結婚、将来の夢を考える子も多く、共学の男子よりも将来に対する理想は高いと思われます。