オシャレにまったく気を遣わない人や、何年も同じような服装と髪型をしている人は、他人から見た時に野暮ったい印象に映ってしまうでしょう。

野暮ったい格好をしていると、ダサく見えるだけでなく、私生活までだらしない印象で見られてしまうこともあります。

そのため、本当はいいところもたくさんあるのに、外見だけで判断されてしまって損をしてしまう人もいるでしょう。

野暮ったい人に見られる特徴や、野暮ったさをなくして垢抜けるための方法をご紹介します。

「もしかして私、野暮ったいかも・・・」と思う人は、今日から垢抜ける自分を目指しましょう!

私って野暮ったい!?不安になりますよね

自分が野暮ったいか垢抜けているかは、自分ではなく他人に判断されることが多いです。

自分ではそれなりに身だしなみに気を遣っているつもりでも、周りから見た時には「野暮ったい人」と思われてしまっているかもしれません。

野暮ったいとダサく見られてしまいますので、可愛く見られたい女性や、しっかり者と思われたい人にとっては野暮ったさをどうにかしてなくして垢抜けたいと思うものですよね。

流行遅れの格好をしていたり、髪型が整っていなかったりと、さまざまな理由で野暮ったく見られてしまいますので、自分が野暮ったいかどうか不安だという人は、本音で話してくれる友人や家族に、今の自分について尋ねてみましょう。

もしもそれで野暮ったいと言われてしまったら、ショックを受けるのはほどほどにして、今日からでも垢抜ける自分でいられるように努力しましょう。

野暮ったい人の10個の特徴とは

野暮ったい人には、そう思われてしまういくつかの特徴があります。

ということは、その特徴を改善すれば、垢抜けることも可能ということです。

自分が野暮ったいかどうか気になる人は、これから挙げていく特徴に自分が当てはまっているかどうかを一つずつ確認していきましょう。

もしも当てはまっているものがあれば、もしかしたら今のあなたは周りから見た時に「野暮ったい人」に思われてしまっているかもしれません。

その場合は早めに垢抜ける努力をするためにも、まずは今の自分がどうか以下の特徴で確認してみましょう。

地味


野暮ったい人は総じて地味なことが多いです。

地味というのは目立たない存在ということです。

例えばクラスや会社内で、いつも華やかに目立っている人っていますよね。

その人がいるだけで、パッとその場が明るくなるような人は、間違いなく垢抜けている存在でしょう。

その人を見れば良く分かるように、垢抜けている人は身だしなみがしっかりと整っています。

髪型から服装まで、「人に見られる」ということを意識して小綺麗にまとめられています。

髪は綺麗に染められたり、パーマをかけられたりしてきちんと手入れをされているのが一目で分かるでしょう。

服装は派手でも下品でない格好や、華やかでも上品さを感じさせるような格好をしていることでしょう。

また、メイクもきちんと整えられていて、派手過ぎずスッピンでもないことが多いです。

学校や職場で目に付く人というのは、いつでも身だしなみが整っていて清潔感がありますので、自然と好印象で周りからも見られることが多いです。

その一方で、地味な人はその場にいても他の人に気付かれなかったり、まったく目を向けられなかったりと、とにかく目立たない存在であることが多いでしょう。

それはその人の髪型や服装が、垢抜けている人とは正反対だからです。

服がダサい

オシャレな人は、纏っている服が自分の雰囲気や体型、年齢にピッタリと似合っています。

例えそれがブランド物の服ではなくても、その人に似合っていれば十分に垢抜けているように見えるでしょう。

また、時々とにかく派手な服や奇抜なファッションをしている人がいますが、メイクや髪型で服装に合わせようと努力をしていれば、人から「ダサい」とは思われないでしょう。

一方で野暮ったい人は、いかにもダサい服装をしていることが多いです。

ダボッとした服がだらしない印象になっていたり、服のデザインや柄がごちゃごちゃしていたりして、頑張って努力をしてもどうしても人からはダサく見えてしまいます。

オシャレな人の場合には、同じようにダボッとした服やごちゃごちゃした柄の服を着ても、上手にそれを着こなしています。

しかし野暮ったい人の場合には、髪型やメイク、アイテムなどで服装をオシャレに見せる努力をしていないため、オシャレな人と同じような服装をしてみたところで、野暮ったさは抜けないでしょう。

小物使いが下手

野暮ったい人は、小物使いが下手なことも多いです。

例えば大きめの丸眼鏡やチョーカー、ブレスレットや腕時計など、ちょっとした小物一つでファッションをオシャレに見せることは十分に可能です。

ファッションを楽しんでいる人は、常に今日の自分の服装に合う小物も考えて身に付けていますので、自然とトータルのファッションも磨かれます。

一方で野暮ったい人の場合には、どんなふうに小物を使えばオシャレに見えるか分からなかったり、「とにかく小物をつけていればいいや」と適当に身に付けたりすることが多いため、余計にダサく見えてしまうことがあるでしょう。

一昔前のメイク

一昔前のメイクほど、ダサく見えるものはないでしょう。

例えば一昔前の年齢の人がそのメイクをしているのなら、顔に馴染んで自然に見えるかもしれません。

しかし、まだ若い女性が一昔前のメイクをしていたら、受け狙いと思われるか、単にダサいと思われてしまうだけでしょう。

メイクはファッションと同じで、その時代によって流行がどんどん変わっていきます。

眉が細い方が流行りの時期もあれば、太い眉が流行る時期もあります。

毎回のように流行の変化に敏感になってメイクの方法も変えている人は、きっと誰が見ても垢抜けて見えることでしょう。

一方で、一昔前のメイクのままでいつまでも過ごしている人は、それだけで周りの人からは「ダサい」「野暮ったい」と思われてしまうでしょう。

毎回細かく流行に合わせる必要はありませんが、季節に合わせたり、流行に流されずに万人受けするようなメイクをしたりしなければ、人によっては野暮ったく思われてしまうでしょう。

声がガサガサ


声がガサガサで艶や張りが感じられない人も、野暮ったく思われてしまいやすいです。

元々ハスキーボイスの人もいますが、ハスキーとガサガサとはまったく声の聞こえ方が違います。

ハスキーボイスの人は、しゃべり方を意識したりファッションに気を遣ったりすれば、大人っぽくセクシーな女性として垢抜けることが可能でしょう。

しかし、寝起きや二日酔い、カラオケのし過ぎて枯れたようなガサガサ声をしていると、どんなに外見を磨いたところで声を出したら野暮ったく思われてしまうことでしょう。

声質は生まれ持ったものですので、そう簡単に変えることは出来ません。

けれどものど飴を舐めたりマスクをしたりして、常に喉を大事にしていれば、多少は改善させることも出来ます。

しかし野暮ったい人はそうした努力を面倒臭いとやらないことが多いため、いつまでも野暮ったい印象のままなのでしょう。

姿勢が悪い

姿勢が悪い人は、それだけで野暮ったく見えてしまいます。

どんなにオシャレをしたり、流行のメイクをしたりして外見が垢抜けても、普段から猫背の姿勢で歩いたり、イスに座った時に姿勢が悪かったりすると、一気に品がなくなって野暮ったく見えてしまいます。

姿勢というのは、その人の教養や育ち、品格を表わします。

例えダサい服装をしていても、ピンといつも背筋が伸びていれば、元々の素材が良く見えることでしょう。

一方で、どれだけ見た目が綺麗でも姿勢が悪い人は、品や教養がないように見えたり、柄が悪く見えたりすることでしょう。

姿勢とはそれだけ人の印象を決める上で大切なものなのです。

ガサツ

ガサツな人は、言葉や動作が荒っぽく、細かいところにまで気を遣うことがありません。

例えばあなたがちょっといいなと思う異性がいたとして、その人と食事で座敷に上がることになった時に、相手がポイポイと適当に靴を脱ぎ散らかしていたら、その時点で気持ちが少し冷めてしまいますよね。

また、ものを口に含みながらベラベラと喋ったり、犬食いをしたりと粗っぽい動作で食事をしたら、どんなに顔がいい相手でも「この人はないな」と思うことでしょう。

あなた自身も人に対して言動や態度で評価を下すように、周りの人たちもあなたの動作や態度を見て野暮ったいかどうかを判断しています。

脱いだ靴を揃えなかったり、イスに座った時に足を開いたりとガサツな態度を取っている人は、まず垢抜けた人には思われないことでしょう。

それどころか、女性としてはマイナスの点数がつけられてしまうかもしれません。

子どもっぽい

外見や振る舞いが子どもっぽい人も、野暮ったく思われてしまいやすいです。

例えば可愛らしい服装が好みだからと、年齢にそぐわないフリフリの服装をしていると、それを見た人からは「見苦しい」「ダサい」と思われてしまうかもしれません。

また、動きやすいからといい歳をしてTシャツに短パン姿をしていても、やはりダサく見られてしまうでしょう。

服装は年齢よりも子どもっぽいと野暮ったいだけでなく、みっともないと思われてしまうこともあります。

また、空気を読まずに自分勝手に行動したり、周りに迷惑をかけるようなわがままな発言をしたりと、子どもっぽい言動や振る舞いをしている人も、やはり野暮ったく思われてしまうことでしょう。

髪がボサボサ

髪がボサボサな人は、野暮ったいだけでなく、清潔感もないと思われてしまいます。

清潔感は実際の清潔さとは違います。

どんなに毎日お風呂に入って綺麗にしていても、見た目が綺麗に見えなければ意味がありません。

反対に、例え昨日お風呂に入っていなくても、きちんと髪型を整えている人は、見る人から清潔に思われるでしょう。

清潔感とは、人から見た時の自分の印象ですので、実際の清潔さとは少し違っています。

そのため、例え髪の状態が実際には綺麗でなくても、見た人から清潔感があるように思われれば、野暮ったくは思われないでしょう。

一方で、お風呂に入ったばかりでも髪がボサボサでだらしなければ、見る人からは野暮ったく思われてしまうでしょう。

性格が暗い

性格が暗い人も、野暮ったく思われてしまいます。

野暮ったい人のほとんどは、引っ込み思案だったり人と接することが苦手だったりと、性格も人より一歩引いたところがあります。

自分の見た目と性格はそれなりに比例しますので、垢抜けたファッションを身にまとっていれば、自然と服装に気持ちが引っ張られて前向きになります。

しかし、服装が地味だと性格も控えめのままですので、明るく振舞うのは難しいでしょう。

性格が暗い人は、服装もダサく、また髪型にも気を遣っていない人が多いです。

コミュニケーションをとるのが極端に苦手な人では、前髪を長くしてわざと視界を遮ることもあるでしょう。

しかしそれでは、余計に暗くて野暮ったい印象に思われてしまいます。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、それが外見にも性格にも表れています。

自信がないからこそ目立つ格好も出来ませんし、発言や行動で自己主張をすることも出来ません。

自分に自信をつけるためには、積極的に服装を変えてみたり、メイクを変えてみたりする必要があります。

すると見た目の変化に自然と性格もついていきやすので、服装が明るくなれば性格も明るくなれる人はいます。

けれども野暮ったい人は、そうした努力をせずに自信がないままで過ごしていますので、自分が変わろうとしなければいつまで経っても野暮ったいままでしょう。

野暮ったさをなくして垢抜ける6個のポイント教えます!

野暮ったい人は、恐らく自分でも何となく「野暮ったいかも・・」とは感じていることでしょう。

垢抜けている人と自分とをよく比較している人であれば、自分の野暮ったさを自然と自覚するでしょう。

そんな野暮ったさをどうにかしてなくしたいと思いながらも、どうすればいいのか分からずに悩んでしまうこともあると思います。

そんな悩める人のために、ここから先は野暮ったさをなくして垢抜けるためのポイントをいくつかご紹介していきます。

ぜひ参考にして、野暮ったさからの脱出を目指しましょう!

髪型を変える

女性は髪型一つでがらりと印象が変わります。

ロングヘアだった人がバッサリとショートカットにすると、それだけで明るく活発な雰囲気に変わるでしょう。

また、ただ伸ばしていただけの髪型にパーマをかけたり、カラーリングをしたりすると、落ち着いた大人の女性の印象に見えるでしょう。

髪型一つで女性の印象は大きく変わりますので、まずは髪型からイメチェンを目指しましょう。

ロングヘアの人はカラーリングやパーマ、もしくはカットするのもいいですし、ショートヘアの人もパーマやカラーリングで印象を変えてみましょう。

とくに髪が痛んでいる人は痛んだ部分をしっかりとカットし、染めた髪がプリンになっている人は綺麗に染め直しましょう。

ダイエット

スレンダーな人とぽっちゃりしている人とでは、どちらが野暮ったく見えるでしょうか?残念ながら大半の人はぽっちゃりした体型の人ほど野暮ったく見えると感じるでしょう。

どれだけスタイルが良くてもダサいファッションをしていれば、野暮ったくは見えます。

しかしスタイルがいい分、「ダサい、けど磨けば光りそうだな。」と悪くない印象で捉えてもらうことはできます。

一方でぽっちゃりした体型をしていると、オシャレをするにも限度がありますし、気を遣わなければ一気に野暮ったく見られてしまいます。

そのため、野暮ったさをなくしたいと思うのなら、ある程度のダイエットも必要でしょう。

とはいえ、日本人女性は一般的な体型よりもかなり細めの体型を理想とする人が多いです。

モデル並みの細さを目指す人も多いですが、あまり細すぎてもみっともなく見えてしまうことがありますので、平均的な体重をダイエットの目標にするといいでしょう。

自分の身長から平均体重を比較して、それをオーバーしていなければ少なくとも太ってはいませんので、服装や髪型で野暮ったさをなくしていきましょう。

しかしもし平均体重をオーバーしていたら、多少はダイエットに励む必要もあるでしょう。

痩せることで綺麗になれますし、またオシャレも好きなだけできます。

野暮ったさをなくすだけでなく自分に自信がつきますので、必要があればダイエットもやりましょう。

メイクする

メイクは野暮ったさをなくす効果的な方法です。

メイクをしっかりとしていれば、例え服装がダサくてもなんとかなることもあります。

また、メイクをすれば自然と今の自分の服装が顔に見合っているかが分かるようになるでしょう。

完璧にメイクをして顔を整えたら、次はきっと髪をいじりたくなるでしょう。

そして髪型も決めたところで、さらに今後は自分の服装が気になることでしょう。

ただオシャレな服を探すよりも、自分のメイクに合った服を探せば、メイク、髪型、ファッションとトータルでオシャレにコーディネートすることも可能でしょう。

雑誌を読む

メイクの仕方が分からないという人は、雑誌を読むのがおすすめです。

雑誌には服装や髪型、顔の形などに合わせてさまざまなメイクの方法が紹介されています。

今流行りのメイクから、安定したメイクまでたくさん載っていますので、自分に見合ったものを探してメイクの練習に励みましょう。

また、雑誌を買うのに抵抗があるという人は、ネットで検索することもできます。

ネットであれば無料ですし、メイク動画なども参考に出来るためおすすめです。

メイク道具は雑誌やネットに載っているものを必ずすべてそろえなければならないということはありませんが、一通りの道具は揃えておいた方が多いでしょう。

眉毛を手入れする

メイクをすることも大切ですが、まずは素材の手入れをすることも重要です。

服装やメイクが付け加えるものであるとしたら、素材とは髪や眉、肌のことです。

眉毛の場合はその形によって顔の印象ががらりと変わります。

細ければキツイ印象に、やや太めであれば優しい印象になります。

しかし太過ぎる眉毛やまったく手入れのされていない眉毛では、それだけで野暮ったい印象になってしまいますので、必ず眉毛の手入れもするようにしましょう。

極端に長さや太さを変える必要はありませんので、眉の形に沿って綺麗に整えておきましょう。

流行の服装を着る

オシャレな格好が分からないという人は、流行の服装を着ましょう。

雑誌やネットでモデルが着ている服をそのまま一式購入すれば、コーディネートの必要もなしにオシャレな服装をすることが出来ます。

ただし流行の服を着る際には、必ず髪型やメイクも磨いておきましょう。

スッピンにボサボサの髪の毛で流行の服に身を包んでも、オシャレな服に着られているだけの状態になってしまいます。

そうなるとかなりわざとらしい服装になって余計にみっともなく見えてしまいますので、髪型やメイクも整えながら、流行の服に身を包みましょう。

自分に合ったものを

いくら流行の服装をしても、それが自分に合っていなければさらに野暮ったく見えてしまいます。

流行の服を選ぶ時には、できるだけモデルの髪型や体型、雰囲気が自分に近いものを選びましょう。

例えば自分がショートヘアなら、同じくショートヘアのモデルが着ている服を選びます。

また、自分がぽっちゃり体型なら、スレンダーなモデルよりはふっくらとした体型のモデルが着ている服を選ぶようにしましょう。

そうすることで、ただ流行の服を着るだけでなく、自分に合ったものを選ぶことができます。

目標を決める

野暮ったさから脱出したいと思っても、具体的な目標がなければ頑張ることが出来ませんよね。

「垢抜けたい」と目標を立てても、その方法は漠然としていますので、いまいちしっかりと自分に気合いが入らないこともあるでしょう。

そのため、自分磨きをして垢抜けるためには、毎回具体的な目標を決めて、それを一つずつ達成していきましょう。

例えばダイエットをするのなら、「一ヶ月で3キロ落とす」と目標を決めます。

すると具体的に痩せるために必要な方法を自分で見つけて行動する気になりますので、必ず目標を決めて行動するようにしましょう。

肌の手入れをする

どれだけファンデーションをたっぷりと塗りたくっても、近くで見れば肌の荒れ具合はバレてしまいます。

素肌がすべすべで綺麗な状態なら、メイクのノリも良いですし、ナチュラルメイクをした時にも素肌の美しさがメイクを通して見る人に伝わります。

男性が女性を見た目で判断する時には、ファッションや髪型も重要ですが、何よりも素肌の美しさが重要視されます。

メイクでごまかして綺麗に見せることは出来ても、メイクを通して肌のぶつぶつが分かってしまうと、生理的にダメだと感じてしまう男性もいるでしょう。

そのため、外見を磨く際にはファッションや髪型だけでなく、肌の手入れをすることも大切です。

野暮ったい女がモテる!?なぜ?

野暮ったい女性は、男性からも女性からもダサく見えてしまいます。

とくに同性の女性からは、ダサいからこそ見下されてしまうこともあるでしょう。

しかし一方で、何故か男性からはモテる傾向があります。

一見するとダサい女性など男性から見向きもされなさそうなのに、何故野暮ったい女性がモテるのでしょうか?その理由を以下に挙げていきます。

自分の手で変えたい

野暮ったい女性は男性からもダサく見えますので、本来であれば恋愛対象にはなりにくいでしょう。

しかし、その女性の素顔やスタイルが男性の好みだった場合には、男性からはその女性は「磨けば光る原石」に見えることでしょう。

男性には少なからず征服欲がありますので、「この女性を自分の手で思うように変えてみたい」という征服欲や好奇心から女性に惹かれて、声をかける男性もいるでしょう。

そして男性にセンスがあれば、女性を磨いて見事に自分の好みのタイプに染め上げることも可能でしょう。

野暮ったい女性から可能性を感じる男性の場合には、自分の手で変えたいという気持ちから女性に心惹かれることがあるでしょう。

手が届きやすい

「高嶺の花」という言葉があります。

これは男性からすれば、完璧過ぎて手が届かない理想の女性という意味です。

美しく知的でスタイルもいい、そんな完璧な女性は男性にとってはまさに憧れの的でしょう。

けれども、理想と実際に付き合う恋人とはタイプが違う人が多いです。

何故なら理想通りの相手だと、自分がそれに釣り合うか不安になったり、相手に合わせるのに疲れてしまったりするからです。

自信家な男性であれば、自分の憧れる女性にも手を伸ばすことは出来るでしょう。

けれどもそうでない男性の場合には、女性が完璧過ぎるとかえって声をかけることに憶病になってしまったり、「自分なんかでは釣り合わないかもしれない」と不安になってしまったりします。

その一方で、野暮ったい女性の場合には、男性は「この女性なら自分でも手が届く」と安心して声をかけやすいものです。

男性の場合、自分の理想よりも少しくらい劣っている女性の方が安心して付き合うことが出来ますので、そういった意味で野暮ったい女性が好まれることがあるのです。

緊張せずに付き合える

恋人の理想は、誰もでもある程度高いでしょう。

容姿が良かったり、性格が良かったりと、頭の中で思い浮かべる理想はさまざまです。

けれども実際に付き合う時には、少しくらい野暮ったい女性である方が男性は緊張せずに付き合うことが出来ます。

もしも女性が完璧な存在だったら、毎回デートでは女性に釣り合うようにオシャレに気合いを入れなければなりませんし、常にいいところを見せようと頑張らなければなりません。

理想の女性と付き合えば周りに自慢が出来ますが、その分自分も気が抜けないため、心が休まることはないでしょう。

一方で女性が野暮ったければ、自分もそこまでオシャレに気を遣う必要はありませんし、適当な態度をしても相手に嫌われたり、幻滅されたりするかもしれないという不安にも襲われ難いでしょう。

理想は高くても、結局のところは一緒にいて気が楽な女性を選ぶ男性は多いため、野暮ったい女性がモテることが多いです。

一途そう

野暮ったい女性は、恋愛にも一途そうというイメージが強いです。

美しくてスタイルも良い女性だと、彼女にしても他の男が寄らないか不安になりますし、嫉妬をしたり浮気の心配をしたりと気持ちが落ち着かないことが多いです。

しかし野暮ったい女性なら、一緒にいても浮気の心配はそこまでありませんし、付き合えば自分に対して一途に尽くしてくれそうなイメージがありますので、男性も安心して付き合うことが出来るでしょう。

もちろん野暮ったいからといって、女性が浮気をしないという保証はありません。

けれども「野暮ったい=男遊びはしない」というイメージの強さから、一途そうだと想像して安心する男性は多いです。

長く付き合える

自分の理想の女性と付き合うと、常にその女性と自分が釣り合うようにと男性は努力をします。

努力すればもちろん自分の外見や振る舞いを磨くことは出来ますが、四六時中それでは自分が心の休まる時がありません。

一緒にいてもあれこれと気を遣ってしまう女性だと、その内に男性は疲れてしまって、「やっぱり自分にはこの女性は高嶺の花だった・・」と諦めて関係が終わってしまうことはよくあります。

一方で、野暮ったい女性の場合には、一緒にいても気を遣うことはそこまでありません。

側にいても釣り合いを気にすることはないため緊張することもなく、安心して自分の本性を見せることも出来るでしょう。

長く付き合うコツは何といっても居心地の良さですので、彼女の側にいて居心地の良さを感じられれば、自然と長く付き合うことが出来るでしょう。

そして野暮ったい女性の場合、そうした居心地の良さを覚えやすいため付き合いが長くなるカップルは多いです。

現実版!野ブタをプロデュースを目指そう!

「野ブタをプロデュース」という物語を知っていますか?ドラマ化もされた少女漫画で、ダサくて野暮ったい女の子を、2人の男子がプロデュースして垢抜けさせていこうとするお話です。

この物語のように、2人のイケメンにプロデュースをしてもらえることはないかもしれません。

けれども自分で自分をプロデュースしてあげれば、野暮ったさをなくして垢抜けることは出来るでしょう。

男性からモテるには多少の野暮ったさも必要ですが、あまりに野暮ったくてはそんなチャンスすらも巡ってはきません。

今よりも多少は垢抜けられるように努力して、現実版の「野ブタをプロデュース」を目指して素敵な男子を捕まえましょう!

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718