CoCoSiA(ココシア)

草食系男子に告白させる9個の方法。その気にさせて実らせよう


好きになった相手は草食系男子だった…。

そんな女性の皆さんなら、良い雰囲気になっても告白してくれない草食系男子にモヤモヤしてしまうこともあるはずです。

できれば彼から告白して欲しいのに、「自分からするしかないのかな?」なんて悩んでいる女性も少なくないのでは?

そこで今回は、『草食系男子に告白させる作戦』を大特集!

相手から告白してもらうのにも、待っているだけじゃダメなのが草食系男子です。

ご紹介する作戦を参考に、彼からの告白を引き出して♡

進展のない恋を実らせましょう!

今回は草食系男子に告白させるときの注意点なども詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

今増えている草食系男子!

近頃の日本男子に増えてきた!そう言われているのが草食系男子です。

草食男子をネーミングした深澤真紀さんの定義によると…草食系とは「恋愛に“縁がない”わけではないのに“積極的”ではない、“肉”欲に淡々とした“草食男子”」とのこと。

論じられるにつれて「心優しい男性」を指す言葉として使われたり、ガツガツした肉食系の対比として草食系が使われたりすることもありますよね。

いずれにしても『恋愛』においては、“ガツガツしておらず積極性に欠ける”のが草食系男子です。

そんな草食系男子の心優しいところは、女子にとって魅力的な部分でもあります♡その優しさに惹かれる女子も少なくありません。

でも困るのが、「草食系な彼が相手なだけに恋が進展しない」こと。

良い雰囲気になっても、ここぞというときに告白してくれないので、もどかしい思いをすることになってしまうのです。

好意があっても告白しないのが草食系!

草食系男子は、好意があってもなかなか告白に踏み切ることができないようです。

草食系男子へのある調査では、「好きな女性ができたら告白は自分からする」と答えた人は55.5%。

「自分から告白しない」派とほぼ半々の結果でした。

“半数は自分から告白する”という結果は、意外にも多く感じるかもしれません。

しかし、告白するにしても時間がかかるのが草食系男子であることをお忘れなく!

さらに、草食系男子のうち約半数は「告白しない男子」となると、草食系男子との恋愛は進展が遅いのが想像できますよね。

ガツガツした遊び人よりは誠実さを感じて良いですが…かといって、告白がなければ恋愛は進展しません。

待ちきれずに女子側から告白したくもなりますが、できれば「男性から告白されたい」というのが女心です。

草食系といえども彼から告白して欲しい!

ならば、女性から告白させるよう仕向けるしかないのかも…!?

女性から告白させるよう仕向けるしかない!?

「好きな女性ができても自分から告白しない」という草食系男子の意見を見てみると、「恥ずかしい」「自分なんて…」「相手から告白されたい!」「振られて傷つくのが嫌」…と、なんとも女々しい(笑)言葉が並んでいます。

これが草食系男子でもあるのですが、「告白のときくらい男を見せて!」と言いたいのが世の女性たち。

告白くらいしてくれなきゃ、女性としての喜びも感じられませんよね。

彼と素敵な恋愛をするためにも、甘酸っぱい恋愛のドキドキ感を味わうためにも、ぜひとも彼から告白してもらわなければなりません!

そこで決行すべきは…『草食系男子に告白させる作戦』なのです♡

草食系男子に告白させる9個の作戦

恋愛に対して消極的な草食系男子と良い雰囲気になっても、待てど暮らせど告白してくれる様子がない…。

そんな時、女子としては草食系男子の短所を強く感じることになるのだと思います。

根負けして「自分から告白するしかないのか」とも思わされるけど、そこで告白してしまったら、もう彼の気持ちを聞く機会はないかもしれません。

女子側から告白して付き合うことができたとしても、なんだか腑に落ちない気持ちを持ち続ける可能性がありますよね。

ですから、今後のためにもできれば彼に告白してもらうべきです!

そこで試して欲しいのが、『草食系男子に告白させる作戦』です。

女子側から告白させるよう仕向けて成功すれば、彼との恋愛に不満や不安も残りません!

カップル成立の幸せを噛みしめることもできるでしょう♡

ここからご紹介する作戦を参考に、草食系男子から告白を引き出しちゃいましょう!

1.アタックしまくる


草食系男子に告白させる作戦その1は、『アタックしまくる』ことです。

草食系男子は、「相手から告白して欲しい」と思う人がいるほど告白に消極的です。

そう考えてしまうのは、傷つくのが怖かったり恥ずかしさがあったりするからで、恋愛したくないわけではありません。

つまり、そんな草食系男子に告白させるためには、背中を押してあげる必要があるのです。

たとえば、連絡はこちらからして消極的な面をフォローする。