日々の生活の中で時間に追われる思いをしている人は少なくないでしょう。

そんな時、あなたは「忙しい」が口癖になってはいませんか?

そんな「忙しい」が口癖になっている人の特徴と改善すべき点をご紹介していきます。

「忙しい」と常に口にしている人は要チェックしてみて下さいね。

あなたが気付かない内にしているその口癖で、実はあなた自身が損してしまっているかもしれませんよ。

「忙しい」が口癖の人は嫌われる!?

あなたは目の前にいる人物が「忙しい」と口癖のように常に言っているとどんな感情を抱きますか?

多くの人は「大変そうだな」と思うのではないでしょうか?

更に「忙しい」という言葉を何度も何度も聞かされると「自己管理が出来ていないのかな?」「手伝って欲しいっていうアピールなのか?」と不快感を示す人も少なくありません。

「言ってる暇があれば行動すれば良いのに」と思われる

忙しい忙しいと何度も口にしている人を見た時に、多くの人が「忙しいって言っている間に黙って終わらせれば良いのに」と思うのではないでしょうか?

自分のすべき事を、計画的に終わらせる事ができない自己管理のできていない人というイメージも湧きますよね。

手伝って欲しいアピールに聞こえる

「忙しい」と口癖のように言っている人を見ると、周りから「手伝おうか?」という言葉が出るのを待っているように聞こえる人も少なくありません。

自分が手伝って欲しいのに、第三者からの好意を求めているように思えて不快感を示す人もいる事でしょう。

普段なら「手伝おうか?」と声をかける人でも、あまりに忙しいアピールをされると好意も薄れてしまうものです。

声をかけにくくなる

常に「忙しい」を口癖のように言っている人には、遊びや食事の誘いをかけにくいという人も多いと言えます。

誰しも断られて良い気はしないでしょう。

忙しいと言っている人に遊びや食事の誘いをするのは勇気がいるものです。

最近なんだか誘われる事が少なくなったな?と思う人は「忙しい」が口癖になっていませんか?

「忙しい」が口癖な人の11個の特徴は?

百外あって一利なしな「忙しい」という口癖ですが、この口癖を言ってしまう人にはこんな特徴があります。

以下の特徴に当てはまる人は「忙しい」が口癖になって無意識に口にしてしまっている場合があるので要注意です。

時間に追われている


作業をするにあたって時間に追われている人は「忙しい」と言ってしまいがちです。

この仕事をこの時間までに終わらせないといけないと思っているからこそ、忙しいと口にしてしまうのかもしれません。

ですが、それは果たして作業にい対して適切な時間配分になっているのでしょうか?

時間の管理が下手

作業に対して適切な時間配分をできていないと、最終的にスケジュールが詰まってしまい時間がたつに連れて「忙しい」と自分を追い詰めてしまう形になりかねません。

理想ばかりで、自分の作業スピードに見合っていないなど自己管理と時間管理をしっかりとできていないとついつい「忙しい」と言ってしまいがちです。

心に余裕がない

心に余裕が無いと、自分の発言がそれを聞いた人にどんな感情を抱かせるのかという配慮が出来なくなってしまうものです。

大抵口癖は無意識で言ってしまっているものです。

自分の心に余裕が無いと、特に無意識の部分が出てしまいがちなので注意が必要です。

周りが見えていない

心に余裕がないと自分の事で手一杯になり、視野が狭くなってしまいがちです。

周りを見れば、自分と同じ仕事を同じ様にこなしている人や自分よりも時間に追われている人もいる事でしょう。

そんな中、自分だけが「忙しい」と言っていれば周りからは疎ましく思われて当然かもしれません。

周りとコミュニケーションがとれていない

周りと適切なコミュニケーションを取れていない事から、自分の抱える仕事量が多くなり「忙しい」と口に出してしまっている場合もあります。

周りと適切なコミュニケーションを取れていれば自分の許容範囲外の仕事は周りに手伝って貰ったり分配する事もできるでしょう。

特に人見知りをしてしまう人や、1人で全部を抱え込んでしまう人、意地っ張りで人に頼る事が苦手な人は周りとコミュニケーションをとれずに「忙しい」と言って自分で自分を追い込んでしまう人が少なくありません。

頼る事をネガティブに捉えてしまう

自分の処理能力を超えて仕事を抱えてしまい「忙しい」と言ってしまう人の多くが、他人に頼ってしまう事を「自分の落ち度」や「情けない事」「恥ずかしい事」としてネガティブに捉えてしまう傾向にあります。

適切に仕事を分配する事は全くネガティブな事ではなく、自分で抱える事で仕事に贈れが生じる事の方が周りに迷惑をかける事になってしまうのです。

人の話を聞かない

助言やアドバイスなど人の話を聞かない人は、自分の行動に対して責任を持てずに愚痴交じりに「忙しい」と言ってしまう人が多くみられます。

周りは「そんなに仕事をして大丈夫?」と気にかけてくれるかもしれません。

それにも関わらず「大丈夫」とアドバイスや心配する声に耳を傾けないのです。

その結果、周りに頼る事も出来ずに時間と作業に追われて心の余裕を失い「忙しい」とつぶやいてしまうのです。

アドバイスを受け入れない

人の話を聞かない人の中でも、特に「忙しい」が口癖になってしまうのは、他人からのアドバイスを受け入れられない人に多いと言えます。

「こうした方が作業が捗るよ」と言われても「自分のやり方の方が慣れているから」などとアドバイスを全く受け入れません。

そうやって意固地になって作業をしている人は特に「忙しい」と言ってしまいがちなんだそうです。

常にイライラしている

イライラした感情を発散する事ができずに「忙しい」と何度もボヤいてしまう人も多いですね。

現状の環境にイライラしてしまうものの、それを発散できずに「忙しい」と何度も口にしてしまい本人は周りに害はないと思っています。

しかし、それを聞かされている周りは良い気持ちにはなりません。

周りを嫌な気持ちにさせている事に気付いていないのは、イライラしている当に本人だけなのです。

感情的になりやすい

常にイライラしている人は感情的になりやすい傾向にあり、何らかのスイッチが入ると簡単にイライラのボルテージがマックスになってしまうのです。

そのため、周りの人から見るとささいな事でイライラしだしてしまい余計に周りが見えなくなってしまいます。

周りが見えなくなってしまう事から、配慮ができず「忙しい」と何度も口にしてしまうようです。

気が利かない

忙しいとよく口にしている人は、周りへの配慮や気遣いが苦手な人が少なくありません。

自分の事で一杯一杯になってしまっている為、周りへの配慮を欠いてしまい他人に対する気遣いまで気が回らないのです。

そのため上司や同僚などから「気の利かない人」という評価を受けてしまっている事も多いと言えます。

要領が悪い

自分自身がいっぱいいっぱいになってしまう人は大抵の場合要領が悪く、物事を順序立てるのが苦手な人が多いのが特徴です。

効率を考えて作業を処理する順番を考えれば簡単に終わるものを、わざわざ効率の悪い方法を選んでしまう事で時間に追われて「忙しい」と口にしてしまうのです。

この手のタイプの人は効率の良い方法をアドバイスされても聞き入れない事も特徴の1つと言えますね。

せっかち

「忙しい」が口癖になってしまっている人の中には、時間に追われている人の他に自分で自分を追い込んでいる人もいます。

せっかちで前のめりに物事を推し進めていくタイプの人がこれに当てはまります。

周りからすれば「それってそんなに急いでやらなければいけない仕事なの?」と疑問に思われてしまい手伝う人も現れないため、せっかちな本人はイライラして悪循環を生んでしまうのです。

物事の優先順位が曖昧

せっかちな人は周りが認識できている優先順位を認識できていない事が多く、周りからすれば「後回しで良いのに…」と思う作業を優先してしまいがちです。

指摘されて納得してくれれば良いですが自分が「こうだ!」と思った事を曲げられない人も少なくないです。

さらにこのタイプは、周りをも不快にさせてしまうので注意が必要と言えるでしょう。

作業が雑


作業が雑な人程「忙しい」が口癖になっている事が多いです。

それは時間に追われてしまっており、1つ1つの作業を丁寧に行えていないという事に繋がります。

時間に余裕を持って1つ1つの作業を丁寧に行っている人は心にも余裕があるので、あまり「忙しい」という言葉は使わないのです。

字が汚い

文字を書く際に、字が汚い人も字が丁寧で綺麗な人と比較すると「忙しい」が口癖になってしまっている傾向にあります。

字の綺麗さとは丁寧さに通じます。

止めや跳ねを丁寧に書ける心の余裕が綺麗な文字を書く事に欠かせません。

時間と心に余裕を持てている人は、文字を丁寧に書けて周りを見る事ができるので、「忙しい」などネガティブな言葉は必要外に口にはしないのです。

頼まれたら断れない

「忙しい」が口癖になってしまっている人の中には、頼まれたら断れないタイプの人も多いと言えます。

頼まれごとを断る事で嫌われたり、相手を不快にしてしまう事を恐れて自分の処理能力を超えた仕事を引き受けてしまいがちです。

そのため、本来のタイムスケジュール内では仕事が終わらず、余裕がなくなり「忙しい」という言葉が出てしまうのです。

仕事を溜める

自分のペースで仕事を勧めている場合、常に楽な方へと逃げて最終的に仕事の納期に焦ってしまうタイプの人も「忙しい」を口にしがちです。

仕事を溜めてしまって時間に追われてしまうのは単に自分自身に甘いという事です。

嫌な事や辛い事から逃げてしまう事で余裕がなくなり周りが不快に思っている事も気にせず「忙しい」と言ってしまうのでしょう。

ナルシスト

自分自身の事が好きで、仕事をしている自分が格好良いと思っているナルシストな人も「忙しい」が口癖になりがちです。

この手のタイプの人は、仕事に追われている自分自身が好きで、本当に忙しく余裕がなくて「忙しい」と言っている訳ではありません。

仕事をしている自分が格好良いっというアピールに過ぎないので、周りのあまり相手にしていない事が少なくありません。

実際は忙しくない

ナルシストで「忙しい」が口癖になっている人は、実際余裕を持って終わるような仕事しか抱えておらず周りもそれを認識している場合が多いと言えます。

ただし無駄に忙しなく行動したりするのでその行動自体が周りの人をイライラさせてしまう恐れがあります。

計画性がない

自分の処理スピードや仕事内容を考えてしっかりと計画を立てれない人は、最終的に仕事が滞り納期間際で忙しなくなってしまい「忙しい」と口癖になりがちです。

最初から計画的に物事を勧められない割に、納期にギリギリ間に合うタイミングはしっかりと把握している為その頃から周りをも巻き込んでいく人も少なくありません。

最後は誰かが助けてくれると思っている

この手のタイプは「忙しい」と言えば最終的に誰かが助けてくれると思っている他力本願な人が多く、一番厄介なタイプであると言えます。

その割に自分から「手伝って欲しい」とは言えないので「忙しい」と言う事で「大丈夫?」「手伝おうか?」という言葉を他人から引き出そうとしている意図があります。

最も嫌われるのはこのタイプの人と言っても過言では無いかもしれません。

「忙しい」ばかり言っているとデメリットばかり!

口癖として「忙しい」という人があなたの周りにもいませんか?

そしてあなたはその人に対してどんな感情を抱いているでしょうか?

「忙しい」を連呼している人に対してポジティブな感情お抱く人は少ないと言われています。

果たして「忙しい」が口癖になってしまっている人はどんなデメリットがあるのでしょうか?

友達が減る

「忙しい」が口癖になってしまっている人と一緒にいて、気持ちの良い人はあまりいないでしょう。

一緒にいて心地よくない相手と、わざわざ同じ時間を過ごす理由はありません。

自分は無意識であっても相手を不快にさせていると友達は簡単に離れていってしまう事でしょう。

信頼なくなる

「忙しい」が口癖の人の特徴でも解説したように、自分に計画性がなかったり他力本願だったりと、自分自身に甘い事から忙しいと言ってしまう状況に陥ってしまうのです。

そんなあなたの事を周りの人は「自己管理ができていない」「周りをアテにしている」とネガティブな感情を持ってみてしまいます。

そういった事を繰り返していると周りの人からの信頼を失ってしまう事でしょう。

生活リズムが崩れる

仕事に追われたり、時間が迫ってしまっていると必然的に残業や持ち帰りの仕事が増えます。

そのため生活リズムが崩れてメリハリのない生活になってしまいがちです。

生活リズムが崩れて睡眠時間が減ってしまうと日中の思考力も低下してしまいます。

日中眠くて作業パフォーマンスが落ちる

日中しっかりと行動するためには、夜に質の良い睡眠を取る事が重要です。

短時間睡眠が繰り返されると体がそれに慣れてしまい、日中もあまり眠いと感じる事がなくなってきます。

しかし眠さを感じるのと思考力や行動力はイコールではありません。

「眠くならないから大丈夫」と思っていても思考力や行動力は確実に低下していて作業パフォーマンスが落ちてしまうのです。

体調不良の原因にも

健康な体は健全な生活から成り立ちます。

生活リズムが崩れてしまうと体調不良に直結してしまいます。

体調不良で思う様に体や頭が動かず仕事が滞ってしまうと、仕事を貯めてしまう大きな原因となってしまうのです。

目標を見失う

忙しいとは「心を亡くす」と書きます。

「忙しい」が口癖になっていると、時間や仕事に追われて目の前の事だけに必死になってしまい、その先にある目標を見失ってしまいます。

「最近仕事にやりがいを感じない」「自分が何をしたいのか分からない」など無気力になってしまっている人は「忙しい」が口癖になっていませんか?

目標を見失うとさらに忙しくなる

仕事をする際に、目標を持って取り組むのと、目標なくただの作業として取り組むのとでは効率が大きく変わってきてしまいます。

「忙しい」が口癖になって目標を見失ってしまうと、更に作業効率がダウンしてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

周りのモチベーションを下げる

自分自身の事でいっぱいいっぱいになり「忙しい」が口癖になってしまうと、同じ仕事をしている同僚や周りの人は「皆同じ仕事をしているんだから…」とネガティブな気持ちになってしまいます。

「忙しい」は自分のモチベーションを下げる言葉であると共に、周りのモチベーションを下げてしまう言葉でもあるのです。

周りの人をイライラさせる

皆が同じ仕事をしている中、要領が悪く「忙しい」と口癖のように言葉にしてしまっている人を見ると「自分のせいでしょう」と周りがイライラしてしまうのは仕方のない事でしょう。

更に、それが自分への甘えからきて納期ギリギリまで仕事を溜め込んでいたとなると、尚の事イライラしてしまいます。

「忙しい」が口癖の人は、自分の発言が周りをイライラさせてしまっている事を自覚しなければいけませんね。

「忙しい」を仕事で使うべきではない理由

仕事をしていると、膨大な仕事に追われて猫の手も借りたいという場面もある事でしょう。

しかしビジネスにおいて「忙しい」というワードはNGワードであるとも言われており優秀なビジネスマンは絶対に使わない言葉でもあるのです。

その理由は以下のようになります。

「忙しいから」は失礼にあたる

仕事をしていると人からの頼まれごとや約束ごとを断らなければいけない場面も出て来る事でしょう。

しかし、その時に「忙しいから」という言葉を使ってしまうと「(他の用事があって)忙しいから」という意味になってしまいます。

「あなたの用事の優先順位は低いから」という意味に捉えられてしまう事があります。

言っている本人はそこまで意図しておらず、口癖のように「忙しいから」と言っていたり断る口実として「忙しい」という言葉を使っているかもしれません。

しかし、相手からすれば「今後、この人に頼むのはやめよう」と思わせるのに十分な言葉なのです。

「忙しい」を繰り返すと仕事がなくなる

「忙しい」を口癖にしている人に対して、何かを頼もうと思う人は少ないのではないでしょうか?

忙しい理由が自分が原因であるにしても他人が原因であるにしても、自分の事で手一杯である事だけは伝わってきますよね。

それは同僚に限らず、上司からの評価も同じです。

「忙しい」と常に言っていると大きな仕事や責任のある仕事を回して貰えず折角の出世のチャンスさえ失ってしまいかねないのです。

皆忙しいのは一緒

大なり小なり仕事をしていれば誰しも忙しいものです。

そんな中で「忙しい」を連呼しているというのは、自分で自分の不出来をアピールしているのと変りありません。

皆で同じ内容の仕事をする職場なら尚の事自分の仕事の遅さや要領の悪さをアピールしてしまうのです。

忙しい=カッコイイは間違い

若い人の中には、忙しくしている事が仕事の出来る人の証明であるように「カッコイイ」と感じてしまう事から、「忙しい」をわざと口癖のように使う人も少なくありません。

しかし、それは大きな勘違いで、仕事のできる人程、自己管理やタイムスケジュールの管理などがしっかりとできている為余裕を持った仕事をしているのです。

カッコイイからと「忙しい」を口癖にしている人は今すぐにやめた方が良いでしょう。

余裕を持つ人になる為の改善点とは

自分に余裕がなく計画性の無い人ほど「忙しい」を口にしてしまい周りに疎まれてしまうとご理解頂けましたか?

それでは心に余裕を持てるようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

考え方1つで変えられる余裕を持つ人になる為の改善点をご紹介していきます。

人に頼る

余裕を持てない人の多くが「自分1人でやりきらなければいけない」と思い込んでいます。

人に頼るのが苦手な場合や、プライドが高く人にお願いする事が出来ない場合も少なくありません。

しかし、出来ない事や周りの人の方が適正である場合は、周りの人に頼る方が自分も周りもスムーズに作業を進める事が出来るでしょう。

謙虚な気持ちでお願いする

他人に何かをお願いする際、「相手が嫌な気持ちになるかも」「相手に申し訳ない」と思ってお願いできないのなら、しっかりと謙虚な気持ちで感謝を伝える事が大切です。

仕事が滞れば、最終的に周りに迷惑をかけてしまうのですから、事前にそれを回避するには人に頼るという選択肢しかありません。

それを相手に悪いと思うのならしっかりと謙虚な気持ちで「申し訳ないんだけれど…」とお願いし、了承して貰えたのなら「有難う」と感謝の気持ちを伝えましょう。

それだけで相手を嫌な気持ちにさせる事なスムーズにお願いする事ができます。

オンオフを切り替える

仕事とプライベートにしっかりとオンオフを切り替える事が要領よくメリハリを持って仕事をする上でとても大切な事です。

いくらアットホームな職場でも、遊びの延長線上で仕事に取り組んでいては効率は悪くなるばかりです。

仕事とプライベートにしっかりとメリハリをつける事こそ、頭をしっかりと動かして要領よく仕事を処理していく上で重要なのです。

プライベートを楽しむために仕事を頑張るのも有り

仕事が就業時間内に終わらなければ、必然的に残業せざるを得ない事になるでしょう。

タイムスケジュール的に就業時間内ギリギリの仕事を受けた時にこそ、終業後に友人と食事の予定などを入れるのも良いでしょう。

友人との待ち合わせに遅れないように就業時間内に仕事を追われせる事へのモチベーションに繋がりますよ。

生活リズムを整える

適度な睡眠や休息は仕事のパフォーマンスを上げて心に余裕を持つために欠かせないものです。

いくら仕事が立て込んでいても睡眠と食事はしっかりととって生活リズムを整える事で、仕事を効率良く進める事のできる体を作る事も重要です。

朝食をしっかりと食べる

現代人は朝食を取らない人も多いですよね。

しかし、朝食は午前中からしっかりと頭を回転させるために必要不可欠なものです。

朝食でしっかりとカロリーを摂取する事が思考力を活性化させるために必要なのです。

少しでも長く寝ていたいから、という理由で朝食を抜く人もいます。

しかし、いくら睡眠が足りていても頭が働かなければ意味がありません。

たった数分の睡眠で睡眠時間の不足を補える訳でもありません。

それならば、しっかりと朝食をとって朝からしっかりと働けるように頭の回転をよくしておく方が効率が良いでしょう。

優先順位をつける

物事には必ず優先順位があります。

優先順位は必ずしも仕事を与えられた順番という訳ではなく、自分の能力や周りの仕事を見て判断する事です。

その上、どの仕事を優先的に進める事が総合した時に効率が良いのかを作業前にしっかりと確認する事が大切です。

今やるべきことを見極める

優先順位を決められない人の一番多い特徴は「今」に捉われてしまう事です。

その時、その時で頼まれた事を何も考えずにこなしているだけなので、物事の優先順位が見えないのです。

割り振られた仕事に対してまずは「今これは必要か?」を考える事こそが、仕事に優先順位をつけて今やるべきことを見極める事に繋がるのです。

付箋を利用する

優先順位をつけるのが苦手な人は付箋に仕事ないようを1つずつ書き出して、目立つ所に貼っていきましょう。

全ての仕事を見て先に終わらせるべき仕事から順番に並び替えていく事で優先順位を目に見える形にする事ができます。

ノートやメモ帳に書き出すのも良いですが、増やせる・周りの状況を見て順番を変えられるという点で付箋を利用するのがおすすめですよ。

タイムスケジュールをたてる

どんな作業にも時間制限を付ける事で、メリハリをつけて仕事をする事ができます。

優秀なビジネスマンを多くは始業前に一日のタイムスケジュールをたてているという事をご存知ですか?

細かくなくて良いのである程度のタイムスケジュールをしっかりと立てておく事で時間に余裕を持って仕事を進めていく事ができます。

頑張ればできる位がベスト

タイムスケジュールをたてる際には、余裕を持ち過ぎても就業時間内に仕事が終わらないし余裕が無さ過ぎても意味がありません。

自分の能力をしっかりと把握して、ちょっと頑張ればギリギリ終わる位のペースでタイムスケジュールをたてるのがベストです。

ギリギリで終わる位のタイムスケジュールを守れるように意識する事で作業スピードも上がり自分自身の能力アップにも繋がります。

仕事量が多い場合には事前に人を頼る事も

仕事をしていると止むを得ず、膨大な仕事を抱えてしまう事もあるでしょう。

タイムスケジュールをたてている時すでに終業時間内に仕事が終わらないと判断した時には事前に周りに頼る事で、周りの人も自分自身のタイムスケジュールをたてやすくなります。

自分も周りもストレスなく仕事をすすめるために必要な事と割り切って、人に頼むようにしましょう。

適度に休息をつくる

適度な休憩は作業パフォーマンスを上げるために必要なものです。

いくら仕事が立て込んでいるからといって、疲労を無視して作業を続けてしまうと結果として作業するスピードや仕事の質が落ちてしまいます。

疲れてきたなと感じたら。

しっかりと時間を決めて休憩する事で、休憩後の作業スピードがアップします。

エナジードリンクを飲む場合は注意が必要

最近では仕事で疲れてくるとエナジードリンクなどを飲んで、疲労回復して仕事に取り組む人も少なくありません。

しかし、エナジードリンクはカフェインを多用しいているため一時的に覚醒して頭が冴えてくるかもしれません。

しかし、その効果が切れるとドッと疲れが出てきてしまいます。

残りの作業内容によっては、エナジードリンクを飲む事で作業効率が落ちてしまう事もあるので使い所をしっかりと考えるようにしましょう。

休憩時間には太陽を浴びる

仕事に追われ心に余裕が持てない時には、休憩をとって太陽の光を浴びるのがおすすめです。

太陽の光を浴びる事で多幸感を感じるセロトニンというホルモンが分泌されると言われています。

どうしても心に余裕を持てない時には、外に出て太陽を浴びる事で気持ちをリセットする事ができますよ。

「忙しい」と思っても口に出さない方がいい

どれだけ忙しくても「忙しい」と言った所で仕事が捗る訳でもありません。

自分を追い込んで周りを不快にさせるだけなら、何のメリットも無い言葉であると言えるでしょう。

「忙しい」と口に出しそうになった時ほど、自分の仕事の仕方を見直して効率を悪くして時間の余裕をなくしてしまっている原因を探す事が大切ですね。