何をするにも、他人の目を気にしてしまう人っていますよね。

いつもおどおどとしていて自分に自信がなかったり、周りの目を気にして積極的に行動できなかったりと、他人の目を気にすることで、自分らしく過ごせなくなってしまう人は、世の中には案外多いものです。

他人の目を気にしてしまうと、他人からの評価に依存してしまうため、自分が他人によって振り回されてしまいます。

そうならないためにも、まずは自分がどんな心理から他人の目を気にしてしまうのかを知って、他人の目が気にならないように克服していきましょう!

他人の目が気になる心理や、その克服方法についてご紹介します。

他人の目を気にしてしまう7個の心理

他人の目を気にしてしまうことは、つまり他人の存在そのものに敏感であるということです。

そこに誰かがいるというだけで、相手が自分を見ていなくても、「自分を見ているかもしれない」と思い込んで、自分らしく振舞えなくなってしまいます。

また、今はこちらを見ていなくても、自分が大声を上げたり、目立った行動をとったりすればこちらを見ることは想像がつくため、人目を引きたくなくて、やはり目立たないようにと自分を押し殺してしまう人もいるでしょう。

他人の目をある程度気にすることで、自分が上品に振舞ったり、非常識な行動をしなかったりと、いい意味で自分を制御できることもあります。

しかし度が過ぎて他人の目を気にしてしまう人は、必要以上に自分らしく振舞えなくなってしまうため、人前で行動すること自体がストレスになってしまいかねません。

そんなふうに、他人の目をつい気にしてしまう人にありがちな心理をご紹介していきます。

1.自分に自信がない

自分に自信がない人は自己評価が低いため、他人に依存して他者からの評価を上げようと執着してしまう傾向があります。

つまり、自己評価よりも他己評価を重要視するため、他人の意見や考えによって、自分もそれに合わせて意見や考えをコロコロと変えます。

そんなことばかりをしていると、周りからは「自分がない」や「八方美人」などと思われて、ますます評価が低くなってしまいますが、本人にとっては周りに合わせることで周りの人にいい顔をして、自分のことを好きになってもらおう、または評価を上げてもらおうと必死ですので、周りの顔色を伺うことを止めることができません。

本心では「他人に依存せず、自分の意志でやっていきたい」と思ってはいても、自分に自信がないためそれを行動に起こすことができずに、結局はいつも他人の目や評価を気にしてしまうことがよくあります。

自分で自信を持てないからこそ、他人に依存して自分を評価してもらい、自信をつけようとしたがりますが、それが上手くいかずに悩んでしまう人も多いでしょう。

何が正解か分からない


自分に自信がない人は、一度は自分で「これだ」と思っても、他人がその意見に反論すれば、「間違っているのかも・・」と途端に悩んだり、意見を変えてしまったりします。

つまり自分だけでは、何が正解なのか分からない状態に陥りやすいのです。

もし周りに誰もおらず、自分1人だけであれば、自分で思った通りに進むことができるでしょう。

しかし1人でも誰かが周りにいると、自分の意見よりも相手の意見の方を優先しますので、自分では何が正しいのか、正解が分からなくなってしまいます。

一緒にいる相手の考えがもし間違っていたとしても、相手からの評価を下げたくないため、間違っていたことで相手を責めることはしません。

相手が「合っていると思ったんだけどなぁ」と言えば、「そうだよね、自分もそう思った」と話を合わせて、とにかく相手と同じであることをアピールしようとします。

自分に自信がないからこそ、そうしてとにかく他人の意見に合わせたり、賛同したりすることが多いのです。

2.相手のことばかり気になる

他人の目が気になる人は、とにかく相手のことばかりが気になってしまいます。

同じ空間にいて、相手が自分にまったく興味を示していなくても、自分はちらちらと相手のことばかりを気にしてしまうでしょう。

そして少しでも相手がこちらへ顔を向けると、「今自分のことを何か思っているのかも」と勘繰り、内心ではドキドキしてしまいます。

他人の目が気になる人は基本的にネガティブですので、相手がこちらへ視線を向ければ、相手から変に思われていないか、嫌悪感を抱かれていないかと、悪い方向の心配ばかりをしてしまいます。

実際には何も考えておらず、相手がただこちらの方向へと顔を向けただけでも、自分は過敏に反応してしまい、相手が一言でも何か言おうものならすぐさまそれに気を遣った言葉を返そうとするでしょう。

相手のことばかり気にしていると、かなりのストレスになってしまいますが、当人はそれが癖のようになっているため、どうしても相手のことばかり気になってしまいます。

何を考えているのだろう

悟りの能力でも持っていない限り、人は他人の考えなど読めはしません。

前後の状況から、明らかに相手が今何を考えているのかが予想できることもありますが、そんな状況でもない限りは、相手の考えなどそう簡単に分かるものではないでしょう。

とくに道ですれ違っただけの人や、同じ電車に乗っている人、同じ空間にいても会話も何もしていない人などの考えは、誰にも分かるはずはありません。

そのため、読めない他人の考えなど、いちいち細かく気にする方が時間の無駄ですし、必要以上に神経もすり減ってしまうだけでしょう。

しかし相手のことばかりが気になってしまう人は、無駄と分かっていてもつい相手が今、何を考えているのかと気にして思い悩んでしまいます。

相手がまったく自分とは関わりがなければ、自分のことを考えているわけではなさそうだと安心できるでしょう。

その一方で、一度でも気まずくなったり、トラブルになったりしたことのある相手の場合には、「まだ自分に不満を持っているのでは・・」と相手が何も言っていない内から、勝手に一人で心配して悩んでしまうこともあります。

3.自分と相手を比べてしまう


他人の目を気にする人は、自分と相手とを比べてしまうこともしょっちゅうです。

友だち同士であれば、近況が大きく違っていないかどうか、恋人や配偶者の有無などの違いで相手とついつい比較してしまうことがあります。

また、会社の同僚が集まっている場では、自分と他の同僚1人ひとりとで、容姿や性格、能力や収入の差などを比較して、勝手に自分が安心したり不安になったりします。

ほとんどの場合、当人の心の中だけで比較していますので、それで現実に誰かとトラブルになるようなことはないでしょう。

しかし自分と相手を毎回比べていると、自分が相手よりも劣っていると感じた時には一方的に落ち込みますし、また自分よりも劣っていると感じている相手が上司と親しげに話していると、途端にそれが気になって焦ってしまうなど、とにかく1人で慌しくあれこれと考えてしまうことが多いでしょう。

相手と対等でいられているのか

自分に自信がないと、常に自分と相手とを比較して、自分がはたして相手と対等でいられているのかといつも気にしてしまいます。

相手よりも優れていたとしても、ちょっとしたことで自信をなくしてしまいやすいため、あまり天狗になることはありません。

その一方で、相手よりも少しでも自分が劣っていると感じると、周りの目や評価を気にして焦ってしまい、慌てて劣っている分を取り戻そうとするでしょう。

そのため、他人の目を気にする人にとっては、周りの人と自分が常に同じレベルでいられるかどうかを何よりも気にしています。

周りから対等でなくなってしまうと、悪い意味で自分が目立ってしまうと考えていることも多いです。

上にも下にも離れすぎず、適度に同じような位置や立場を保つことで、自分も周りと同じなのだと安心できます。

そうやって周りの人に依存することは、周りからの評価を下げてしまうことになります。

しかし当人にとっては、それが一番安心できるやり方なので、なかなか変えることはできないでしょう。

4.自分のことをどう思っているのか気になる

他人の目を気にしてしまう人は、いつでも他人からの自分に対する評価を気にしています。

他人から嫌われたり、悪く思われたりすることを極端に恐れているため、いつも周りからはよく思われていたいと周りに都合よく振舞うことが多いです。

大人になると、誰もがある程度自分の本心を隠して仕事や私生活を送りますので、周りの人達が自分に対してどう思っているのかがハッキリと分からずに、もやもやと思い悩んでしまうことも少なくはないでしょう。

かといって、相手に対してストレートに「自分のことをどう思う?」などと聞ける勇気は到底ないため、いつも悶々と悩んでしまうことが多いのです。

大抵の人は、周りの人の自分に対する態度や言動、雰囲気などから相手が自分をどう思っているのかを予想します。

他人の目を気にする人は、その中でもとくに相手の自分に対する些細な態度の変化にも敏感ですので、ちょっとしたことで「嫌われたのではないか」と不安に感じることもあるでしょう。

例えそれが、たまたま相手が不機嫌なだけだった場合でも、自分に対して不機嫌になっているのではないかと考えてしまうことが多く、余計な気苦労が絶えないことでしょう。

嫌われたらどうしよう

自己評価が低い人ほど、他人からの自分に対する評価に依存します。

すると他人から好かれることで自分に自信を持てますが、その一方で他人に嫌われてしまうと、さらに自分に対する評価が下がってしまうため、不安で仕方がありません。

そうした心理から、常に他人に嫌われることを恐れて生活している人も実は少なくないでしょう。

他人から与えられる評価に自分の精神を依存している人は、少しでも他人とトラブルになると、すぐに「嫌われたらどうしよう」と考えてしまいます。

もしトラブルになった原因が相手にあったり、相手の態度や言動が悪かったりしても、それでも相手に嫌われたくないと考えて、必死になって自分から下手に出てしまいます。

すると相手は調子に乗って、相手との間で上下関係ができてしまいますが、それでも相手に嫌われるよりはいいと思い、相手よりも下の立場で甘んじてしまう人もいるでしょう。

5.マイナス思考

他人の目を気にする人は基本的にネガティブでマイナス思考です。

自分に自信がある人はポジティブでプラス思考ですので、誰かが自分を見ていれば、それをいい意味で注目していると捉えるでしょう。

また、人間関係でトラブルが起きても、「本音で話し合えば分かり合えるはず」と相手に合わせることなく自分から全力でぶつかっていきますし、もしそれで相手と疎遠になってしまっても、「相性の良し悪しはあるものだから仕方がない」と割り切る心の強さを持っています。

一方でマイナス思考の人は、それがすべて正反対に働いています。

誰かが自分を見ていれば、それを悪い意味で捉えますし、人間関係でトラブルになれば「嫌われてしまったのでは」と不安になります。

そして嫌われたくないからと自分の本音を隠して相手に接し、相手に合わせたりいい顔をしたりして、無難で平穏な人間関係を築こうとするでしょう。

また、誰かが自分を見限ったら、相性云々などと考える余裕もなく、それこそちょっとした絶望感を味わってしまいます。

他人の目を気にする人にとっては、人に見限られることはそれだけショックの大きいことなのです。

そうしたマイナス思考を常に持っているため、不安だったり心配だったりすることが尽きないのでしょう。

6.相手に合わせていれば安心

人と違うことをすれば、それだけ周りからは注目を浴びますし、人によっては馬鹿にされたり、悪い意味で見られたりすることがあります。

他人の目を気にする人は、それが怖くて人とは違う行動をとることができません。

人と違う行動をして注目を浴びるくらいなら、集団の中に紛れて、どこに自分がいるのか分からないような状態である方がいいと思うことでしょう。

他人の目は、目立つ動きをする人の方へと向かいます。

その矛先が自分に向かないようにと、常に周りの動きに合わせて自分も動き、そうやって相手に合わせることで安心感を得ています。

人と違う人生を歩みたい人や、注目を浴びることが好きな人からすれば、群れの中にいて目立たない人生などとてもつまらなく思えることでしょう。

けれども他人の目を気にしてしまう人にとっては、そうした平凡でまったく目立たない人生こそが、安寧で幸せに思えるのです。

同じようにしていれば大丈夫

他人の目を気にする人ほど、「周りとは違う」ということをとても恐れます。

周りと違うことは注目を浴びるだけでなく、時には非難に晒されることもあります。

他人の目が気になる人というのは、例えそれがいい意味での注目であっても、とにかく他人の視線に自分が晒されるということ自体に抵抗を感じます。

そしてできるだけ目立たず無難に過ごしたいと考えていますので、人よりも決してでしゃばらず、集団があるなら常にその真ん中あたりに自分がいようと努力するでしょう。

「みんなと同じようにしていれば大丈夫」という安心感を得るために、周りの人達と同じようなレベルでいるように努め、目立つ発言は控えて、一緒にいる人の動きに自分も合わせようとする癖がついています。

そのため、例えば誰かと一緒にいる時に、自分の方に先に意見を求められてしまうと、途端に困惑してしまい、できるだけ他の人と一緒になるような意見を考えます。

しかしそれが他の人とは違っていた場合には、慌てて他の人の意見に賛同して、自分の意見をなかったことにしようとするでしょう。

7.その場の空気ばかり気にする

他人の目を気にする人は、その場の空気を読むことには長けています。

しかし、その場の空気ばかりを気にしてしまうため、自分自身の考えを全く表に出せなかったり、時には揉め事に巻き込まれておろおろしてしまったりすることもあります。

例えば3人で過ごしている時に、2人の意見が対立してしまったら、2人は自然と自分に対しても意見を求めてくることでしょう。

自分の意見をきちんと言える人であれば、どちらかの意見に賛同するなり、2人とはまた違う意見を出すなりして、その場で徹底的に討論をすることでしょう。

しかし、いつも一緒にいる人に意見を合わせていると、突然自分の意見を求められた時には焦ってしまい、上手く発言できなくなってしまいます。

そして片方に賛同すればもう片方との関係が悪くなってしまうことに悩み、ハッキリと意見が出せないままでいた結果、どちらからも嫌われてしまうということにもなりかねないでしょう。

こういう時はこうしなければいけない

その場の空気ばかりを気にしていると、「こういう時にはこうしなければいけない」という固定観念に囚われてしまって、がんじがらめになってしまうことがあります。

例えば場の空気がピリピリしているのなら、誰かがふざけてその場を和ませるのが最適な方法だとしても、「今は黙っていなければ」と思ってしまい、気を遣うことができずに場の空気が気まずいままになってしまうことがあるでしょう。

また、皆がふざけている時には、例えそれが非常識な内容であったとしても、「自分も同じようにふざけなければ」という気持ちが働いて、非常識だと分かっていてもついふざけてしまうこともあります。

その結果、それが大きなトラブルになった時には、否応なしに自分も責任をとらなければならなくなってしまうでしょう。

他人の目を気にしてしまう人ってどんな人?

他人の目を気にしてしまう人とは、どのような人なのでしょうか?誰でもそれなりに他人の存在は気になるものですが、ある程度の注目であれば、むしろ心地よく思える人もいるでしょう。

他人の目が気になる人は、あまりいい意味で気になることはありません。

マイナス思考で他人の視線を気にしてしやすい人に共通する特徴を以下に挙げていきます。

自分に自信がない

先にもご紹介しましたが、自分に自信がない人は基本的に自己評価が低いです。

自分で自分に対する評価が低いために、他人に対して自分への評価を求める傾向があります。

他人からいい意味で認められれば嬉しく感じますが、他人からの視線そのものについては、ついつい悪く捉えてしまうことが多いです。

例えば目が合っただけなのに、「自分に対して何か不満があるのだろうか」と一方的に悩んでしまったり、誰かが噂話をしていれば「自分の悪口ではないだろうか」と勝手に思い込んでしまったりします。

大抵それらの思い込みは誤解ですが、視線を気にするあまり挙動不審になってしまい、本当に変な噂を立てられてしまうこともあるでしょう。

相手に流されやすい

自分なりに意見を持っていても、誰かが自分とは違う意見を出したら、すぐにそれに流されてしまうことがあります。

例えば自分はしっかりとした根拠があって、その上で黒だと思っていても、誰かが根拠もなく白だと言えば、「そうかもしれない・・」と思って考えを変えてしまうことがあるでしょう。

当人にとっては、自分の意見の正しさよりも、相手の意見の方が正しく思えてしまうことが多いです。

また、相手に意見が流されてしまった結果、それが間違いだったとしても、それで相手を責めることもできないでしょう。

自分1人だけであれば正しい答えを導き出すことができても、誰か1人でもその場にいると、途端に自分の意見が頼りなく思えてしまい、相手任せにして流されてしまうことが多いです。

自分の意見がない

自分の意見がない人は、いつでも他人の意見や行動に合わせる傾向があります。

自分だけであれば冷静に考えて行動することができても、誰かが同じ場所にいれば、相手の意見や行動にすべて合わせようとして、自分の意見をなくしてしまいます。

例えそれで相手から「鬱陶しい」「自分で考えて意見を出せ」と言われても、一応は考えるものの、やはり相手が意見を言い出すまでは待ったり、相手の意見に賛同したりして、ますます相手に鬱陶しがられてしまうことになるでしょう。

自分の意見をなくすことで相手に賛同して、それで相手といい関係を築こうとする人もいますが、大抵はそれが逆効果になってしまっていることも多いです。

しかしそれが分かっていても、自分の意見を堂々と出すことはできないでしょう。

臆病

臆病な性格をしている人は、常に周りの顔色をうかがったり、他人の目を気にしてしまったりします。

動物的な本能で考えれば、臆病な人ほど危機管理能力が高いため、生きるための術を身に付けていると言えるでしょう。

しかし、現代社会で生活する人間としては、臆病過ぎると逆に周りに気を遣い過ぎて、自分が生き辛くなってしまうでしょう。

常に他人の視線や評価を気にして、おどおどとしていると、周りからはますます浮いてしまったり、嫌われてしまったりします。

すぐに意見を求めてくる

他人の目を気にする人は、常に他人からいい評価を得ようと必死になります。

そして何かあれば、自分の意見を出すことなく、すぐに相手に意見を求めてきます。

意見を求められる方にしてみれば、「まずは自分で意見を考えろ」と言いたくなりますが、当人からすれば「自分で意見を出したとしても、どのみち相手に合わせるのだから意味はないだろう」と思えてしまい、自分の意見を考えてもそれを堂々と口に出すことはできないでしょう。

すぐに相手に意見を求め、自分もよく考えないままでそれに賛同しますので、相手からすれば胡散臭く思えてしまうこともあります。

相手の気持ちを確認してくる

意見を出し合ったり、何かを決めたりする上で、相手の気持ちを確認するのは大切なことです。

けれども、それも度が過ぎてしまうと、相手の顔色や機嫌を伺うことになり、相手の都合よく自分が動いてしまうことになります。

また、相手の気持ちを確認して、それが自分の気持ちとは違っていた場合に、話し合いをすることもなくすぐに相手の気持ちの方に合わせてしまうのは、優しさとは異なるでしょう。

けれども癖のように、いちいち相手の気持ちを確認するため、聞かれる相手は鬱陶しく思えてしまうこともあります。

克服する方法はある!?

他人の目を気にしてしまう人が、それを克服する方法はあるのでしょうか?

もちろんそれには、日頃から他人の目が気にならないように自分で意識することが大切ですが、一朝一夕でできることではないでしょう。

元々人目を気にしていた人が、まったく人目が気にならなくなるためには、ある程度の努力や時間はかかってしまいます。

それを根気強く出来る人だけが、努力の甲斐あって人目を気にしなくても済むようになるでしょう。

では、具体的にはどのようなことを心がけて、日々努力していけばいいのでしょうか?他人の目が気になってしまう自分を、克服する方法を以下にご紹介していきます。

自分は自分と思う!

自分は自分であり、他人は他人です。

当たり前のことですが、この当たり前のことが身に付いていないからこそ、他人の目を気にしてしまい、他人に合わせた自分になってしまいます。

自分と他人とでは、意見や価値観、考え方が違うのは当たり前です。

それをきちんと理解できるようになれば、人と意見が違ってもそれで「合わせなければ」と焦ることはなくなりますし、人と違う意見によって他人の視線を浴びても平気になれるでしょう。

もちろん「自分は自分」だと意識したところで、すぐに他人の目が気にならなくなるわけではありません。

他人の目が気になった時には、「あの人と自分とは違う人間なのだから、その違いから注目されるのは普通のことだ」と自分に言い聞かせる癖をつけましょう。

見られていることをマイナスに捉えるのではなく、見られても当たり前のことと受け止めるようにすれば、少しずつ他人の目が気にならなくなります。

【人と比べることをやめる方法は、こちらの記事もチェック!】

気を許せる友達を作ろう!

どんなに友達が周りにいても、自分が本心から心を許して話ができる友達でなければ、結局は他の人と同様に、相手に気を遣って合わせてしまうことになります。

それでは上辺だけの友情でしかないため、友達と一緒に過ごしていても、自分が孤独を感じたり、虚しくなったりする瞬間が生まれてしまうでしょう。

たった1人だけでもいいので、自分が心から気を許せる友達を作れば、少なくともその友達の前では、自分を偽る必要もなく、友達に合わせる必要もなくなります。

相手も自分と本心から話せると感じてくれているのなら、例え意見がぶつかって喧嘩になっても、必ず仲直りができるはずです。

まずはたった1人だけでも、自分が心底から気を許せる友達を作りましょう。

自分の思うままに振舞ってみる!

時には自分本意な考え方をすることで、周りに気を遣い過ぎることなく、適度にストレス発散ができるようになります。

他人の目が気になっている内は、他人からの自分への評価を気にしてしまっているということですので、そんな自分を自覚した時には、思い切って自分の思う通りに振舞ってみましょう。

例えば、「注目されたくない」と考えてしまっているのなら、あえてちょっと大声を出したり身振りを大きくしたりして、周囲の視線をわざと浴びてみましょう。

もちろんとても恥ずかしいですし、抵抗がありますが、自分から荒療治のようにそれを繰り返していると、次第に視線を浴びることに慣れてきます。

視線を浴びることに慣れてしまえば、他人からの目がさほど気にならなくなるため、自分の思うままに振舞ってもそれで他人からの評価を恐れることはなくなるでしょう。

プラスの言葉を言うように!

他人の目を気にしてしまう人のほとんどは、基本的にネガティブでマイナス思考をしています。

何でも悪い方向へと考えてしまうため、人から視線を向けられたら、自分に対して悪い感情があるのでは、と思い込んでしまうことも多いです。

しかし、それではいつまで経っても他人の目が怖いままですので、マイナス思考にならないように、日頃からプラスの言葉を言うようにしましょう。

例えば「仕事が遅いからもうこんな時間になってしまった」なら、「仕事に夢中になっていて、いつの間にかこんなに時間が過ぎていた」と言い換えるだけで、前向きな言葉に聞こえるでしょう。

1つひとつの自分の言葉に対して、常にプラスの言葉で言うようにすれば、次第に気持ちがマイナスからプラスへと変わってくるでしょう。

他人の目を気にしてしまうのは相手のことを考えているから

他人の目が気になってしまう人ほど、相手のことをよく考えています。

自分が相手に嫌われたくないという感情があれば、相手が自分に対してどんなふうに考えているのかをできるだけ細かく知ろうとしますし、他人と意見を合わせるためにも、相手の意見をより具体的に知ろうとするでしょう。

他人の目が気になる人ほど、そうして相手に対して気持ちの歩み寄りができますので、他人の目を気にすることは何も悪いことではありません。

しかし、それも度が過ぎてしまうと、自分らしさや自分の良いところまで失くしてしまいますので、相手のことを考えながらも自分の考えや気持ちも大切にできるように、日頃から意識して行動しましょう!