「うちの旦那と結婚してよかった」なんて素敵ですね。

とはいえこの言葉、結婚するときは、ほとんど誰もが同意できるのですが、何年も一緒にいると段々とわからなくなってきたりします。

あんなに素敵だったはずの旦那が、今となっては何か違うと感じている人は、もしかしたら、見落としている瞬間がたくさんあるかもしれません。

旦那さんの良いところを思い出しながら読み進めてみましょう。

また、結婚を考えている相手がいる人にとっても「結婚の幸せとは何だろう」と考えるきっかけになるはずです。

旦那と結婚してよかったと思う8個の瞬間

世間の奥様方からすればとても素敵な旦那さんでも、一緒にいると当たり前になってしまって、良い所を見失ってしまうかもしれません。

どんな瞬間に「いい旦那だな」と思うのか調査してみました。

改めて自分の旦那さんのことを思いながら読み進めてみてください。

1.支えてくれたとき

夫婦たるもの、支え合うことを誓い合ったはずです。

経済的な支えもあるでしょうけど、嬉しいのは精神的な支えですよね。

普段一緒にいるだけでも気づかぬ内に支えられているものですが、支えられていることを実感できる瞬間を中心にご紹介します。

気持ちが弱っているときに味方でいてくれた


気持ちが弱っているときは、身近な人にこそ味方になって欲しいもの。

どれだけ自分が間違っていると分かっていても、その部分ばかりを突くのではなく、正しい部分を見つけて、味方になってくれる旦那さんはとても素敵です。

たとえば、子供が悪いことをして叱ったとき、叱った内容自体は間違っていなくても、叱り方に日頃のイライラが乗っかって過剰になってしまったとしましょう。

そこで旦那が「そういう言い方はやめろよ!」と言ったら、より凹んでしまいますよね。

そんなのわかってるよ、でもそういうときもあるじゃん、と反発したくなります。

でも、旦那さんが「悪いことを叱るのは正しいよ。子供だってきっとわかっているよ。あとでフォローすれば大丈夫。」と優しく言ってくれたら救われますよね。

妻を責めずに、まずは味方になるところから始めてくれるというのは、旦那なら誰しにも出来ることではありません。

だからこそ、そんな旦那さんと一緒にいられるなら、そりゃ当然「結婚してよかったー!」と思えるでしょう。

風邪をひいたとき看病してくれた

「旦那さんなんだから、風邪をひいたら看病してくれるでしょ」と思える人は、旦那さんに恵まれたという証です。

世の中、そんな旦那さんばかりではないようですよ。

奥さんがブチ切れた旦那の発言をいくつか集めてみました。

「風邪ひいてるなら夕飯は簡単なものでいいよ」
「皿洗いは明日でいいよ」
「体調管理も仕事の内だよ」
「日頃が不摂生だから風邪なんてひくんだよ」
「うつしてほしくないから実家帰るわ」
「外で飯食ってくるわ」

…はぁ?って感じのものばっかりですよね。

でもこれが現実です。

お粥を作ってくれたり、熱心に濡れタオルをかえてくれたり、家事をこなしてくれる旦那さんは貴重な存在です。

いつも話しを聞いてくれる


結婚すると釣った魚に餌はやらない主義なのかなんなのか分かりませんが、まぁ“甘えた”になる男性ってゴロゴロいますよね。

自分の仕事の愚痴ばっかり言うだけ言って、テレビ見て寝てしまう旦那。

そういう旦那に話を聞くと「だって奥さんの話ってオチがないんだもん」とか言います。

自分やさぞ面白い話をしてんだろうな?と問い詰めたくなることもしばしば…。

いつも話を聞いてくれるって、結構大事ですよね。

何か特別なことがあったわけじゃなくても、今日一日あったことを報告し合うことは夫婦が良好な関係を続ける上では欠かせないポイントです。

2.見た目に惚れ直した時

見た目に惚れて結婚したわけじゃなくても「おや?うちの旦那まだまだイケるでコレ」と思う瞬間があります。

自宅ではいっつもスウェットばっかり来ていても、たまに外のデートに出かけたときにピシッとしている姿を見ると「これは贔屓目に見ずともカッコイイのではないか」と思えたりするものです。

髪形を変えて若返った

髪型を変えると印象はガラッと変わりますよね。

どこにでもいるオッサンから爽やか好青年にまで若返ることだってあります。

あとは、ハゲを気にして一生懸命やっていたヘアセットを思い切って坊主にしたら「ジェイソンステイサムみたい!イケてる!」と思うことも。

髪型同様、眉毛やヒゲを整えるだけで格好よくなったりもするので、まだ旦那の見た目に改良の余地があるか、希望的に見てみましょう。

お洒落な服を着こなしていた

体型がスマートのままキープできていれば、お洒落な服をサラッと着こなせるかもしれません。

いつもはグータラした格好ばかりしていても、キメるときにキメられる男はカッコイイです。

3.自分の家族と仲良くしているとき

自分が家族と仲良しの場合、旦那さんにも仲良くして欲しいと思うでしょうね。

夫婦はお互いが好き合って結婚しますけれど、その家族とまで相性が良いかというと、そんなこともありません。

嫁姑問題なんかはネタになりやすいですが、それよりもはるかに多いのは「旦那が嫁の実家に寄りつかない」ことです。

世の中の夫婦の中には「盆暮れ正月に帰省するのはいつも旦那の実家」というケースもあれば「旦那だけ自分の実家に帰る」というケースも見られます。

とはいえ、奥さんの多くは旦那の実家には付き合わされるわけで…舅姑ともに仲良しになれれば最高ですが、そうも言っていられないほど性格が合わないと我慢するものです。

それを何故旦那は放棄できるのかと思い出せば止まりません。

旦那さんが自分の家族と仲良くしてくれることは、そういった不満を緩和する意味でも重要といえるでしょう。

自分の親を大切にしてくれた

両親と仲良くしてくれるだけでなく、両親の結婚記念日や誕生日をお祝いしてくれるなど、大切にしてくれていることがわかると嬉しく感じるでしょう。

そういう旦那さんであれば、自分の親だけでなく妻の親の介護問題にも真剣に向き合ってくれるはずです。

自分の兄弟と仲良くしてくれた

兄弟と仲良くしてくれたら素敵ですね。

比較的年も近いでしょうし、家が近ければ飲み仲間になることもあると思います。

ただ、あんまり仲良くなりすぎると、言わなくてもいい妻の学生時代のことなどを兄弟に暴露されたりするので気を付けましょう。

4.家事育児に取り組んでいるとき

家事と育児は女の仕事、なんて言っていられない時代がきました。

共働きが当たり前になりましたから、男もやれって話なのは当然です。

でも、都合のいいところだけ昔の文化を引き継ごうとする人はいますから、家事や育児に真剣に取り組む旦那は、未だに希少価値が高いとされています。

とくに、20代では当たり前でも年齢が上がるにつれて「女の仕事」と言っている割合は多いようです。

実際、内閣府が発表している「夫婦の家事・育児の分担割合」では年代が上がるごとに妻の家事負担割合が増えています。

積極的に掃除などをしてくれる

「積極的に」がポイントです。

家事は妻の役割ではなく、家族全員でやるものだという意識さえあれば、指示がなくたってできるはずです。

それを実行してくれる旦那さんなら、この先ずっと一緒にいても不満なく過ごせることでしょう。

子供と過ごす時間を沢山つくってくれる

子供が小さいうちって、一緒に遊ぶにしても気疲れするものじゃないですか。

正直仕事から帰ってきてクタクタな中、危険が満載の幼子を守らねばという意識が働くためリラックスとはほど遠い気がします。

しかし、そんなことを考えることもなく、子供と遊び、おしめを替え、ごはんの用意もしてくれるなら、その旦那さんはパーフェクトです。

ちゃんと父親になってくれています。

ただ遊ぶだけだと、妻としてはなんだかなぁって感じがしますけどね…。

これを、子供が赤ちゃんの頃からできていない男は、子供が育ってからもろくに目を向けない傾向があります。

子供の気持ちを理解しようともせずに頭ごなしに怒鳴りつけたり、最悪の場合には「飯を食わせてやってるんだから逆らうな」などと言ったり。

手に負えなくなる前に、旦那を更生させる必要があります。

旦那さんが既に子供のことを熱心に考えてくれるのなら、結婚してよかったのは間違いないし、今後も幸せな日々が続くはずです。

日用品の補充などをしてくれる

「トイレットペーパーなくなったよ」じゃなくて、自分が買いにいってよ!と思っている妻はたくさんいます。

その点、言わなくてもなくなったら補充してくれる旦那は素晴らしいです。

これだけで素晴らしいと言わなくちゃならない日本もどうしたもんかなぁとは思いますが、それが現実のようですね。

5.些細なことを褒めてくれる

褒めてくれるのはすごく大事。

些細なことでも気づいたからやっているわけで、気づいただけでも褒めて欲しいくらいだったりしますよね。

毎日同じことの繰り返しだって、たまには褒めてもらえないと萎えます。

手料理やお弁当を美味しいと言ってくれる

手料理は絶対褒めて欲しい!不味くない限りは言葉を駆使して美味しいと伝えてもらわないと毎日作る気力が失せてきます。

何を作っても無言で食べるなら、今後は缶詰を皿に出しただけのものを食べさせようとすら考えるかもしれません。

逆に、手料理の「この味が好き!」とか「このおかず、ご飯が進むね!」とか言ってくれるとやりがいがあります。

旦那さんの好きな味の傾向もわかってくるので作りやすくもなり、大変助かるのです。

髪型を変えたら「かわいいね」と気付いてくれる

髪型を変えたら気づいてほしいですよね。

それでもって褒めて欲しいですよね。

付き合ってた頃なら絶対褒めてくれたはずですから、夫婦になっても褒めてくれなくちゃ話が違います。

ちゃんと妻のことを女として愛している旦那さんは褒めてくれるでしょう。

6.感謝を忘れない

全く持って感謝の心がないような旦那は論外ですが、少なからず気持ちだけは抱えている旦那がほとんどです。

それを言動に示してくれるかどうかが大きな差でしょう。

心で思われているだけでは伝わってこないですからね。

「ありがとう」と声に出したり、ささやかながらプレゼント(おやつなど)をくれたり、そういうのがマメな旦那さんだと気付くと「あぁこの人と結婚してよかった」と思うのではないでしょうか。

家族になると忘れがちな「ありがとう」を言ってくれる

結婚してから二人で役割分担をすると、スムーズにことが運ぶ一方で「やるべき義務」になってしまいます。

決めずに気付いた方が行うのであれば「ありがとう」が言いやすいのですが、義務になっていると、むしろやらなかったことだけが目につくようになってきます。

しかし、義務だろうが何だろうが、1人暮らしだったら全部1人でやらなければいけないことばかりです。

そのことさえ忘れなければ、義務を果たしただけであっても「ありがとう」を忘れることはないでしょう。

相手が感謝してくれると、こちらも感謝したくなるし、またそのお返しを、ということで良い循環が生まれます。

7.記念日をお祝いしてくれる

付き合い出した記念に初めてプレゼントを貰った記念、さらには初めての旅行記念…などなど、記念日大好き奥さんだったら面倒臭いですけど、誕生日と結婚記念日くらいは祝いたいですよね。

仕事が忙しいとついついすっぽかしてしまいがちですが、しっかり記念日を覚えていて、毎年マメにお祝いをしてくれる旦那さんなら、愛されているという実感から結婚が正解だったと感じやすいと思われます。

結婚記念日を大切にしてくれる

結婚記念日は夫婦ならではの日ですから、大切にしてくれるというのは嬉しい話です。

忙しい中でもその日だけは早めに帰って食事をしてくれるとか、プレゼントを用意してくれるとか、祝い方は人それぞれですが、しっかりと時間をとってくれるのが嬉しいもの。

強制したって嬉しくも何ともありませんから、積極的に行動してくれると旦那さんに惚れ直すことでしょう。

8.どんなことも楽しめる

夫婦の仲が長続きするためには、日々を楽しむことが欠かせません。

何気ない日常でも楽しさや喜びを見つけて共有してくれる旦那さんは素敵ですね。

記念日ではなくても「綺麗なお花が売っていたから」と買ってきてくれるのは可愛いし、雨の日でも家でどうしたら楽しくすごせるか、提案してくれる人だと助かります。

冗談を言って笑い合える

二人だけの時間になったとき、とくに話題の抽斗もないからお互いダンマリを決め込むというのが夫婦仲の決裂を生じさせます。

その点、冗談が言い合えるほどユーモアのセンスが似ている二人なら、会話が途切れることはありません。

ただ暇な時間ですら楽しい物に帰られるはずです。

これなら良好な夫婦仲が持続するでしょう。

どんな男性と結婚すれば幸せになれる?

まだ未婚の女性は、これからの人生のパートナーにどんな旦那さんを選べばいいのか気になりますよね。

自分が求める旦那さんの絶対条件を何に置くかで変わってきますが、外せない要件というのはあるため、それを確認しておきましょう。

1.自立している

精神的な自立と生活の自立ができている男性がおすすめです。

自立してくれていないと、妻が滅入ったときに共倒れしかねません。

双方が自立しているからこそ、必要なときに支え合う存在になれることを再認識する必要があります。

家事をこなせる

欧米の人からすると、日本の前時代的な亭主関白の姿は「精神疾患を疑う」レベルなんだそうです。

マザコンな人も、なんでもママにやってもらっていたことが「嫁さんにやってもらう」に変わるだけなので、言っても何もしてくれない可能性が高いです。

1人暮らしの経験があって、家事をそれなりにこなせる男性を選びましょう。

細かいやり方の違いはどうでもいいです。

「料理はできないから外食で済ませるんだけどね」という男性は結構多いと思いますが、長い目で見ると「嫁が風邪で寝込んでいる中でも子供を外食に連れていくんですか?」といった疑問が湧いてきます。

料理を教えて覚えてくれそうな心意気があれば良いかもしれませんね。

家事の出来ない範囲を、その先に起こりそうな出来事まで見越して判断しましょう。

価値観を押し付けない

相手は自分とは違う個体である、と認識しているかどうかも自立と関係しています。

家族になると、自己と他者(配偶者)との線引きが曖昧になって、全て一緒であることを求める人はとてもたくさんいます。

このことが引き起こすのは、わずかな味覚の違い、同じテレビを見たいか見たくないか、休日は寝ていたいか遊びに出かけたいかなど、まぁとにかく目くじらを立てて喧嘩するようになります。

夫婦、家族といえども、それが我が子であっても、価値観はどこか違うもので、そこを同一にしようとするのは無理な話。

お互いに価値観を押し付け合うようになると破綻するので、自分の欲求と他者の考えは違うと、しっかり認識できている人を選ぶと良いでしょう。

2.前向き

基本的に前向きな姿勢で物事に取り組む男性は素晴らしいと思います。

表面上は男らしく取り繕っていても、女性よりはるかにネチっこい性格の男性はたくさんいて、後ろ向きなことばっかり言っては何もしない人が多いものです。

ポジティブすぎるのも仕事ができなさそうで嫌ですが、前向きに物事を考えようとする男性は、何かトラブルが生じてもすぐ具体的な行動に移せるため、頼りがいがあります。

悩み相談を前向きに聞いてくれる

女性同士の愚痴の言い合いなら同調と共感だけで終わっても良いのですが、家庭を守るということを考えると、旦那さんには同調性を求めるより、相談をしっかり聞いてくれて、前向きなアドバイスをしてくれる男性が適しています。

夫婦の悩み相談が同調だけで終わってはいけない理由は、共倒れリスクが高まるという点にあります。

たとえば共働きをしていて、妻が「仕事が辛いんだ…お局がいじめてくるんだよ」と相談し、旦那が「そうかそうか辛いのかぁ。お仕事辞めようね」と言ったとします。

しばらくすると旦那が「俺も仕事辛いんだ…ノルマが達成できないんだよぉ」と言い、妻が「それは可哀想に…仕事を辞めましょう」と言ったらどうなることやら。

同調だけが主体になると、目先の苦労から逃れることだけに傾きがちで、具体的な改善策や対応策がみつからないのに感情で行動するハメになります。

前向きに物事をとらえて、どう行動すべきかを考える余裕を与えてくれるような男性がベストです。

お金の話しなど現実的な話も前向きに考えられる

前向きな男性は、面倒臭い現実から逃げだしたりはしません。

これは家族をつくっていく上では重要なポイントといえます。

家族になれば、その後の子供のことや両親の介護問題、最終的には自らの老後に至るまで、お金や年齢の問題がつきまといます。

そのときに前向きではない人が相手だと話し合いになりません。

苦労から逃れたいがために、とんでもない行動に出ることがあるので要注意です。

前向きかつ具体的に打開策を話し合えるパートナーを見つけましょう。

3.不安にさせない

まず、夫婦になってこれっぽっちも不安に思うことがない、なんてことの方があり得ません。

ただでさえ何かしら不安な出来事が起きるわけですから、旦那の存在が不安の要因になるようだと関係の持続は無理です。

不安要因の少ない相手を選ぶことは重要なポイントとなります。

付き合っている間も彼女を思いやってくれる

付き合っている頃から何かしらの不安がある相手は結婚相手としては向いていないのかもしれません。

大切な彼女として心から思いやってくれて、寄り沿ってくれる男性を選びましょう。

偽りの「優しい」もありますので、黙ってそばにいてくれるかどうかが見極めどころですかね…。

ちょっと難しいのですが、温もりが感じられる接し方であれば安心です。

前向きな発言の中にも、ポジティブの押し付けではなく、導いてくれる懐の広さが感じられる人が旦那さん向きといえます。

隠し事をしない

隠し事の際たる例は不倫です。

付き合っている段階から何か怪しいなぁという人は結婚しても高確率で不倫します。

基本的に「私の魅力が下がったら浮気しちゃうかも」という不安が付きまとう男性とは結婚するべきではありません。

そういう不安を抱かせる時点でダメな男です。

彼からの愛情に疑いの余地がないと確信してから結婚しましょう。

4.驕らない

見栄を張らない、といった方がわかりやすいですかね。

あるいは調子にのらない。

成金社長あるあるな話でもあるんですが、若い頃に苦労して立ち上げた会社が上手くいって、ちょっと偉い立場になると全世界の誰よりも偉いような錯覚に陥ってしまう男性は結構います。

その先に待っているのはもちろん倒産です。

この感覚は会社員男性にもあります。

出世して部下が増えると、プライベートですら自分が偉いように思ってしまう人もいます。

こういう風になる人は、若い頃からその片鱗が見え隠れしているので、下記の2点でチェックしてみましょう。

店員など他人に対しても謙虚

「客の方が偉い」と考えている男性はよくありません。

何かにつけて優劣をつけたがるからそういう行動に出るので、年を取ると拍車がかかる傾向にあります。

旦那さんに向いている人は、店員さんや、たまたま同じ店で隣の席になった人に対しても謙虚で、迷惑をかけないように配慮しています。

できるだけ周囲の人たちに気持ちよく過ごしてもらおうとする心遣いがあるのです。

当然、特別な相手に対してはもっと配慮するので、家庭を築きやすいでしょう。

ただし、外面がいいだけのタイプはダメですよ。

店員さんには笑顔で「ありがとう」と言うのに、その後で彼女にだけお店の悪口を言ってみたり、彼女に対する扱いだけ雑な内弁慶タイプは面倒くさいかもしれません。

横柄な態度をとらない

人や物に対して思いやりのない行動をする、横柄な態度をとるのはちょっとNG男性ですね。

具体的には、立場が下の人にだけ偉そうな態度をとる、急いでいるときは人を押しのける、物を置く時に最後まで手を添えない(投げる感じ)、電車で足を投げ出す…など色々あります。

「なんか行動が雑だな…」「ちょっと偉そうなときがあるんだよな…」という違和感に目を瞑ってはいけません。

高確率でモラハラ男になるので結婚は考えた方がいいかもしれません。

5.子供や動物が好き

将来子供を持つつもりなら、子供や動物が好きな人と結婚しましょう。

男性の中には、子供が生まれても父親になりきれず、子供に対して「奥さんをとられた!」と思うような男性がいます。

年齢にかかわらず、子供っぽいのでそういう人と結婚すると大変です。

好きなだけでなく、きっちりお世話をしたことがある人だとベストです。

命を守ることがいかに大変かが分かっているからです。

将来自分の子供も大事にしてくれるかどうか

子供嫌いの男性と子供を育てるのは難しいかもしれません。

十月十日、お腹の中で赤ちゃんを育てる女性ですらいきなり母親になんてなれないのに、男性が父親になった瞬間から父性にあふれた最強のパパになれるのでしょうか。

ましてや子供嫌いならなおさらです。

子供に対して熱意があり、将来に向けても子供の選択肢を増やしてあげたいという人となら育児での衝突も少ないはずです。

6.節約家

どれだけお金を稼いでいても、浪費家だったら意味ないですよね。

ケチとは違って、使うべきお金とそうではないお金の線引きがしっかりできている男性を選びましょう。

お財布との相談もなく、なんだかハイテクな家電を買って使わないまま放置している人、収入に見合わないくらい高級なレストランをたくさん知っている人はちょっと危ないです。

ブランドものなどへの出費が少ない

小心者ほどブランドで身を固める傾向があります。

自分に自信がある人は、見てくれで武装しなくても平気で街中を歩けますが、小心者はブランドの力を借りないと堂々としていられないのかもしれません。

なにか目立つことにお金をかける人は、やめておいた方がいいかもしれません。

自分の理想像と現実が追い付かなくなるたびに、よけいな出費をします。

お金がかかる趣味が少ない

趣味を否定するのは可哀想ですよね。

だからこそお金のかかる趣味を持っている人は大変です。

独身なら自分が稼いだお金をどれだけ自由に使っても構いませんが、家庭を持つとなるとそうも言っていられないし、かといって趣味を取り上げるのも、その趣味を認めて結婚しちゃったわけですから、なかなかできないし。

子供が生まれたら趣味を辞めて子供にお金を回してくれるだろう、なんて思っちゃダメですよ。

7.経済力

最後に現実的な話で申し訳ないんですけど、やっぱり経済力を抜きにして話はできません。

どれだけ節約家でも、元となる収入が低かったらどうともならないからです。

子供を作らないという選択をして、夫婦共働きをしながら楽しんで暮らす、というならそれほど問題にもならないですが、子供を作るとなると一定の経済力を求める必要があります。

子供1人に3,000万円という現実

子供を1人育てようと思うと、公立中学卒業までで2,000万円かかると言われています。

その後は公立高校なら250万、私立なら480万、大学は国立ですら500万円近くかかって、私立なら600~700万円、私立医大ならズバ抜けて高く3,000万円です…。

仮に全て国公立で進んでくれたとしても約3,000万円。

子供が22歳になるまでと考えて均等に割ると、毎年136万円がかかってくることになります。

実際にはそこまでかからない時期もありますが、積立をしていくと考えればそのくらいです。

もちろんこれは子供にかかる金額だけですから、実際には生活費やら引っ越しやら何やらあるわけで「愛があればお金なんて!」とは言っていられないのが現実。

金の切れ目は縁の切れ目とはよくいったもので、どれだけ愛し合った夫婦でも、生活が見えなくなるとギクシャクするものなのです。

平均年収を順当に踏める

20代の平均年収は約350万円、30代が450万、40代で550万、50代で660万円となっています。

仮に男性の平均初婚年齢31歳で結婚して33歳のときに子供ができたとします。

そこから起算して、平均年収を順当に踏めば50代の終わりまでで総額1.5億円くらいは稼げると計算できます。

1.5億円もあれば十分なのでしょうか?

4人家族で3LDKのマンションを購入、ローンの返済をしていくと仮定した場合、月々40万円くらいは生活全体にかかると言われています。

子供が赤ちゃんのときは家が手狭でも良いためいくらか安くなるとしても、単純に子供が大学を卒業するまでの22年間に毎月40万円かかるとすれば、総額1億円は支出します。

残り5,000万円あるから大丈夫そうですか?

でも、その5000万円の中から学費も出ていきます。

さらには自分たちの老後の資金まで。

結構カツカツですよね。

厳しいことを言うと、幸せになりたいなら平均年収は担保できる相手、あるいは自分の稼ぎ、共働きによって同額以上稼げないとキツイです。

「働く男はいい男!」を肝に銘じましょう。

結婚してよかったと思えることが幸せ

離婚する夫婦も増えてきてはいますが、離婚ありきで結婚するわけじゃないし「こんな結婚しなけりゃよかった」なんて思いたくはないですよね。

どんな旦那さんと結婚するべきか、どんな瞬間に喜びを実感できるのかについて見てきましたが、結局は、幸せになるために2人揃って努力しなければなりません。

双方の努力あってこその幸せですから、お互いが「結婚してよかったなぁ」と思えるように、十分なコミュニケーションをとり、協力して物事に向かうようにしましょう。